メルマガからの転載です。


アシュタカヴァルガの応用

アシュタカヴァルガの応用編です。
主に『Ashtakvarga Thumb Rules by Late C.S.Patel』 という小テキストからです。(ネットに落ちてます)
また、基礎はメルマガ第5回でやったので、復習しておいてください。

 

〔基本〕

・総合アシュタカの総点数は337点で、1つ当たりのハウスの平均点は28点になります。

・高揚、定座、友好星座、ケンドラ在住、トリコーナ在住は惑星が強くなりますが、その惑星が在住するハウスの総合アシュタカヴァルガの点数が28点以下の点数しか無ければ、平均的な結果しか得られません。

また、逆に

  • 6、8、12室の支配星
  • 6、8、12室に惑星が在住
  • 減衰、凶星と同居/アスペ、敵対星座に在住

の場合、惑星は弱くなりますが、その惑星が在住するアシュタカヴァルガの点数が28点以上の場合は、比較的良い結果が得られるでしょう。

 

ハウス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
点数 25 22 29 24 25 34 19 24 29 36 54 16

Total 337

各ハウスが上記の点数より低ければ、良い結果は得られません。(※11室が異常に高い気が・・・^^;)
逆に、これより高ければ、良い結果が期待できます。

また、各ハウスに
吉星の影響があれば、上記の点数より低くても、良い結果が期待でき
凶星の影響があれば、上記の点数より高くても、悪い結果となるでしょう。
吉凶両方の影響があれば、結果はミックスされるでしょう。

一般的に、30点以上あれば良い結果、25~30点なら平均的、25点より低ければ悪い結果となるでしょう。

 

〔結婚〕

花婿と花嫁の、ラグナ、または月の星座が30点以上であるならば、その結婚は成功し、幸せになるでしょう。
ラグナ、または月の星座において、花婿・花嫁の片方が30以上、もう一方が30より小さかったら、ミックスの結果が得られるでしょう。(吉星のアスペクトがあれば、良い結果が優勢、凶星のアスペクトがあれば、悪い結果が優勢です)

彼らのラグナ、または月の星座が25より小さかったら、その結婚は失敗し、不幸になるでしょう。

※ある知り合いの占星術師から聞いたのは、お互いの7室の点数に差があると、片方は家庭を重要視し、片方は個人を重要視するから、うまく行かない。同じ程度の点数だとうまく行くとの見解でした。

 

〔遺産・相続〕

以下の場合、遺産や相続を得る。

  • もし、4室が24点以上で、そのハウスにいかなる凶星の影響(=在住・アスペ)もない場合。
  • 2室が22点以上で、凶星の影響(=在住・アスペ)が無い場合

 

〔自分で稼ぐ〕

もし、10室が36点以上であり、いかなる凶星の影響もなければ、その人は自分でお金を良く稼ぎ、幸せへと導かれるでしょう。

 

〔収入〕

もし、11室が54点以上であり、凶星の影響が無いなら、その人は熱心に働くことなく、多くの収入を得るでしょう。

 

〔突然の収入〕

アセンダントが25点以上、かつ、9室が29点以上であり、両方のハウスが凶星の影響を受けていない時、その人は思いがけない突然の収入を得るでしょう。

 

〔プラケールナ・ヨガ:Prakeerna Yoga〕

各ハウスの組み合わせの比較から、良い結果を生み出す点数が知られています。
以下に例を出します。

・12室の点数が11室の点数より低い時、その人は裕福になります。
もし、上記と逆なら、その人は経済的な困難に見舞われます。

・もし、11室の点数が10室の点数より多ければ、彼の努力から期待できる以上のお金を得ることができるでしょう。
もし逆であれば、努力しても、その努力に見合わない収入しか得られないでしょう。
この場合、その10室と11室の点数差が、努力と収入の差になります。

・1室、2室、4室、9室、10室、11室の点数を足し、その合計が164点以上であるならば、支出より収入の方が大きくなります。164以下ならば、収入より支出の方が多くなり、経済事情は赤字になるでしょう。

・6室、8室、12室の点数を足し、その合計が76点以下であるならば、支出より収入の方が大きくなります。76以上ならば、収入より支出の方が多くなり、経済事情は赤字になるでしょう。

・まず、1室、4室、5室、7室、9室、10室の点数を足して合計を出ます。仮にこれをAとします。次に残りのハウスの合計を出します。これをBとします。BよりAが大きければ、その人は知的で賢く、善い行いをし、慈善的でしょう。

他にもハウスの組み合わせがあります。

  • 1-5-9室の合計・・・バンドゥ(Bandhu)
  • 2-6-10室の合計・・・セワック(Sewak)
  • 3-7-11室の合計・・・ポシャック(Poshak)
  • 4-8-12室の合計・・・ガータック(Ghatak)

ポシャックの合計が、ガータックの合計より大きい時、その人は裕福になるでしょう。
バンドゥの合計が、セワックの合計より大きい時、その人は独立したビジネスを行い、良い同僚・仲間を持つでしょう。

・もし11室の点数が10室の点数より高いが、12室の点数が11室と10室のの点数より低く、また1室の点数が12室の点数より高い時、その人は有名かつ裕福で、力を持つ人間になるでしょう。この成功の度合いは、これらの点数差によります。

 

〔病気〕

・もし、ラーフが6室、または8室、または12室に在住している時、この人は、この点数の年齢時に、ヘビや食物の毒に犯される傾向があるしょう。
また、その年にラーフが同じハウスにトランジットしてくることがあれば、それは確実に起こるでしょう。

・火星が在住しているハウスの点数の年齢の時、その人は怪我をしやすいでしょう。
同様に、土星が在住しているハウスの年齢の時に、病気か悲しい出来事が起こりやすいでしょう。

 

〔貧困〕

1室、9室、10室、11室のそれぞれのハウスの点数が30点より小さい時、その人は貧しく、病気がちで、短気な傾向があるでしょう。
もし、上記のハウスの点数が19~22点で、凶星がトリコーナに在住している時、その人は幸福を失うでしょう。

 

〔富と子供〕

木星が在住しているハウスの点数の年齢の時期に、子供や富を得る傾向があります。

 

〔結婚〕

金星が在住しているハウスの点数と同じの年齢の時期に、結婚する傾向があります。(※私個人で言えば、これは当たってません・・・凶星の影響があるからかもしれませんが・・・)

 

〔学習・知識〕

同様に、水星が在住しているハウスと同じ年齢の時に、その人は多くを学習し、知恵や名声を得る傾向があります。

 

〔方向〕

各ハウスは以下の方向を示します。

  • 1室(ラグナ)・12室・11室・・・東
  • 10室・9室・8室・・・南
  • 7室・6室・5室・・・西
  • 4室・3室・2室・・・東

各方位におけるハウスの合計を出します。最も高い点数の方位が、吉の方角です。
そちらの方角の国や地域への移動は多くの恩恵があるでしょう。
逆に最も低い方角が、凶の方角です。(引っ越し・海外旅行などで)この方角に行くのは避けなければいけません。

また、同様に、出生図において高揚している惑星の方角は吉となります。

 .

関連記事: