Moyuku

初めての人は、まず、ルールをお読みください。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
11 / 97 ツリー    ←次へ | 前へ→

星座交換の読み方 17/11/12(日) 10:54

Re:星座交換の読み方 Kala 17/11/26(日) 11:05
Re:星座交換の読み方 ag2 17/11/26(日) 15:35
Re:星座交換の読み方 Kala 17/11/26(日) 20:43
Re:星座交換の読み方 ag2 17/11/27(月) 10:05
Re:星座交換の読み方 Kala 17/11/27(月) 23:28

Re:星座交換の読み方
 Kala  - 17/11/26(日) 11:05 -
▼ag2さん

色々教えて頂きありがとうございます。
こんどみんなでオフ会でも開きたいですね。^^

D9が後半生を示すという記述はネットなどではよく見かけますが、
(しかも36才以降だとか)
たしかに書籍では思い当たりませんね。

ナディの本はいくつか持ってますが、読みこなせていない状態だったり、あまり役に立ちそうにない本が多かったりで、有益な情報を提供できないのが残念です。というか、ag2さんは私などが教える以前に、すでにお読みなんじゃないかなーと思います^^;


ところでいくつか追加で質問させていただけますでしょうか。

1.前世を読むやり方ですが、女性も木星を使いますか(金星でなく)?

2.その人の人生の目的を見る際や、生まれた時間の違いを見る際に、サブホーラロードを用いると書いてありますが、ag2さんは参考にしてますか?もし参考にしている場合、どのように計算していますか?

引用なし

パスワード


153 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@125-14-89-139.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ag2  - 17/11/26(日) 15:35 -
▼Kalaさん:
>▼ag2さん
>
>色々教えて頂きありがとうございます。
>こんどみんなでオフ会でも開きたいですね。^^
>
>D9が後半生を示すという記述はネットなどではよく見かけますが、
>(しかも36才以降だとか)
>たしかに書籍では思い当たりませんね。
>
>ナディの本はいくつか持ってますが、読みこなせていない状態だったり、あまり役に立ちそうにない本が多かったりで、有益な情報を提供できないのが残念です。というか、ag2さんは私などが教える以前に、すでにお読みなんじゃないかなーと思います^^;


ううう、残念です、、、( ̄^ ̄)ゞ
>
>
>ところでいくつか追加で質問させていただけますでしょうか。
>
>1.前世を読むやり方ですが、女性も木星を使いますか(金星でなく)?

あくまでアソビ技法ですけど。
&#12881;Dr.Shanker Adawal 「Bhrigu samhita」で前世が出てくるのは4例あり、全員今世は男性です。ところが、同書81ページには、今世男性、前世女性の例が出てきます。これも木星を後ろにずらして前世をみています。これを逆にとると、女性の来世を見る場合は木星を前に動かしていた、ともとれます。
理論的にも、木星、ジーヴァカーラカつまり高次の自分は性別フリーなので、肉体を脱いだ後どうするかは木星でみた方が整合すると思います。
まあ、書籍の記述などはっきりしたソースはないですね、今のところ、、、。何かご存知でしたら教えてください。

>
>2.その人の人生の目的を見る際や、生まれた時間の違いを見る際に、サブホーラロードを用いると書いてありますが、ag2さんは参考にしてますか?もし参考にしている場合、どのように計算していますか?

いえ、その技法自体、初耳です( ̄^ ̄)ゞ!

引用なし

パスワード


166 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199137115.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 Kala  - 17/11/26(日) 20:43 -
ag2さん

引き続きコメントありがとうございます。

サブホーラロードはホーラを細かく分割したときの各支配星のことです。
NaikさんのCelestial Matrix in Naadi Astrology
という薄っぺらい本の中で言及されています。

この本は私も先日ネットでダウンロードしたので
ag2さんも容易に入手可能だと思います。

この本は実例はけっこう多いのですが、
一人の人を詳しく解説した本ではない点がやや残念。

「このヨーガがあるから仏陀やラーマクリシュナは聖者になった・・」等と書かれてはいるのですが、ひねくれた私などは「その人物のことをあらかじめ知ってるからそう書いているのでは?」なんて印象も持ってしまいます。

インド人は思い込みが激しくて、自分で勝手に考えた独自理論を振り回すことも多いので、ソースを確認しながら慎重に本や論文を読むべきでしょうね・・。^^;

引用なし

パスワード


161 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@124x33x222x50.ap124.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ag2  - 17/11/27(月) 10:05 -
▼Kalaさん:
>ag2さん
>
>引き続きコメントありがとうございます。
>
>サブホーラロードはホーラを細かく分割したときの各支配星のことです。
>NaikさんのCelestial Matrix in Naadi Astrology
>という薄っぺらい本の中で言及されています。
>
>この本は私も先日ネットでダウンロードしたので
>ag2さんも容易に入手可能だと思います。
>
>この本は実例はけっこう多いのですが、
>一人の人を詳しく解説した本ではない点がやや残念。


紙の本で私ももっていますが,後付け本認定していたので,真面目に読んでいませんでした(笑)
たしかに,daylord horalord subhoralod ,しかも生まれたときとコンサルタントのときを用いろ,と書いてありますね。そんな,6種も用いればどうにでもなっちゃいます・・・・ズルイ。

ナイキさんのその後の本では,ホーラロードは用いていません・・・・プラシュナチャートを手元にバースチャートをリーディングせよという記載はありましたが,具体論は不明です(revelation from naadi jyotisha 85頁)
双子疑惑は,プラシュナチャート併用でのりきるのかも。


>
>「このヨーガがあるから仏陀やラーマクリシュナは聖者になった・・」等と書かれてはいるのですが、ひねくれた私などは「その人物のことをあらかじめ知ってるからそう書いているのでは?」なんて印象も持ってしまいます。
>
>インド人は思い込みが激しくて、自分で勝手に考えた独自理論を振り回すことも多いので、ソースを確認しながら慎重に本や論文を読むべきでしょうね・・。^^;


いやー,わたしも完全に同意します。
ほんと,後付け感のただよう本の多いこと!
「おれのオリジナルリサーチだ!!」という独自理論の多いこと!

それをさけるのが,至上命題だとおもっています。占星術の勉強において。

引用なし

パスワード


167 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.94 Safari/537.36@ntfksm077171.fksm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 Kala  - 17/11/27(月) 23:28 -
ag2さん

>たしかに,daylord horalord subhoralod ,しかも生まれたときとコンサルタントのときを用いろ,と書いてありますね。そんな,6種も用いればどうにでもなっちゃいます・・・・ズルイ。
>
>ナイキさんのその後の本では,ホーラロードは用いていません・・・・プラシュナチャートを手元にバースチャートをリーディングせよという記載はありましたが,具体論は不明です(revelation from naadi jyotisha 85頁)
>双子疑惑は,プラシュナチャート併用でのりきるのかも。

デイロードやホーラロードは、基本的にはプラシュナにおいて、占いに来た人がどんなことを相談しに来たのかを見る、注目のポイントだったような気がします。うろ覚えですみません・・。

でもネイタルでも使うとなると、現時点というよりも一生を通じたテーマを見るのかなーという感じですね。

分割図に見られるように、インド人は何でも細かくしようとする極端なところがあります。でもどこまで分割すれば完璧なのか、誰もわかっておりません。このサブホーラロードだってそのうち、サブサブホーラロードが出来るかもしれません。^^;


>いやー,わたしも完全に同意します。
>ほんと,後付け感のただよう本の多いこと!
>「おれのオリジナルリサーチだ!!」という独自理論の多いこと!
>
>それをさけるのが,至上命題だとおもっています。占星術の勉強において。

インド占星術は技法が多いですし、一つの技法でさえ流派によって違いがありすぎます。なのでそれぞれの人が独自の理論でこじつける例が多すぎです。

そもそもアヤナムシャはどれか、ノードは真値か平均値か、ヴィムショタリーダシャーの計算の定義はどれか等、技法以前のベースの部分ですでに多くの違いがあり、共通意見を探すことが難しい状態。真面目に学習するほど迷路にはまりこむと思います。なのでここで勉強されているみなさんは本当に凄いなと思います。

そういいつつ私もag2さんに感化され、おすすめ本をインドに注文したばかりなのですがね(笑)

引用なし

パスワード


174 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@125-14-89-139.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

11 / 97 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
 39413
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.02b1