Moyuku

初めての人は、まず、ルールをお読みください。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃ルール  
56 / 931 ツリー    ←次へ | 前へ→

離婚、再婚、仕事について Amy 20/1/12(日) 1:07

Re:離婚、再婚、仕事について Amy 20/1/14(火) 17:39
Re:離婚、再婚、仕事について Amy 20/1/14(火) 19:02
Re:離婚、再婚、仕事について アヤスケ 20/1/14(火) 21:52
Re:離婚、再婚、仕事について Amy 20/1/16(木) 17:23
Re:離婚、再婚、仕事について アヤスケ 20/1/18(土) 19:16
Re:離婚、再婚、仕事について アヤスケ 20/1/19(日) 20:49
Re:離婚、再婚、仕事について Amy 20/1/22(水) 9:48
Re:離婚、再婚、仕事について アヤスケ 20/1/25(土) 19:24
Re:離婚、再婚、仕事について Amy 20/1/20(月) 14:29
Re:離婚、再婚、仕事について アヤスケ 20/1/20(月) 22:32
Re:離婚、再婚、仕事について Amy 20/1/24(金) 13:57

Re:離婚、再婚、仕事について
 Amy  - 20/1/14(火) 17:39 -
アヤスケ様、大変細かく丁寧に鑑定していただき、本当にどうもありがとうございます。


>つまりAmyさんは今生で何となく自分が周囲に比べ「浮いてしまっている」という劣等感を持ちやすい傾向

当たっています。周囲になじめないことが多く、浮かないように頑張っているのですが、どこに行ってもやはり浮いている、場にそぐわない存在になってしまいます。

>Amyさんは性格的に孤独と縁が深いようです
>Amyさんは若年期(〜40歳頃)において孤独感と自失感がかなりしつこく続くような傾向です

物心ついてから今日まで、ずーーっと孤独感を感じて生きてきました。

>自分のありのままの心(4室)とそれに対する周囲からのリアクション(11室)の両方がAmyさんにとって幸せだと思える配置になっています
>ただこの実感はAmyさんが大人になるに連れて薄れてしまっている可能性も見受けられます


ありのままでいると、気を使っていても浮いてしまうのに更に周囲から浮いてしまうので、それはどうなのかな…という感じはあります。やはり実感できないようになっているようです。

>Amyさんは無意識にご自身の意見を周囲に向けて配慮したような発言にしている様子が見て取れます
>要するにAmyさんは「気遣いの人」という印象を周囲から持たれやすいのです

できるだけ周りになじめるように、発言に気を付けるようにはしています。
ですが、それがどうしても上手くできず、むしろ周囲からは「気の使えない奴」と思われているように感じます。

>また3室に住む定座の金星はなかなか女性的で男性には魅力のあるキャラクターを感じさせる配置です
>場合によっては悪い意味で目立ってしまうので敵を作らない自制の努力が必要だとも言えます

私自身はとても地味で、いい意味で目立つことは全くないのに、悪目立ちすることはままあります。本当に嫌です。

>Amyさんは自宅で実母様やご家族と話している時にとても自由になって個性を発揮しているはずです

家族仲も正直あまりいいとはいえないので、そこまで自由ではない…というか、一緒にいると息苦しさを感じることもあります。
実母からも、10代のころから「(性格が合わないので)お前とは一緒に住めない」と言われていました。

>おそらくはAmyさんのご実家ではどちらかというとご実父様が能動的で世話好きのような性格であると思われます
>実際に水星が支配しているのも2室(肉体の健康/食生活)で4室に住んでいるのでややもすると父子家庭的な雰囲気も想像できます
>しかもこの4室はAmyさんの月から見た5室目でありAmyさんのあらゆる物事へのやる気と努力を意味している部屋にもなります
>まだ幼かった頃の記憶はにぎやかで明るい毎日だったのかも知れませんね

実父は大変無口で自分以外に関心のない人なので、能動的で世話好き…というのは、申し訳ないのですが当てはまらないかなと思います。
父との思い出というのもほとんどなく、過干渉な母であったこともあり、どちらかといえば母子家庭のようであったかなと思います。

>Amyさんの場合はラグナロとアートマカーラカの在住室が1室ずつずれることで
>結婚生活を巡る6室的な問題と8室的な不満や失意が必ず現れてくることになります

やはり私の結婚生活は失意のうちに終わるようになっていたのですね。
再婚自体無理だとは思いますが、したとしてもまた同じ結果に終わるように思います。

>Amyさんの場合は13歳になってからお正月の時期に入った頃にかなり自分らしい自由な生活を送れる時運に入っていました
>その時運自体は再来年(2022年)の今頃までは続く見込みです

13歳の正月ごろまで、クラス全員から無視され、部活の先輩からはいびられていたのですが、部活は年末に辞めましたし、クラスでは無視のターゲットが私以外に向いたので(それはそれで問題ですが)、いじめからは自由になりました。
その後ずっと自由かというのはちょっと疑問もありますが…すみません。

>土星は支配している部屋の意味としてもカーラカとしてもAmyさんの結婚生活にかなりの問題をもたらす惑星として働いてしまうようです
>なおかつ
>5室は自発的なやる気や実際の能力という意味あります
>また他にも恋愛の才能という意味や女性にとって最も重要な出産や実子の運勢という意味も含まれています


私は婦人科系に問題があって、自然妊娠は難しかったので医療的介入により妊娠に至りました。
また妊娠後は体調が悪く、長期入院をしていました。
こういったこともここに表れているのでしょうか。
また、気になるのは実子の運勢というところです。
やはり私が母親なために、子供に不運が降りかかるのでしょうか。
また、それを阻止する手立てはありますか。

>また月から見るとこの木星は11室在住となるので決して身近な第三者からの評価は悪過ぎる訳ではない

気を使って生きているつもりなので、人から恨まれるほど嫌われることはないと思います。
仲間はずれにされたり、普通程度の嫌われ方だと思います。

>12室を吉星が支配してそのまま住んでいると慈善事業や義援金支援などに熱心な性格を作り出す
>心そのものを意味する月が12室に住む場合は限られた親しい仲間やパートナーとの深い友好も期待できる

正直、自分のことで手一杯すぎて、慈善事業などには関心を向ける余裕がないんです…申し訳ありません。
親しい仲間もパートナーもいないです。

物心ついてから、自分はこれだけついてないんだから今後は幸せになれるはず、と思っていたのですが、やはり私の不幸は生まれ持った私の性質や、不幸の星の下に生まれてきたことが原因なのかなと考えるようになりました。
でも、今までずっと、なぜ自分は周りの他の人のように生きられないの?なぜずっと苦しいの?なぜ?なぜ?とハテナばかりの人生だったので、少しその疑問の答えが見えてきたような気がします。
子供がいなければもう何もかもすべてを捨ててしまいたいですが、子供がいるのでなにかと自由になりませんし、夫のように私と子供を捨てて知らん顔をするような、無責任な真似もしたくありません。
今後も沼の底を足掻いて生きていくしかないのだと思います。

細かく丁寧な鑑定、本当にどうもありがとうございました。
これだけの鑑定をするのにはお時間かかったかと思います。
アヤスケ様の貴重なお時間を私のために割いていただいて、本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。
また、長文のお返事失礼いたしました。
こんなに子細に見ていただけるとは思わず、本当に感激しています。
何度も読み返したいと思います。

しつこいようですが、本当にどうもありがとうございました。

引用なし

パスワード


102 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/...@124-141-153-187.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:離婚、再婚、仕事について
 Amy  - 20/1/14(火) 19:02 -
後日また別方向へと分析してみます、とのこと、もし余裕がありましたらその結果や、最初に相談させていただいていた適職や再婚ができるか(無理だとは思いますが)、教えていただければありがたく思います。
もし可能だったらですので…。おこがましく申し訳ありません。

引用なし

パスワード


100 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/...@124-141-153-187.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:離婚、再婚、仕事について
 アヤスケ  - 20/1/14(火) 21:52 -
お返事どうもありがとうございます

私もAmyさんのチャートをラーシとナヴァムシャで正しく見比べることが不完全だったようです

このレスでは人生後半のナヴァムシャチャートを確認しながらラーシとの相互関係を考えてみます

<ナヴァムシャチャート>

ラグナ…双子座(ラグナロードは水星)
→土星が在住

2室…蟹座
→在住惑星なし

3室…獅子座
→ケートゥが在住(ヴァルゴッタマ)

4室…乙女座(ラグナロードのもう一つの支配星座)
→在住惑星なし

5室…天秤座
→火星・水星(ラグナロード)が在住

6室…蠍座
→太陽が在住(ヴァルゴッタマ)

7室…射手座
→在住惑星なし

8室…山羊座
→在住惑星なし

9室…水瓶座
→月・木星・金星・ラーフが在住(ラーフがヴァルゴッタマ)

10室…魚座
→在住惑星なし

11室…牡羊座
→在住惑星なし

12室…牡牛座
→在住惑星なし


まずはラグナの状況

8室9室支配で吉意と凶意のバランスの危うい土星が在住し他の惑星からアスペクトを受けていない
双子座ラグナの土星は理不尽な苦難(8室)の後に深遠な悟り(9室)に少しずつ近づくような経験をもたらす
もちろんそれは土星が月とラグナの両方から見て凶意の部屋(3室・6室・8室・12室)以外の部屋に住む場合だといえる

Amy氏はこの土星がカーラカ・システムで困難の表示体(グナティ・カラカ)となってアスペクトを受けずにいるため恐らくはご本人が若年期においても猛烈な悲哀や孤独に苦しんでいたことの理由の一つだと思われる

また8室を支配する土星はその凶意が二重になるほど厳しいので自分自身の多くの人間的成長がラグナに住むこの土星によってひたすら邪魔されていることが伺える

水瓶座獅子座の軸でヴァルゴッタマになったラーフ・ケートゥは部屋に対する意味よりも星座における意味合いが強まる可能性が大きい

(ヴァルゴッタマとはラーシである星座に住んでいた惑星等がナヴァムシャでも同じ星座に住むことを言います)


ラーフが次の星座にあると

11水瓶座
家族を持たない。学識がある。友好的。話し方が優しい。


恐らくはこの水瓶座に対するラーフの象意がヴァルゴッタマの増悪によりラーシでも凶意の辛苦を感じやすい
しかもラーシでは7室に住んでヴァルゴッタマでは9室に住む
実際の人間関係(7室)と精神的な平和や安息(9室)が傷つけられていることとなる
ラーフは5室目と9室目にアスペクトするのでラーシでは本人の11室と3室を傷つけている
そしてナヴァムシャでは土星の住むラグナを傷つけ凶意を増悪している
5室でも凶意がより増した火星と同居してしまった水星を余計に傷つけている

ラーシではラーフがナクシャトラにおいて定座となっていることも悪影響の一つだと言える


それから6室


太陽がヴァルゴッタマ(蠍座)

蠍座は蟹座と同じ水の象意がある星座だがナクシャトラは土星が支配する「アヌラーダ」のため土星の暗い悪意でそこに住む他の惑星を濁らせてしまう影響がありうる

やはり激しさや暴力を担う火星の力を正しく制するという相性のため弱い凶星の太陽はその本質を損ないやすかったと読むのが正しいかと


ちなみに


太陽が次の星座にあると

8鰍座
向こう見ず。大胆。残酷。頑固。しっかりした原理原則を持たない。大器晩成。
怒ると怖い。結婚生活の不満。軍医、警察官に向いている。


ここでも < 結 婚 > という言葉がありますね…


また


第三室の支配星が次の室にあると

第六室
論争を好む。血縁との関係に問題がある。兄弟を助ける。尊敬を得る。


という結果


ナヴァムシャはラーシの奥深くからジワジワと影響するのでこの配置が父親の象意もある太陽の働きとして4室の家庭的な不和につながったと読むべきかもしれない


それから9室とその周囲の状況


9室そのものを見ると吉星だけが惑星集中してそのいずれもが吉意の部屋を支配している(月は2L/木星は7L-10L/金星は5L-12L)

だが問題はそこに月も住んでいることである
月からケンドラを数えていくと10室目に不穏当な働きを含んだ太陽しか住まない状況にになる
一応は完全なケマドルマ・ヨーガとはならないがこれはそのキャンセルのヨーガであるカルパドルマ・ヨーガであってもまだまだ弱い

また太陽の背後(12室目)にこのチャートのラグナロードが生来的機能的に二重の凶星となった火星とコンジャンクションしている配置

大人というべき年齢になった本人(太陽)からすると
「12室的な内向した無意識で感情(火星)と理性(水星)がせめぎ合う」
ような働き方が考えられる

なおそれは月から見た9室でありラーフがアスペクトしてやはり傷つけられている


Amy氏のナヴァムシャチャートのおおよその傾向は以上


次回は後日に職業運(D10)と子供運(D7)を読んでみます


アヤスケも太陽と火星がドゥシュタナの支配星で4室10室でフルアスペクトしてるのにね…
Amy氏の辛さをすぐに読み解けなかったことが悔やまれます


本当にすみませんでした


<(__)>

引用なし

パスワード


98 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.140 Safari/537.36 Ed...@119-171-98-84.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:離婚、再婚、仕事について
 Amy  - 20/1/16(木) 17:23 -
アヤスケ様。
また詳しく見ていただきありがとうございます。お返事が遅れてしまい申し訳ありません。

>8室9室支配で吉意と凶意のバランスの危うい土星が在住し他の惑星からアスペクトを受けていない
>双子座ラグナの土星は理不尽な苦難(8室)の後に深遠な悟り(9室)に少しずつ近づくような経験をもたらす
>もちろんそれは土星が月とラグナの両方から見て凶意の部屋(3室・6室・8室・12室)以外の部屋に住む場合だといえる

>また8室を支配する土星はその凶意が二重になるほど厳しいので自分自身の多くの人間的成長がラグナに住むこの土星によってひたすら邪魔されていることが伺える

理不尽な苦難を受けるのに、悟りに達することも出来ずに人間的成長が邪魔されるとは…傷つき損な感じもします。
私の不幸はなんの意味もなさない、神様のいたずらのようなものなのかもしれませんね。

>恐らくはこの水瓶座に対するラーフの象意がヴァルゴッタマの増悪によりラーシでも凶意の辛苦を感じやすい
>しかもラーシでは7室に住んでヴァルゴッタマでは9室に住む
>実際の人間関係(7室)と精神的な平和や安息(9室)が傷つけられていることとなる
>ラーフは5室目と9室目にアスペクトするのでラーシでは本人の11室と3室を傷つけている
>そしてナヴァムシャでは土星の住むラグナを傷つけ凶意を増悪している
>5室でも凶意がより増した火星と同居してしまった水星を余計に傷つけている

本当にずっと人間関係で悩んでいて、常に人から傷つけられています。
現在は通っていませんが、以前は精神科にも通院していました。

>8鰍座
>向こう見ず。大胆。残酷。頑固。しっかりした原理原則を持たない。大器晩成。
>怒ると怖い。結婚生活の不満。軍医、警察官に向いている。
>ここでも < 結 婚 > という言葉がありますね…

生まれながらに不幸な結婚をする運命だったようですね。

>第三室の支配星が次の室にあると
>第六室
>論争を好む。血縁との関係に問題がある。兄弟を助ける。尊敬を得る。

家族との不仲も運命だったようです。

どうやら、吉意があっても必ずそれを打ち消すものがあるんですね。
なぜそんな不幸の下に生まれたのか…きっと前世で余程の悪行を積んだんでしょうね。

職業運と子供運も見ていただけるとのこと、本当にどうもありがとうございます。
また、しつこいようですが、諦めをつけるためにも、よろしければ再婚についても見ていただきたいです。
私みたいな惨めな女が再婚なんてできるわけないのはわかっていますが、占星術上の理論でもって納得したいのです。
どうぞよろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


75 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/...@124-141-153-187.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:離婚、再婚、仕事について
 アヤスケ  - 20/1/18(土) 19:16 -
お待たせしました

数日振りにAmyさんの職業運(D10/ダシャムシャ)を占断してみたいと思います


<ダシャムシャチャート>

ラグナ…天秤座/ラグナロードは金星
→在住惑星なし

2室…蠍座
→太陽・水星・月が在住

3室…射手座
→在住惑星なし

4室…山羊座
→ケートゥが在住

5室…水瓶座
→金星・土星が在住(土星が自室にて定座)

6室…魚座
→火星・木星が在住(木星が自室にて定座)

7室…牡羊座
→在住惑星なし

8室…牡牛座(金星のもう一つの支配星座)
→在住惑星なし

9室…双子座
→在住惑星なし

10室…蟹座
→ラーフが在住

11室…獅子座
→在住惑星なし

12室…乙女座
→在住惑星なし


天秤座ラグナでは生来的に凶意を持って働く土星が4室と5室という吉意の部屋を同時に支配して特別な影響力を帯びる惑星となります(ラージャ・ヨーガ・カーラカと呼びます)

Amyさんにとって悲しみや諦めをもたらしてきた土星はここでもラグナロードの金星と5室でコンジャンクションしています
しかし土星は精神的な強さを意味する4室を支配しまた才能や努力の5室をもう一つの自室としてそこに落ち着いています
金星はラグナ以外に突然の災難や他者から受ける経験という意味の8室を支配するため不意に起こる偶然を意識させられやすい運勢です

その金星が土星の持つ吉意に守られるような配置になり他の凶星(火星とラーフ)からアスペクトを受けずに済んでいます
社会人としてのAmyさんはまだまだ余裕を持って自分らしいペースを保てている印象を受けます

ただしこのチャートでも月から数えたケンドラ(4室目・7室目・10室目)にあまり惑星が住まないので失意や腹立たしさを感じやすいのかも知れません
(月は2室に住んでそこから4室目にラグナロードと土星が同居しているのみです)

西洋占星術でドラゴンヘッドとドラゴンテイルと呼ばれるラーフとケートゥは惑星ではありませんが支配する星座や相性の良い部屋を持っています

ラーフはこのチャートで最重要の部屋となる10室に住んでいます(ケートゥは対向の4室におります)

ラーフは職業や責任を意味する10室に住むかあるいは全く目に見えない自意識や精神世界という意味の12室に住むのが無難とされています
ラーフは住んでいる部屋の意味を極端に強めるので地位や職業を左右する10室に住むのがまず合理的です
反対側に居るケートゥはその部屋の意味を弱めるため吉意の部屋ならば良い可能性を奪ってしまいます
そのため最も基本的な運勢が決まるラーシチャートではケートゥは悪い部屋(3室・6室・8室)に住むべきです

このチャートは職業全般の運勢を示すので4室(家庭環境とプライベート)や12室(眠ることや深層心理や失うこと)にラーフが住むべきではありません
仮に4室にラーフが住めばケートゥは10室に住むため職能と信用が損なわれることとなります


そして6室の状況について


6室も働くことを大まかに意味する部屋であり10室との違いとしては「実際に仕事へどう取り組むか」という本人の態度を意味しています
6室は病気や争いを表す部屋であり望まない苦しみを経験する場所です
そのため6室はインド占星術の伝統的な解釈から「吉星より凶星がいるべき」とされています
悪い部屋に悪い星が住むとそれは前向きな苦闘と成長によるより良い成果をもたらすからです

Amyさんは6室がそもそも吉星に支配されています
そしてその支配星(木星)は自室に落ち着いて強さを発揮できる配置です

この木星と同居する火星は生来的に凶星であっても天秤座ラグナでは2室(容姿・声・自由で無自覚な才能)と7室(人間関係・異性運)というとても重要な吉意の部屋を支配しています


木星は3室(コミュニケーション・日頃の努力・技芸)を同時に支配します
3室の支配星が6室に住みそれが本来の自室のため悪い影響が出にくい配置です
ただし3室は最も初歩的な自主訓練の意味合いが強いので「地味に頑張っている」ような印象を周囲に与えます

そして火星は木星と同居すると「グル・マンガラ・ヨーガ」という特別なヨーガを編み出します
早い話が木星の担う「伝統的な知識と教養または法律や哲学」に「情熱や衝動や行動力」の意味合いが混ざり込むので『意欲的な努力を着実に行う』べき運勢がAmyさんにもたらされます
けして優しい境遇は巡ってきませんが自分次第で周囲からの信用は少しづつ良くできるともいえるヨーガです


また火星は支配する部屋に関係なく6室に住むと上記に述べた通り本人に良い影響を与えます
火星は2室を支配するので正直な実感として苦痛が伴うはずですが根気の強さも続きやすくなります


ラーシチャートでは10室に木星が住んでしかもそれが5室を支配するので吉意の部屋同士の組み合わせとなって本来なら極めて良い影響をAmyさんに与えるはずです
しかしこの木星は「逆行」という状態のため木星の意味する余裕や豊かさが裏目に出る可能性が大きいのです
つまり何となく集中力が続かずに判断力と実行力が曖昧なままでいることがよくあるといった状態です
(しかしAmyさんのラグナロードである太陽と吉意の強い水星が対向の4室からアスペクトしてこの傾向を補正してくれている配置です)


そしてそもそもの大きな傾向を決めているのが2室の状況


太陽は評価や信用や自己実現の11室を
月はまさに職業そのものを意味する10室を
水星は思想信条や人間的な美学の9室と最も深い精神性を表す12室を
支配しています

これらの惑星が2室に住んで占星学的な用語の「惑星集中」にあてはまる状態となっています

一見すると働いている時のAmyさんは誠実で職務意識が高く自然と働くことに意欲を持てる人物といった印象を周囲に与えます

特に太陽は占星術で加味する方角の相性で10室が最高に吉意を帯びる位置でありそれが職業運のチャートで「無意識下の能力」という意味の2室に住んで11室の象意をもたらすのでなかなか理想的な配置です

のみならず同居する水星は本来の「知性」の象意以上に重要な精神性を司る9室と12室を支配して太陽とヨーガを組んでいます
ラーシチャートでも紹介した「スーリヤ・ブッダ・ヨーガ」が2室で起こりなおかつそれは10室支配の月と同居することで再びラージャ・ヨーガ(王のような強さ)を繰り出しているのです


指摘し忘れていましたがAmyさんのダシャムシャでは火星が7室(対人運)を支配してそこから12室目の6室に住むためやはり孤立を感じさせられる経験が多くなります


しかしこれだけ吉意の配置と前向きな可能性のあるヨーガを持っているのも間違いない事実です


何卒どうか苦境に負けず精進なさって下さい


ダシャムシャの占断は以上となります


<(__)>

引用なし

パスワード


78 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.140 Safari/537.36 Ed...@119-171-98-84.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:離婚、再婚、仕事について
 アヤスケ  - 20/1/19(日) 20:49 -
さて

いよいよ最も待ち望んだ子供運(D7/サプタムシャ)についてです


<サプタムシャチャート>

ラグナ…乙女座(ログナロードは水星)
→在住惑星なし

2室…天秤座
→在住惑星なし

3室…蠍座
→火星・ケートゥが在住(火星が自室にて定座/ケートゥが定座にて高揚)

4室…射手座
→木星が在住(自室にて定座/パンチャ・マハープルシャ・ヨーガ:『ハンムサ・ヨーガ』)

5室…山羊座
→金星・土星が在住(土星が自室にて定座)

6室…水瓶座
→在住惑星なし

7室…魚座
→在住惑星なし

8室…牡羊座
→在住惑星なし

9室…牡牛座
→ラーフが在住(定座にて高揚)

10室…双子座(もう一つの支配星座)
→月が在住

11室…蟹座
→水星(ラグナロード)が在住  ※10室の月と「星座交換」※

12室…獅子座
→太陽が在住(自室にて定座)


ジョーティッシュ(インド占星術)の有識者であればこれがどれほど理想的なチャートであるか言葉が要らないと言っても過言になりません

Amyさんのお子さんはお世辞抜きに素晴らしく力強い運気を持って生まれてきたのです

ラグナロードの水星が11室という評価と信頼の部屋に住んで水星の自室(10室)に住む月とちょうどお互いの星座を交換できる関係となっています
これをジョーティッシュで「星座交換」と言います

これにより水星は11室に住みながら双子座本来の強さ(知能・自己表現力・弁論・コミュニケーション)を発揮して11室の象意(称賛・人気・知名度)も受ける状態となります
月も同様に蟹座本来の強さ(幸福感・共感力・明朗な善意)を取り戻し10室的な象意(職業・地位・名誉)の中でその個性と行動力がハッキリと現れてくることでしょう

この場合は10室と11室の深い関わり合いがラグナロードと吉星(月)で成立しているのでご実子様の才能と個性があるきっかけから特定の場所で多くの人々(それも女性/「月」)に知られていくような可能性を意味しています
10室は社会人としての立場や仕事ぶりを表し11室はその10室から2室目であり実力(10室)によって獲得(2室)できる周囲からの評価と期待をもたらす部屋です

この組み合わせが吉星同士で起こりしかもそれがラグナロードのためご実子様は月の象意(若さ・明るさ・女性的な上品さ)を自然な個性として帯びるようになっていくでしょう

また3室には支配星の火星が定座となりケートゥと同居しています
火星は生来的に凶意の星(暴力・激情・争い)でなおかつ乙女座ラグナでは悪い部屋(3室・8室)を同時に支配してかなり危険な表示体として機能します
しかしこの火星は定座であっても極限まで強くなった(高揚した)ケートゥの力によりその激しさを限界まで弱められるので人間的な心身の成長に悪影響はほとんど無いと思われます

そして最も特筆すべき素晴らしい配置が4室10室の軸と5室11室の軸で起こるフルアスペクトのヨーガ

4室はジョーティッシュでも最高の吉意を持った木星のヨーガ(マハープルシャ・ヨーガ)が成立しています
この木星は7室(人間関係・異性運)を同時に支配して4室に住む配置のためご実子様の性格が自然と好かれやすく安息と自尊心が常に守られる良好な運気を表しています
のみならず木星の対向にある10室にはとても健全な月が住んでお互いにアスペクトし合います

ここでもまた強く確かな吉意を生み出す「ガジャー・ケーサリ・ヨーガ」が起こっています
ガジャー・ケーサリは月と木星が同一の部屋に住む(コンジャンクション)かまたは木星から数えたケンドラ(4室・7室・10室)に月が住む場合に成立します
このヨーガは別名「学者のヨーガ」と呼ばれ特定の分野における才能と実行力を意味します
勉学と知識の実践により独特な技術や専門的な知識を習得し有意な能力で働ける可能性を示すものです

特にこの配置ではマハープルシャ・ヨーガの木星と10室で星座交換した強い月との組み合わせでありこの上なく幸運な自己実現の気運を思わせます

月は人気や知名度や好感度の11室支配であり木星は精神的な幸福の4室と人間関係の7室を支配します
この4室7室11室の組み合わせに対し3室から3室(コミュニケーション・自己表現)の象意を火星がアスペクトしています
火星は片側から一方的にアスペクトするので明確な影響は考えられませんが3室からの10室へのアスペクトは芸能人に見られる配置でもあります(3室の「自己表現」が「職業」の10室に関わるため)

10室と11室が吉星同士で星座交換しその月が強い木星とガジャー・ケーサリを更に組むのでその可能性(ご実子様の芸能界デビュー)は大いにあり得ます

それからもう一つの強力なヨーガについて

5室では6室も支配する土星が定座して2室(生まれつきの才能・容姿・声・本人から見た両親と家庭)と9室(悟り・哲学・美徳)を支配する重要な吉星の金星とコンジャンクションしています

乙女座ラグナにおける土星は5室(勉学・恋愛・芸術・あらゆる努力と才能)と悪意の6室(労働・病気・敵・争い)を同時に支配してしますが5室は6室から数えた12室目(死亡・秘匿・喪失)となって6室の凶意が軽くなる組み合わせです
この中立的な働きの土星と同居する金星は9室の支配星ですが5室がちょうど9室から9室目となるため金星の本質が引き出されやすい配置だと言えます

つまり9室的な尊い賢さと誠実さで黙々と厳しく勉学や訓練(5室)に取り組む性格を作り出します
しかも2室の象意を同時に支配して5室でその象意が強まるので本人の勤勉さが確実に実る結果をもたらします

この5室に対向の11室からラグナロードの水星がかなり強い吉意でアスペクトします
組み合わせとしては1室・2室・5室・6室・9室・10室というかなり多くの象意のヨーガ

つまり1室と5室でラージャ・ヨーガとなり5室と10室でもラージャ・ヨーガとなり9室と10室でもラージャ・ヨーガが生まれて多重の吉意が実現されています
この状態には土星が関わるので金星の美的な明るさが抑えられるためやや静かで質実な個性をもたらすでしょう

11室の水星は星座交換で11室の象意をより深く含むのでもしかすると「ダ―ナ・ヨーガ」も起こっているかも知れません
(2室支配星と11室支配星と1室5室9室のいずれかが関わり合うことで生じるヨーガです)

とにかくあらゆる吉意の可能性があまりに強く潜在能力の深さが底知れないほどです

それから念のため9室のラーフにも言及しておきます

9室は牡牛座となってラーフを最大最高の強さにします
9室は「悟り」や「法律」や「宗教」の象意をもち木星が住むのが理想的です
このラーフは対向から定座の火星がアスペクトするのみです
ただし火星は同じく高揚したケートゥに星としての威力を奪われるのでラーフ自体は傷つかないと思われます

9室のラーフは「父祖が作り上げた伝統や宗教への反発」といった意味を持つようです
ややもすると目上に刃向かう態度が出てくるかも知れません

最後に太陽の位置を確認

太陽は乙女座ラグナで12室を支配するので他のラグナのように象意として良い意味を持ちにくい
定座であっても本人から見た父親(太陽)は暗く冷徹なイメージを持った人物像となりやすい
(12室は「隠された世界」や「目に見えない問題」や「言葉にできない感情」や「夢想」といった象意を持つ)

しかし乙女座ラグナはラグナロードが強くなって太陽と関わらない方がその悪影響(12室)を受けずに済むので長い人生の傾向において心身を健全に保ちやすいとも言える

この太陽は定座で精神的な強さ(自制心・内向的な賢さ)を帯びてなおかつ4室から木星が最良の吉意を与えます
太陽は対向の6室にのみアスペクトするので悪影響はやはり少ないと思っていいでしょう


本当に素晴らしいお子様に恵まれていて何よりです
実はアヤスケもこの乙女座ラグナで生まれていますがこのご実子様の足元にも及ばない半端者です


是非ともこの幸運を無事に育み希望ある未来を拓かれますよう心より祈念いたします


<(__)>

引用なし

パスワード


72 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.140 Safari/537.36 Ed...@119-171-98-84.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:離婚、再婚、仕事について
 Amy  - 20/1/20(月) 14:29 -
アヤスケ様、職業運について見ていただき、誠にありがとうございます。

>金星はラグナ以外に突然の災難や他者から受ける経験という意味の8室を支配するため不意に起こる偶然を意識させられやすい運勢です

過去、見知らぬ男から暴行されそうになったり、その人につけ狙われたりして、警察に被害届を出したことがあります。
また、上から急に重たいものが落ちてきて、死にかけたこともあります。
自分には落ち度がないのに、なぜそのような目に合うのだろうと思っていましたし、自分は事故死するんじゃないかな…とも思っています。

>ただしこのチャートでも月から数えたケンドラ(4室目・7室目・10室目)にあまり惑星が住まないので失意や腹立たしさを感じやすいのかも知れません

>木星は3室(コミュニケーション・日頃の努力・技芸)を同時に支配します
>3室の支配星が6室に住みそれが本来の自室のため悪い影響が出にくい配置です
>ただし3室は最も初歩的な自主訓練の意味合いが強いので「地味に頑張っている」ような印象を周囲に与えます

もともと地味ですし、また真面目だとは言われるので、そのような印象になるかとは思います。

>そして火星は木星と同居すると「グル・マンガラ・ヨーガ」という特別なヨーガを編み出します
>早い話が木星の担う「伝統的な知識と教養または法律や哲学」に「情熱や衝動や行動力」の意味合いが混ざり込むので『意欲的な努力を着実に行う』べき運勢がAmyさんにもたらされます
>けして優しい境遇は巡ってきませんが自分次第で周囲からの信用は少しづつ良くできるともいえるヨーガです

>また火星は支配する部屋に関係なく6室に住むと上記に述べた通り本人に良い影響を与えます
>火星は2室を支配するので正直な実感として苦痛が伴うはずですが根気の強さも続きやすくなります

>つまり何となく集中力が続かずに判断力と実行力が曖昧なままでいることがよくあるといった状態です

意欲的な努力をしたいのですが、何をやっていいのかわからないし、かなりの飽き性なので、なかなか根気も続かず、今までの人生で何かを成し遂げたということがないんです。
学校の勉強だけは多少できましたが…。
集中力がなくて、学生の時からずっと悩んでいました。


>一見すると働いている時のAmyさんは誠実で職務意識が高く自然と働くことに意欲を持てる人物といった印象を周囲に与えます

真面目だとは言われるので、誠実には見えているかもしれません。

>指摘し忘れていましたがAmyさんのダシャムシャでは火星が7室(対人運)を支配してそこから12室目の6室に住むためやはり孤立を感じさせられる経験が多くなります

ここにもやはり人間関係の問題が出ているんですね。
働き始めても私だけ無視されたり、そのくせシフトはぎちぎちに入れられたり、まったく人間扱いされません。
ほとんど精神的サンドバッグのような扱いを受けます。

一番初めにここに投稿したときにも書いたのですが、適職を知りたくて、それがどんなものなのかここからわかることはありますか?
職業運自体はそこまで悪くない?ように見えるのですが…。
就職も失敗して、無職かフリーターにしかなれず、やっと派遣社員として働き始めても、仕事ができないため4ヶ月でクビになったりしました。
でも子供のためにも自分のためにも、経済的に自立したいです。

引用なし

パスワード


84 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/...@124-141-153-187.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:離婚、再婚、仕事について
 アヤスケ  - 20/1/20(月) 22:32 -
お返事ありがとうございます

ザックリとではありますがここで改めてAmyさんのラーシチャートの特徴を振り返ってみます

月は獅子座ラグナの12室で定座になっていました
月のナクシャトラ(本人が帯びる性格や客観的なキャラクター)は以下の通り

『アシュレーシャー』

月がアシュレーシャーにあると:
リーダーシップ、政治的成功、神秘的な性質、エンターティナー、占星術、直感的、書く力と話す力、詩人、研究、組織力、減量の必要、問題のある早婚、不誠実、恩知らず、罪深い。

<職業>
何らかの分野において、マニアックさを発揮しやすい。その探究心・個性を生かすことができれば、その道の専門家になれるでしょう。
専門性:研究者、学者、芸術家、政治家
毒を扱う人:化学者や薬剤師、薬屋、ジャンキー


これまでの返答を拝見しますと既往症を婦人科系と精神科(心療内科)でそれぞれご経験のようですね

異なる疾病を実体験したとはいえ薬剤師というのはあまりに安直な意見でかなり無責任ですね
大学の薬学部に受かるのもけして易しくない上に6年の就学が義務…

物理的にも経済的にも無理でしょう

できれば一人で成果を上げられるような職務が良いとアヤスケも思います


車は運転できますか?


Amyさんの「D16」(ショダシャムシャ/乗り物運)を読み込みますとこれもまた相当に辛い運勢です

射手座ラグナでラグナロードの木星が12室に住んで対向の6室に住む月とフルアスペクトしてヴィーパリータ・ラージャ・ヨーガ(凶意の二重否定)になっています

因みにこの月は「災難・事故」の8室支配で6室(苦闘)の牡牛座に住むことで高揚する星座に落ち着く配置です
木星は12室でこの6室を支配する金星とコンジャンクションしていますが金星は悪い部屋(6室)を支配してまた別の悪い部屋(12室)に住みます
つまり金星自体が12室でヴィーパリータとなって6室でやはりまたヴィーパリータになった月とアスペクトし合います

このD16では4室の状態が最も重要です
4室は「自動車」の象意も持つためです

射手座ラグナでは太陽が9室を支配しておりこれがケンドラに住むとラージャ・ヨーガになります

そしてズバリその太陽はAmyさんの4室に落ち着いて見事にラージャ・ヨーガを生み出しています
ハンドルを握った時の集中力はまず悪くないはずです

ただし月の前の部屋と後ろの部屋(5室と7室)にはそれぞれ土星と火星が住んでしまっており月をかなり苦しめる悪いヨーガが成立しています

それでも月はそれ自体が苦しみ(8室/不意の困難)を意味する惑星で労働の6室に住んで最も強くなる星座に当てはまっているのでAmyさんの気力次第では運転という作業が苦にならないような成長も考えられます

また水星は対人運の7室と職業の10室を支配して3室に住んでいます
これもまた地道で賢い努力という意味合いが出る配置です

そしてよくD16を見直すと最初に指摘した6室12室の軸では月と木星がフルアスペクトするのでこれは一応「ガジャー・ケーサリ・ヨーガ」(『学者のヨーガ』/専門性と特別な技術のヨーガ)となります
月と木星が支配室で吉凶半々になるのでやや不完全ではありますがそれなりに個性的な実務力をもたらす見込みがあります


車を使った非正規労働を考えるのも一つの手ですね


まずは一人でも支障のない実務への就職を目指すべきかと思われます


<(__)>

引用なし

パスワード


111 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.140 Safari/537.36 Ed...@119-171-98-84.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:離婚、再婚、仕事について
 Amy  - 20/1/22(水) 9:48 -
アヤスケ様
子供運について、鑑定していただきありがとうございます。
まだ子供なので、将来的なことはなんとも言えないのですが、良い子供運とのことで、嬉しく思います。
ただ、私の子供は自閉症なのですが、それについては何も表れてはいないでしょうか?
奇声、多動がひどく、どこに行っても人に迷惑をかけ、みんなと遊ぶことも出来ず、周りのお母さんたちからも「うわぁ…」という目で見られるうちの子供が、本当にそんな良い運を持って生まれてきたのかな、と少し疑問で…すみません。
たぶん知的には問題はないと思うのですが、今のままでは普通学級に入って大丈夫なのか心配になるほどです。
止まっていることができず常に動いているので、食べても食べてもかなり痩せています。

芸能界デビューもあり得るとのことですが、自閉症児は見た目の良い子が多いらしいのですが、うちの子もまさにそうで、芸能人の誰それに似てるとか、ハーフみたい、顔が整ってる、美形、本当にかわいい、などなど、見た目だけは本当によく褒められます。
親の欲目もあるのでしょうが、多動じゃなければ子供モデルにでもなれたのに…と思います。
将来的に多動が落ち着いて、かつ顔のレベルをキープできれば、本人の希望があれば芸能界もありえなくはないかも…とも思えます。親バカですね、すみません。
見た目だけは良いので、女性に知られて行く…とか、異性運がいいとかはまあ、多動が落ち着けば可能性は高いかも、と思えます。
また、父親は暗く冷徹なイメージをもった人物像となりやすい、とのことですが、まず父親がいないので、父親が隠された世界にいる、ということなのかなと思いました。
子供の父親が欲しいですが…やはり無理そうなんですかね。

引用なし

パスワード


88 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/...@124-141-153-187.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:離婚、再婚、仕事について
 Amy  - 20/1/24(金) 13:57 -
アヤスケ様、仕事の適性について鑑定いただきどうもありがとうございます。

中学一年生のとき、薬剤師っていいなぁと思ったのですが、当時の担任に「薬剤師は細かい作業ができないといけないし、理系だからお前には無理だよ」と言われ諦めたことがあります。
少しいいなぁと思っただけなので、ショックなどはなかったですが。

>車は運転できますか?
>そしてズバリその太陽はAmyさんの4室に落ち着いて見事にラージャ・ヨーガを生み出しています
>ハンドルを握った時の集中力はまず悪くないはずです

免許自体は持っていますが、非常に申し訳ないのですが、本当に運転が苦手で、こんなに車の運転が下手な人っているの?というくらい下手なんです。

4ヶ月でクビになった仕事で、用事で車を使用しなければならなかったのですが、駐車場に車が停められず、泣きながら30分かけて駐車しました。

クラクションもしょっちゅう鳴らされていました。
私はパニックを起こしやすいのですが、クラクションを鳴らされるとパニックになって、なんで鳴らされてるのかわからないけど、とりあえずなんとかしなきゃ!とアクセルを踏んで、よその車にぶつかりそうになったりします。
アクセルとブレーキの踏み間違いも頻繁で、なぜ免許が取れたのか自分でも不思議なくらいです。

せっかくアヤスケ様がこんなに丁寧に鑑定して下さっているのに、本当に心苦しい気持ちでいっぱいです。
車の運転が得意で、仕事に活かしたいです!とお返事できたらどんなにか良かったでしょう。

>まずは一人でも支障のない実務への就職を目指すべきかと思われます

フォークリフトの免許を取って倉庫で働こうかなと思ったこともあったのですが、車の運転も出来ないのにフォークリフトなんか運転できるわけないし、まずそもそも倉庫まで出勤するのに車がないと行けないので、結局辞めにしました。
一人でできる仕事ってほぼないですよね…私みたいなクズ人間、他に世の中にいるんでしょうか。
人生八方塞がりです。生まれてきたことを後悔するだけの30年間でした。

本当に、こんなにたくさん丁寧に、時間をかけて鑑定していただいてどうもありがとうございます。
色々解決策も提示していただいたのに、それに添えるような人間でなくて申し訳ございません。

引用なし

パスワード


96 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/...@124-141-153-187.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:離婚、再婚、仕事について
 アヤスケ  - 20/1/25(土) 19:24 -
長い間レスを怠ってしまいました
この時期は私事で時間の余裕が残せず仕舞いでした<(__)>


さて

ご実子様のチャート(サプタムシャ)が実際とは異なる点が多かったという結果に対しあれからアヤスケも随時に見直しとラーシチャートの再読を行いました


実子運の特徴と様態は親御様(Amyさん)の木星をラグナと見なすことで各惑星の配置とアスペクトで占断ができるようです


Amyさんの木星は牡牛座に在りますからそのディスポジター(ラグナロード)は金星となります
金星はラグナ以外に6室を支配しています


牡牛座ラグナは「労働・スポーツ」という象意の6室を同時に受け持つため自分の目的意識に忠実な努力家といった性格になりやすい傾向


そしてその金星は6室で定座になっています
この配置だけを見れば生まれつき元気でかなり明るいお子様という印象です


土星は9室(尊い理想や哲学)と10室(職業と実際の地位や職務意識)という重要な部屋を同時に支配しラージャ・ヨーガ・カラカ(単独でヨーガを生み出す惑星)になります
土星は牡牛座ラグナではとても良い吉星として働きます
しかし土星はAmyさんにとって「困難の表示体」であるグナティ・カラカにあたる惑星です
それがAmyさんの5室(実子)に住んでおりまたお子様のラグナから見た8室(不本意で理不尽な経験)に置かれています

出生後のご実子様の傾向はおそらくこの配置に見出せると思われます


また6室に住む定座の金星にはご実子様の10室からとても強いラーフがアスペクトしています
なおかつご実子様の12室(損失)を支配する火星がご実子様の5室(実際の能力)へ11室からアスペクトします

ラーフは吉星からアスペクトを受けるか吉星とコンジャンクションしていればかなり強い吉意を生み出します
しかしこのチャートではラーフが土星からアスペクトを受けるのみで凶意を与える働きしか残らない状況です
そしてこのラーフはヴァルゴッタマ(ナヴァムシャでも同じ星座に住むこと)で占星術の理論上で最高に強くなる「高揚」と同等の威力を帯びています


それがご実子様のラグナロードを傷つけるために6室の悪い意味(興奮・直情・不用意な行動)をラグナロードがそのまま具体化してしまうような結果が現れます
また10室は4室と象意が相反する位置なので「家の外」という意味合いが出てきます


従ってご実子様の平常時からの多動や声を出し続けるといった「安静に過ごせない」特徴はこの6室と10室から読めるようです


ここまでは私にとってもかなり心苦しい指摘をさせていただきました


ご安心下さい


ご実子様の4室はちょうどAmyさんのラグナ(獅子座)に当たります
お子様の4室は「母親」という象意を持ちます
そしてその支配星(太陽)はご実子様の7室(対人関係)に水星と共に住んでいます

これはご実子様へ歩み寄る人物が実母(Amyさん)を含めみな善良であるという兆しを示すものです
また水星はご実子様の2室(知能)と5室(努力や成長性)を担う惑星です
それを実母が守っているという配置であり大局的には太陽と水星の象意を併せ持った高名で信用しうる人物がご実子様を見守るという運勢にもなるのです
(太陽と水星のコンジャンクションは「スーリヤ・ブッダ・ヨーガ」という吉意の組み合わせです)
なおこの7室自体は他の惑星からアスペクトを受けずに済んでいます


このアヤスケもまだまだ勉強不足がある未熟者につき一方的な占断をそのままにしてしまいました
自らの不肖を正す良い経験となりましたことを末筆ながら感謝いたします


<(__)>

引用なし

パスワード


91 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.140 Safari/537.36 Ed...@119-171-98-84.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

56 / 931 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃ルール  
 235987
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.02b1
スピリチュアルインド雑貨SitaRama(シーターラーマ)