今日は再婚の例です。

無料鑑定掲示板に依頼に来られた方が、再婚していましたので、以下にそのチャートを示します。

※ちなみに、無料鑑定掲示板で「再婚」を検索かけても、再婚している人はこの方だけでした。(「再婚」で検索をかけると、依頼の文中で「再婚できますか?」と聞いてる人がほとんどで、実際に再婚している人はほとんどいない)

 

【チャート】

【あてはまる再婚の法則】

前回の再婚の法則に当てはまるのは以下の5つになります。

〔ラーシ・チャート〕
『4.ラーシチャートにおいて、7室の支配星がひどく傷ついており、D-9チャートにおいて、二重星座に置かれている』
『7.7室に凶星があり、7室支配星がナヴァムシャにおいて、二重サインに在住』

〔ナヴァムシャ・チャート〕
『1.二重星座に第7室支配星が在住している』
『14.7室支配星が9室に置かれている』
『19.結婚のカラカである金星と7室支配星の両方が二重サインに落ち、最初の結婚が壊れる明確な徴候がある』

 

【再婚の時期】

『二度目の結婚は、一般的に第3室と第9室の支配星の時期か(マハー・ダシャーまたはアンタル・ダシャー)、それらに結合している惑星の時期に起こります。』とのことですが、この場合、3Lは月、9Lは土星になります。また、土星と結合しているのはケートゥと木星になります。

実際は以下のようになります。

  • 最初の結婚の時期は土星-月期 (付き合い始めたのは土星-水星-金星期)
  • 離婚は土星-ラーフ期
  • 再婚は水星-金星期

なぜか、再婚ではなく、最初の結婚が9L-3Lのダシャーになります。

離婚は土星-ラーフ期・・・W凶星のいかにも悪そうな時期。かつラーフは土星から見て7室。(また、ラーフは3H、土星は9Hで、やや3-9が絡む)

再婚は水星-金星ですが、結局、再婚も7室がらみでした。(金星7H、水星7H、D9で金星7L)
ただ、ナヴァムシャの3Lが水星で、金星は9Hです・・・やはり、ちょっとだけ3-9は絡むのかな?^^;

 

【結婚の回数】

結婚の回数は、法則の7番に載っていますが、「金星と同居している惑星の数」となりますから、3回になりますが、火星は定座のためカウントされず、結婚は2回となります。この法則が正しいとすれば、もう再婚はないのではないかと思います。

(※でも、この法則だと、他の星回りが離婚を示していても、金星と同居している惑星が1個以下の場合は、再婚しないということになります・・・その辺はおかしいと思います・・・もしかしたら、金も含めての個数かな?)

 

また、離婚の例があれば、ピックアップしていきます。

 


追記

〔ドゥビサプタティ・サマ・ダシャー検証〕

上記の方はドゥビサプタティ・サマ・ダシャーが使えるので、みさんのアドバイス(=「ドゥビサプタティ・サマ・ダシャーだと、初婚と再婚でアンタルが同じになる」)の検証です。

Dwi-saptati sama dasa (applicable if lagna lord is in 7th or 7th lord is in lagna):

Sun MD: 1979-02-12 – 1988-02-13

Antardasas in this MD:

Sun: 1979-02-12 – 1980-03-29
Moon: 1980-03-29 – 1981-05-14 告白-お付き合い
Mars: 1981-05-14 – 1982-06-30
Merc: 1982-06-30 – 1983-08-16
Jup: 1983-08-16 – 1984-10-01
Ven: 1984-10-01 – 1985-11-15
Sat: 1985-11-15 – 1986-12-30
Rah: 1986-12-30 – 1988-02-13 結婚87.11

 

Dwi-saptati sama dasa (applicable if lagna lord is in 7th or 7th lord is in lagna):

Mars MD: 1997-02-12 – 2006-02-12

Antardasas in this MD:

Mars: 1997-02-12 – 1998-03-29
Merc: 1998-03-29 – 1999-05-14
Jup: 1999-05-14 – 2000-06-30
Ven: 2000-06-30 – 2001-08-16 再婚01.8
Sat: 2001-08-16 – 2002-10-02  再婚01.8
Rah: 2002-10-02 – 2003-11-16
Sun: 2003-11-16 – 2004-12-30
Moon: 2004-12-30 – 2006-02-12

初婚が太陽-ラーフ期、再婚が火星-金星期または火星-土星です・・・アンタル土星だと、どちらも、ピタリか近いですね。

同棲は、結婚とみなされるという解釈もあるようなので、もしその場合は、初婚はもしかしたら、太陽-土星期になるのかもしれません。

7Hの惑星ではなく、土星は9L9Hです。

 


 

【ふゆみさん】

アガスティア2代目さんの情報で、ふゆみさんを検証してみました。
出生時間の切りが良いから、ちょっと怪しい。月ラグナなら使えるでしょう。

〔チャート〕

 

〔当てはまる法則〕

  • 『16.第2室と第7室の支配星が凶星の影響を受けている(ここでは、コンジャクションが原則です)』
  • 『19.結婚のカラカである金星と7室支配星の二つのうちの両方、またはどちらかが二重サインに落ち、ホロスコープの中で最初の結婚が壊れる明確な徴候があるなら、この組み合わせはその人へ2回の結婚をもたらすでしょう。』
  • D9の月ラグナにおいて『1.二重星座に第7室支配星が在住している、または第7室自体が二重星座の場合、再婚がありえます。』

 

〔再婚の時期〕

Vimsottari Dasa:

Sat MD: 1991-07-05 – 2010-07-05

Antardasas in this MD:

Sat: 1991-07-05 – 1994-07-08
Merc: 1994-07-08 – 1997-03-15 結婚96.4
Ket: 1997-03-15 – 1998-04-24 離婚97.9
Ven: 1998-04-24 – 2001-06-25
Sun: 2001-06-25 – 2002-06-06 再婚?2002
Moon: 2002-06-06 – 2004-01-07 再婚?2002
Mars: 2004-01-07 – 2005-02-13
Rah: 2005-02-13 – 2007-12-23
Jup: 2007-12-23 – 2010-07-05

太陽は11L2Hで7Lと合、土星から見れば太陽は3L。
月だと10L1Hです・・・また、月はD9の9L

う~ん、よく分からん^^;

 

【ニコラス・ケイジ】

ドゥビサプタティ・サマ・ダシャーが使えて、再婚の多い芸能人ということで、最近、ニュースに出たニコラス・ケイジです。

結婚を4回しています。(初婚は日の情報がないので籍を入れてないのかもしれません。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%B8

https://www.astro.com/astro-databank/Cage,_Nicolas

レーティングはAAですが、5:30と切りが良すぎるため、正確かどうか、ちょっと怪しいです。

〔チャート〕

 

〔当てはまる法則〕

  • 1.二重星座に第7室支配星が在住している、または第7室自体が二重星座の場合、再婚がありえます。 (双子座・おとめ座、射手座、うお座)
  • 7.7室に凶星があり、7室支配星が出生図またはナヴァムシャにおいて、二重サインに在住している場合、複数の結婚があるでしょう。妻や夫の数は、7室目のハウスの中で、金星と一緒に同居している惑星の数のから求めます。金星と一緒にそこに何個の惑星があるのかが、その人の人生において、何回の結婚があるかを示します。しかし、高揚している惑星や定座の惑星があったら、その惑星は数にカウントしないことを忘れないでください。
  • 月ラグナから見て『16.第2室と第7室の支配星が凶星の影響を受けている(ここでは、コンジャクションが原則です)』
  • 月ラグナから見て『11.第7室の支配星が第4室に置かれるならば、それは占星術における2室目の結婚を示します。しかし、吉星の影響があれば、その可能性を小さくすることができます。』

 

〔再婚の時期(ドゥビ・ダシャー)〕

ニコラスケイジはドゥビサプタティ・サマ・ダシャーが使えるので、みさんのアドバイスの検証です。

初婚に関しては、籍を入れてない可能性が高いです(子供はいます)。日本のWikiだと88年から交際となっていますが、アストロデータバンクだと、87年末からとなっています。

Dwi-saptati sama dasa (applicable if lagna lord is in 7th or 7th lord is in lagna):

Moon MD: 1984-07-25 – 1993-07-25

Antardasas in this MD:

Moon: 1984-07-25 – 1985-09-10
Mars: 1985-09-10 – 1986-10-26
Merc: 1986-10-26 – 1987-12-10 結婚? Mo-Me
Jup: 1987-12-10 – 1989-01-22 結婚? Mo-Ju
Ven: 1989-01-22 – 1990-03-08
Sat: 1990-03-08 – 1991-04-23
Rah: 1991-04-23 – 1992-06-08
Sun: 1992-06-08 – 1993-07-25

 

Dwi-saptati sama dasa (applicable if lagna lord is in 7th or 7th lord is in lagna):

Mars MD: 1993-07-25 – 2002-07-26

Antardasas in this MD:

Mars: 1993-07-25 – 1994-09-10
Merc: 1994-09-10 – 1995-10-26 再婚 Ma-Me
Jup: 1995-10-26 – 1996-12-09
Ven: 1996-12-09 – 1998-01-23
Sat: 1998-01-23 – 1999-03-08
Rah: 1999-03-08 – 2000-04-22
Sun: 2000-04-22 – 2001-06-08
Moon: 2001-06-08 – 2002-07-26

 

Dwi-saptati sama dasa (applicable if lagna lord is in 7th or 7th lord is in lagna):

Merc MD: 2002-07-26 – 2011-07-26

Antardasas in this MD:

Merc: 2002-07-26 – 2003-09-11
Jup: 2003-09-11 – 2004-10-25 再再婚 Me-Ju
Ven: 2004-10-25 – 2005-12-09
Sat: 2005-12-09 – 2007-01-23
Rah: 2007-01-23 – 2008-03-08
Sun: 2008-03-08 – 2009-04-22
Moon: 2009-04-22 – 2010-06-08
Mars: 2010-06-08 – 2011-07-26

 

Dwi-saptati sama dasa (applicable if lagna lord is in 7th or 7th lord is in lagna):

Jup MD: 2011-07-26 – 2020-07-25

Antardasas in this MD:

Jup: 2011-07-26 – 2012-09-10
Ven: 2012-09-10 – 2013-10-26
Sat: 2013-10-26 – 2014-12-10
Rah: 2014-12-10 – 2016-01-23
Sun: 2016-01-23 – 2017-03-08
Moon: 2017-03-08 – 2018-04-23
Mars: 2018-04-23 – 2019-06-09 再再再婚 Ju-Ma
Merc: 2019-06-09 – 2020-07-25

 

アンタルMeは2回、ニアミス含めると4回とも。
アンタルJuは2回、ニアミス含め、3回。

Meは月からは9L3H。ラグナからは7L1H。
Juは月から3L(6H)。ラグナからは1L4H

 

上記2人の検証から、ドゥビサプタティ・サマ・ダシャーの初婚と再婚で、アンタルが同じというのは、ピタリ賞にはなりませんが、ニアミスならいけかも・・・時期的には、7室、9室絡みが多い気がします。

う~ん、結構使えるかもしれません!^^

みさん、貴重な情報、ありがとうございましたm(_)m

関連記事: