Moyuku

初めての人は、まず、ルールをお読みください。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃ルール  
4 / 672 ツリー    ←次へ | 前へ→

鑑定お願いいたします まりん 18/4/22(日) 21:08

Re:鑑定お願いいたします クン 18/5/3(木) 23:23
Re:鑑定お願いいたします まりん 18/5/4(金) 12:57
Re:鑑定お願いいたします クン 18/5/6(日) 22:18

Re:鑑定お願いいたします
 クン  - 18/5/3(木) 23:23 -
早速ご返信いただきありがとうございます。
専門用語を解説もなく並べてしまい、わかりにくかったことと思います。
申し訳ありませんでした。
じつは、さらにお詫びしなければならないことが。
2ヶ所間違った記述をしてしまいました。
重ねてお詫び申し上げます。

間違ったのは、以下の点です。
「チャラダシャーは2020年1月〜2020年9月のアンタル牡牛座期に、
ラーシナヴァムシャともラグナ、7室、ダナカーラカの全てにジャイミニアスペクト、
次の2021年5月までの牡羊座期はラーシで7室支配星にジャイミニアスペクトします。」

チャラダシャーは2020年1月から8月まで蟹座期で、
ラーシ、ナヴァムシャとも1-7軸に重なります。
次の2021年3月までの双子座期はラグナロードの月にアスペクトします。
つまり、婚期として見ることができます。

もう1点は、「ダラカーラカの火星が5室恋愛の部屋にあり」の部分で、
火星は4室です。

他の出生時間の検討をしていた際のメモを間違って残して使ってしまいました。
申し訳ありませんでした。


追加でご質問をいただいたお仕事についてですが、
火星は、ラーシ(ネイタルチャート)、
ナヴァムシャ(9分割図、結婚運や後天運を見ます)とも、
5室10室を支配して4室にあり、5室と10室を支配する惑星は、
ラージャヨーガカラカと呼ばれ吉祥と見なされますが、
それが4室でヴァルゴッタマ(ラーシとナヴァムシャで同じ星座にあること。
惑星が強くなると見ます。)で、
かつ10室にアスペクトバック(その室の支配星からアスペクトがあること。
その室が強くなると見ます。)ですから、
5-10-4の絡みで、例えば教育関係のお仕事などが大吉ですし、
ラーシでは4室支配の金星(4室の生来的表示体でもあります。)がこの火星に合で、
ナヴァムシャでも金星に火星がアスペクトするため、
4室が表す不動産や乗り物関係でも大吉です。
5室は創造の部屋なので、クリエイティブなお仕事も良いです。
いずれにしましても仕事運はとても良いです。

また、まりん様は、ラーシで月と木星が1-6で星座交換しており、
トラブルや悩み事の解決に適性があります。
コンサルティングなど、人様に何かを教えたり、
ソリューションを教示して差し上げる方向に行かれてもいいかもしれません。

10室支配星が火星で、ナヴァムシャではラグナに土星ですから、技術職の方です。
(凶星は技術を示します。)
3室12室支配の水星も土星に合でシステムエンジニアでいらっしゃるなら、
適職だと思います。
冥王星の影響の強い方は、天から見られている方なのだそうですが、
まりん様は、天の意志に沿った人生をご選択されているようです。

今回のトリプルトランジットの時期は、私はまず婚期と見ましたが、
(木星が絡むので授かり婚もありうるかも)
仕事上のパートナーシップの概ね良い変化があると見てもよいと思います。
8室は障害の他に配偶者のお金も表しますので、
結婚してお金が入る=玉の輿婚と見ることもできます。
良い運気を活かされますようお祈りいたします。


▼まりんさん:
>クン様
>
>こんにちは。まりんと申します。
>この度は埋もれてたメッセージを
>見つけてくださり、
>また丁寧な鑑定を頂きまして、
>誠にありがとうございました。
>鑑定頂けてとても嬉しかったです。
>
>鑑定結果を拝見する限り、
>婚期はこれからなんだな思え、
>気持ちが切り替えられ前向きになれました。
>元々結婚不適合者かもしれないと思っておりましたので、
>多少の吉凶は諸々受け入れて進められたらなと感じました。
>
>当方インド占星術は殆ど未知でして、
>文言の意味の質問をしたくなるばかりですが、
>ただ西洋占星術の多少知識と体感があり、
>冥王星の影響はかなり受けているように
>今まで生きてるためか、クン様の仰る通り、
>2020年の冥王星の配置の影響は
>きっと否めないだろうなと共感できます。
>その影響がいい形で出ることを今は祈るばかりです。
>
>もう一点クン様に余力とご興味がありましたら、
>お聞きしたいことがございます。
>現在までSEをしておりましたが、
>ラーフ期から木星期の切り替えの影響か、
>揺らぎがあるように感じています。
>今後の木星期を過ごす上で、
>天職、適職などお伺いできましたら幸いです。
>
>ただ、最初にお願いしておりました鑑定結果は
>全てお聞きできており、
>現在でも十二分に満足していますし、
>他の鑑定のお待ちな方もおられますので、
>クン様の余力とこちらのホロスコープのご興味がありましたらで大丈夫です。
>
>
>本来ならばクン様に鑑定のフィードバックが
>出来る内容でお返しがあれば良かったのですが、
>未来のことなので、すぐにお返しできずすみません。
>数年後何かお伝えできることがあれば
>いいなぁと思っております。
>この度は誠にありがとうございます。
>
>
>▼クンさん:
>>こんにちは。初心者のクンともうします。
>>埋もれてしまったようなので、僭越ながら鑑定させていただきました。
>>
>>ホロスコープを拝見しまして、この木星期にご結婚されるだろうなと思いました。
>>ナヴァムシャ7室を見ると、結婚の生来的表示体である金星が在住して、
>>ラグナの7室支配星の土星と水星と相互アスペクト、
>>さらにラグナロードの月と星座交換する9室支配の木星と、
>>配偶者の表示体であるダナカーラカかつ5室10室を支配するラージャヨーガカーラカの火星からもアスペクト、とパワーが集中しています。
>>土星はケンドラ支配でケンドラ在住、火星はヴァルゴッタマと、
>>まりん様の結婚に絡む金星、火星、土星はどれも強い。
>>
>>さらに、ラーシを見ても金星は定座で火星と4室でコンジャクト、
>>4室はウパパダでもありますから、結婚運はある方です。
>>
>>時期はというと、2020年2月頃からトランジット土星が7室やぎ座に入り、
>>結婚のカルマを活性化させます。
>>2020年4月〜6月と2020年12月〜2021年3月には木星も7室に入り、
>>1-7軸にダブルトランジットが重なります。
>>このダブルトランジットはナヴァムシャでは金星-7室支配星軸に重なり、
>>ダナカーラカにジャイミニアスペクト、
>>ラーシでは7室支配星、金星、ダナカーラカにジャイミニアスペクトで、
>>二重、三重に結婚を示唆します。
>>
>>ヴィムショッタリーダシャーではアンタル木星期と土星期でラーシ、ナヴァムシャの1-7軸に重なります。
>>
>>ヨーギニーダシャーでも水星期。水星はラーシ、ナヴァムシャとも7室支配星とコンジャクトしています。
>>
>>チャラダシャーは2020年1月〜2020年9月のアンタル牡牛座期に、
>>ラーシナヴァムシャともラグナ、7室、ダナカーラカの全てにジャイミニアスペクト、
>>次の2021年5月までの牡羊座期はラーシで7室支配星にジャイミニアスペクトします。
>>
>>もうひとつ重要なのは、この土星と木星に加え冥王星もコンジャクトし、
>>しかもそれがまりん様の月と非常にタイトであるという点です。
>>インド占星術では天王星、海王星、冥王星は使いませんが、
>>数百年に一度とされる木星、土星と冥王星の合がまりん様の出生の月に非常に近い範囲で起こり、
>>かつ、まりん様は月とアセンダントが対向にあり、アセンダントに対してもオポジションとなり、
>>トリプルコンジャクションの影響を強く受けるため、無視することはできないと思います。
>>
>>以上から、おそらくこの時期が婚期になるであろうと思われます。
>>
>>ご主人になる方は、ナバムシャの7室に金星、土星、水星が絡むことから、
>>もてるタイプであるか又は広い意味でのエンタテイメント関係のお仕事の方で、
>>知的ですがやや神経質、まりん様に依存的、粘着的な方かもしれません。
>>
>>先にも書き込みましたように結婚運は強いのですが、
>>7室支配星の土星は8室支配でもあるため、結婚後の夫婦関係の変化には注意が必要です。
>>まりん様の木星は、ラーシ、ナヴァムシャとも9室を支配して月と星座交換しており、
>>マハーダシャー木星期は概ね良い時期になると思いますが、
>>6室支配星でありギャーティーカーラカでもありますので、
>>手ばなしで良いとはいえないかもしれません。
>>例えば、結婚したけれど結婚後に好きな人ができてしまうとか、
>>吉と凶が連れだってやってくるようなことが考えられます。
>>特に、ラーシ、ナヴァムシャともダラカーラカの火星が5室恋愛の部屋にあり、
>>7,8支配の土星が12,3室支配の水星とコンジャクトするので、
>>婚外恋愛にはやや注意が必要です。
>>
>>とはいえ、太陽と金星が定座、月と火星はヴァルゴッタマ、木星と月は星座交換と強力なホロスコープですから、
>>大抵の困難は、はねのけ乗り越えられる力をお持ちの方です。
>>あまりご心配なさらないでください。

引用なし

パスワード


137 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36 OPR/36.0.2130.80@122x214x243x145.ap122.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:鑑定お願いいたします
 まりん  - 18/5/4(金) 12:57 -
クン様

早々にお返事ありがとうございました。
また追加の鑑定も受けてくださり、
不明な箇所の意味もつけてくださり、
重ねて御礼申し上げます。

クン様に丁寧な鑑定とご説明いただき、
十二分に理解することが出来ました。
無料鑑定の範疇をかなり超えた
時間と労力を使って返信くださり、
ホロスコープに向き合ってくださったこと、
素晴らしい経験を頂き感謝しきれません。
これから頂いた鑑定を元に
人生に活かせるように
生きていけたらと思います。

この度のご縁に心より感謝申し上げます。
クン様の今後のご活躍をお祈りしております。
ありがとうございました(^^)


▼クンさん:
>早速ご返信いただきありがとうございます。
>専門用語を解説もなく並べてしまい、わかりにくかったことと思います。
>申し訳ありませんでした。
>じつは、さらにお詫びしなければならないことが。
>2ヶ所間違った記述をしてしまいました。
>重ねてお詫び申し上げます。
>
>間違ったのは、以下の点です。
>「チャラダシャーは2020年1月〜2020年9月のアンタル牡牛座期に、
>ラーシナヴァムシャともラグナ、7室、ダナカーラカの全てにジャイミニアスペクト、
>次の2021年5月までの牡羊座期はラーシで7室支配星にジャイミニアスペクトします。」
>
>チャラダシャーは2020年1月から8月まで蟹座期で、
>ラーシ、ナヴァムシャとも1-7軸に重なります。
>次の2021年3月までの双子座期はラグナロードの月にアスペクトします。
>つまり、婚期として見ることができます。
>
>もう1点は、「ダラカーラカの火星が5室恋愛の部屋にあり」の部分で、
>火星は4室です。
>
>他の出生時間の検討をしていた際のメモを間違って残して使ってしまいました。
>申し訳ありませんでした。
>
>
>追加でご質問をいただいたお仕事についてですが、
>火星は、ラーシ(ネイタルチャート)、
>ナヴァムシャ(9分割図、結婚運や後天運を見ます)とも、
>5室10室を支配して4室にあり、5室と10室を支配する惑星は、
>ラージャヨーガカラカと呼ばれ吉祥と見なされますが、
>それが4室でヴァルゴッタマ(ラーシとナヴァムシャで同じ星座にあること。
>惑星が強くなると見ます。)で、
>かつ10室にアスペクトバック(その室の支配星からアスペクトがあること。
>その室が強くなると見ます。)ですから、
>5-10-4の絡みで、例えば教育関係のお仕事などが大吉ですし、
>ラーシでは4室支配の金星(4室の生来的表示体でもあります。)がこの火星に合で、
>ナヴァムシャでも金星に火星がアスペクトするため、
>4室が表す不動産や乗り物関係でも大吉です。
>5室は創造の部屋なので、クリエイティブなお仕事も良いです。
>いずれにしましても仕事運はとても良いです。
>
>また、まりん様は、ラーシで月と木星が1-6で星座交換しており、
>トラブルや悩み事の解決に適性があります。
>コンサルティングなど、人様に何かを教えたり、
>ソリューションを教示して差し上げる方向に行かれてもいいかもしれません。
>
>10室支配星が火星で、ナヴァムシャではラグナに土星ですから、技術職の方です。
>(凶星は技術を示します。)
>3室12室支配の水星も土星に合でシステムエンジニアでいらっしゃるなら、
>適職だと思います。
>冥王星の影響の強い方は、天から見られている方なのだそうですが、
>まりん様は、天の意志に沿った人生をご選択されているようです。
>
>今回のトリプルトランジットの時期は、私はまず婚期と見ましたが、
>(木星が絡むので授かり婚もありうるかも)
>仕事上のパートナーシップの概ね良い変化があると見てもよいと思います。
>8室は障害の他に配偶者のお金も表しますので、
>結婚してお金が入る=玉の輿婚と見ることもできます。
>良い運気を活かされますようお祈りいたします。
>
>
>▼まりんさん:
>>クン様
>>
>>こんにちは。まりんと申します。
>>この度は埋もれてたメッセージを
>>見つけてくださり、
>>また丁寧な鑑定を頂きまして、
>>誠にありがとうございました。
>>鑑定頂けてとても嬉しかったです。
>>
>>鑑定結果を拝見する限り、
>>婚期はこれからなんだな思え、
>>気持ちが切り替えられ前向きになれました。
>>元々結婚不適合者かもしれないと思っておりましたので、
>>多少の吉凶は諸々受け入れて進められたらなと感じました。
>>
>>当方インド占星術は殆ど未知でして、
>>文言の意味の質問をしたくなるばかりですが、
>>ただ西洋占星術の多少知識と体感があり、
>>冥王星の影響はかなり受けているように
>>今まで生きてるためか、クン様の仰る通り、
>>2020年の冥王星の配置の影響は
>>きっと否めないだろうなと共感できます。
>>その影響がいい形で出ることを今は祈るばかりです。
>>
>>もう一点クン様に余力とご興味がありましたら、
>>お聞きしたいことがございます。
>>現在までSEをしておりましたが、
>>ラーフ期から木星期の切り替えの影響か、
>>揺らぎがあるように感じています。
>>今後の木星期を過ごす上で、
>>天職、適職などお伺いできましたら幸いです。
>>
>>ただ、最初にお願いしておりました鑑定結果は
>>全てお聞きできており、
>>現在でも十二分に満足していますし、
>>他の鑑定のお待ちな方もおられますので、
>>クン様の余力とこちらのホロスコープのご興味がありましたらで大丈夫です。
>>
>>
>>本来ならばクン様に鑑定のフィードバックが
>>出来る内容でお返しがあれば良かったのですが、
>>未来のことなので、すぐにお返しできずすみません。
>>数年後何かお伝えできることがあれば
>>いいなぁと思っております。
>>この度は誠にありがとうございます。
>>
>>
>>▼クンさん:
>>>こんにちは。初心者のクンともうします。
>>>埋もれてしまったようなので、僭越ながら鑑定させていただきました。
>>>
>>>ホロスコープを拝見しまして、この木星期にご結婚されるだろうなと思いました。
>>>ナヴァムシャ7室を見ると、結婚の生来的表示体である金星が在住して、
>>>ラグナの7室支配星の土星と水星と相互アスペクト、
>>>さらにラグナロードの月と星座交換する9室支配の木星と、
>>>配偶者の表示体であるダナカーラカかつ5室10室を支配するラージャヨーガカーラカの火星からもアスペクト、とパワーが集中しています。
>>>土星はケンドラ支配でケンドラ在住、火星はヴァルゴッタマと、
>>>まりん様の結婚に絡む金星、火星、土星はどれも強い。
>>>
>>>さらに、ラーシを見ても金星は定座で火星と4室でコンジャクト、
>>>4室はウパパダでもありますから、結婚運はある方です。
>>>
>>>時期はというと、2020年2月頃からトランジット土星が7室やぎ座に入り、
>>>結婚のカルマを活性化させます。
>>>2020年4月〜6月と2020年12月〜2021年3月には木星も7室に入り、
>>>1-7軸にダブルトランジットが重なります。
>>>このダブルトランジットはナヴァムシャでは金星-7室支配星軸に重なり、
>>>ダナカーラカにジャイミニアスペクト、
>>>ラーシでは7室支配星、金星、ダナカーラカにジャイミニアスペクトで、
>>>二重、三重に結婚を示唆します。
>>>
>>>ヴィムショッタリーダシャーではアンタル木星期と土星期でラーシ、ナヴァムシャの1-7軸に重なります。
>>>
>>>ヨーギニーダシャーでも水星期。水星はラーシ、ナヴァムシャとも7室支配星とコンジャクトしています。
>>>
>>>チャラダシャーは2020年1月〜2020年9月のアンタル牡牛座期に、
>>>ラーシナヴァムシャともラグナ、7室、ダナカーラカの全てにジャイミニアスペクト、
>>>次の2021年5月までの牡羊座期はラーシで7室支配星にジャイミニアスペクトします。
>>>
>>>もうひとつ重要なのは、この土星と木星に加え冥王星もコンジャクトし、
>>>しかもそれがまりん様の月と非常にタイトであるという点です。
>>>インド占星術では天王星、海王星、冥王星は使いませんが、
>>>数百年に一度とされる木星、土星と冥王星の合がまりん様の出生の月に非常に近い範囲で起こり、
>>>かつ、まりん様は月とアセンダントが対向にあり、アセンダントに対してもオポジションとなり、
>>>トリプルコンジャクションの影響を強く受けるため、無視することはできないと思います。
>>>
>>>以上から、おそらくこの時期が婚期になるであろうと思われます。
>>>
>>>ご主人になる方は、ナバムシャの7室に金星、土星、水星が絡むことから、
>>>もてるタイプであるか又は広い意味でのエンタテイメント関係のお仕事の方で、
>>>知的ですがやや神経質、まりん様に依存的、粘着的な方かもしれません。
>>>
>>>先にも書き込みましたように結婚運は強いのですが、
>>>7室支配星の土星は8室支配でもあるため、結婚後の夫婦関係の変化には注意が必要です。
>>>まりん様の木星は、ラーシ、ナヴァムシャとも9室を支配して月と星座交換しており、
>>>マハーダシャー木星期は概ね良い時期になると思いますが、
>>>6室支配星でありギャーティーカーラカでもありますので、
>>>手ばなしで良いとはいえないかもしれません。
>>>例えば、結婚したけれど結婚後に好きな人ができてしまうとか、
>>>吉と凶が連れだってやってくるようなことが考えられます。
>>>特に、ラーシ、ナヴァムシャともダラカーラカの火星が5室恋愛の部屋にあり、
>>>7,8支配の土星が12,3室支配の水星とコンジャクトするので、
>>>婚外恋愛にはやや注意が必要です。
>>>
>>>とはいえ、太陽と金星が定座、月と火星はヴァルゴッタマ、木星と月は星座交換と強力なホロスコープですから、
>>>大抵の困難は、はねのけ乗り越えられる力をお持ちの方です。
>>>あまりご心配なさらないでください。

引用なし

パスワード


129 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_3 like Mac OS X) AppleWebKit/603.3.8 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@KD182250241012.au-net.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:鑑定お願いいたします
 クン  - 18/5/6(日) 22:18 -
こちらこそ間違えてしまい申し訳ありませんでした。
まりん様がお優しい方でよかったです。
このたびは私もいろいろ勉強させていただくことができました。
ありがとうございました。


▼まりんさん:
>クン様
>
>早々にお返事ありがとうございました。
>また追加の鑑定も受けてくださり、
>不明な箇所の意味もつけてくださり、
>重ねて御礼申し上げます。
>
>クン様に丁寧な鑑定とご説明いただき、
>十二分に理解することが出来ました。
>無料鑑定の範疇をかなり超えた
>時間と労力を使って返信くださり、
>ホロスコープに向き合ってくださったこと、
>素晴らしい経験を頂き感謝しきれません。
>これから頂いた鑑定を元に
>人生に活かせるように
>生きていけたらと思います。
>
>この度のご縁に心より感謝申し上げます。
>クン様の今後のご活躍をお祈りしております。
>ありがとうございました(^^)
>
>
>▼クンさん:
>>早速ご返信いただきありがとうございます。
>>専門用語を解説もなく並べてしまい、わかりにくかったことと思います。
>>申し訳ありませんでした。
>>じつは、さらにお詫びしなければならないことが。
>>2ヶ所間違った記述をしてしまいました。
>>重ねてお詫び申し上げます。
>>
>>間違ったのは、以下の点です。
>>「チャラダシャーは2020年1月〜2020年9月のアンタル牡牛座期に、
>>ラーシナヴァムシャともラグナ、7室、ダナカーラカの全てにジャイミニアスペクト、
>>次の2021年5月までの牡羊座期はラーシで7室支配星にジャイミニアスペクトします。」
>>
>>チャラダシャーは2020年1月から8月まで蟹座期で、
>>ラーシ、ナヴァムシャとも1-7軸に重なります。
>>次の2021年3月までの双子座期はラグナロードの月にアスペクトします。
>>つまり、婚期として見ることができます。
>>
>>もう1点は、「ダラカーラカの火星が5室恋愛の部屋にあり」の部分で、
>>火星は4室です。
>>
>>他の出生時間の検討をしていた際のメモを間違って残して使ってしまいました。
>>申し訳ありませんでした。
>>
>>
>>追加でご質問をいただいたお仕事についてですが、
>>火星は、ラーシ(ネイタルチャート)、
>>ナヴァムシャ(9分割図、結婚運や後天運を見ます)とも、
>>5室10室を支配して4室にあり、5室と10室を支配する惑星は、
>>ラージャヨーガカラカと呼ばれ吉祥と見なされますが、
>>それが4室でヴァルゴッタマ(ラーシとナヴァムシャで同じ星座にあること。
>>惑星が強くなると見ます。)で、
>>かつ10室にアスペクトバック(その室の支配星からアスペクトがあること。
>>その室が強くなると見ます。)ですから、
>>5-10-4の絡みで、例えば教育関係のお仕事などが大吉ですし、
>>ラーシでは4室支配の金星(4室の生来的表示体でもあります。)がこの火星に合で、
>>ナヴァムシャでも金星に火星がアスペクトするため、
>>4室が表す不動産や乗り物関係でも大吉です。
>>5室は創造の部屋なので、クリエイティブなお仕事も良いです。
>>いずれにしましても仕事運はとても良いです。
>>
>>また、まりん様は、ラーシで月と木星が1-6で星座交換しており、
>>トラブルや悩み事の解決に適性があります。
>>コンサルティングなど、人様に何かを教えたり、
>>ソリューションを教示して差し上げる方向に行かれてもいいかもしれません。
>>
>>10室支配星が火星で、ナヴァムシャではラグナに土星ですから、技術職の方です。
>>(凶星は技術を示します。)
>>3室12室支配の水星も土星に合でシステムエンジニアでいらっしゃるなら、
>>適職だと思います。
>>冥王星の影響の強い方は、天から見られている方なのだそうですが、
>>まりん様は、天の意志に沿った人生をご選択されているようです。
>>
>>今回のトリプルトランジットの時期は、私はまず婚期と見ましたが、
>>(木星が絡むので授かり婚もありうるかも)
>>仕事上のパートナーシップの概ね良い変化があると見てもよいと思います。
>>8室は障害の他に配偶者のお金も表しますので、
>>結婚してお金が入る=玉の輿婚と見ることもできます。
>>良い運気を活かされますようお祈りいたします。
>>
>>
>>▼まりんさん:
>>>クン様
>>>
>>>こんにちは。まりんと申します。
>>>この度は埋もれてたメッセージを
>>>見つけてくださり、
>>>また丁寧な鑑定を頂きまして、
>>>誠にありがとうございました。
>>>鑑定頂けてとても嬉しかったです。
>>>
>>>鑑定結果を拝見する限り、
>>>婚期はこれからなんだな思え、
>>>気持ちが切り替えられ前向きになれました。
>>>元々結婚不適合者かもしれないと思っておりましたので、
>>>多少の吉凶は諸々受け入れて進められたらなと感じました。
>>>
>>>当方インド占星術は殆ど未知でして、
>>>文言の意味の質問をしたくなるばかりですが、
>>>ただ西洋占星術の多少知識と体感があり、
>>>冥王星の影響はかなり受けているように
>>>今まで生きてるためか、クン様の仰る通り、
>>>2020年の冥王星の配置の影響は
>>>きっと否めないだろうなと共感できます。
>>>その影響がいい形で出ることを今は祈るばかりです。
>>>
>>>もう一点クン様に余力とご興味がありましたら、
>>>お聞きしたいことがございます。
>>>現在までSEをしておりましたが、
>>>ラーフ期から木星期の切り替えの影響か、
>>>揺らぎがあるように感じています。
>>>今後の木星期を過ごす上で、
>>>天職、適職などお伺いできましたら幸いです。
>>>
>>>ただ、最初にお願いしておりました鑑定結果は
>>>全てお聞きできており、
>>>現在でも十二分に満足していますし、
>>>他の鑑定のお待ちな方もおられますので、
>>>クン様の余力とこちらのホロスコープのご興味がありましたらで大丈夫です。
>>>
>>>
>>>本来ならばクン様に鑑定のフィードバックが
>>>出来る内容でお返しがあれば良かったのですが、
>>>未来のことなので、すぐにお返しできずすみません。
>>>数年後何かお伝えできることがあれば
>>>いいなぁと思っております。
>>>この度は誠にありがとうございます。
>>>
>>>
>>>▼クンさん:
>>>>こんにちは。初心者のクンともうします。
>>>>埋もれてしまったようなので、僭越ながら鑑定させていただきました。
>>>>
>>>>ホロスコープを拝見しまして、この木星期にご結婚されるだろうなと思いました。
>>>>ナヴァムシャ7室を見ると、結婚の生来的表示体である金星が在住して、
>>>>ラグナの7室支配星の土星と水星と相互アスペクト、
>>>>さらにラグナロードの月と星座交換する9室支配の木星と、
>>>>配偶者の表示体であるダナカーラカかつ5室10室を支配するラージャヨーガカーラカの火星からもアスペクト、とパワーが集中しています。
>>>>土星はケンドラ支配でケンドラ在住、火星はヴァルゴッタマと、
>>>>まりん様の結婚に絡む金星、火星、土星はどれも強い。
>>>>
>>>>さらに、ラーシを見ても金星は定座で火星と4室でコンジャクト、
>>>>4室はウパパダでもありますから、結婚運はある方です。
>>>>
>>>>時期はというと、2020年2月頃からトランジット土星が7室やぎ座に入り、
>>>>結婚のカルマを活性化させます。
>>>>2020年4月〜6月と2020年12月〜2021年3月には木星も7室に入り、
>>>>1-7軸にダブルトランジットが重なります。
>>>>このダブルトランジットはナヴァムシャでは金星-7室支配星軸に重なり、
>>>>ダナカーラカにジャイミニアスペクト、
>>>>ラーシでは7室支配星、金星、ダナカーラカにジャイミニアスペクトで、
>>>>二重、三重に結婚を示唆します。
>>>>
>>>>ヴィムショッタリーダシャーではアンタル木星期と土星期でラーシ、ナヴァムシャの1-7軸に重なります。
>>>>
>>>>ヨーギニーダシャーでも水星期。水星はラーシ、ナヴァムシャとも7室支配星とコンジャクトしています。
>>>>
>>>>チャラダシャーは2020年1月〜2020年9月のアンタル牡牛座期に、
>>>>ラーシナヴァムシャともラグナ、7室、ダナカーラカの全てにジャイミニアスペクト、
>>>>次の2021年5月までの牡羊座期はラーシで7室支配星にジャイミニアスペクトします。
>>>>
>>>>もうひとつ重要なのは、この土星と木星に加え冥王星もコンジャクトし、
>>>>しかもそれがまりん様の月と非常にタイトであるという点です。
>>>>インド占星術では天王星、海王星、冥王星は使いませんが、
>>>>数百年に一度とされる木星、土星と冥王星の合がまりん様の出生の月に非常に近い範囲で起こり、
>>>>かつ、まりん様は月とアセンダントが対向にあり、アセンダントに対してもオポジションとなり、
>>>>トリプルコンジャクションの影響を強く受けるため、無視することはできないと思います。
>>>>
>>>>以上から、おそらくこの時期が婚期になるであろうと思われます。
>>>>
>>>>ご主人になる方は、ナバムシャの7室に金星、土星、水星が絡むことから、
>>>>もてるタイプであるか又は広い意味でのエンタテイメント関係のお仕事の方で、
>>>>知的ですがやや神経質、まりん様に依存的、粘着的な方かもしれません。
>>>>
>>>>先にも書き込みましたように結婚運は強いのですが、
>>>>7室支配星の土星は8室支配でもあるため、結婚後の夫婦関係の変化には注意が必要です。
>>>>まりん様の木星は、ラーシ、ナヴァムシャとも9室を支配して月と星座交換しており、
>>>>マハーダシャー木星期は概ね良い時期になると思いますが、
>>>>6室支配星でありギャーティーカーラカでもありますので、
>>>>手ばなしで良いとはいえないかもしれません。
>>>>例えば、結婚したけれど結婚後に好きな人ができてしまうとか、
>>>>吉と凶が連れだってやってくるようなことが考えられます。
>>>>特に、ラーシ、ナヴァムシャともダラカーラカの火星が5室恋愛の部屋にあり、
>>>>7,8支配の土星が12,3室支配の水星とコンジャクトするので、
>>>>婚外恋愛にはやや注意が必要です。
>>>>
>>>>とはいえ、太陽と金星が定座、月と火星はヴァルゴッタマ、木星と月は星座交換と強力なホロスコープですから、
>>>>大抵の困難は、はねのけ乗り越えられる力をお持ちの方です。
>>>>あまりご心配なさらないでください。

引用なし

パスワード


139 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36 OPR/36.0.2130.80@122x214x243x145.ap122.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

4 / 672 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃ルール  
 184251
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.02b1
スピリチュアルインド雑貨SitaRama(シーターラーマ)