Moyuku

初めての人は、まず、ルールをお読みください。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃ルール  
19 / 672 ツリー    ←次へ | 前へ→

好きなタイプについて シェバ 18/2/26(月) 22:02

Re:好きなタイプについて シェバ 18/2/27(火) 23:31
Re:好きなタイプについて 18/2/28(水) 17:35
Re:好きなタイプについて シェバ 18/2/28(水) 21:16
Re:好きなタイプについて 18/2/28(水) 23:13
Re:好きなタイプについて シェバ 18/3/2(金) 1:49
Re:好きなタイプについて 18/3/2(金) 18:29
Re:好きなタイプについて シェバ 18/3/2(金) 22:37
Re:好きなタイプについて 18/3/3(土) 12:25
Re:好きなタイプについて シェバ 18/3/3(土) 23:32
Re:好きなタイプについて 18/3/5(月) 13:25
Re:好きなタイプについて シェバ 18/3/10(土) 23:06
Re:好きなタイプについて 18/3/11(日) 12:39
Re:好きなタイプについて シェバ 18/3/19(月) 23:01
Re:好きなタイプについて 18/3/20(火) 10:58
Re:好きなタイプについて シェバ 18/4/4(水) 22:59

Re:好きなタイプについて
 シェバ  - 18/2/27(火) 23:31 -
▼みさん:


わあっ、こんなに詳しく、丁寧にありがとうございます!!!!!
しかもお優しいお言葉に、涙です。


>>
>>仕事ではかなり強運らしく(?)後世に名を残せるらしいです。
>
> 確かに仕事運強そうですよね。
>
> メインチャートD1で、1室支配星が10室在住で、10室も支配星金星が定座なうえに太陽在住。まさかの9−11室全部定座つき。
> D9も10室は定座なうえに、太陽が11室で高揚する星座にいるし。
> 仕事のD10チャートも9室と10室の星座交換。
> これでもかー!というくらい強いですね。
>
> D10の星座交換をみると、ちょっと転職多いかな?という気がしますが、これだけ仕事運強そうなら、失職してもすぐ次を見つけてそうです(いいなぁ)。
>

今、やっている仕事は人気商売です。人気に左右される仕事なので、ずっと緊張が続くんですよね……。
会社勤めではないことは確かです。

仕事で占ってもらった時に言われたことは、「画家のゴーギャンや作家のフィッツジェラルドと同じ配置」というような強い運勢にあるので、人気商売には良いとされてるらしいですね。

今、ちょうど転換期です。
本当に仕事面で今までやってきたこととは全く違う世界に飛び込もうとしているところなんですよね。
だから、付き合っていた彼のことが重荷になって1月に別れたばかりなのです……。
仕事とプライベートの両立が出来ない状態です。

そしてこの別の世界に飛び込めば、完全に生活や人生がひっくり返ると思っています。
今がその準備段階に入り、いよいよ本格的にスタートさせようとしているところ、ですね。


>>【質問】
>>
>>・自分の恋愛や結婚のスタイルが知りたいと思います。
>>やはり受動的なのか、それとも意外にも能動的なのか……そういった恋愛傾向、結婚傾向を知りたいと思います。
>>
>
> そんなに受身なタイプではなさそうですね。
> 積極的なわけでもないだろうけど、実際には「相手に迫られたから・・・」というタイプの人ではないんですよ。
> このパターンの人なら、7室支配星が1室にいるはずなので。
>

確かに受け身タイプではないのですが……、気分転換になるかな? と告白されて付き合うような流れでしたね。
でもまあ、全く恋愛体質ではないことは確かですね……;;

>
>>
>>・どんなタイプが好みなのかいまいちピンときていません。どういうタイプに惹かれやすい傾向にあるのかを知りたいと思います。
>
>
> 好みのタイプかはわかりませんが、縁がありそうなのは、女性的な、柔和で優しい感じのタイプでしょうね。
> D1の7室在住星が月で、ヴァルゴッタマしてるので。
>
> 仕事運の強い女性なら、そういうタイプが寄り付いてきそうですよねぇ。
> ただ、「男にみえねぇよ」と言いたくなって破綻とかありそうですが。
> バランス、という意味では、これはありだと思います。
> ご自身のラグナロードが男性的な太陽だから、バランスいいと思いますよ。
>
> チャート的にもそうだと思うし、ここに月があるということは、実際には他人を求める気持ちがすごく強い人だと思うし、他人から優しくしてほしい人でしょう。
> 優しくしてくれる人が好きという言い方もできますけど。
>

なるほど! ぶっちゃけて言うなら、「私の我が儘やスケジュールに完全に合わせてくれる都合の良い優しい方」なんだろうな、と思います(苦笑)
でも私自身がストイックにやるタイプなので、相手にもそれを求める矛盾が生じてしまい、物足りなさが出てきてしまい、別れるというパターンが多いように思います。

私の仕事が特殊な人気商売(しかも超閉鎖的な業界であり、常識が通じない世界)なので、ただのサラリーマンで優しい方だとダメなんですよね。
結局同業者でサポートする側のマネージャー的な男性が良いのかなあ……とぼんやりと思ったりします。

あと、婚姻を結んでいない恋愛関係を続けることが苦痛だったりします。
デートを重ねていく……という作業がかなり面倒臭かったりします。
そんなことをしている暇があったら仕事していたい、と思ってしまうので、ダメですね〜。


>
> 実際には結婚や配偶者をみるのがD9というチャート。
> 
> で、ですね。
> これがラグナの場所が双子座なのですが、出生時刻数分差でたぶんずれる場所にあります。
> これ、ちょっと調整してみたいので、以下の質問にお答えいただけますか。
>
>1.これまでの自分の人生に起きた、個人的に重大だと思ってるイベントと、それが起きた年月
>2.大学入学の年(浪人してなかったら2000年かな?)

1.の回答
うーーーん、あまり詳しく書くと結構ディープなので^^; 起きた年月だけを記しておきます。いずれも私にとってなくてはならないものでした。
2004年12月に起きたことは、私にとってかなり大きな転換期だったと思います。
そして2005年6月、2010年9月、もとても大切なイベントが起きました。

さらにまた転換期が来て、2004年12月から続いたイベントが2014年4月に物事の終焉を迎えました。この期間は私にとって苦痛な試練であったことは間違いありません。勉強の期間だったなと思っています。

そこから2015年1月〜2月に、仕事で大きな転換期を迎え、今の仕事に繋がっていっています。

2.の回答
2000年は海外留学の年でしたね。
日本の大学に行かずに渡英しました。


>
>
> ダブルトランジットとダシャーまわりをみると、結婚してもおかしくないんだけど・・・と思います。


独身です^^;
異性に縁が無いわけではないのですが。。。


>
> 7室にダブルトランジットがあるから、結婚を考える時期ではあったと思うのですが、ダシャーが土星・ラーフ・ラーフで、よりによってラーフが12室というのが悪かったのだろうか・・・。
> ラーフって「突発性」とか「欲求」とかいう意味があるので、結婚とか恋愛はわりと発生しやすい時期には入るんですけど・・・。
>
> もしかして、2015年3月から2016年10月あたりの間で付き合い始めて、結婚の話も実はそのときに出てたけど、仕事の事情とかではぐらかしてたりとかしてませんでしたか?

2015年3月〜2016年10月までは彼氏いませんでしたね(笑)
残念!!!!
最近別れたばかりの彼とは、2017年7月から交際をスタートしましたが、今年の1月に別れました。続かないんですよね〜……。


>
> まだしばらく土星・ラーフ期は続くし、ひとつの可能性として考えられるのは、相手の特徴がD1もしくはD9の7室在住星からはずれてたから、
>「所詮ハズレだよね」
> で今回別れて、土星・ラーフ期のうちに、別の誰かと恋愛結婚、というパターンの存在可能性。
>
> 別れたお相手、ご自分からみて、どんな人ですか?


彼はとても素晴らしい方でした。
すごく優しく、私に尽くしてくれて、経済力もあり、イケメンという、周りから羨ましがられるくらい素敵な方でしたが……、私にとってはとっても重たかったんです。
誠実な方で、私が安心して仕事に集中させてくれるような方でした。
けれど、結婚となると「うーん」と唸ってしまう相手でした。

そういうこともあって、自分のことが分からなくなって、ここに駆け込んでみた、という感じなんですよね……(笑)


恋愛で占ってもらう、ということは初めてだったので、若干戸惑いもありますが……^^;

ここまで丁寧に、優しく親身になってくださるとは思わなかったので、とても有り難いと思っております。

有り難うございます、本当に。

宜しくお願い致します!

引用なし

パスワード


132 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/63.0.3239.132 Safari/537.36@bai773fbc37.bai.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
   - 18/2/28(水) 17:35 -
▼シェバさん:


>
>なるほど! ぶっちゃけて言うなら、「私の我が儘やスケジュールに完全に合わせてくれる都合の良い優しい方」なんだろうな、と思います(苦笑)
>でも私自身がストイックにやるタイプなので、相手にもそれを求める矛盾が生じてしまい、物足りなさが出てきてしまい、別れるというパターンが多いように思います。
>
>私の仕事が特殊な人気商売(しかも超閉鎖的な業界であり、常識が通じない世界)なので、ただのサラリーマンで優しい方だとダメなんですよね。
>結局同業者でサポートする側のマネージャー的な男性が良いのかなあ……とぼんやりと思ったりします。
>
>あと、婚姻を結んでいない恋愛関係を続けることが苦痛だったりします。
>デートを重ねていく……という作業がかなり面倒臭かったりします。
>そんなことをしている暇があったら仕事していたい、と思ってしまうので、ダメですね〜。
>

 なんかものすごい親近感を感じます。
 自分が書いてるのかと思った(汗)。ちがうのに。


>
>>
>> 実際には結婚や配偶者をみるのがD9というチャート。
>> 
>> で、ですね。
>> これがラグナの場所が双子座なのですが、出生時刻数分差でたぶんずれる場所にあります。
>> これ、ちょっと調整してみたいので、以下の質問にお答えいただけますか。
>>
>>1.これまでの自分の人生に起きた、個人的に重大だと思ってるイベントと、それが起きた年月
>>2.大学入学の年(浪人してなかったら2000年かな?)
>
>1.の回答
>うーーーん、あまり詳しく書くと結構ディープなので^^; 起きた年月だけを記しておきます。いずれも私にとってなくてはならないものでした。
>2004年12月に起きたことは、私にとってかなり大きな転換期だったと思います。
>そして2005年6月、2010年9月、もとても大切なイベントが起きました。
>

 イベントの種類と部屋が連動するので、何のイベントかわからないとD9の特定には使えないのです。
 せめて、就職(でも企業づとめじゃないから、起業かな?)とか、病気とか、身内の死とか、くらいの情報がないと使えないのですが、可能な範囲でいろいろためしてみました。

 2005年6月と2010年9月ははパートナー関係だろうなという気がします。
 2005年6月だと、ちょうど留学先の大学を卒業して帰国するかどうかの時期ですよね。

 基本的に、時期をよむときにつかう惑星運行表(ダシャー)は何種類かあるのですが、ヴィムショッタリダシャーというのを使っています。

 ただ、シェバさんのように、D1の10室支配星が定座の人は、チャトゥラセティサマダシャー(以下チャトゥル)が適用できます。
 そちらでみると、2004年の12月が月・木星・木星期。
 木星がD10の10室在住星、D1の5室&8室支配の2室在住だから、たぶん就職とパートナーをとるかを迫られたか、海外で何か仕事のチャンスがあったか、のどちらかだと思います。
 で、仕事とってますね、たぶん。

 2005年の6月はチャトゥルで月・木星・水星期になりますが、水星がD10の10室在住で、D1で11室定座。
 たぶんやりたい仕事ができるようなチャンスがあって、結局そっちを選んでしまったのかもしれませんが。

 2010年9月はチャトゥルの金星・金星・太陽期。D1の10室在住星が勢ぞろい。仕事ですごいチャンスがめぐってきてそっちに飛びついて、彼氏は放置か彼氏がいてもうっとおしいだけだったのではないでしょうか(苦笑)。


 ところで、今もまだ海外在住ですか?
 それとも、海外に在住していたのは大学生の間だけで、卒業してすぐに日本に戻って働き始めていますか?


>さらにまた転換期が来て、2004年12月から続いたイベントが2014年4月に物事の終焉を迎えました。この期間は私にとって苦痛な試練であったことは間違いありません。勉強の期間だったなと思っています。

 仕事が大変だった時期でしょうね。
 2011年あたりからがたぶん仕事関係で結構つらかったんじゃないかと(土星・金星期なので)。
 その前は、2009年あたりからが土星・ケートゥ期で、いろいろやってみたい(D10の3室にケートゥがいる)んだけど、やたらこき使われたりとか敵がいっぱいいるわ(D1ではケートゥが6室)、という時期だったのかもしれませんが。

 2014年4月に、仕事をかえてますか?
 なにかずっとやっていた仕事(業務?事業?)の結果が一通り出て、新しい仕事に取り組むときがきたと感じた時期だったとは思いますが。


>
>そこから2015年1月〜2月に、仕事で大きな転換期を迎え、今の仕事に繋がっていっています。
>
 この時期が土星・太陽期、ラグナロード太陽の時期で10室在住なので、仕事でのってくる時期ですね。
 D10では太陽が8室にいるのでそれなりに悩みもあったかもしれませんが、11室支配なので、得るものはあったと思います。

 以上の情報から、D1とD10は確定してよさそうです。

>2.の回答
>2000年は海外留学の年でしたね。
>日本の大学に行かずに渡英しました。
>

 木星・月・水星期ですね。
 月期に引越しする人はわりといるそうです。

 シェバさんの場合、住居をみるD4チャートで月が高揚、住居を表す4室にアスペクト。
 D1では、稀に外国という意味で出てくる7室に月が在住。
 これでD4も確定でしょう。

 
 出生時刻を1分前倒しするだけで、D9のラグナがおうし座に動いてしまう(!)というおそろしいチャートでものすごい苦戦しました。

 上述のように、チャトゥルもフル稼働で出生時刻がずれてるかを確かめていたのですが、D1とD10、D4のラグナを変えないで、もともとの19分生まれにしてしまうと、高等教育を表すD24がちょっと変なことになります。

 もともとのデータだと、D24のラグナが山羊座、大学教育を表すなら5室ですが、5室に木星も月もからまず。水星はアスペクトしてるけど、ちょっと弱くてイマイチ。
 
 出生時刻を3分前倒しにすると、D24のラグナがいて座で、1室木星が5室にアスペクト、7&10室支配の水星が、外国を表す12室在住、月は定座と、こちらのほうがなんかあってる気がします。


 このD24になると、D9ラグナがおうし座になります。
 
 修正後のD9では、11室も支配星が定座だから強そうですね。
 土星とケートゥに絡まれてるのはややマイナスかもしれませんが、土星は9&10室支配だから仕事運はやっぱりすごそう。
 太陽は4室支配で12室在住、高揚する星座で強いし、心の安定とか家庭を表す4室が12室にいっています。
 心を表す月も10室在住、気持ちはやっぱり結婚しても家庭よりは仕事に向かっていくんでしょうね。
 ラグナロード金星は4室なので、家庭をえることで安心はするし、ちゃんと家庭を大事にする人ではあると思いますが。


 それを理解してくれないパートナーのことで悩みそうなのは、7室支配星の火星が8室在住というあたりから読み取れます。

 そこに遅延の星・土星がアスペクトをかけてくるので、結婚への迷いや晩婚は避けられなさそうですね。
 2&5室支配星が7室在住なので、恋愛結婚だろうとは思いますが。


>
>>
>> 7室にダブルトランジットがあるから、結婚を考える時期ではあったと思うのですが、ダシャーが土星・ラーフ・ラーフで、よりによってラーフが12室というのが悪かったのだろうか・・・。
>> ラーフって「突発性」とか「欲求」とかいう意味があるので、結婚とか恋愛はわりと発生しやすい時期には入るんですけど・・・。
>>
>> もしかして、2015年3月から2016年10月あたりの間で付き合い始めて、結婚の話も実はそのときに出てたけど、仕事の事情とかではぐらかしてたりとかしてませんでしたか?
>
>2015年3月〜2016年10月までは彼氏いませんでしたね(笑)
>残念!!!!
>最近別れたばかりの彼とは、2017年7月から交際をスタートしましたが、今年の1月に別れました。続かないんですよね〜……。
>
>
 2017年7月が、土星・火星期にあたります。
 もしD9のラグナを双子座とした場合、パートナーや配偶者を表す7室在住星が火星。
 D9ラグナがおうし座なら、火星は7室支配。
 どっちもありうるので、かなり迷いましたが、D24の兼ね合いでおうし座ラグナだと思います。


 女性でチャトゥルが使える人の場合、たまに家庭や心の平安を現す4室のダシャーで結婚する人がいるらしいので、チャトゥルが今どうなっているのかみてみると、チャトゥルが金星・火星期。
 チャトゥルをあてはめていいチャートはD1とD10だけなので、そちらで照合すると、火星はD10の4室在住、D1では9室在住。
 9室は「正しさ」の部屋であると同時に、「10室を失う」という意味もあるといえばあります。

 だからもともと仕事を少し離れて家庭について考える時期ではあるのだけど・・・

 うーん・・・この方法ってあたらないのかなぁ。
 今も海外にいると、ダブルトランジットの加減も変わる可能性はあるのですが・・・。


>>
>> まだしばらく土星・ラーフ期は続くし、ひとつの可能性として考えられるのは、相手の特徴がD1もしくはD9の7室在住星からはずれてたから、
>>「所詮ハズレだよね」
>> で今回別れて、土星・ラーフ期のうちに、別の誰かと恋愛結婚、というパターンの存在可能性。
>>
>> 別れたお相手、ご自分からみて、どんな人ですか?
>
>
>彼はとても素晴らしい方でした。
>すごく優しく、私に尽くしてくれて、経済力もあり、イケメンという、周りから羨ましがられるくらい素敵な方でしたが……、私にとってはとっても重たかったんです。
>誠実な方で、私が安心して仕事に集中させてくれるような方でした。
>けれど、結婚となると「うーん」と唸ってしまう相手でした。
>

 あ、やっぱり年齢的に、結婚を考えたことはあるかもしれませんね。
 チャトゥルもダブルトランジットもそれっぽい雰囲気ではあったので。


 別れた彼氏は、D1の7室在住星の月ですね。
 その意味では決して「ハズレ」な相手ではなかったと思いますし、誠実でシェバさんを裏切るようなことはなく、仕事大好きなシェバさんに仕事をさせてくれるという点では、いい相手だったのでしょうね。

 D1の7室在住星ではなくD9の7室在住星の特徴にあてはまる人が実際に結婚する相手だという話もあります。

 それに従えば、D9の7室在住星が水星なので、見た目はわりと中性的で、インテリで、頭の良い人か、よくしゃべる人。
 別れたお相手、そういう要素ありますか?
 ないからハズレというか、「うーん」と唸ってしまって、相手が重荷になってダメになったのかも。


 2020年くらいまで土星・ラーフ期は続くし、ダブルトランジットなどからみても、電撃結婚するのかなぁ。

 いずれにせよ、月か水星か、というあたりからして、男っぽい積極的な肉食系とか、体育会系の人が相手ということはなさそうです。

 水星は、たまに、「自分よりかなり若い相手」という意味で出ることもあるらしいです。
 何歳以上の差かまではわかりませんが・・・


>
>
>恋愛で占ってもらう、ということは初めてだったので、若干戸惑いもありますが……^^;

 チャトゥル適用の人(チャトゥルっ子と私は呼んでますが)は、仕事運が強いという特徴があるせいか、基本的にリアリストで仕事好きなので、あまり占いに興味を示さないのか、鑑定依頼自体少ないらしいですが、やっぱり戸惑うのか。

 私もチャトゥルっ子ですが、なぜかこんなことしてます。


>
>ここまで丁寧に、優しく親身になってくださるとは思わなかったので、とても有り難いと思っております。
>

 占い、というより、インド占星術はもはや人生鑑定なんですよね。
 いいこともわるいこともすごくはっきり出ますし、私のような素人ではなく、経験値の高いプロなら、チャートみただけで人生丸裸にするくらいの当て方をしてくると思います。

 その分、ラグナの場所を間違えるとすごい勢いではずれるので、ここまでちまちまと情報とチャートを照合して、出生時刻のずれ(これは結構ずれてる人多いです)を修正しないとなりません。
 今回は、結婚に関することをみるためのD9が定まらないので、そのためにいろいろうかがいました。

 あたってる、あたってないなど、フィードバックをいただければ幸いです。

引用なし

パスワード


123 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@pc.tiu.ac.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
 シェバ  - 18/2/28(水) 21:16 -
▼みさん:

>
> イベントの種類と部屋が連動するので、何のイベントかわからないとD9の特定には使えないのです。
> せめて、就職(でも企業づとめじゃないから、起業かな?)とか、病気とか、身内の死とか、くらいの情報がないと使えないのですが、可能な範囲でいろいろためしてみました。


うーーーん、イベントの内容が分からないと、ちゃんとインド占星術が活きてこないんですね。それは知らなかったので驚きました。

こちらとしては、仕事柄かなりプライベートな内容をぶちまけることになるという認識なのですが、ここは匿名掲示板……(誕生日ばれてるけど)な上に無料で見て頂いているので、やっぱり礼儀上、しっかりとお伝えすることが良いのかな、と思いましたので、ちょっと見直してもらえたら本当に嬉しいです。
研究に貢献出来ればと思います。

二度手間になり、申し訳ございません。


まず、海外留学ですが、一年ほどで帰国しました。
最初はロンドン、アメリカと渡り歩きながら遊学しておりました。
一つの場所に留まっていたくなかったんですよね。これを、2002年まで続けていました。
家に戻ったのが、2002年でしたかね。

あと、実は一度結婚しております。

2004年12月に結婚をしております。
スピード婚で、交際期間一ヶ月しかありませんでした。それが失敗のもとでしょうが。

2005年6月に第一子が生まれ、2010年9月に第二子が生まれています。
完全に専業主婦でした。

元夫に対して、さほど好きでもなく、流れで結婚というような決断でしたね。

別居を始めたのが2013年7月、2014年4月に正式に離婚という形でした。

2013年8月からパートという形で働き始め、今の仕事をスタートさせたのが2015年2月くらいからですね。大きな賞を受賞したので。

結構20代以降、激動の人生だったなと思います。
結婚生活も地獄でしたね。
働けない地獄、というか。外に出たいのに、出られない葛藤を抱えていました。
浮気を一切しなかった自分を褒めたいですね(笑)いくらでもチャンスはありましたが。
そういう意味での試練期間だったかな、と思います。


> その前は、2009年あたりからが土星・ケートゥ期で、いろいろやってみたい(D10の3室にケートゥがいる)んだけど、やたらこき使われたりとか敵がいっぱいいるわ(D1ではケートゥが6室)、という時期だったのかもしれませんが。

家族が敵でしたねえ。やたらこき使われてました。元夫にいいように利用された、という点であれば合ってます、その時期から徐々に……というような感じで。


> 出生時刻を1分前倒しするだけで、D9のラグナがおうし座に動いてしまう(!)というおそろしいチャートでものすごい苦戦しました。

そうだったんですね、すみません、ここまで親身になって下さるとは思わなかったので……。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。


>
> 上述のように、チャトゥルもフル稼働で出生時刻がずれてるかを確かめていたのですが、D1とD10、D4のラグナを変えないで、もともとの19分生まれにしてしまうと、高等教育を表すD24がちょっと変なことになります。
>
> もともとのデータだと、D24のラグナが山羊座、大学教育を表すなら5室ですが、5室に木星も月もからまず。水星はアスペクトしてるけど、ちょっと弱くてイマイチ。

多分、それで大学に行ってないんだと思いますよ。
大学行ってません。語学留学っていう感じで、遊学しただけです。
私にとって大学は意味のない場所でしたので。
独学が一番やりやすかった上に効率的でした。


>
> それを理解してくれないパートナーのことで悩みそうなのは、7室支配星の火星が8室在住というあたりから読み取れます。

元夫がそうでしたね。全く仕事させてくれませんでしたし、理解すらもしてくれませんでした。
元夫がもっと甲斐性なしな人でしたら、結婚上手くいってたかもしれません。
私が働いてフォローするという形を取らざるを得なくなるので。
資産家の息子だったので、変にお金に困らなかったのが離婚の原因かもしれませんね。
恋愛結婚でしたけど。。。


> D1の7室在住星ではなくD9の7室在住星の特徴にあてはまる人が実際に結婚する相手だという話もあります。
>
> それに従えば、D9の7室在住星が水星なので、見た目はわりと中性的で、インテリで、頭の良い人か、よくしゃべる人。
> 別れたお相手、そういう要素ありますか?
> ないからハズレというか、「うーん」と唸ってしまって、相手が重荷になってダメになったのかも。

あーー……、めっちゃくちゃ体育会系で、がっつり男な肉食系でしたね。
ものすごいアタックしてきて、アプローチをかわしてもかわしてもぐいぐい来る人でした。
もう35も過ぎたおばさんにここまで熱烈にアプローチしてくる機会っていうのはもうかなりないので、物珍しさで交際をスタートさせたからでしょうか……。
無理があったかもしれませんね。


> いずれにせよ、月か水星か、というあたりからして、男っぽい積極的な肉食系とか、体育会系の人が相手ということはなさそうです。

じゃあ元彼は「無し」なんでしょう笑


>
>
> 2020年くらいまで土星・ラーフ期は続くし、ダブルトランジットなどからみても、電撃結婚するのかなぁ。

相手によりますね。。。私が結婚したい! と思えて、なおかつ相手もしたいと思ってくれているならありかもしれませんが。


> 水星は、たまに、「自分よりかなり若い相手」という意味で出ることもあるらしいです。
> 何歳以上の差かまではわかりませんが・・・

あ、一人だけ思い当たります。13歳年下の人なんですが、やたらと絡んでくるので試しに冗談で飲みに行こうかと話したらえらく食い下がってきたので。
二人きりで去年忘年会をしましたねー。
今はバタバタしているので、春にまた二人で行こうという話はしてますが。

恋愛感情というより、親しみを感じてるからだと思います。


>
> 占い、というより、インド占星術はもはや人生鑑定なんですよね。
> いいこともわるいこともすごくはっきり出ますし、私のような素人ではなく、経験値の高いプロなら、チャートみただけで人生丸裸にするくらいの当て方をしてくると思います。

いやー、隠せないですね;;
仕事を占ってもらった時も、「母親」に関してずばっと当てられてしまい。。。


>
> その分、ラグナの場所を間違えるとすごい勢いではずれるので、ここまでちまちまと情報とチャートを照合して、出生時刻のずれ(これは結構ずれてる人多いです)を修正しないとなりません。
> 今回は、結婚に関することをみるためのD9が定まらないので、そのためにいろいろうかがいました。
>
> あたってる、あたってないなど、フィードバックをいただければ幸いです。


有り難うございます、正直に書いたので、二度手間をおかけ致しますが、宜しくお願い致します^^;;
研究の成果に貢献出来たら嬉しいです。


素朴な疑問なのですが、今後、海外に移住するということはなさそうですよね?
あるいは仕事で海外を転々とするというような可能性は??
気になりました。
これがあるかないかで、結婚に対してどうしようかな、という思考も変わってくると思います。

引用なし

パスワード


110 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/63.0.3239.132 Safari/537.36@bai773fbc37.bai.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
   - 18/2/28(水) 23:13 -
▼シェバさん:


 実はシェバさんとそこそこ誕生日が近くて、ダシャーはシェバさんの方が先をいっている感じなので、チャートの感じが全体によく似ていて、ちょっと不思議だなぁと思いました。

 
>
>まず、海外留学ですが、一年ほどで帰国しました。
>最初はロンドン、アメリカと渡り歩きながら遊学しておりました。
>一つの場所に留まっていたくなかったんですよね。これを、2002年まで続けていました。
>家に戻ったのが、2002年でしたかね。
>
 
 木星・ラーフ・木星期。
 家庭を表す2室の在住星、木星がまわってきた時期ですね。
 

>あと、実は一度結婚しております。
>
>2004年12月に結婚をしております。
>スピード婚で、交際期間一ヶ月しかありませんでした。それが失敗のもとでしょうが。
>

 !?交際期間1ヵ月!?
 たとえ相手は前からよく知ってる人であったとしても、いくらなんでもそりゃ失敗しそうですよねぇ・・・

 ちなみに2004年12月は、土星・土星・水星期。
 土星はD1の7室支配星ですね。

 余談ですが、私も似たような年齢のあたりで結婚する可能性がゼロではもともとなかったのですが、相手の家庭がいろいろな感じだったのを知ってやめた、ということはあるので、びっくりしました。
 チャートが近いってそういうことなのか。


>2005年6月に第一子が生まれ、2010年9月に第二子が生まれています。
>完全に専業主婦でした。
>

 ちょっと答えづらいかもしれませんが、結婚していたときに、子どものことが原因でかなりもめませんでしたか?
 もしD9のラグナがおうし座であれば、子どもを表す5室にラーフが在住で、ここに木星と土星が両方アスペクトをかけてきていて、吉凶混合の様相を呈しています。

 出生時刻の正確さがどこまで当てられてるかはわかりませんが、これだけ結婚より仕事の人が子どもを持つというのは、かなりタナボタっぽい出来事のようにも思えます。
 出生時刻がものすごく正確じゃないと使えないチャートにD81という、「隠された幸運」をみるチャートがあります(正確性が求められるがゆえに通常ほとんど使わない)。

 このチャートの9室、続いて11室が、その人にとっての「隠された幸運」を示すらしいですが、9室支配星が5室で定座、11室支配星が4室在住。
 5室は子ども、4室は家庭。
 決して4室絡みは幸せなものではなかったようですが、それでもタナボタのようにふってきたものであることにはかわりはなさそうですね。


>元夫に対して、さほど好きでもなく、流れで結婚というような決断でしたね。
>

 このあたりにも離婚しそうな気配が・・・


>別居を始めたのが2013年7月、2014年4月に正式に離婚という形でした。
>
>2013年8月からパートという形で働き始め、今の仕事をスタートさせたのが2015年2月くらいからですね。大きな賞を受賞したので。
>
>結構20代以降、激動の人生だったなと思います。
>結婚生活も地獄でしたね。
>働けない地獄、というか。外に出たいのに、出られない葛藤を抱えていました。

 そりゃこれだけ太陽も仕事運も強いチャートしてる人が専業主婦なんて無理だと思いますよ。

 私が結婚しなかったのは、ひとことでいえば、自分のしたい仕事がしたかったうえに専業主婦には耐えられないからですし、あのとき結婚していたら自分がなりたかった職業には就けなかったと思います。今は就いてますけどね。

 自分があのとき結婚してたら、
「結婚生活が嫌だ」って言ってたのかな・・・という思いです(苦笑)。


>
>> 出生時刻を1分前倒しするだけで、D9のラグナがおうし座に動いてしまう(!)というおそろしいチャートでものすごい苦戦しました。
>
>そうだったんですね、すみません、ここまで親身になって下さるとは思わなかったので……。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
>
 いえ、そうしないと当てられないので・・・
 あとは、チャートが自分のものと結構にていて親近感もあったというのもありますね。


>>
>> それを理解してくれないパートナーのことで悩みそうなのは、7室支配星の火星が8室在住というあたりから読み取れます。
>
>元夫がそうでしたね。全く仕事させてくれませんでしたし、理解すらもしてくれませんでした。
>元夫がもっと甲斐性なしな人でしたら、結婚上手くいってたかもしれません。
>私が働いてフォローするという形を取らざるを得なくなるので。
>資産家の息子だったので、変にお金に困らなかったのが離婚の原因かもしれませんね。
>恋愛結婚でしたけど。。。
>

 D9ですが、おうし座ラグナ確定でいいと思います。

 2室と7室が絡むと、お金という要素が結婚に絡んできて、玉の輿結婚という話があります。
 シェバさんの場合、元旦那さんが資産家の子(=財産もちな2室が、結婚にとびこんでくる)で恋愛結婚(=5室支配星が7室)で、完全に出ています。

 そして結婚しても仕事に関心が向くというチャートの様相も、良く出ています。

 ところで、この元旦那さんは月っぽい人でしたか?


>
>> D1の7室在住星ではなくD9の7室在住星の特徴にあてはまる人が実際に結婚する相手だという話もあります。
>>
>> それに従えば、D9の7室在住星が水星なので、見た目はわりと中性的で、インテリで、頭の良い人か、よくしゃべる人。
>> 別れたお相手、そういう要素ありますか?
>> ないからハズレというか、「うーん」と唸ってしまって、相手が重荷になってダメになったのかも。
>
>あーー……、めっちゃくちゃ体育会系で、がっつり男な肉食系でしたね。
>ものすごいアタックしてきて、アプローチをかわしてもかわしてもぐいぐい来る人でした。
>もう35も過ぎたおばさんにここまで熱烈にアプローチしてくる機会っていうのはもうかなりないので、物珍しさで交際をスタートさせたからでしょうか……。
>無理があったかもしれませんね。
>
>
>> いずれにせよ、月か水星か、というあたりからして、男っぽい積極的な肉食系とか、体育会系の人が相手ということはなさそうです。
>
>じゃあ元彼は「無し」なんでしょう笑
>

 すみません、これ、初婚として読むと7室なのですが、再婚の場合は9室でみろという話があります。
 D1の9室の在住星が火星なので、再婚相手が火星が示すような、男っぽい積極的な肉食系はありえます。

 再婚はD9でみろといわれるので、こちらをみると、9室はからっぽですが、支配星の土星が11室在住で、木星とケートゥとコンジャンクション。
 
 11室だから、プライベートな仲間内にいる人でしょうね。

 ただし7室(特にD9の7室)をまったく無視するのもダメらしいので、自分より若い人と恋愛結婚かなぁ。

 もともと、D9で、結婚にはよろしくないとされる、月と金星の相互アスペクトがあるので、再婚でもそれなりにいろいろはあると思います。
 なにせコンジャンクションしている相手が逆行木星とケートゥなので、迷った挙句、再婚しない、というパターンもあるだろうなという気はします。
 火星も8室から11室にアスペクトかけてきているし、11室がいくら定座とはいえ、凶星の猛攻にどこまで耐えられるかという感じがするので。

 D1もD9も、9室へのアスペクトがないので、再婚が発動しないかもしれないなぁ・・・そこまでの気持ちが起きないというか。


>
>
>> 水星は、たまに、「自分よりかなり若い相手」という意味で出ることもあるらしいです。
>> 何歳以上の差かまではわかりませんが・・・
>
>あ、一人だけ思い当たります。13歳年下の人なんですが、やたらと絡んでくるので試しに冗談で飲みに行こうかと話したらえらく食い下がってきたので。
>二人きりで去年忘年会をしましたねー。
>今はバタバタしているので、春にまた二人で行こうという話はしてますが。
>
>恋愛感情というより、親しみを感じてるからだと思います。
>

 それだけ年齢が離れているなら、水星の「自分より若い」はありえますね。
 それでも一回り以上年下の男性を恋愛対象としてみれるか、というのも、なんか微妙でしょうけれども(苦笑)。

 しかし13歳年上の女性にからむとは肉食なのか親しみ感じてるからなのかよくわかりませんねぇ。

>
>>
>> 占い、というより、インド占星術はもはや人生鑑定なんですよね。
>> いいこともわるいこともすごくはっきり出ますし、私のような素人ではなく、経験値の高いプロなら、チャートみただけで人生丸裸にするくらいの当て方をしてくると思います。
>
>いやー、隠せないですね;;
>仕事を占ってもらった時も、「母親」に関してずばっと当てられてしまい。。。
>

 母親はともかくとして、父親との仲があまりよくないんだろうな、と思いました。D1で9室が火星定座だったので。
 D12という両親を見るチャートをのぞいてみたら、父親を表す太陽が12室在住で、9室に火星と土星がアスペクトしてきてるので、父親との折り合いが悪いか、離婚だか死別だかはわかりませんが、あまり身近な存在ではないのだろうという印象はあります。


>
>素朴な疑問なのですが、今後、海外に移住するということはなさそうですよね?
>あるいは仕事で海外を転々とするというような可能性は??
>気になりました。
>これがあるかないかで、結婚に対してどうしようかな、という思考も変わってくると思います。

 D10をみると、海外と喪失を示す12室の支配星が10室に確かに在住していますね。
 D10が9&10室で星座交換であることも加味すると、人生のどこかで、職をいったん失う(たしかに正規の仕事には20代ではついてないので、そちらで出ているのかもしれない)ことはありえるのですが。

 D1だと12室にこれまた海外を示すラーフがいるので、もともと海外志向が強い人ではあると思います。
 しかも今が土星・ラーフ期なので、もしも仕事や収入のために海外に移ることがあるのだとしたら、この土星・ラーフ期の間だろうということになりそうです。


 結婚が、再婚の鑑定になるので、初期の鑑定とは違ってきますし、再婚鑑定をあまりやったことがないので、ここはちょっと自信ないですが、参考になれば幸いです。

引用なし

パスワード


115 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p1119246-ipngn7101souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
 シェバ  - 18/3/2(金) 1:49 -
▼みさん:

やっと仕事が終わって帰ってきたところ、返信がついていて嬉しくなりました。
有り難うございます。

お誕生日近いんですね! ふたご座ですかね??


> !?交際期間1ヵ月!?
> たとえ相手は前からよく知ってる人であったとしても、いくらなんでもそりゃ失敗しそうですよねぇ・・・

なんだかもう、結婚適齢期でしたし、向こうも経済力はばっちり、いつ家庭を持ってもおかしくない、色々とタイミングが良すぎてトントン拍子で結婚しちゃったんですよ。
まあこれもご縁でしょうね。


>
> ちょっと答えづらいかもしれませんが、結婚していたときに、子どものことが原因でかなりもめませんでしたか?
> もしD9のラグナがおうし座であれば、子どもを表す5室にラーフが在住で、ここに木星と土星が両方アスペクトをかけてきていて、吉凶混合の様相を呈しています。

今も、もめますよ(笑)
離婚してもしょっちゅう会ってます。というより、離婚してからの方が関係が良好なんです。


>
> 出生時刻の正確さがどこまで当てられてるかはわかりませんが、これだけ結婚より仕事の人が子どもを持つというのは、かなりタナボタっぽい出来事のようにも思えます。
> 出生時刻がものすごく正確じゃないと使えないチャートにD81という、「隠された幸運」をみるチャートがあります(正確性が求められるがゆえに通常ほとんど使わない)。
>
> このチャートの9室、続いて11室が、その人にとっての「隠された幸運」を示すらしいですが、9室支配星が5室で定座、11室支配星が4室在住。
> 5室は子ども、4室は家庭。
> 決して4室絡みは幸せなものではなかったようですが、それでもタナボタのようにふってきたものであることにはかわりはなさそうですね。

へえーっ、本来の配置図では子供を持ちにくいんですね。
それが二人も恵まれたので、かなり幸運なんですね!
これからは子供たちに感謝の気持ちで接しようと思いました。

こういうやりとりをしていて、改めて振り返って、私はめちゃくちゃ幸運な人生を歩んでたんですねえ。
いやはや、感謝しなきゃだめですね。
結婚生活は確かに地獄で辛いものがありましたけど、人生トータルで考えると、やっぱり超ラッキーなんだろうな、と思いました。


>
> D9ですが、おうし座ラグナ確定でいいと思います。
>
> 2室と7室が絡むと、お金という要素が結婚に絡んできて、玉の輿結婚という話があります。
> シェバさんの場合、元旦那さんが資産家の子(=財産もちな2室が、結婚にとびこんでくる)で恋愛結婚(=5室支配星が7室)で、完全に出ています。
>
> そして結婚しても仕事に関心が向くというチャートの様相も、良く出ています。
>
> ところで、この元旦那さんは月っぽい人でしたか?


独身時代に、やたらとお金持ちの息子と出会ったのは、この星の配置のせいですか……(笑)
今でもご縁が強いですね。
直近の元彼の家も結構お金持ちでしたし、彼自身の稼ぎも相当ありました。

そういえば、逆に、非正規社員の方に気になる人がいたことがありましたが、全く上手くいきませんでしたねえ。
言い方、ちょっとアレなんですが、稼ぎの悪い殿方とは全くと言っていいほど、ご縁がなかったです。いくら好きでアタックしてもかすりもしませんでした。デートすらもさせてもらえず。

月っぽい人ってどんな人だろう……。
元夫は他者のために尽くす人でしたが、その割には家事とか手伝ってもらえなくて、育児も完全に私に任す状態でしたね。
ボランティア方面でのめり込み、家庭を顧みない人でした(苦笑)
これを月っぽい、というのならそうかもしれませんが。

奉仕精神は高い人でしたね。


> すみません、これ、初婚として読むと7室なのですが、再婚の場合は9室でみろという話があります。
> D1の9室の在住星が火星なので、再婚相手が火星が示すような、男っぽい積極的な肉食系はありえます。
>
> 再婚はD9でみろといわれるので、こちらをみると、9室はからっぽですが、支配星の土星が11室在住で、木星とケートゥとコンジャンクション。
> 
> 11室だから、プライベートな仲間内にいる人でしょうね。
>
> ただし7室(特にD9の7室)をまったく無視するのもダメらしいので、自分より若い人と恋愛結婚かなぁ。
>
> もともと、D9で、結婚にはよろしくないとされる、月と金星の相互アスペクトがあるので、再婚でもそれなりにいろいろはあると思います。
> なにせコンジャンクションしている相手が逆行木星とケートゥなので、迷った挙句、再婚しない、というパターンもあるだろうなという気はします。
> 火星も8室から11室にアスペクトかけてきているし、11室がいくら定座とはいえ、凶星の猛攻にどこまで耐えられるかという感じがするので。
>
> D1もD9も、9室へのアスペクトがないので、再婚が発動しないかもしれないなぁ・・・そこまでの気持ちが起きないというか。
>

あ、その13歳年下の子はプロのアスリートです。(笑)
火星要素バリバリあります。
直近の元彼も元アスリートで国体に出たほどです。
ああ〜だからか〜、なんか前と違ってやたらと火星要素の強い人とご縁があるのは。。。

さらに、仲間内というようなグループ内に13歳下の子がいるんです。プライベートと言い切れませんが、団体として行動を共にしています。
その中で交流していき、プライベートで会うようになっていった、という感じでしょうか。
他にも若い男の子が沢山いますが、全く私に興味を示しませんね。これが普通の若者なんだな〜って思ってるんですけどね。


仮に13歳下の子とそういう関係になったら絶対色々起きると思いますよ。一筋縄ではいきませんね。
だって親としては抵抗ありまくりですよね。
彼のご両親と試合の時に会ったことがあるので、余計に^^;

ふと思ったのですが、この占星術通りに、そのように出会うものなんですかね??
なんだか、上手くいきすぎている気がするんですが。。。。。
なんか不気味^^;


> それだけ年齢が離れているなら、水星の「自分より若い」はありえますね。
> それでも一回り以上年下の男性を恋愛対象としてみれるか、というのも、なんか微妙でしょうけれども(苦笑)。
>
> しかし13歳年上の女性にからむとは肉食なのか親しみ感じてるからなのかよくわかりませんねぇ。


何だろう、私は「あり」だと思っています。
初めて一目見た時、「この子とは何かあるのかな?」という直感が働いたので。
それが恋愛関係なのか、姉と弟のような親しい関係なのかは分かりませんが、ただの知り合いに留まることはないだろうなというのを感じたかな、と思います。
向こうもそう感じていて、私に何度も話しています。
知り合ったのが、2017年6月でしたかね。

た・だ・し!
彼には彼女がいます。皆の前では彼女のことを大切にしている言動をしますが、二人きりで話していた時は、それほど好きではない、と断言していたので、リアクションに困って放置してます。
そういう意味でも、私は彼に全く何もアクションをせず、放置している状態です。(というより忙しいのでそれどころじゃないですが)


>
> 母親はともかくとして、父親との仲があまりよくないんだろうな、と思いました。D1で9室が火星定座だったので。
> D12という両親を見るチャートをのぞいてみたら、父親を表す太陽が12室在住で、9室に火星と土星がアスペクトしてきてるので、父親との折り合いが悪いか、離婚だか死別だかはわかりませんが、あまり身近な存在ではないのだろうという印象はあります。

そうですね、両親は離婚していて、父とは疎遠です。
めっちゃくちゃ当たってます。

だから、インド占星術は、未来のこともその通りに起きてしまうんですかねえ、と思った次第なんですよね。

配置が似ている人は、やっぱり似たようなことが起きている、ということなので、、、

人と出会う、仕事に出会う、ということも、その通りになっちゃっうのはなんかインド占星術が出来すぎていて不気味になってきます^^;;

どっかで外れて欲しいっていうのもあったりして複雑ですね笑

仕組まれているのかなあ……、それとも、インド占星術のような何か見えない規則があって、それを生まれる前に選んで、肉体を得たのかなあ、とぼんやりと考えていました。

前の仕事で占ったもらった時は、

いくら強い運勢を持って生まれてきても、結局は努力次第。
これだけ強運を持ちながら、活かすような行動をしなかったらそれまで。

って言われたのですが、それは一般常識の範疇では十分すぎるほどに理解出来るのですが、そうじゃなくて、否応無しにその運命の通りにさせられているんじゃないかって思ってしまいました、ここで鑑定してもらった時に。

恋愛での出会いで、元夫が月っぽくて、資産家の息子っていうあたりからして、元夫に出会う前の元彼の特徴も、がっつりその要素が続いていましたしね。
出会わされているというような感じを受けたので、「やらされてる感」が強くありましたね。

そして、再婚という別の見方で、火星要素が強い人。。。
というのも、結婚前では全く出会わなかったタイプです。本当に出会いませんでした、アスリートタイプは。
本当に、今やたらと出会います。
だから「出会わされてる」って感じで。

どうなんでしょう? み、さんはどう思いますか??


>
>
>>
>>素朴な疑問なのですが、今後、海外に移住するということはなさそうですよね?
>>あるいは仕事で海外を転々とするというような可能性は??
>>気になりました。
>>これがあるかないかで、結婚に対してどうしようかな、という思考も変わってくると思います。
>
> D10をみると、海外と喪失を示す12室の支配星が10室に確かに在住していますね。
> D10が9&10室で星座交換であることも加味すると、人生のどこかで、職をいったん失う(たしかに正規の仕事には20代ではついてないので、そちらで出ているのかもしれない)ことはありえるのですが。
>
> D1だと12室にこれまた海外を示すラーフがいるので、もともと海外志向が強い人ではあると思います。
> しかも今が土星・ラーフ期なので、もしも仕事や収入のために海外に移ることがあるのだとしたら、この土星・ラーフ期の間だろうということになりそうです。
>

海外に出て仕事がしたいですね〜。
土星・ラーフ期というのは、2020年まででしたっけ?
うーん、あまり時間がないですね。

西洋占星術であれば、火星の年齢域に入っているので、海外に縁が強くなっている、それが単純に言えば45歳まで、というようなニュアンスになりますが。

いやはや、全く違う視点でのアプローチは面白いですね。
有り難うございます!!!

引用なし

パスワード


108 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.186 Safari/537.36@bai773fbc37.bai.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
   - 18/3/2(金) 18:29 -
▼シェバさん:
>▼みさん:
>
>やっと仕事が終わって帰ってきたところ、返信がついていて嬉しくなりました。
>有り難うございます。
>
>お誕生日近いんですね! ふたご座ですかね??
>

 ここは内緒ですが、近いことは近いです。


>
>>
>> D9ですが、おうし座ラグナ確定でいいと思います。
>>
>> 2室と7室が絡むと、お金という要素が結婚に絡んできて、玉の輿結婚という話があります。
>> シェバさんの場合、元旦那さんが資産家の子(=財産もちな2室が、結婚にとびこんでくる)で恋愛結婚(=5室支配星が7室)で、完全に出ています。
>>
>> そして結婚しても仕事に関心が向くというチャートの様相も、良く出ています。
>>
>> ところで、この元旦那さんは月っぽい人でしたか?
>
>
>独身時代に、やたらとお金持ちの息子と出会ったのは、この星の配置のせいですか……(笑)
>今でもご縁が強いですね。
>直近の元彼の家も結構お金持ちでしたし、彼自身の稼ぎも相当ありました。
>
>そういえば、逆に、非正規社員の方に気になる人がいたことがありましたが、全く上手くいきませんでしたねえ。
>言い方、ちょっとアレなんですが、稼ぎの悪い殿方とは全くと言っていいほど、ご縁がなかったです。いくら好きでアタックしてもかすりもしませんでした。デートすらもさせてもらえず。
>

 まぁ男性は、自分の収入がしっかりしないと女性と付き合う気にもならないといいますよね。
 年齢があがってくるほど。


 実は私もD9がおうし座ラグナで、2&5室支配の水星が7室に在住します。
 D9では、11室と5室の在住星もシェバさんと同じです。
 私の場合、2室に火星がいて、火星と水星が星座交換してしまうので、ちょっと様相が違うところはありますが。

 ただ、シェバさんの最初の結婚が、「玉の輿的恋愛結婚」というのを知って、
「あ、私が昔結婚する可能性があった人って、違ってたんだな」
 ということがわかりました(爆笑)。
 その人のご実家は、経済力や社会的地位という意味では、「普通」だったし、本人もそうだったので(笑)。
 
 その年齢当時に出会ってた人が、D9の7室に現れてる特徴って・・・あったかなぁ・・・。
 
 あと、非正規の人と両片思のままで終わったことはあるので、シェバさんのお返事をみて、
「やっぱりそうかー」
 と思いました(笑)。


>月っぽい人ってどんな人だろう……。
>元夫は他者のために尽くす人でしたが、その割には家事とか手伝ってもらえなくて、育児も完全に私に任す状態でしたね。
>ボランティア方面でのめり込み、家庭を顧みない人でした(苦笑)
>これを月っぽい、というのならそうかもしれませんが。
>
>奉仕精神は高い人でしたね。
>

 月、といえば、「おかあさん」なんです。
 性格でなら、女性的で柔和、包容力がある、優しい、尽くすタイプ(面倒見が良い)とか、そんな感じです。

 だから別れた旦那様については、D1の7室在住星の月でいいし、再婚を考える場合、D1の9室在住星である火星男ばっかりよりついてくるので、再婚は9室でいいのかな。


>
>> すみません、これ、初婚として読むと7室なのですが、再婚の場合は9室でみろという話があります。
>> D1の9室の在住星が火星なので、再婚相手が火星が示すような、男っぽい積極的な肉食系はありえます。
>>
>> 再婚はD9でみろといわれるので、こちらをみると、9室はからっぽですが、支配星の土星が11室在住で、木星とケートゥとコンジャンクション。
>> 
>> 11室だから、プライベートな仲間内にいる人でしょうね。
>>
>> ただし7室(特にD9の7室)をまったく無視するのもダメらしいので、自分より若い人と恋愛結婚かなぁ。
>>
>> もともと、D9で、結婚にはよろしくないとされる、月と金星の相互アスペクトがあるので、再婚でもそれなりにいろいろはあると思います。
>> なにせコンジャンクションしている相手が逆行木星とケートゥなので、迷った挙句、再婚しない、というパターンもあるだろうなという気はします。
>> 火星も8室から11室にアスペクトかけてきているし、11室がいくら定座とはいえ、凶星の猛攻にどこまで耐えられるかという感じがするので。
>>
>> D1もD9も、9室へのアスペクトがないので、再婚が発動しないかもしれないなぁ・・・そこまでの気持ちが起きないというか。
>>
>
>あ、その13歳年下の子はプロのアスリートです。(笑)
>火星要素バリバリあります。
>直近の元彼も元アスリートで国体に出たほどです。
>ああ〜だからか〜、なんか前と違ってやたらと火星要素の強い人とご縁があるのは。。。
>
>さらに、仲間内というようなグループ内に13歳下の子がいるんです。プライベートと言い切れませんが、団体として行動を共にしています。
>その中で交流していき、プライベートで会うようになっていった、という感じでしょうか。
>他にも若い男の子が沢山いますが、全く私に興味を示しませんね。これが普通の若者なんだな〜って思ってるんですけどね。
>
>
>仮に13歳下の子とそういう関係になったら絶対色々起きると思いますよ。一筋縄ではいきませんね。
>だって親としては抵抗ありまくりですよね。
>彼のご両親と試合の時に会ったことがあるので、余計に^^;
>


 クリーンヒットしましたね(笑)。
 間違いなくD9はおうし座ラグナです。

 と同時に、D9がシェバさんと似ている私は、これから自分もこうなるのかと思いました(笑)。
 そうか、仲間内で知り合う、そこそこお金のありそうな火星男と恋愛結婚するのか、と。


 シェバさんについては、
・月と金星の相互アスペクト(これは私のチャートには存在しない)
・逆行木星とのコンジャンクション
 の2つがあるので、前者によってかなりいろいろある・・・というのに加えて、逆行木星のせいで、「相手と誠実に向き合うのが苦手」になってしまい、向き合えないし迷いはあるわで最終的に再婚しない可能性はあるな、と思っています。


>
>た・だ・し!
>彼には彼女がいます。皆の前では彼女のことを大切にしている言動をしますが、二人きりで話していた時は、それほど好きではない、と断言していたので、リアクションに困って放置してます。
>そういう意味でも、私は彼に全く何もアクションをせず、放置している状態です。(というより忙しいのでそれどころじゃないですが)
>
>

 ・・・それは、
「彼女と別れる気はないんだけどシェバさんとも遊びたいんだよね」
 ではなかろうかと。
 別れてからアプローチしろや、といいたいですね。

 そんな相手と誠実に向き合う気にもならなさそうですね・・・。
 さすが逆行木星。

 
 ホントは相手がいるのにそれをうまいこと隠してアプローチしてくる奴のほうがもっとたちが悪いか・・・むー・・・。
 

「彼女ときちんとわかれてからにしてね」
 とでもいって放置して、たまには飲みに行くしかないですよねぇ。


>だから、インド占星術は、未来のこともその通りに起きてしまうんですかねえ、と思った次第なんですよね。
>
>配置が似ている人は、やっぱり似たようなことが起きている、ということなので、、、
>
>人と出会う、仕事に出会う、ということも、その通りになっちゃっうのはなんかインド占星術が出来すぎていて不気味になってきます^^;;
>
>どっかで外れて欲しいっていうのもあったりして複雑ですね笑
>
>仕組まれているのかなあ……、それとも、インド占星術のような何か見えない規則があって、それを生まれる前に選んで、肉体を得たのかなあ、とぼんやりと考えていました。
>

 自分と同じ誕生日の同級生のチャートをもっていますが(つまりD1はラグナの場所が違うだけ)、D9の配置があまり似ていません。

 ※D9は出生時刻が30分違う、ひどいと数分違うだけで、ラグナが移動して、がらっと変わってしまったりするので。

 シェバさんとは誕生日はわりと近くて、動きの早い惑星の場所やD1ラグナがひとつ違うのと、シェバさんの木星と土星は逆行しているけれど私はしていない、という、細かな違いはあります。
 
 ただし、生まれた時間帯は私も昼時なので、D9のラグナは同じでわりと配置も似てます。
 だからトータルしてみると、傾向的にはかなり近いはずですし、これまでみてきた中で、D10をはじめとするほかのチャートも含めてみても、シェバさんは一番自分とよく似たチャートの持ち主ですね。

 そうすると、細かい違いはあるのですが、いろいろな傾向が近くて、私もちょっとびっくりしています。
 何がどの配置によって引き起こされるのかも、非常によくわかります。


 チャートに出てることってだいたい起きるらしくて、その時期をダシャーで特定していくのがインド占星術です。
 私自身は、チャートは人生のあらすじみたいなものだと思っています。

 もちろん、
「なんでこうなってんの、はずれてよ!」
 と思うものもチャートに出てるんですけど、それを含めて、確かにあのあたり方はやや気色悪いものを感じますね(笑)。


 そんな感じなので、ものにもよりますが、不可避なイベントでも、ふりかかってきたときにどうするかはある程度自分の意志で決めることができます。
 ふりかかってくる雨はさけられないけど、雨宿りするか、傘さすか、といったように、そのときどう行動するかって、選べますよね。
 だからある程度の行動選択の自由はあるといわれています。

 いやおうなく巻き込まれちゃうみたいなものは、もうどうしようもなく流されるしかないんですが(苦笑)。


 ただし、たとえ悪いことが起きるとチャートにあっても、それがその人にとっては自然な流れなんですよね。
 だから、「やだ」といってそれに逆らうと、自然な流れに逆らってしまうことになるので、かえって余計にきつい、ということはあります。

 私自身、インド占星術に出会う前、一度、はっきりと、
「私は今、定められてたものに逆らった」
 と、そのとき思った出来事があります。
 逆らってからはつらかったし、逆らったことへの後悔もあるので、もう逆らうのはやめよう、と今は思ってますね。
 難しいところですけど。


>前の仕事で占ったもらった時は、
>
>いくら強い運勢を持って生まれてきても、結局は努力次第。
>これだけ強運を持ちながら、活かすような行動をしなかったらそれまで。
>
>って言われたのですが、それは一般常識の範疇では十分すぎるほどに理解出来るのですが、そうじゃなくて、否応無しにその運命の通りにさせられているんじゃないかって思ってしまいました、ここで鑑定してもらった時に。
>

 み、耳が痛い・・・最近私は努力をしていない・・・。
 シェバさんほどではありませんが、私もかなり強力な仕事運を持ってはいるので。
 ただ、職がものすごい不安定、というのもチャートに出てます(笑)。
 これはいらないだろー!と思ってるんですけど。


>恋愛での出会いで、元夫が月っぽくて、資産家の息子っていうあたりからして、元夫に出会う前の元彼の特徴も、がっつりその要素が続いていましたしね。
>出会わされているというような感じを受けたので、「やらされてる感」が強くありましたね。
>
>そして、再婚という別の見方で、火星要素が強い人。。。
>というのも、結婚前では全く出会わなかったタイプです。本当に出会いませんでした、アスリートタイプは。
>本当に、今やたらと出会います。
>だから「出会わされてる」って感じで。
>
>どうなんでしょう? み、さんはどう思いますか??
>
>

 「え?また?どうしてこうなる、というか、どうしてこればっか?」
 みたいな感じですよね。
 もうね、これはチャートにあるから、そういうもんだと思うことにしてます。今は。

 「また火星男かー、インド占星術、ダテじゃないね」
 と思いますね(笑)。 

 今も、火星男にからまれていますが、わかっているので、それ以外のタイプを相手にしなけりゃよかったり、どうせ先はないよねとわかるので、傷つきもしなけりゃ効率もいいですよ(笑)。


 ※私の場合は、D9の7室で、もともとの在住星の水星が2室の火星と星座交換しているので、実質的には火星が7室にいることになってしまう


>
>海外に出て仕事がしたいですね〜。
>土星・ラーフ期というのは、2020年まででしたっけ?
>うーん、あまり時間がないですね。
>
 そうですね、仕事で移るのなら2020年10月あたりまでの間になります。
直近だと、土星・ラーフ・月期にあたる、2020年5月の終わりから8月中旬あたりに移るとしたら移ると思います。
 
 月は、引越し、という意味もありますし、住居を表すD4チャートの10室で月が高揚して住居の4室にアスペクトバックをかけているので。
 月は仕事の10室にいるので、仕事でのお引越し、ということになりそうです。
 
 あと2年ちょっとありますし、その2年の間で準備をいろいろ整えて、海外に移るのかもしれませんね。

引用なし

パスワード


113 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@pc.tiu.ac.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
 シェバ  - 18/3/2(金) 22:37 -
▼みさん:

>
>  ここは内緒ですが、近いことは近いです。

いつも丁寧なお返事有り難うございます。

おっ、秘密ですか。秘密主義なのでしょうかね。
私も秘密主義者です。
プライベートの話、一切しません。リアルで知ってる方でも、結婚していたことを知らない方も多いですね。


> その年齢当時に出会ってた人が、D9の7室に現れてる特徴って・・・あったかなぁ・・・。


気付いてなかったか、関心が向かなかったかのどちらかもしれませんね!
資産家って、色々あると思いますので。
土地持ちなだけで実際は成金イメージとはかけ離れていたり。

私も元夫が資産家の出というのは、結婚してから判明しましたよ。
億単位レベルなので、どうしても隠さないとダメだった、というような感じで、カモフラージュしてたみたいです。


> 
> あと、非正規の人と両片思のままで終わったことはあるので、シェバさんのお返事をみて、
>「やっぱりそうかー」
> と思いました(笑)。


本当に、私のことを興味持ってくれませんでした……。
そういうタイプの男性ほど、私のようなタイプを妻にすりゃいいのにね! と思いましたよ、あの時は。


> クリーンヒットしましたね(笑)。
> 間違いなくD9はおうし座ラグナです。

いらないクリーンヒットですけどね〜笑
彼は不誠実な人ではなく、むしろ誠実な人なので、大丈夫です。
私にアタックしてないと思います。

お姉さん的な感じの親しみなんじゃないかと思うんですがね〜?

ただ彼は水瓶座なのでちょっと常識から外れた感じはありますが……。

今は動くつもりもなければ、そんな余裕がないのでいいですが、時間が経ったり環境が変わればまた何かしらの変化が出てくる可能性は100%否定出来ませんね。

ま〜今は新しい環境の仕事の展開でまた新しい出会いもあるでしょうから、ね。


> と同時に、D9がシェバさんと似ている私は、これから自分もこうなるのかと思いました(笑)。
> そうか、仲間内で知り合う、そこそこお金のありそうな火星男と恋愛結婚するのか、と。

楽しみですね!笑
スポーツをやられているのなら可能性はありますよね。やってないならやってみましょうよ〜(*^_^*)
お金持ちがやるスポーツといえば、ゴルフか乗馬ですね。
私はゴルフをやってます。

そういえば、かなり年上のおじさま(元プロアスリート)にもめっちゃくちゃ好かれます。
これも火星効果?
おかげでセレブな場所につれてってもらったり、たくさん貢いでもらったりしてます。


>
> 自分と同じ誕生日の同級生のチャートをもっていますが(つまりD1はラグナの場所が違うだけ)、D9の配置があまり似ていません。
>
> ※D9は出生時刻が30分違う、ひどいと数分違うだけで、ラグナが移動して、がらっと変わってしまったりするので。
>
> シェバさんとは誕生日はわりと近くて、動きの早い惑星の場所やD1ラグナがひとつ違うのと、シェバさんの木星と土星は逆行しているけれど私はしていない、という、細かな違いはあります。
> 
> ただし、生まれた時間帯は私も昼時なので、D9のラグナは同じでわりと配置も似てます。
> だからトータルしてみると、傾向的にはかなり近いはずですし、これまでみてきた中で、D10をはじめとするほかのチャートも含めてみても、シェバさんは一番自分とよく似たチャートの持ち主ですね。
>
> そうすると、細かい違いはあるのですが、いろいろな傾向が近くて、私もちょっとびっくりしています。
> 何がどの配置によって引き起こされるのかも、非常によくわかります。

これも何かの奇縁ですかね。
財運に関してはどうなんだろう? そこも似てるのかな? と思いました。
仕事も似てるなら。

手相を観てもらった時、レアな「三奇紋」を両手に持っているらしいですが、その実感はありません。
大富豪の印があっても、努力しなかったらそれまでですもんねえ。

人から貰う印ではなくて、自分で稼ぐ印のものなので、どうにかして自力で這い上がりたいものです^^;;


> ただし、たとえ悪いことが起きるとチャートにあっても、それがその人にとっては自然な流れなんですよね。
> だから、「やだ」といってそれに逆らうと、自然な流れに逆らってしまうことになるので、かえって余計にきつい、ということはあります。

なるほどね〜、と思いました。
確かに、経験上、それはありましたね。もがけばもがくほどきつく締め付けられる。

成功に至るまでの努力は、ネガティブエネルギーを消費している、という言葉を頂いた時、なるほど! と思いました。
筋トレするのって、自分の筋肉を痛めつけて強くしていますよね。
それと同じ感じです。

それなら、嘆く暇があったら努力しよう! って決めました。


>
> 「また火星男かー、インド占星術、ダテじゃないね」
> と思いますね(笑)。 
>
> 今も、火星男にからまれていますが、わかっているので、それ以外のタイプを相手にしなけりゃよかったり、どうせ先はないよねとわかるので、傷つきもしなけりゃ効率もいいですよ(笑)。


あっはっは笑
そこまで振り切っていたらもう楽ですよねえ〜!
そうか、もう悩みません。私も。
火星男だけ相手にして、のらりくらりとかわして、一生を終えようかな、と。恋愛だけは。
もう若くないですし、楽になってきましたよ、良い塩梅に。


> ※私の場合は、D9の7室で、もともとの在住星の水星が2室の火星と星座交換しているので、実質的には火星が7室にいることになってしまう

よく書かれている星座交換って何!? って感じですが、少しずつ知識としてインド占星術も勉強しようかしら、と思いました。


>>海外に出て仕事がしたいですね〜。
>>土星・ラーフ期というのは、2020年まででしたっけ?
>>うーん、あまり時間がないですね。
>>
> そうですね、仕事で移るのなら2020年10月あたりまでの間になります。
>直近だと、土星・ラーフ・月期にあたる、2020年5月の終わりから8月中旬あたりに移るとしたら移ると思います。
> 
> 月は、引越し、という意味もありますし、住居を表すD4チャートの10室で月が高揚して住居の4室にアスペクトバックをかけているので。
> 月は仕事の10室にいるので、仕事でのお引越し、ということになりそうです。
> 
> あと2年ちょっとありますし、その2年の間で準備をいろいろ整えて、海外に移るのかもしれませんね。


うーーーーん、どうなんだろう、2年、たった2年かもしれません。
もっと先のことで、そういう機会はもう恵まれないのかしら……。
ちょっと時間が足りないなあ〜と思ってしまいます。

可能性としては、今は地方在住ですが、東京に出てくる可能性はすごく高いです。
引っ越しというより、地方と東京の行き来ですね。
二つ家を持つか、です。

すでに地方で二つ家を構えているというような状態ですけどね。(賃貸も含む)
セカンドハウスというような。

これも出てるんですかね??

引用なし

パスワード


111 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.186 Safari/537.36@bai773fbc37.bai.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
   - 18/3/3(土) 12:25 -
▼シェバさん:


>
>> と同時に、D9がシェバさんと似ている私は、これから自分もこうなるのかと思いました(笑)。
>> そうか、仲間内で知り合う、そこそこお金のありそうな火星男と恋愛結婚するのか、と。
>
>楽しみですね!笑
>スポーツをやられているのなら可能性はありますよね。やってないならやってみましょうよ〜(*^_^*)
>お金持ちがやるスポーツといえば、ゴルフか乗馬ですね。
>私はゴルフをやってます。
>
>そういえば、かなり年上のおじさま(元プロアスリート)にもめっちゃくちゃ好かれます。
>これも火星効果?
>おかげでセレブな場所につれてってもらったり、たくさん貢いでもらったりしてます。
>
 たぶん火星効果でしょうね。
 私は特にスポーツをやらずともスポーツに縁のある人がまわりに大量にいて、その中のひとりに絡まれてますね、今は。


>>
>> 自分と同じ誕生日の同級生のチャートをもっていますが(つまりD1はラグナの場所が違うだけ)、D9の配置があまり似ていません。
>>
>> ※D9は出生時刻が30分違う、ひどいと数分違うだけで、ラグナが移動して、がらっと変わってしまったりするので。
>>
>> シェバさんとは誕生日はわりと近くて、動きの早い惑星の場所やD1ラグナがひとつ違うのと、シェバさんの木星と土星は逆行しているけれど私はしていない、という、細かな違いはあります。
>> 
>> ただし、生まれた時間帯は私も昼時なので、D9のラグナは同じでわりと配置も似てます。
>> だからトータルしてみると、傾向的にはかなり近いはずですし、これまでみてきた中で、D10をはじめとするほかのチャートも含めてみても、シェバさんは一番自分とよく似たチャートの持ち主ですね。
>>
>> そうすると、細かい違いはあるのですが、いろいろな傾向が近くて、私もちょっとびっくりしています。
>> 何がどの配置によって引き起こされるのかも、非常によくわかります。
>
>これも何かの奇縁ですかね。

 そうですね、何かのご縁でしょうね。

 私は自分のD9の7室系をうまく読めていなかった部分があったのですが、シェバさんの鑑定ではっきりわかりました(笑)。
 シェバさんとのやりとりを通じて、自分のチャートに対する理解も深まりました。


>財運に関してはどうなんだろう? そこも似てるのかな? と思いました。
>仕事も似てるなら。
>
>人から貰う印ではなくて、自分で稼ぐ印のものなので、どうにかして自力で這い上がりたいものです^^;;
>
>

 仕事運でいくと、シェバさんの方がたぶん高いですね。
 財運も、D1の11室をみると、11室定座のシェバさんの方が安定していそうですし、D2という財運をみるチャートを見る限り、シェバさんは自分で稼ぐより人からもらう型ですね。

 私だと、稼ぎと貰うのとほぼ半々で、収入は変動が激しそうな感じですが。


>> ただし、たとえ悪いことが起きるとチャートにあっても、それがその人にとっては自然な流れなんですよね。
>> だから、「やだ」といってそれに逆らうと、自然な流れに逆らってしまうことになるので、かえって余計にきつい、ということはあります。
>
>なるほどね〜、と思いました。
>確かに、経験上、それはありましたね。もがけばもがくほどきつく締め付けられる。
>
>成功に至るまでの努力は、ネガティブエネルギーを消費している、という言葉を頂いた時、なるほど! と思いました。
>筋トレするのって、自分の筋肉を痛めつけて強くしていますよね。
>それと同じ感じです。
>
>それなら、嘆く暇があったら努力しよう! って決めました。
>

 ここはある程度の諦めというか、
「チャートがこうなってるから、そんなもんかなー、こればっかりはもう仕方ないよね」
 という発想があると楽だと思います。
 筋トレのたとえ、なかなかいいたとえですね。
 
 ものにもよりますが、私は結構大きなことについて「逆らった」と思っていたので、そのしっぺ返したるや結構すごかったです。
 そんなわけで、チャートに出てることに対して無理して逆らうと、しっぺ返しがくるぞ、と言うようにしています。


>
>>
>> 「また火星男かー、インド占星術、ダテじゃないね」
>> と思いますね(笑)。 
>>
>> 今も、火星男にからまれていますが、わかっているので、それ以外のタイプを相手にしなけりゃよかったり、どうせ先はないよねとわかるので、傷つきもしなけりゃ効率もいいですよ(笑)。
>
>
>あっはっは笑
>そこまで振り切っていたらもう楽ですよねえ〜!
>そうか、もう悩みません。私も。
>火星男だけ相手にして、のらりくらりとかわして、一生を終えようかな、と。恋愛だけは。
>もう若くないですし、楽になってきましたよ、良い塩梅に。
>
>
 ラーフ男にちょろちょろされてたときは、
「うん、キミはよくみるとラーフだね、だからちょいと楽しく遊んで終わりだろうね、めんどくさいのはやだから深入りしないよ」
 くらいに思ってましたね。

 火星男が告白してくれないと、
「火星男のくせにこのヘタレ!」
 って、イライラするくせに(笑)。


>> ※私の場合は、D9の7室で、もともとの在住星の水星が2室の火星と星座交換しているので、実質的には火星が7室にいることになってしまう
>
>よく書かれている星座交換って何!? って感じですが、少しずつ知識としてインド占星術も勉強しようかしら、と思いました。
>

 チャートで、どの星座をどの惑星が支配するかは全部決まっています。
 あとは出生時刻などに応じて、どの惑星がどの星座の部屋に入るかが変わります。
 たまたま誕生日や出生時刻が近いと、入り方が似てくるのですが。

 そして、たとえば、私の水星と火星の星座交換を例にすると、2室が水星の支配する部屋で火星が在住、7室が火星の支配する部屋で水星が在住となっています。
 つまり、2つの惑星どうしが、相手の支配する部屋に住んでる状態です。

 交換が起きている部屋の意味どうしの結びつきがとても強くなり、最終的にお互いに自分の部屋にいることになる、と言われています。
 2−7室の交換になっている私だと、財産と結婚が非常に強い結びつきをもつことになるので、「お金のために結婚するのか」と思っていたりします(笑)。


>
>>>海外に出て仕事がしたいですね〜。
>>>土星・ラーフ期というのは、2020年まででしたっけ?
>>>うーん、あまり時間がないですね。
>>>
>> そうですね、仕事で移るのなら2020年10月あたりまでの間になります。
>>直近だと、土星・ラーフ・月期にあたる、2020年5月の終わりから8月中旬あたりに移るとしたら移ると思います。
>> 
>> 月は、引越し、という意味もありますし、住居を表すD4チャートの10室で月が高揚して住居の4室にアスペクトバックをかけているので。
>> 月は仕事の10室にいるので、仕事でのお引越し、ということになりそうです。
>> 
>> あと2年ちょっとありますし、その2年の間で準備をいろいろ整えて、海外に移るのかもしれませんね。
>
>
>うーーーーん、どうなんだろう、2年、たった2年かもしれません。
>もっと先のことで、そういう機会はもう恵まれないのかしら……。
>ちょっと時間が足りないなあ〜と思ってしまいます。
>
>可能性としては、今は地方在住ですが、東京に出てくる可能性はすごく高いです。
>引っ越しというより、地方と東京の行き来ですね。
>二つ家を持つか、です。
>
>すでに地方で二つ家を構えているというような状態ですけどね。(賃貸も含む)
>セカンドハウスというような。
>
>これも出てるんですかね??

 補足しますと、12室にもラーフにも、「海外・外国」という意味はありますが、実際には「自分の出身地から離れた場所」という意味で出てくることの方が圧倒的に多いです。
 だから、自分が生まれたところとは違う都道府県くらいでも出てきます。

 これは、昔のインド人が生まれた土地から離れるということがほとんどなかったうえ、インド国内でも複数の王が分割統治を行っていた兼ね合いで、同じ国の中でも「外国」が存在することになっていたことにかかわりがあるといわれています。


 2年後に住居を仕事の都合で動くであろうことはチャートに出ているのですが、今は地方在住とのことですし、海外ではなくて、東京という可能性も十分あります。
 そちらのことかもしれませんね。

 D4の4室の状態も結構いいので、住居運もなかなか良さそうです。
 D4の3室にラーフがいるので、ちょっと不安定、住処を移る回数が多いのかな、という感じもしますが。

 いずれにせよ、D9の12室で太陽が高揚しているあたりからも、自分が生まれたところとは違う土地で仕事をすることになるであろうことはうかがえますね。

引用なし

パスワード


119 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p1311018-ipngn9101souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
 シェバ  - 18/3/3(土) 23:32 -
▼みさん:

火星、火星って言い続けたのですが、月タイプの人もまだ有効なのでしょうかね??
再婚というか、そういう深い関係を続けられるパートナーって。

今日、実は仕事でトラブルがあって、滅茶苦茶ショックを受けたんです。
そしたら、私のマネージャーがすごく優しい言葉で励まし、優しく叱ってくれたんですよね。

彼もものすごい気を遣って、私に丁寧に話してくれたことはすごく伝わってきました。

私の辛さや色んな理解しづらいことを理解してくれていることが初めて分かって、人生で初めて「この人と一緒に生きたいな」と思ってしまったんですよねえ。

彼はバリバリの月タイプの人で、蟹座ですね。
(ただ年上です)

一時の感情でそうさせてしまったかもしれませんが、人生で初めてここまで分かってくれる人はなかなかいなかったので……。
真剣に向き合いたい、と思いましたね。

結婚とか、恋愛関係に至らなくても、ずっと公私共に過ごしたいですね。


> そうですね、何かのご縁でしょうね。
>
> 私は自分のD9の7室系をうまく読めていなかった部分があったのですが、シェバさんの鑑定ではっきりわかりました(笑)。
> シェバさんとのやりとりを通じて、自分のチャートに対する理解も深まりました。
>

良かったです、お役に立てられて。してもらいっぱなしだったら申し訳ないなと思っていたので。
こちらこそ有り難うございます。


>
>>財運に関してはどうなんだろう? そこも似てるのかな? と思いました。
>>仕事も似てるなら。
>>
>>人から貰う印ではなくて、自分で稼ぐ印のものなので、どうにかして自力で這い上がりたいものです^^;;
>>
>>
>
> 仕事運でいくと、シェバさんの方がたぶん高いですね。
> 財運も、D1の11室をみると、11室定座のシェバさんの方が安定していそうですし、D2という財運をみるチャートを見る限り、シェバさんは自分で稼ぐより人からもらう型ですね。
>
> 私だと、稼ぎと貰うのとほぼ半々で、収入は変動が激しそうな感じですが。


えーっ、そうなると、人から貰う型となると、人気商売とかそういうタイプなのかしら、と思いました。
人気商売って、自分で稼ぐっていうより、人に貢いで貰うという感じなんですかねえ……???
よく分からないです^^;;

水商売といっても、キャバクラとか夜のお仕事ではないのですが、みさんなら分かってもらえると思います。

まあ前の仕事だけを占ってもらった時は、今の仕事はすごく適職であり、すごく稼ぐと言っていましたねえ。


> ラーフ男にちょろちょろされてたときは、
>「うん、キミはよくみるとラーフだね、だからちょいと楽しく遊んで終わりだろうね、めんどくさいのはやだから深入りしないよ」
> くらいに思ってましたね。
>
> 火星男が告白してくれないと、
>「火星男のくせにこのヘタレ!」
> って、イライラするくせに(笑)。

火星男は火星男らしくストレートにアタックして欲しいですよね。
ところで、ラーフ男ってどんなタイプなんですか笑


>
>
>>> ※私の場合は、D9の7室で、もともとの在住星の水星が2室の火星と星座交換しているので、実質的には火星が7室にいることになってしまう
>>
>>よく書かれている星座交換って何!? って感じですが、少しずつ知識としてインド占星術も勉強しようかしら、と思いました。
>>
>
> チャートで、どの星座をどの惑星が支配するかは全部決まっています。
> あとは出生時刻などに応じて、どの惑星がどの星座の部屋に入るかが変わります。
> たまたま誕生日や出生時刻が近いと、入り方が似てくるのですが。
>
> そして、たとえば、私の水星と火星の星座交換を例にすると、2室が水星の支配する部屋で火星が在住、7室が火星の支配する部屋で水星が在住となっています。
> つまり、2つの惑星どうしが、相手の支配する部屋に住んでる状態です。
>
> 交換が起きている部屋の意味どうしの結びつきがとても強くなり、最終的にお互いに自分の部屋にいることになる、と言われています。
> 2−7室の交換になっている私だと、財産と結婚が非常に強い結びつきをもつことになるので、「お金のために結婚するのか」と思っていたりします(笑)。

お金のために結婚するのも、案外悪くないかもしれませんよ。笑
冗談はさておき、つまるところ、ふたご座の部屋に火星がいて、おひつじ座に水星がいるっていうような感じですか?(西洋占星術の例えで)


としては、今は地方在住ですが、東京に出てくる可能性はすごく高いです。
>>引っ越しというより、地方と東京の行き来ですね。
>>二つ家を持つか、です。
>>
>>すでに地方で二つ家を構えているというような状態ですけどね。(賃貸も含む)
>>セカンドハウスというような。
>>
>>これも出てるんですかね??
>
> 補足しますと、12室にもラーフにも、「海外・外国」という意味はありますが、実際には「自分の出身地から離れた場所」という意味で出てくることの方が圧倒的に多いです。
> だから、自分が生まれたところとは違う都道府県くらいでも出てきます。
>
> これは、昔のインド人が生まれた土地から離れるということがほとんどなかったうえ、インド国内でも複数の王が分割統治を行っていた兼ね合いで、同じ国の中でも「外国」が存在することになっていたことにかかわりがあるといわれています。
>
>
> 2年後に住居を仕事の都合で動くであろうことはチャートに出ているのですが、今は地方在住とのことですし、海外ではなくて、東京という可能性も十分あります。
> そちらのことかもしれませんね。
>
> D4の4室の状態も結構いいので、住居運もなかなか良さそうです。
> D4の3室にラーフがいるので、ちょっと不安定、住処を移る回数が多いのかな、という感じもしますが。
>
> いずれにせよ、D9の12室で太陽が高揚しているあたりからも、自分が生まれたところとは違う土地で仕事をすることになるであろうことはうかがえますね。


なるほど〜、詳しい説明有り難うございます。
やっぱり東京へ行く回数が今後激増する可能性が高いので、二年後あたりにはセカンドハウスに東京っていうことになりそうですね。

海外は一応縁はありますが、出張って感じですね。
今年はGWに海外へ仕事、というような感じです。居を構えるとかそこまでは至らないですねえ。

引用なし

パスワード


130 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.186 Safari/537.36@bai773fbc37.bai.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
   - 18/3/5(月) 13:25 -
▼シェバさん:
>▼みさん:
>
>火星、火星って言い続けたのですが、月タイプの人もまだ有効なのでしょうかね??
>再婚というか、そういう深い関係を続けられるパートナーって。
>
>今日、実は仕事でトラブルがあって、滅茶苦茶ショックを受けたんです。
>そしたら、私のマネージャーがすごく優しい言葉で励まし、優しく叱ってくれたんですよね。
>
>彼もものすごい気を遣って、私に丁寧に話してくれたことはすごく伝わってきました。
>
>私の辛さや色んな理解しづらいことを理解してくれていることが初めて分かって、人生で初めて「この人と一緒に生きたいな」と思ってしまったんですよねえ。
>
>彼はバリバリの月タイプの人で、蟹座ですね。
>(ただ年上です)
>
>一時の感情でそうさせてしまったかもしれませんが、人生で初めてここまで分かってくれる人はなかなかいなかったので……。
>真剣に向き合いたい、と思いましたね。
>
>結婚とか、恋愛関係に至らなくても、ずっと公私共に過ごしたいですね。
>

D10で3室支配星の木星が10室室在住&5室にアスペクトバックあり、D1でも3室支配星の金星が10室で定座となると、仕事は芸能関係っぽいかんじはしますね。
 でも3室の絡みが強いから、文筆業かも。

 ラグナロードが太陽だし、華やかな表舞台に自分が出たいタイプなので、芸能関係はなってしまえば向いていそうですね。


 さて、マネージャーを、「自分の部下になってくれる人」と考えるのか、「対等なビジネスパートナー」と考えるかにもよりますが、後者で考えるのであれば、D1の7室に月なので、ビジネスパートナーとしても月が表すような特徴をもった人とのかかわりは生涯ありそうだと考えることはできるだろうと思います。


 再婚、という意味で、まだ7室が有効なのかといわれると、ちょっと難しいところです。

 ドゥビサプタティサマダシャーというダシャーが適用できる人は、再婚でも7室にしか反応しないという特徴はあります。

 これまでの鑑定経験から、この人たちは、星座交換が起きていない限りは、どうもストライクゾーンが狭いか好みのタイプがはっきりしているのか、複数回結婚しようが縁がある人は全部7室在住星になぜか限定されるのですが(チャップリン、浜崎あゆみあたりは相当わかりやすい)、それ以外の人は再婚は9室ではないかといわれています。

 もちろん影響が消えるわけではないですが、残るとすれば、D9の7室のほうではないかと思います。

 ※2室説、11室説もあるにはある


 ただ、再婚となると相当悩みそうですよね。

 離婚後、縁のある男性がことごとく9室在住星の火星っぽい人である、ということなので、再婚は9室でみていいだろうと思います。

 ところが、D9の9室支配で11室在住の土星が、悩みの8室にいる火星と相互アスペクト、11室が仲間関係という意味でとるなら、その仲間内でのほかの人との関係も含めて相当悩む羽目になりそうです。
 最終的には自分の意志を押し通しそうですが。


>
>>
>>>財運に関してはどうなんだろう? そこも似てるのかな? と思いました。
>>>仕事も似てるなら。
>>>
>>>人から貰う印ではなくて、自分で稼ぐ印のものなので、どうにかして自力で這い上がりたいものです^^;;
>>>
>>>
>>
>> 仕事運でいくと、シェバさんの方がたぶん高いですね。
>> 財運も、D1の11室をみると、11室定座のシェバさんの方が安定していそうですし、D2という財運をみるチャートを見る限り、シェバさんは自分で稼ぐより人からもらう型ですね。
>
>
>えーっ、そうなると、人から貰う型となると、人気商売とかそういうタイプなのかしら、と思いました。
>人気商売って、自分で稼ぐっていうより、人に貢いで貰うという感じなんですかねえ……???
>よく分からないです^^;;

 ここでいう「人から貰う型」というのは、(女性なら)旦那さんの稼ぎでたべていける、(遺産が入ってくるとか)不労所得みたいなものが収入としてはいってくる、という意味です。

 シェバさんの場合、D9の7室系が、「資産家(=2室)」が絡んでいるので、まさにそのとおりですね。

 全体に、2−8軸が強いチャートが多いので、自分が必死になって働かなくても収入がえられるか、家庭や収入(実家かな?)のことで悩みが多い傾向にはある人だと思います。

 といっても、本人の太陽の配置と強さからいって、自分が社会の中で活躍して、自分の手で収入を得たくて仕方ない人なんですけどね・・・。


>
>
>> ラーフ男にちょろちょろされてたときは、
>>「うん、キミはよくみるとラーフだね、だからちょいと楽しく遊んで終わりだろうね、めんどくさいのはやだから深入りしないよ」
>> くらいに思ってましたね。
>>
>> 火星男が告白してくれないと、
>>「火星男のくせにこのヘタレ!」
>> って、イライラするくせに(笑)。
>
>火星男は火星男らしくストレートにアタックして欲しいですよね。
>ところで、ラーフ男ってどんなタイプなんですか笑
>

 ストレートにアタックしてくれるのが火星男のいいとこなんですけどね。

 火星とラーフは、異性に迫るときはおそらく似てます。
 アタックされてる側からみると、どちらも積極的なアタックを受けていると感じると思います。

 ただ、ラーフの人は個性的で自己中な欲深、火星の人はデリカシーに欠けて攻撃的なうえに基本的に体育会系、という違いはある気がします。
 どっちも疲れる相手ですが、自分の欲が最優先なラーフの方がパートナーにするにはちょっとたちが悪いかもしれません。


>
>お金のために結婚するのも、案外悪くないかもしれませんよ。笑
>冗談はさておき、つまるところ、ふたご座の部屋に火星がいて、おひつじ座に水星がいるっていうような感じですか?(西洋占星術の例えで)
>

 それであっていますよ。
 お金のため、悪くない(笑)。


>>
>> 2年後に住居を仕事の都合で動くであろうことはチャートに出ているのですが、今は地方在住とのことですし、海外ではなくて、東京という可能性も十分あります。
>> そちらのことかもしれませんね。
>>
>> D4の4室の状態も結構いいので、住居運もなかなか良さそうです。
>> D4の3室にラーフがいるので、ちょっと不安定、住処を移る回数が多いのかな、という感じもしますが。
>>
>> いずれにせよ、D9の12室で太陽が高揚しているあたりからも、自分が生まれたところとは違う土地で仕事をすることになるであろうことはうかがえますね。
>
>
>なるほど〜、詳しい説明有り難うございます。
>やっぱり東京へ行く回数が今後激増する可能性が高いので、二年後あたりにはセカンドハウスに東京っていうことになりそうですね。
>
>海外は一応縁はありますが、出張って感じですね。
>今年はGWに海外へ仕事、というような感じです。居を構えるとかそこまでは至らないですねえ。

 チャトゥルでいっても、木星・木星期に入るのが2020年の半ばごろなので、その時期に仕事の都合で動きそうですね。


 来年の終わりあたりからインド版厄年にお互い入ります。
 7年くらい続く(!)ので、ちょっとしんどい時期が続きそうですが、おたがいめげずにがんばりましょう・・・。

引用なし

パスワード


138 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@pc.tiu.ac.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
 シェバ  - 18/3/10(土) 23:06 -
▼みさん:

レスが遅くなってごめんなさい!
先週からずっと出張で家に戻れませんでした。明日もまたずっと出張で、しばらく見られなくなることをお許し下さい。


> D10で3室支配星の木星が10室室在住&5室にアスペクトバックあり、D1でも3室支配星の金星が10室で定座となると、仕事は芸能関係っぽいかんじはしますね。
> でも3室の絡みが強いから、文筆業かも。
>
> ラグナロードが太陽だし、華やかな表舞台に自分が出たいタイプなので、芸能関係はなってしまえば向いていそうですね。

あー、私は表舞台ではなくて裏方ですね。
それでも人気商売(水商売)ですが。。。
芸能関係、文筆業どちらも仕事をしています。
女優を目指したら? と言われたのですが、身の程を知っていますので(苦笑)お断りしました^^;


> さて、マネージャーを、「自分の部下になってくれる人」と考えるのか、「対等なビジネスパートナー」と考えるかにもよりますが、後者で考えるのであれば、D1の7室に月なので、ビジネスパートナーとしても月が表すような特徴をもった人とのかかわりは生涯ありそうだと考えることはできるだろうと思います。
>
>
> 再婚、という意味で、まだ7室が有効なのかといわれると、ちょっと難しいところです。

なら、多分ずっとビジネスパートナーでしょうね。
それでもいいかな〜と思います。別に恋人・夫婦だけが全てじゃないと思いますし。


>
>
> ただ、再婚となると相当悩みそうですよね。
>
> 離婚後、縁のある男性がことごとく9室在住星の火星っぽい人である、ということなので、再婚は9室でみていいだろうと思います。
>
> ところが、D9の9室支配で11室在住の土星が、悩みの8室にいる火星と相互アスペクト、11室が仲間関係という意味でとるなら、その仲間内でのほかの人との関係も含めて相当悩む羽目になりそうです。
> 最終的には自分の意志を押し通しそうですが。


ああ……もういいや、めんどくさい……ってなりました笑
再婚が全てじゃないんで! もういいです! って的な感じですかね笑
やっぱりなんやかんやで、独身が居心地良いんだと思います。
自由でいたい! です。自由が一番!
干渉が一番嫌いです。


>>えーっ、そうなると、人から貰う型となると、人気商売とかそういうタイプなのかしら、と思いました。
>>人気商売って、自分で稼ぐっていうより、人に貢いで貰うという感じなんですかねえ……???
>>よく分からないです^^;;
>
> ここでいう「人から貰う型」というのは、(女性なら)旦那さんの稼ぎでたべていける、(遺産が入ってくるとか)不労所得みたいなものが収入としてはいってくる、という意味です。
>
> シェバさんの場合、D9の7室系が、「資産家(=2室)」が絡んでいるので、まさにそのとおりですね。
>
> 全体に、2−8軸が強いチャートが多いので、自分が必死になって働かなくても収入がえられるか、家庭や収入(実家かな?)のことで悩みが多い傾向にはある人だと思います。
>
> といっても、本人の太陽の配置と強さからいって、自分が社会の中で活躍して、自分の手で収入を得たくて仕方ない人なんですけどね・・・。
>

えええええ〜。人から貰うのは嫌だわ〜って思いました笑
あ、でも……、パトロン、という意味ならありだと思いました。
芸能界でも何でも、人気商売というのは必ずパトロンが存在しています。
枕営業とは別な感じで、純粋に夢を応援したい、というピュアなパトロンです。
そういう意味であれば、「人から貰う型」に当てはまるので、そうだと思います。

私自身も、そういった純粋なパトロン(相手が女性ということも多い)からの支えで、やりたいことをやらせてもらっています。
パトロンをやる方はまさしく「大資産家」「大富豪」ですね。
簡単に3億円を寄付しちゃうようなレベルの方々です。フェラーリに颯爽と乗ってくる人も。

まあ、、、そういうめちゃくちゃ常識の通じない不思議な世界にいます。。。
普通に会社勤め、自由業をしていたらまず理解してくれませんね。それが辛いところです。


> ストレートにアタックしてくれるのが火星男のいいとこなんですけどね。
>
> 火星とラーフは、異性に迫るときはおそらく似てます。
> アタックされてる側からみると、どちらも積極的なアタックを受けていると感じると思います。
>
> ただ、ラーフの人は個性的で自己中な欲深、火星の人はデリカシーに欠けて攻撃的なうえに基本的に体育会系、という違いはある気がします。
> どっちも疲れる相手ですが、自分の欲が最優先なラーフの方がパートナーにするにはちょっとたちが悪いかもしれません。


なるほど! ご説明ありがとうございます!
ダメンズですね。了解です。多分縁がないと思います。火星男に縁はあっても、ラーフ男は寄せ付けない不思議な力を持ってます笑


>>>
>>> 2年後に住居を仕事の都合で動くであろうことはチャートに出ているのですが、今は地方在住とのことですし、海外ではなくて、東京という可能性も十分あります。
>>> そちらのことかもしれませんね。
>>>
>>> D4の4室の状態も結構いいので、住居運もなかなか良さそうです。
>>> D4の3室にラーフがいるので、ちょっと不安定、住処を移る回数が多いのかな、という感じもしますが。
>>>
>>> いずれにせよ、D9の12室で太陽が高揚しているあたりからも、自分が生まれたところとは違う土地で仕事をすることになるであろうことはうかがえますね。
>>
>>
>>なるほど〜、詳しい説明有り難うございます。
>>やっぱり東京へ行く回数が今後激増する可能性が高いので、二年後あたりにはセカンドハウスに東京っていうことになりそうですね。
>>
>>海外は一応縁はありますが、出張って感じですね。
>>今年はGWに海外へ仕事、というような感じです。居を構えるとかそこまでは至らないですねえ。
>
> チャトゥルでいっても、木星・木星期に入るのが2020年の半ばごろなので、その時期に仕事の都合で動きそうですね。


あ、このレスが出来なかった短い間に色々ありましたけど、ひょんなところから海外のお話が出ました。
早くて年内か、来年あたりになりそうです。
これもまた、パトロン(兼ビジネスパートナー)からの提案でした。


> 来年の終わりあたりからインド版厄年にお互い入ります。
> 7年くらい続く(!)ので、ちょっとしんどい時期が続きそうですが、おたがいめげずにがんばりましょう・・・。


そうなんですか……。日本版厄年をやっと終えたばかりなのに……笑
インド版厄年は、今までにも出てたんですかね?
ちょっと照らし合わせて、気をつけるなどなんか対策をしておきたいので、是非教えて下さい!

宜しくお願い致します♪

いつも丁寧なレスを有り難うございます!!

引用なし

パスワード


145 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.186 Safari/537.36@bai773fbc37.bai.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
   - 18/3/11(日) 12:39 -
▼シェバさん:


>> ただ、再婚となると相当悩みそうですよね。
>>
>> 離婚後、縁のある男性がことごとく9室在住星の火星っぽい人である、ということなので、再婚は9室でみていいだろうと思います。
>>
>> ところが、D9の9室支配で11室在住の土星が、悩みの8室にいる火星と相互アスペクト、11室が仲間関係という意味でとるなら、その仲間内でのほかの人との関係も含めて相当悩む羽目になりそうです。
>> 最終的には自分の意志を押し通しそうですが。
>
>
>ああ……もういいや、めんどくさい……ってなりました笑
>再婚が全てじゃないんで! もういいです! って的な感じですかね笑
>やっぱりなんやかんやで、独身が居心地良いんだと思います。
>自由でいたい! です。自由が一番!
>干渉が一番嫌いです。
>

 それらしい配置してますよね(笑)。

>
>>>えーっ、そうなると、人から貰う型となると、人気商売とかそういうタイプなのかしら、と思いました。
>>>人気商売って、自分で稼ぐっていうより、人に貢いで貰うという感じなんですかねえ……???
>>>よく分からないです^^;;
>>
>> ここでいう「人から貰う型」というのは、(女性なら)旦那さんの稼ぎでたべていける、(遺産が入ってくるとか)不労所得みたいなものが収入としてはいってくる、という意味です。
>>
>> シェバさんの場合、D9の7室系が、「資産家(=2室)」が絡んでいるので、まさにそのとおりですね。
>>
>> 全体に、2−8軸が強いチャートが多いので、自分が必死になって働かなくても収入がえられるか、家庭や収入(実家かな?)のことで悩みが多い傾向にはある人だと思います。
>>
>> といっても、本人の太陽の配置と強さからいって、自分が社会の中で活躍して、自分の手で収入を得たくて仕方ない人なんですけどね・・・。
>>
>
>えええええ〜。人から貰うのは嫌だわ〜って思いました笑
>あ、でも……、パトロン、という意味ならありだと思いました。
>芸能界でも何でも、人気商売というのは必ずパトロンが存在しています。
>枕営業とは別な感じで、純粋に夢を応援したい、というピュアなパトロンです。
>そういう意味であれば、「人から貰う型」に当てはまるので、そうだと思います。
>

 パトロンも、「タナボタ的収入」に含めていいと思います。
 要は、自分の労働を通じて得た所得ではない、という収入であればよいので、宝くじ当選(そんなにいるのか?)、遺産相続(これはある)あたりがよく言われます。
  
 ちなみに、「よく奢ってもらえます」が入るかはわかりません。
 

>
>
>> ストレートにアタックしてくれるのが火星男のいいとこなんですけどね。
>>
>> 火星とラーフは、異性に迫るときはおそらく似てます。
>> アタックされてる側からみると、どちらも積極的なアタックを受けていると感じると思います。
>>
>> ただ、ラーフの人は個性的で自己中な欲深、火星の人はデリカシーに欠けて攻撃的なうえに基本的に体育会系、という違いはある気がします。
>> どっちも疲れる相手ですが、自分の欲が最優先なラーフの方がパートナーにするにはちょっとたちが悪いかもしれません。
>
>
>なるほど! ご説明ありがとうございます!
>ダメンズですね。了解です。多分縁がないと思います。火星男に縁はあっても、ラーフ男は寄せ付けない不思議な力を持ってます笑
>
>
 実は、シェバさんにはラーフ男が寄りつく可能性はゼロではありません。
 シェバさんも私も共通してもっている、D9の5室ラーフです。

 5室には、子どもという意味以外に、恋愛という意味があります。
 結婚までいたるようなパートナーではない恋愛はおそらくここに出ると思います。

 5室ラーフには、「子どもできない」(シェバさんは違いますね)という意味の場合が基本的には多いですが、とりようによっては、「恋愛多い」、「ラーフ男に迫られる」もありだと思っています。
 「型破り」もたしかはまると思います(私はこれです)が、たまーに、ラーフ男が近寄ってきます。
 火星と見分けがつきにくかったり、たまに水星のふりしてやってくるラーフもいます。


>>>>
>>>> 2年後に住居を仕事の都合で動くであろうことはチャートに出ているのですが、今は地方在住とのことですし、海外ではなくて、東京という可能性も十分あります。
>>>> そちらのことかもしれませんね。
>>>>
>>>> D4の4室の状態も結構いいので、住居運もなかなか良さそうです。
>>>> D4の3室にラーフがいるので、ちょっと不安定、住処を移る回数が多いのかな、という感じもしますが。
>>>>
>>>> いずれにせよ、D9の12室で太陽が高揚しているあたりからも、自分が生まれたところとは違う土地で仕事をすることになるであろうことはうかがえますね。
>>>
>>>
>>>なるほど〜、詳しい説明有り難うございます。
>>>やっぱり東京へ行く回数が今後激増する可能性が高いので、二年後あたりにはセカンドハウスに東京っていうことになりそうですね。
>>>
>>>海外は一応縁はありますが、出張って感じですね。
>>>今年はGWに海外へ仕事、というような感じです。居を構えるとかそこまでは至らないですねえ。
>>
>> チャトゥルでいっても、木星・木星期に入るのが2020年の半ばごろなので、その時期に仕事の都合で動きそうですね。
>
>
>あ、このレスが出来なかった短い間に色々ありましたけど、ひょんなところから海外のお話が出ました。
>早くて年内か、来年あたりになりそうです。
>これもまた、パトロン(兼ビジネスパートナー)からの提案でした。
>
 住居が動くのは2年後かもしれないけれど、とりあえず動きそうですね。


>> 来年の終わりあたりからインド版厄年にお互い入ります。
>> 7年くらい続く(!)ので、ちょっとしんどい時期が続きそうですが、おたがいめげずにがんばりましょう・・・。
>
>
>そうなんですか……。日本版厄年をやっと終えたばかりなのに……笑
>インド版厄年は、今までにも出てたんですかね?
>ちょっと照らし合わせて、気をつけるなどなんか対策をしておきたいので、是非教えて下さい!
>
 たぶん、前のインド版厄年は小学校の低学年頃だと思います。
 が、実際には、「幸運度5%減くらいだからそんなにびくびくする必要もない」といいます。
 「しんどいなー」
 くらいのことはあると思います。

 日本版厄年もそうですが、厄年だからと悪いことが続けて起きるわけじゃないですよね。
 いいことも悪いこともあるのは、厄年以外のときも同じなわけで。
 下手に気にしすぎない方がいいんじゃないかと思いますよ。

引用なし

パスワード


187 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p1520213-ipngn10301souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
 シェバ  - 18/3/19(月) 23:01 -
▼みさん:

こんばんは! 取り敢えず一息ついたので……。
またまた有り難うございます!


>>ああ……もういいや、めんどくさい……ってなりました笑
>>再婚が全てじゃないんで! もういいです! って的な感じですかね笑
>>やっぱりなんやかんやで、独身が居心地良いんだと思います。
>>自由でいたい! です。自由が一番!
>>干渉が一番嫌いです。
>>
>
> それらしい配置してますよね(笑)。


結局、視点を変えて「恋愛はどうなのか?」を確認しても、結局「めんどくせっ! どうでもいいや!」って丸投げしちゃうのがオチなんでしょうね。
こういう配置の人って。


> パトロンも、「タナボタ的収入」に含めていいと思います。
> 要は、自分の労働を通じて得た所得ではない、という収入であればよいので、宝くじ当選(そんなにいるのか?)、遺産相続(これはある)あたりがよく言われます。
>  
> ちなみに、「よく奢ってもらえます」が入るかはわかりません。


よく奢ってもらえます……。男女ともに。年下からも奢られます……。
さすがに年下からは断るのですが、「奢らせてください!」に終始してしまうので、結局甘えることになってしまうことが多いです。

友人の中には、全く奢ってもらえない、それは不思議だ、と非難めいたことを言いますが、これも配置の影響なのかなあ、と思ったりします。
本当に彼氏にすら奢ってもらったことがない友人がいます。
割り勘が当たり前だそうで。たまには奢られたいと愚痴ってました。

今の仕事も、そんなに努力せずにタナボタ的に活躍し、収入を得ている状況なんですけどね……。
うーん、これはちょっと難しいんですよね。
水商売なので、本人の努力がどこまであって、どこからがタナボタ的なのか。

でも、水商売は完全にタナボタ的な収入だと思いますよ……。感じとしては。
いくら努力しても報われない世界ですから。
才能……もあるんでしょうが、それだけではダメだよね、的な感じです。本当に運です。

そういうことをしっかりと状況把握している賢い人ほど、人気が出ます。
謙虚になりますからねえ。

よく芸能事務所でごり押し、といわれる女優・アイドルでも、結局はそういうことに敏感で弁えている賢さを持っているから、ごり押しされるのだろうと思います。
顔やスタイルだけを比べるなら、腐るほどとびきりな美男美女がいます。そういう世界です。

某有名女優も、一緒に仕事した事がありますが、とても謙虚で気遣い上手でしたので、気持ち良くお仕事が出来ました。
と、同時になるほど、と思いました。また一緒に仕事がしたくなって、指定したくなるんです。

まあ、いわゆる夜のお仕事といわれるキャバ嬢やホストも、そういうことを心得ているから、ナンバーワンにさせてあげたい、というファンが多いんでしょうね。


>>
> 実は、シェバさんにはラーフ男が寄りつく可能性はゼロではありません。
> シェバさんも私も共通してもっている、D9の5室ラーフです。
>
> 5室には、子どもという意味以外に、恋愛という意味があります。
> 結婚までいたるようなパートナーではない恋愛はおそらくここに出ると思います。
>
> 5室ラーフには、「子どもできない」(シェバさんは違いますね)という意味の場合が基本的には多いですが、とりようによっては、「恋愛多い」、「ラーフ男に迫られる」もありだと思っています。
> 「型破り」もたしかはまると思います(私はこれです)が、たまーに、ラーフ男が近寄ってきます。
> 火星と見分けがつきにくかったり、たまに水星のふりしてやってくるラーフもいます。


ラーフ男かどうかは知りませんが、最近たまたま隣になった男の人に話し掛けられて、半ば強制的に連絡先交換させられましたね……。
まあ連絡が来てないので、放置しますけど……^^;

よくよく聞いたら、学生時代バリバリのアスリートでした。なるほど……。み、さんが言っていたこれかあ、火星男とかラーフ男に縁ができるようになるって、本当だったんだ……と笑


水星のふりをしてやってくるラーフ……、、、
それは一体どういう……笑


> たぶん、前のインド版厄年は小学校の低学年頃だと思います。
> が、実際には、「幸運度5%減くらいだからそんなにびくびくする必要もない」といいます。
> 「しんどいなー」
> くらいのことはあると思います。
>
> 日本版厄年もそうですが、厄年だからと悪いことが続けて起きるわけじゃないですよね。
> いいことも悪いこともあるのは、厄年以外のときも同じなわけで。
> 下手に気にしすぎない方がいいんじゃないかと思いますよ。


良かったです!
もともと運が良いので、5%ぐらいならいつもと変わりません!笑
0から−5なら大変かもしれませんが、100から95だったらそんなに変わりませんよね。

逆に言えば、日本的な言葉でいうと、「躍年」とも言えるということで、苦境からの逆転ということも出来るので、バネの跳ね返りの勢いがつくというものですね!

超ポジティブなのも、配置にもあるんでしょうかね〜笑


なんだかこういうお喋り、楽しいです!笑
長々とお付き合いくださるみ、さん、有り難うございます!

引用なし

パスワード


167 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.186 Safari/537.36@bai773fbc37.bai.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
   - 18/3/20(火) 10:58 -
▼シェバさん:
>▼みさん
>

>>>ああ……もういいや、めんどくさい……ってなりました笑
>>>再婚が全てじゃないんで! もういいです! って的な感じですかね笑
>>>やっぱりなんやかんやで、独身が居心地良いんだと思います。
>>>自由でいたい! です。自由が一番!
>>>干渉が一番嫌いです。
>>>
>>
>> それらしい配置してますよね(笑)。
>
>
>結局、視点を変えて「恋愛はどうなのか?」を確認しても、結局「めんどくせっ! どうでもいいや!」って丸投げしちゃうのがオチなんでしょうね。
>こういう配置の人って。
>

シェバさんの場合、配置以上に効いているのが、ダシャーだと思います。
年末あたりから2020年秋まで、アンタルダシャーがラーフ期です。

ラーフ期 といえば、欲求のままにがんがん突き進む時期です。

シェバさんはD1 ラーフ が12室なので、自分にとって不要なものを手放して、がんがんいきたい時期にもなるのかもしれません。
でもラーフ のディスポジターの月が7室なので、パートナーを求める気持ちもやっぱりあって…という時期でしょう。

ただ、D1 の4室に火星と土星の影響が重なってるので、家庭をどこかで重荷のように感じるのかもしれません。

それを全部ひっくるめた結果が、
「自由でいたい!」
になるのでしょう。

2020年秋からは、土星木星期になって、収入に関心がいくし、もしかしたらご実家で何かはあるかもしれませんが、今よりは勢いという点では落ち着くと思います。

もうひとつ、使い物になるかはわかりませんが、「全て」を表すD60というチャートがあります。
たぶん使えると思いますが、こちらもラグナロードがD1 と同じ太陽。
自分が一番な人(笑)。

で、このチャートの1室にいるのがケートゥ、7室がラーフ 。
この配置からも、他人を求める気持ちはあるけど、他人に縛られずに1人でいる自由を捨てきれないことは読み取れます。

実は、私も、D60に1室ケートゥ7室ラーフ の構造を持っています。
私の場合は減衰をキャンセルした形なので、少し様子が違うのですが、やっぱり似たような傾向はありますね。

もうひとつは、ナクシャトラ。
私は普段全く使いませんが、シェバさんも私も、シャタビター。
自由がないとダメなタイプの典型です(笑)。


>> ちなみに、「よく奢ってもらえます」が入るかはわかりません。
>
>
>よく奢ってもらえます……。男女ともに。年下からも奢られます……。
>さすがに年下からは断るのですが、「奢らせてください!」に終始してしまうので、結局甘えることになってしまうことが多いです。
>
>友人の中には、全く奢ってもらえない、それは不思議だ、と非難めいたことを言いますが、これも配置の影響なのかなあ、と思ったりします。
>本当に彼氏にすら奢ってもらったことがない友人がいます。
>割り勘が当たり前だそうで。

ここは地域と男性の性格と年齢にもよりますよね。
彼氏以外からは奢られたいですが、基本的には完全に奢られるのは極めて苦手で、対等な割り勘がいいですから。


>>>
>> 実は、シェバさんにはラーフ男が寄りつく可能性はゼロではありません。
>> シェバさんも私も共通してもっている、D9の5室ラーフです。
>>
>> 5室には、子どもという意味以外に、恋愛という意味があります。
>> 結婚までいたるようなパートナーではない恋愛はおそらくここに出ると思います。
>>
>> 5室ラーフには、「子どもできない」(シェバさんは違いますね)という意味の場合が基本的には多いですが、とりようによっては、「恋愛多い」、「ラーフ男に迫られる」もありだと思っています。
>> 「型破り」もたしかはまると思います(私はこれです)が、たまーに、ラーフ男が近寄ってきます。
>> 火星と見分けがつきにくかったり、たまに水星のふりしてやってくるラーフもいます。
>
>
>ラーフ男かどうかは知りませんが、最近たまたま隣になった男の人に話し掛けられて、半ば強制的に連絡先交換させられましたね……。
>まあ連絡が来てないので、放置しますけど……^^;
>
>よくよく聞いたら、学生時代バリバリのアスリートでした。なるほど……。み、さんが言っていたこれかあ、火星男とかラーフ男に縁ができるようになるって、本当だったんだ……と笑
>

ね、インド占星術、ダテじゃないでしょう?

今、シェバさんは土星ラーフ 期にいるので、余計にラーフ っぽいのがよりつきやすいのかもしれません。

前の土星火星期(2016年秋〜2017年秋)の方が、みるからに火星な人が寄り付いてきやすかったりはしませんでしたか?


>
>水星のふりをしてやってくるラーフ……、、、
>それは一体どういう……笑
>

人によってはおしゃべりで、痩せ型で線の細い(悪くいえば神経質そうな)歳下(以上水星)な自己中(ラーフ )です。

そんな奴は要らん(笑)!

>
>
>良かったです!
>もともと運が良いので、5%ぐらいならいつもと変わりません!笑
>0から−5なら大変かもしれませんが、100から95だったらそんなに変わりませんよね。
>
>逆に言えば、日本的な言葉でいうと、「躍年」とも言えるということで、苦境からの逆転ということも出来るので、バネの跳ね返りの勢いがつくというものですね!
>
なるほど、そんな発想が!
サディサティは、その時期になったら突然ズドンと落ちる感じではなく、じわじわとくるらしいです。

人によっては、たいしたことなくて、むしろその時期はわりと良かったという人もいます。


土星の配置によっては軽減が効くらしくて、その有無で、
「指一本の骨折で済むか、交通事故かくらいに違う」
とインド人は言ってました。

シェバさんの場合、土星の場所からは軽減が効かない配置かもしれませんが、もとのチャートが強いので、落ちても「平均」でとまる可能性がありますね。

>
>なんだかこういうお喋り、楽しいです!笑
>長々とお付き合いくださるみ、さん、有り難うございます!

私も楽しいです。
チャートの配置の近い人なので、
「この配置が、こんなイベントを、こんなダシャーのときに引き起こすんだな」
という理解が深まります。

ダシャー的には、シェバさんの方が先輩になるので、ふむふむこの時期に…と学ぶことが多いです。

引用なし

パスワード


192 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_6 like Mac OS X) AppleWebKit/604.5.6 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:好きなタイプについて
 シェバ  - 18/4/4(水) 22:59 -
遅くなりました!
いつも有り難うございます!!


>
>シェバさんの場合、配置以上に効いているのが、ダシャーだと思います。
>年末あたりから2020年秋まで、アンタルダシャーがラーフ期です。
>
>ラーフ期 といえば、欲求のままにがんがん突き進む時期です。
>
>シェバさんはD1 ラーフ が12室なので、自分にとって不要なものを手放して、がんがんいきたい時期にもなるのかもしれません。
>でもラーフ のディスポジターの月が7室なので、パートナーを求める気持ちもやっぱりあって…という時期でしょう。

年末どころか、今、一気に物事が動き始めているという感じで、まさしく欲求の赴くままに突き進まざるを得ない状態です。
いや、これは欲求というのか? というような感じですが、自分が望んだことが立て続けに起きているのでてんやわんや状態っていう感じですかね?
タイムラグが起きたっていう感じの。

あれかもしれません、引き寄せの法則の類の。
執着している間は一向に起きないけど、「まあいいや!」って手放した途端、一気に来たって感じです。

パートナーっていうより、同レベルの友達(男女問わず)が欲しい感じです。
最近も昔からの友達が飲み会を開いたので、時間を作って参加しました。
みんな一般人って感じで、普通の会社員が多く。
私は分け隔て無くフレンドリーに接したのですが、どうも壁を感じる……。
やっぱり私は違う人間なのかなあ、とちょっと凹みました。
子供の頃からの友人たちは変わらないんですが……。

お尋ねします。
私にぴったりな友達ってどんなタイプなんですか?笑

やっぱりもう会社員とか、普通の人とはわかり合えないもんなのですかね。いや、普通ってどんな基準? って考え始めるとキリがないんですが。笑

最近気の合う人っていえば、もうすでに超大物の先生だったりするので……。先生とは夜中までカードゲームをして楽しんでます。
すごく楽しいんですよね!
でも、たまには同年代の友達が欲しい……笑

仕事ばっかりでプライベート時間を過ごしてないことに気付くと急に孤独感が募りますね。

>この配置からも、他人を求める気持ちはあるけど、他人に縛られずに1人でいる自由を捨てきれないことは読み取れます。

この配置のせいかなぁ、と思いました。
葛藤しちゃうっていう……。西洋占星術で言えば、太陽ふたご座に月魚座という90度の葛藤ですね。


>ね、インド占星術、ダテじゃないでしょう?
>
>今、シェバさんは土星ラーフ 期にいるので、余計にラーフ っぽいのがよりつきやすいのかもしれません。
>
>前の土星火星期(2016年秋〜2017年秋)の方が、みるからに火星な人が寄り付いてきやすかったりはしませんでしたか?

いや、その時期はさっぱりでしたよ。出会わなかったからかもしれません。
今の方がむしろ出会い、ガンガンアタックされているという感じです。
何でしょう?? 不思議。


>>水星のふりをしてやってくるラーフ……、、、
>>それは一体どういう……笑
>>
>
>人によってはおしゃべりで、痩せ型で線の細い(悪くいえば神経質そうな)歳下(以上水星)な自己中(ラーフ )です。
>
>そんな奴は要らん(笑)!

今のところは出会ってませんね。痩せ型は苦手です。
私が結構細めなので、普通〜筋肉質な人が良いですね笑
自己中な性格は大体初対面で分かるので、回避出来ているのかも??


>なるほど、そんな発想が!
>サディサティは、その時期になったら突然ズドンと落ちる感じではなく、じわじわとくるらしいです。
>
>人によっては、たいしたことなくて、むしろその時期はわりと良かったという人もいます。
>
>
>土星の配置によっては軽減が効くらしくて、その有無で、
>「指一本の骨折で済むか、交通事故かくらいに違う」
>とインド人は言ってました。
>
>シェバさんの場合、土星の場所からは軽減が効かない配置かもしれませんが、もとのチャートが強いので、落ちても「平均」でとまる可能性がありますね。

あとはもう経験値だと思います。
チャートが弱かったとしても、経験値が高ければダメージは減るんじゃないでしょうかね?
もう散々経験しているので、もはや何も驚きませんよ……笑


友達って何だろう〜? とふと思ったこの頃です笑

宜しくお願い致します〜♪

引用なし

パスワード


171 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/65.0.3325.181 Safari/537.36@bai773fbc37.bai.ne.jp>
・ツリー全体表示

19 / 672 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃ルール  
 184183
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.02b1
スピリチュアルインド雑貨SitaRama(シーターラーマ)