Moyuku

初めての人は、まず、ルールをお読みください。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃ルール  
1 / 247 ページ    前へ→

Re:アラフォー学生です。再婚と卒後の進路
[NEW]  ちゅーぞー  - 20/3/29(日) 23:03 -
クンさま

貴重な時間を使い色々と鑑定していただき本当にありがとうございました。

信頼できる友人からの意見を取り入れていきたいと思います。
また、家族のこともクンさまにみていただいたことに注意してサポートしていけたらなと思います。

ありがとうございました。


>ちゅーぞー様
>
>
>>最後に、何かそれを乗りこなすようなアドバイスがありましたら教えてくださいませんか。
>>よろしくお願いします。
>
>ちゅーぞー様のチャートは、金星と共に、火星もとても強いのが特徴です。
>特にお金儲けの面で、技術的な能力として良さを発揮してくれる配置のため、
>手に職系のお仕事は、適職でいらっしゃるのですが、
>火星が強い方は、その頭の回転の速さが、異性とのおつきあいにはかえって災いしてしまう傾向があるようです。
>幸い、ちゅーぞー様の場合は、味方になってくださる第3者に恵まれた配置でいらっしゃいます。
>信頼できる方々の意見を聞くようにされると上手く行くのではないかと思われます。
>
>
>▼ちゅーぞーさん:
>>クンさま
>>
>>弟の健康面と金銭面のどちらも今とても微妙なところです。弟はもう何年も前に一人立ちの機会を得たいということで、別々に生活をしています。
>>あと2年ほど要注意期間ですね。
>>私は母や兄弟の影響も受けやすいとのことなので、今年あるであろう異性との出会いには余波がいかないように...したいところです。
>>
>>今までネタなのか!?みたいなことがたくさんあったので、将来は良いことも悪いことも話し合えて高めあえていけるような人と穏やかに過ごしたいです。が、変化のある人生なのですね。
>>
>>最後に、何かそれを乗りこなすようなアドバイスがありましたら教えてくださいませんか。
>>よろしくお願いします。
>>
>>
>>>ちゅーぞー様
>>>
>>>
>>>>弟は1980/10/13ですので、3歳下ですが2018~2022頃までは大変な時期というのは変わりないのでしょうか。
>>>
>>>私の腕が未熟で弟様の生まれた年の読みが外れただけですので、鑑定結果に変わりはございません。
>>>見ている星は同じでございます。
>>>健康面で出なかった場合、お仕事やお金のトラブルという形で出る可能性もございます。
>>>場合によっては、家を出られるか、もしくは、お父様と同じ場所でお仕事をしていらっしゃれば、そこを離れることがあるかもしれません。
>>>
>>>
>>>▼ちゅーぞーさん:
>>>>クンさま
>>>>
>>>>お返事ありがとうございます!
>>>>おっしゃる通り、心臓と精神面で少し問題があります。
>>>>
>>>>父には入院歴はありません。
>>>>しかし心臓は投薬や経過観察も必要としないレベルでの問題があります。また、メンタルはとても弱く自己否定が強いです。リーダーシップをとることがとても苦手なのに長男であり家業を継がなければいけない立場にありました。
>>>>弟は生後すぐに心臓のどこかに小さな穴が開いていてる状態で誕生しましたが経過観察で済みました。その後は肺炎やてんかん発作を起こすなど小学校に上がる前までは健康面でとても心配な弟でした。現在もてんかんの薬は服用しています。また、自己表現が得意ではなく人間関係を構築するのが苦手なため精神的に辛いことが多くその為の通院もあります。
>>>>今回の大波の元になる出来事は2019年に突如始まり、先月それが大波となって現れています。
>>>>私たち兄弟(1974生まれの姉と1980年生まれの弟)は父の妹を心の拠り所として育ってきており、現在その叔母にサポートに入ってもらいながら両親と弟を繋ぐ役目を私がしています。
>>>>家族という形はあり仲良くいますが、誰も何も本音を出さないし聞かないという家族です^^;
>>>>母は現在こちらが勧めても病院に行ってくれませんが、見た感じは年齢相応の弱りかたと認識していましたが健康面を含めサポートしてきます。
>>>>弟は1980/10/13ですので、3歳下ですが2018~2022頃までは大変な時期というのは変わりないのでしょうか。
>>>>
>>>>
>>>>▼クンさん:
>>>>>ちゅーぞー様
>>>>>
>>>>>フィードバックいただきありがとうございます。
>>>>>
>>>>>ちゅーぞー様のチャートは、ご兄弟やお母様とのご縁が厚いため、ご家族の変化変動の影響を受けやすい傾向がおありだと思われます。
>>>>>弟様とは、この1つ年下の方でしょうか?
>>>>>頭が良くてお優しい方のようにお見受けいたします。
>>>>>ご本人様のチャートではございませんので、何とも言えないところはございますが、
>>>>>ちゅーぞー様のチャートで拝見する限りでは、弟様は、2018年頃から2022年頃まで、良くない変化が起きやすい時期に入られているようです。
>>>>>特に、健康面で要注意です。
>>>>>今年から来年にかけては、弟様にとっても、お母様にとっても少し大変になりやすい時期ですので、気を付けて差し上げてください。
>>>>>ちゅーぞー様が5歳くらいの時に、お父様がお病気に罹られたかもしれませんが、そうであれば、弟様も同じお病気にやや要注意だと思います。
>>>>>メンタル面でのお病気又は心臓のお病気に少し気を付けて差し上げてください。
>>>>>
>>>>>
>>>>>▼ちゅーぞーさん:
>>>>>>クンさま、鑑定ありがとうございます。
>>>>>>
>>>>>>カルマをたくさん消化できるチャンスに恵まれた、と捉えれば変化が多い人生も良いのかもしれませんね。なかなか受け入れがたいところもありますが...
>>>>>>
>>>>>>2007~2013年はカルマが噴出する時期との言葉を聞いて、なるほどと思うことがあります。
>>>>>>2005年11月に結婚したものの1年後くらいからはすでに離婚したくて仕方ない気持ちでした。これがきっかけで自分と少しずつ向き合うことが始まり2011年頃には何かはわからないけれど何か大事なものに近づいてる感覚がありました。そこからは、それが何なのかを探すような感じで日本を飛び出しました。
>>>>>>全く知らない人や衝撃的な文化に触れることが自分の固定概念や心の奥を揺さぶることになったと思います。この期間の経験がとても大きく今の私に作用している感じです。
>>>>>>
>>>>>>医療水準の低い国での交通事故は後に響くこともあるなか、私は軽傷だったのも強い金星のおかげなのですね。(同乗者は骨折でした)
>>>>>>病気も超早期発見でしたので、予後良好です。
>>>>>>異性関係についてはクンさまの鑑定通りのお相手を選ぶ傾向がとても強いです。交際してからよく聞くと、育った家庭環境に問題がある方ばかりなのです。ただ、お別れしたあと次の交際へはわりと期間が空いています。なかなかそういう機会に恵まれないなと感じているのですが、チャンスを逃しているのでしょうか。
>>>>>>
>>>>>>お仕事については適職との鑑定でとても嬉しいです。卒後、1~2年ほど修行に出ようかなと考えていたので鑑定とも合致しており不安が払拭できました。最強の時期がとても楽しみです。
>>>>>>
>>>>>>初めの質問とは別の質問になるのですが、ぜひみていただきたいことがあります。
>>>>>>私は両親共に揃っていて教育をきちんと受けさせてもらえる程度の経済力はある家庭環境下で育ちましたが、家族内に問題があり大波小波としてやってきます。そして今まさに大波が来ている最中です。(今回は弟がメインの問題です)これは今私がそういう時期にいるのか、弟なり他の誰かの時期にたまたま私が乗っているだけなのか等、そういういったことも読み取れるような何かがあるようでしたら教えて下さいませんか。
>>>>>>長文になりましたこと、ご容赦ください。
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>▼クンさん:
>>>>>>>初めまして、初心者のクンと申します。
>>>>>>>
>>>>>>>変化の多い人生を送ってこられたということは、人より多くカルマを消化できたということで、占星術的には良い事なのですが、ご本人様にとっては、いったいどうなっているのかと思われるのも無理のないことと思います。
>>>>>>>
>>>>>>>ちゅーぞー様のチャートでは、自分を見る1室に、とても強い金星があります。
>>>>>>>この金星は、変化変動を表すハウスを支配しており、さらに、分割図というサブ的な図面の多くでも、変化変動を表すハウスと関わっています。
>>>>>>>そのため、人生を通じて、変化が多い傾向をお持ちでいらっしゃいます。
>>>>>>>金星は、異性関係、生殖器、乗り物などをみる星ですので、これらに関する変化が多い、つまり、異性関係が不安定になりやすかったり、子宮のお病気や交通事故に遭いやすいといった傾向が出やすくなります。
>>>>>>>ただし、金星はとても強いため、お別れされても、わりとすぐに次のお相手が見つかったり、お病気や事故に遭われても、命には別条ないなど、良い方向に働くはずです。
>>>>>>>
>>>>>>>2007年〜2013年は、ちゅーぞー様のカルマが噴出する時期にあたっていましたので、そのような変化変動を多くご経験されたものと思われます。
>>>>>>>ちゅーぞー様の人生で、最強の時期は、これからです。
>>>>>>>それは、50代半ばから60代半ばにかけてです。
>>>>>>>特に、2034年〜2039年は、お仕事運がとても良い時期です。
>>>>>>>身に着けられた技能で、しっかり稼げる時期になると思われます。
>>>>>>>
>>>>>>>お仕事は、医療系は適職でいらっしゃいます。
>>>>>>>できれば、修了後すぐに開業されるのではなく、1年程どこかで修業されて、開業されるなら、2022年の方が良いように思います。
>>>>>>>2021年は、お仕事運があまり良くないのですが、2022年は、金運もお仕事運も良い時期だからです。
>>>>>>>
>>>>>>>再婚につきましては、元々、ハンサムだけれども浮気をしたり、場合によっては、手を上げたり、モラルハラスメントのようなことをするかもしれない方とご縁ができやすくていらっしゃいます。
>>>>>>>法律的な結婚かどうかはわからないのですが、今年は、異性とご縁ができやすい時期です。
>>>>>>>今の学校の関係の方か、もしくは、今後ご一緒にお仕事をされる方かもしれません。
>>>>>>>
>>>>>>>以上、ご参考になれば幸いです。
>>>>>>>
>>>>>>>
>>>>>>>▼ちゅーぞーさん:
>>>>>>>>鑑定どうぞよろしくお願いいたします。
>>>>>>>>
>>>>>>>>1977/02/16 08:13am 女
>>>>>>>>
>>>>>>>>この10年の出来事の一部を書き記します。
>>>>>>>>長文になることをご容赦ください。
>>>>>>>>
>>>>>>>>まずはこの数年では、医療系国家資格を取得するため専門学校へ通っています。2021年3月に資格を取得する予定です(開業権あり)
>>>>>>>>
>>>>>>>>2005年11月結婚
>>>>>>>>2009年経過観察を要する生殖器(子宮頸部)の病気発覚
>>>>>>>>2010年12月離婚
>>>>>>>>2011年悪化予防として子宮頸部の部分切除手術をうける
>>>>>>>>2012年8月滞在先の外国で乗っていた車が横転する交通事故にあう(私は軽い外傷と打撲)
>>>>>>>>2013年滞在先で後に交際が始まる方と出会い翌年より交際が始まる
>>>>>>>>2015年海外に長期滞在することが決まり遠距離恋愛となるも、後に二股が発覚し紆余曲折を経て2018年に破局
>>>>>>>>2017年日本帰国
>>>>>>>>2018年4月専門学校入学
>>>>>>>>
>>>>>>>>私の人生はいったい何がどうなってるのか知りたいです。厳しい内容も含め受け止めて、今後の参考にさせていただきたいのでどうぞよろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


11 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.0; FRD-L02 Build/HUAWEIFRD-L02; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 C...@p2896094-ipngn201002osakachuo.osaka.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:アラフォー学生です。再婚と卒後の進路
[NEW]  クン  - 20/3/29(日) 21:01 -
ちゅーぞー様


>最後に、何かそれを乗りこなすようなアドバイスがありましたら教えてくださいませんか。
>よろしくお願いします。

ちゅーぞー様のチャートは、金星と共に、火星もとても強いのが特徴です。
特にお金儲けの面で、技術的な能力として良さを発揮してくれる配置のため、
手に職系のお仕事は、適職でいらっしゃるのですが、
火星が強い方は、その頭の回転の速さが、異性とのおつきあいにはかえって災いしてしまう傾向があるようです。
幸い、ちゅーぞー様の場合は、味方になってくださる第3者に恵まれた配置でいらっしゃいます。
信頼できる方々の意見を聞くようにされると上手く行くのではないかと思われます。


▼ちゅーぞーさん:
>クンさま
>
>弟の健康面と金銭面のどちらも今とても微妙なところです。弟はもう何年も前に一人立ちの機会を得たいということで、別々に生活をしています。
>あと2年ほど要注意期間ですね。
>私は母や兄弟の影響も受けやすいとのことなので、今年あるであろう異性との出会いには余波がいかないように...したいところです。
>
>今までネタなのか!?みたいなことがたくさんあったので、将来は良いことも悪いことも話し合えて高めあえていけるような人と穏やかに過ごしたいです。が、変化のある人生なのですね。
>
>最後に、何かそれを乗りこなすようなアドバイスがありましたら教えてくださいませんか。
>よろしくお願いします。
>
>
>>ちゅーぞー様
>>
>>
>>>弟は1980/10/13ですので、3歳下ですが2018~2022頃までは大変な時期というのは変わりないのでしょうか。
>>
>>私の腕が未熟で弟様の生まれた年の読みが外れただけですので、鑑定結果に変わりはございません。
>>見ている星は同じでございます。
>>健康面で出なかった場合、お仕事やお金のトラブルという形で出る可能性もございます。
>>場合によっては、家を出られるか、もしくは、お父様と同じ場所でお仕事をしていらっしゃれば、そこを離れることがあるかもしれません。
>>
>>
>>▼ちゅーぞーさん:
>>>クンさま
>>>
>>>お返事ありがとうございます!
>>>おっしゃる通り、心臓と精神面で少し問題があります。
>>>
>>>父には入院歴はありません。
>>>しかし心臓は投薬や経過観察も必要としないレベルでの問題があります。また、メンタルはとても弱く自己否定が強いです。リーダーシップをとることがとても苦手なのに長男であり家業を継がなければいけない立場にありました。
>>>弟は生後すぐに心臓のどこかに小さな穴が開いていてる状態で誕生しましたが経過観察で済みました。その後は肺炎やてんかん発作を起こすなど小学校に上がる前までは健康面でとても心配な弟でした。現在もてんかんの薬は服用しています。また、自己表現が得意ではなく人間関係を構築するのが苦手なため精神的に辛いことが多くその為の通院もあります。
>>>今回の大波の元になる出来事は2019年に突如始まり、先月それが大波となって現れています。
>>>私たち兄弟(1974生まれの姉と1980年生まれの弟)は父の妹を心の拠り所として育ってきており、現在その叔母にサポートに入ってもらいながら両親と弟を繋ぐ役目を私がしています。
>>>家族という形はあり仲良くいますが、誰も何も本音を出さないし聞かないという家族です^^;
>>>母は現在こちらが勧めても病院に行ってくれませんが、見た感じは年齢相応の弱りかたと認識していましたが健康面を含めサポートしてきます。
>>>弟は1980/10/13ですので、3歳下ですが2018~2022頃までは大変な時期というのは変わりないのでしょうか。
>>>
>>>
>>>▼クンさん:
>>>>ちゅーぞー様
>>>>
>>>>フィードバックいただきありがとうございます。
>>>>
>>>>ちゅーぞー様のチャートは、ご兄弟やお母様とのご縁が厚いため、ご家族の変化変動の影響を受けやすい傾向がおありだと思われます。
>>>>弟様とは、この1つ年下の方でしょうか?
>>>>頭が良くてお優しい方のようにお見受けいたします。
>>>>ご本人様のチャートではございませんので、何とも言えないところはございますが、
>>>>ちゅーぞー様のチャートで拝見する限りでは、弟様は、2018年頃から2022年頃まで、良くない変化が起きやすい時期に入られているようです。
>>>>特に、健康面で要注意です。
>>>>今年から来年にかけては、弟様にとっても、お母様にとっても少し大変になりやすい時期ですので、気を付けて差し上げてください。
>>>>ちゅーぞー様が5歳くらいの時に、お父様がお病気に罹られたかもしれませんが、そうであれば、弟様も同じお病気にやや要注意だと思います。
>>>>メンタル面でのお病気又は心臓のお病気に少し気を付けて差し上げてください。
>>>>
>>>>
>>>>▼ちゅーぞーさん:
>>>>>クンさま、鑑定ありがとうございます。
>>>>>
>>>>>カルマをたくさん消化できるチャンスに恵まれた、と捉えれば変化が多い人生も良いのかもしれませんね。なかなか受け入れがたいところもありますが...
>>>>>
>>>>>2007~2013年はカルマが噴出する時期との言葉を聞いて、なるほどと思うことがあります。
>>>>>2005年11月に結婚したものの1年後くらいからはすでに離婚したくて仕方ない気持ちでした。これがきっかけで自分と少しずつ向き合うことが始まり2011年頃には何かはわからないけれど何か大事なものに近づいてる感覚がありました。そこからは、それが何なのかを探すような感じで日本を飛び出しました。
>>>>>全く知らない人や衝撃的な文化に触れることが自分の固定概念や心の奥を揺さぶることになったと思います。この期間の経験がとても大きく今の私に作用している感じです。
>>>>>
>>>>>医療水準の低い国での交通事故は後に響くこともあるなか、私は軽傷だったのも強い金星のおかげなのですね。(同乗者は骨折でした)
>>>>>病気も超早期発見でしたので、予後良好です。
>>>>>異性関係についてはクンさまの鑑定通りのお相手を選ぶ傾向がとても強いです。交際してからよく聞くと、育った家庭環境に問題がある方ばかりなのです。ただ、お別れしたあと次の交際へはわりと期間が空いています。なかなかそういう機会に恵まれないなと感じているのですが、チャンスを逃しているのでしょうか。
>>>>>
>>>>>お仕事については適職との鑑定でとても嬉しいです。卒後、1~2年ほど修行に出ようかなと考えていたので鑑定とも合致しており不安が払拭できました。最強の時期がとても楽しみです。
>>>>>
>>>>>初めの質問とは別の質問になるのですが、ぜひみていただきたいことがあります。
>>>>>私は両親共に揃っていて教育をきちんと受けさせてもらえる程度の経済力はある家庭環境下で育ちましたが、家族内に問題があり大波小波としてやってきます。そして今まさに大波が来ている最中です。(今回は弟がメインの問題です)これは今私がそういう時期にいるのか、弟なり他の誰かの時期にたまたま私が乗っているだけなのか等、そういういったことも読み取れるような何かがあるようでしたら教えて下さいませんか。
>>>>>長文になりましたこと、ご容赦ください。
>>>>>
>>>>>
>>>>>▼クンさん:
>>>>>>初めまして、初心者のクンと申します。
>>>>>>
>>>>>>変化の多い人生を送ってこられたということは、人より多くカルマを消化できたということで、占星術的には良い事なのですが、ご本人様にとっては、いったいどうなっているのかと思われるのも無理のないことと思います。
>>>>>>
>>>>>>ちゅーぞー様のチャートでは、自分を見る1室に、とても強い金星があります。
>>>>>>この金星は、変化変動を表すハウスを支配しており、さらに、分割図というサブ的な図面の多くでも、変化変動を表すハウスと関わっています。
>>>>>>そのため、人生を通じて、変化が多い傾向をお持ちでいらっしゃいます。
>>>>>>金星は、異性関係、生殖器、乗り物などをみる星ですので、これらに関する変化が多い、つまり、異性関係が不安定になりやすかったり、子宮のお病気や交通事故に遭いやすいといった傾向が出やすくなります。
>>>>>>ただし、金星はとても強いため、お別れされても、わりとすぐに次のお相手が見つかったり、お病気や事故に遭われても、命には別条ないなど、良い方向に働くはずです。
>>>>>>
>>>>>>2007年〜2013年は、ちゅーぞー様のカルマが噴出する時期にあたっていましたので、そのような変化変動を多くご経験されたものと思われます。
>>>>>>ちゅーぞー様の人生で、最強の時期は、これからです。
>>>>>>それは、50代半ばから60代半ばにかけてです。
>>>>>>特に、2034年〜2039年は、お仕事運がとても良い時期です。
>>>>>>身に着けられた技能で、しっかり稼げる時期になると思われます。
>>>>>>
>>>>>>お仕事は、医療系は適職でいらっしゃいます。
>>>>>>できれば、修了後すぐに開業されるのではなく、1年程どこかで修業されて、開業されるなら、2022年の方が良いように思います。
>>>>>>2021年は、お仕事運があまり良くないのですが、2022年は、金運もお仕事運も良い時期だからです。
>>>>>>
>>>>>>再婚につきましては、元々、ハンサムだけれども浮気をしたり、場合によっては、手を上げたり、モラルハラスメントのようなことをするかもしれない方とご縁ができやすくていらっしゃいます。
>>>>>>法律的な結婚かどうかはわからないのですが、今年は、異性とご縁ができやすい時期です。
>>>>>>今の学校の関係の方か、もしくは、今後ご一緒にお仕事をされる方かもしれません。
>>>>>>
>>>>>>以上、ご参考になれば幸いです。
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>▼ちゅーぞーさん:
>>>>>>>鑑定どうぞよろしくお願いいたします。
>>>>>>>
>>>>>>>1977/02/16 08:13am 女
>>>>>>>
>>>>>>>この10年の出来事の一部を書き記します。
>>>>>>>長文になることをご容赦ください。
>>>>>>>
>>>>>>>まずはこの数年では、医療系国家資格を取得するため専門学校へ通っています。2021年3月に資格を取得する予定です(開業権あり)
>>>>>>>
>>>>>>>2005年11月結婚
>>>>>>>2009年経過観察を要する生殖器(子宮頸部)の病気発覚
>>>>>>>2010年12月離婚
>>>>>>>2011年悪化予防として子宮頸部の部分切除手術をうける
>>>>>>>2012年8月滞在先の外国で乗っていた車が横転する交通事故にあう(私は軽い外傷と打撲)
>>>>>>>2013年滞在先で後に交際が始まる方と出会い翌年より交際が始まる
>>>>>>>2015年海外に長期滞在することが決まり遠距離恋愛となるも、後に二股が発覚し紆余曲折を経て2018年に破局
>>>>>>>2017年日本帰国
>>>>>>>2018年4月専門学校入学
>>>>>>>
>>>>>>>私の人生はいったい何がどうなってるのか知りたいです。厳しい内容も含め受け止めて、今後の参考にさせていただきたいのでどうぞよろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


13 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.132 Safari/537.36 OP...@122x214x243x145.ap122.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:アラフォー学生です。再婚と卒後の進路
[NEW]  ちゅーぞー  - 20/3/28(土) 23:50 -
クンさま

弟の健康面と金銭面のどちらも今とても微妙なところです。弟はもう何年も前に一人立ちの機会を得たいということで、別々に生活をしています。
あと2年ほど要注意期間ですね。
私は母や兄弟の影響も受けやすいとのことなので、今年あるであろう異性との出会いには余波がいかないように...したいところです。

今までネタなのか!?みたいなことがたくさんあったので、将来は良いことも悪いことも話し合えて高めあえていけるような人と穏やかに過ごしたいです。が、変化のある人生なのですね。

最後に、何かそれを乗りこなすようなアドバイスがありましたら教えてくださいませんか。
よろしくお願いします。


>ちゅーぞー様
>
>
>>弟は1980/10/13ですので、3歳下ですが2018~2022頃までは大変な時期というのは変わりないのでしょうか。
>
>私の腕が未熟で弟様の生まれた年の読みが外れただけですので、鑑定結果に変わりはございません。
>見ている星は同じでございます。
>健康面で出なかった場合、お仕事やお金のトラブルという形で出る可能性もございます。
>場合によっては、家を出られるか、もしくは、お父様と同じ場所でお仕事をしていらっしゃれば、そこを離れることがあるかもしれません。
>
>
>▼ちゅーぞーさん:
>>クンさま
>>
>>お返事ありがとうございます!
>>おっしゃる通り、心臓と精神面で少し問題があります。
>>
>>父には入院歴はありません。
>>しかし心臓は投薬や経過観察も必要としないレベルでの問題があります。また、メンタルはとても弱く自己否定が強いです。リーダーシップをとることがとても苦手なのに長男であり家業を継がなければいけない立場にありました。
>>弟は生後すぐに心臓のどこかに小さな穴が開いていてる状態で誕生しましたが経過観察で済みました。その後は肺炎やてんかん発作を起こすなど小学校に上がる前までは健康面でとても心配な弟でした。現在もてんかんの薬は服用しています。また、自己表現が得意ではなく人間関係を構築するのが苦手なため精神的に辛いことが多くその為の通院もあります。
>>今回の大波の元になる出来事は2019年に突如始まり、先月それが大波となって現れています。
>>私たち兄弟(1974生まれの姉と1980年生まれの弟)は父の妹を心の拠り所として育ってきており、現在その叔母にサポートに入ってもらいながら両親と弟を繋ぐ役目を私がしています。
>>家族という形はあり仲良くいますが、誰も何も本音を出さないし聞かないという家族です^^;
>>母は現在こちらが勧めても病院に行ってくれませんが、見た感じは年齢相応の弱りかたと認識していましたが健康面を含めサポートしてきます。
>>弟は1980/10/13ですので、3歳下ですが2018~2022頃までは大変な時期というのは変わりないのでしょうか。
>>
>>
>>▼クンさん:
>>>ちゅーぞー様
>>>
>>>フィードバックいただきありがとうございます。
>>>
>>>ちゅーぞー様のチャートは、ご兄弟やお母様とのご縁が厚いため、ご家族の変化変動の影響を受けやすい傾向がおありだと思われます。
>>>弟様とは、この1つ年下の方でしょうか?
>>>頭が良くてお優しい方のようにお見受けいたします。
>>>ご本人様のチャートではございませんので、何とも言えないところはございますが、
>>>ちゅーぞー様のチャートで拝見する限りでは、弟様は、2018年頃から2022年頃まで、良くない変化が起きやすい時期に入られているようです。
>>>特に、健康面で要注意です。
>>>今年から来年にかけては、弟様にとっても、お母様にとっても少し大変になりやすい時期ですので、気を付けて差し上げてください。
>>>ちゅーぞー様が5歳くらいの時に、お父様がお病気に罹られたかもしれませんが、そうであれば、弟様も同じお病気にやや要注意だと思います。
>>>メンタル面でのお病気又は心臓のお病気に少し気を付けて差し上げてください。
>>>
>>>
>>>▼ちゅーぞーさん:
>>>>クンさま、鑑定ありがとうございます。
>>>>
>>>>カルマをたくさん消化できるチャンスに恵まれた、と捉えれば変化が多い人生も良いのかもしれませんね。なかなか受け入れがたいところもありますが...
>>>>
>>>>2007~2013年はカルマが噴出する時期との言葉を聞いて、なるほどと思うことがあります。
>>>>2005年11月に結婚したものの1年後くらいからはすでに離婚したくて仕方ない気持ちでした。これがきっかけで自分と少しずつ向き合うことが始まり2011年頃には何かはわからないけれど何か大事なものに近づいてる感覚がありました。そこからは、それが何なのかを探すような感じで日本を飛び出しました。
>>>>全く知らない人や衝撃的な文化に触れることが自分の固定概念や心の奥を揺さぶることになったと思います。この期間の経験がとても大きく今の私に作用している感じです。
>>>>
>>>>医療水準の低い国での交通事故は後に響くこともあるなか、私は軽傷だったのも強い金星のおかげなのですね。(同乗者は骨折でした)
>>>>病気も超早期発見でしたので、予後良好です。
>>>>異性関係についてはクンさまの鑑定通りのお相手を選ぶ傾向がとても強いです。交際してからよく聞くと、育った家庭環境に問題がある方ばかりなのです。ただ、お別れしたあと次の交際へはわりと期間が空いています。なかなかそういう機会に恵まれないなと感じているのですが、チャンスを逃しているのでしょうか。
>>>>
>>>>お仕事については適職との鑑定でとても嬉しいです。卒後、1~2年ほど修行に出ようかなと考えていたので鑑定とも合致しており不安が払拭できました。最強の時期がとても楽しみです。
>>>>
>>>>初めの質問とは別の質問になるのですが、ぜひみていただきたいことがあります。
>>>>私は両親共に揃っていて教育をきちんと受けさせてもらえる程度の経済力はある家庭環境下で育ちましたが、家族内に問題があり大波小波としてやってきます。そして今まさに大波が来ている最中です。(今回は弟がメインの問題です)これは今私がそういう時期にいるのか、弟なり他の誰かの時期にたまたま私が乗っているだけなのか等、そういういったことも読み取れるような何かがあるようでしたら教えて下さいませんか。
>>>>長文になりましたこと、ご容赦ください。
>>>>
>>>>
>>>>▼クンさん:
>>>>>初めまして、初心者のクンと申します。
>>>>>
>>>>>変化の多い人生を送ってこられたということは、人より多くカルマを消化できたということで、占星術的には良い事なのですが、ご本人様にとっては、いったいどうなっているのかと思われるのも無理のないことと思います。
>>>>>
>>>>>ちゅーぞー様のチャートでは、自分を見る1室に、とても強い金星があります。
>>>>>この金星は、変化変動を表すハウスを支配しており、さらに、分割図というサブ的な図面の多くでも、変化変動を表すハウスと関わっています。
>>>>>そのため、人生を通じて、変化が多い傾向をお持ちでいらっしゃいます。
>>>>>金星は、異性関係、生殖器、乗り物などをみる星ですので、これらに関する変化が多い、つまり、異性関係が不安定になりやすかったり、子宮のお病気や交通事故に遭いやすいといった傾向が出やすくなります。
>>>>>ただし、金星はとても強いため、お別れされても、わりとすぐに次のお相手が見つかったり、お病気や事故に遭われても、命には別条ないなど、良い方向に働くはずです。
>>>>>
>>>>>2007年〜2013年は、ちゅーぞー様のカルマが噴出する時期にあたっていましたので、そのような変化変動を多くご経験されたものと思われます。
>>>>>ちゅーぞー様の人生で、最強の時期は、これからです。
>>>>>それは、50代半ばから60代半ばにかけてです。
>>>>>特に、2034年〜2039年は、お仕事運がとても良い時期です。
>>>>>身に着けられた技能で、しっかり稼げる時期になると思われます。
>>>>>
>>>>>お仕事は、医療系は適職でいらっしゃいます。
>>>>>できれば、修了後すぐに開業されるのではなく、1年程どこかで修業されて、開業されるなら、2022年の方が良いように思います。
>>>>>2021年は、お仕事運があまり良くないのですが、2022年は、金運もお仕事運も良い時期だからです。
>>>>>
>>>>>再婚につきましては、元々、ハンサムだけれども浮気をしたり、場合によっては、手を上げたり、モラルハラスメントのようなことをするかもしれない方とご縁ができやすくていらっしゃいます。
>>>>>法律的な結婚かどうかはわからないのですが、今年は、異性とご縁ができやすい時期です。
>>>>>今の学校の関係の方か、もしくは、今後ご一緒にお仕事をされる方かもしれません。
>>>>>
>>>>>以上、ご参考になれば幸いです。
>>>>>
>>>>>
>>>>>▼ちゅーぞーさん:
>>>>>>鑑定どうぞよろしくお願いいたします。
>>>>>>
>>>>>>1977/02/16 08:13am 女
>>>>>>
>>>>>>この10年の出来事の一部を書き記します。
>>>>>>長文になることをご容赦ください。
>>>>>>
>>>>>>まずはこの数年では、医療系国家資格を取得するため専門学校へ通っています。2021年3月に資格を取得する予定です(開業権あり)
>>>>>>
>>>>>>2005年11月結婚
>>>>>>2009年経過観察を要する生殖器(子宮頸部)の病気発覚
>>>>>>2010年12月離婚
>>>>>>2011年悪化予防として子宮頸部の部分切除手術をうける
>>>>>>2012年8月滞在先の外国で乗っていた車が横転する交通事故にあう(私は軽い外傷と打撲)
>>>>>>2013年滞在先で後に交際が始まる方と出会い翌年より交際が始まる
>>>>>>2015年海外に長期滞在することが決まり遠距離恋愛となるも、後に二股が発覚し紆余曲折を経て2018年に破局
>>>>>>2017年日本帰国
>>>>>>2018年4月専門学校入学
>>>>>>
>>>>>>私の人生はいったい何がどうなってるのか知りたいです。厳しい内容も含め受け止めて、今後の参考にさせていただきたいのでどうぞよろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


21 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.0; FRD-L02 Build/HUAWEIFRD-L02; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 C...@p2896094-ipngn201002osakachuo.osaka.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:アラフォー学生です。再婚と卒後の進路
 クン  - 20/3/27(金) 23:39 -
ちゅーぞー様


>弟は1980/10/13ですので、3歳下ですが2018~2022頃までは大変な時期というのは変わりないのでしょうか。

私の腕が未熟で弟様の生まれた年の読みが外れただけですので、鑑定結果に変わりはございません。
見ている星は同じでございます。
健康面で出なかった場合、お仕事やお金のトラブルという形で出る可能性もございます。
場合によっては、家を出られるか、もしくは、お父様と同じ場所でお仕事をしていらっしゃれば、そこを離れることがあるかもしれません。


▼ちゅーぞーさん:
>クンさま
>
>お返事ありがとうございます!
>おっしゃる通り、心臓と精神面で少し問題があります。
>
>父には入院歴はありません。
>しかし心臓は投薬や経過観察も必要としないレベルでの問題があります。また、メンタルはとても弱く自己否定が強いです。リーダーシップをとることがとても苦手なのに長男であり家業を継がなければいけない立場にありました。
>弟は生後すぐに心臓のどこかに小さな穴が開いていてる状態で誕生しましたが経過観察で済みました。その後は肺炎やてんかん発作を起こすなど小学校に上がる前までは健康面でとても心配な弟でした。現在もてんかんの薬は服用しています。また、自己表現が得意ではなく人間関係を構築するのが苦手なため精神的に辛いことが多くその為の通院もあります。
>今回の大波の元になる出来事は2019年に突如始まり、先月それが大波となって現れています。
>私たち兄弟(1974生まれの姉と1980年生まれの弟)は父の妹を心の拠り所として育ってきており、現在その叔母にサポートに入ってもらいながら両親と弟を繋ぐ役目を私がしています。
>家族という形はあり仲良くいますが、誰も何も本音を出さないし聞かないという家族です^^;
>母は現在こちらが勧めても病院に行ってくれませんが、見た感じは年齢相応の弱りかたと認識していましたが健康面を含めサポートしてきます。
>弟は1980/10/13ですので、3歳下ですが2018~2022頃までは大変な時期というのは変わりないのでしょうか。
>
>
>▼クンさん:
>>ちゅーぞー様
>>
>>フィードバックいただきありがとうございます。
>>
>>ちゅーぞー様のチャートは、ご兄弟やお母様とのご縁が厚いため、ご家族の変化変動の影響を受けやすい傾向がおありだと思われます。
>>弟様とは、この1つ年下の方でしょうか?
>>頭が良くてお優しい方のようにお見受けいたします。
>>ご本人様のチャートではございませんので、何とも言えないところはございますが、
>>ちゅーぞー様のチャートで拝見する限りでは、弟様は、2018年頃から2022年頃まで、良くない変化が起きやすい時期に入られているようです。
>>特に、健康面で要注意です。
>>今年から来年にかけては、弟様にとっても、お母様にとっても少し大変になりやすい時期ですので、気を付けて差し上げてください。
>>ちゅーぞー様が5歳くらいの時に、お父様がお病気に罹られたかもしれませんが、そうであれば、弟様も同じお病気にやや要注意だと思います。
>>メンタル面でのお病気又は心臓のお病気に少し気を付けて差し上げてください。
>>
>>
>>▼ちゅーぞーさん:
>>>クンさま、鑑定ありがとうございます。
>>>
>>>カルマをたくさん消化できるチャンスに恵まれた、と捉えれば変化が多い人生も良いのかもしれませんね。なかなか受け入れがたいところもありますが...
>>>
>>>2007~2013年はカルマが噴出する時期との言葉を聞いて、なるほどと思うことがあります。
>>>2005年11月に結婚したものの1年後くらいからはすでに離婚したくて仕方ない気持ちでした。これがきっかけで自分と少しずつ向き合うことが始まり2011年頃には何かはわからないけれど何か大事なものに近づいてる感覚がありました。そこからは、それが何なのかを探すような感じで日本を飛び出しました。
>>>全く知らない人や衝撃的な文化に触れることが自分の固定概念や心の奥を揺さぶることになったと思います。この期間の経験がとても大きく今の私に作用している感じです。
>>>
>>>医療水準の低い国での交通事故は後に響くこともあるなか、私は軽傷だったのも強い金星のおかげなのですね。(同乗者は骨折でした)
>>>病気も超早期発見でしたので、予後良好です。
>>>異性関係についてはクンさまの鑑定通りのお相手を選ぶ傾向がとても強いです。交際してからよく聞くと、育った家庭環境に問題がある方ばかりなのです。ただ、お別れしたあと次の交際へはわりと期間が空いています。なかなかそういう機会に恵まれないなと感じているのですが、チャンスを逃しているのでしょうか。
>>>
>>>お仕事については適職との鑑定でとても嬉しいです。卒後、1~2年ほど修行に出ようかなと考えていたので鑑定とも合致しており不安が払拭できました。最強の時期がとても楽しみです。
>>>
>>>初めの質問とは別の質問になるのですが、ぜひみていただきたいことがあります。
>>>私は両親共に揃っていて教育をきちんと受けさせてもらえる程度の経済力はある家庭環境下で育ちましたが、家族内に問題があり大波小波としてやってきます。そして今まさに大波が来ている最中です。(今回は弟がメインの問題です)これは今私がそういう時期にいるのか、弟なり他の誰かの時期にたまたま私が乗っているだけなのか等、そういういったことも読み取れるような何かがあるようでしたら教えて下さいませんか。
>>>長文になりましたこと、ご容赦ください。
>>>
>>>
>>>▼クンさん:
>>>>初めまして、初心者のクンと申します。
>>>>
>>>>変化の多い人生を送ってこられたということは、人より多くカルマを消化できたということで、占星術的には良い事なのですが、ご本人様にとっては、いったいどうなっているのかと思われるのも無理のないことと思います。
>>>>
>>>>ちゅーぞー様のチャートでは、自分を見る1室に、とても強い金星があります。
>>>>この金星は、変化変動を表すハウスを支配しており、さらに、分割図というサブ的な図面の多くでも、変化変動を表すハウスと関わっています。
>>>>そのため、人生を通じて、変化が多い傾向をお持ちでいらっしゃいます。
>>>>金星は、異性関係、生殖器、乗り物などをみる星ですので、これらに関する変化が多い、つまり、異性関係が不安定になりやすかったり、子宮のお病気や交通事故に遭いやすいといった傾向が出やすくなります。
>>>>ただし、金星はとても強いため、お別れされても、わりとすぐに次のお相手が見つかったり、お病気や事故に遭われても、命には別条ないなど、良い方向に働くはずです。
>>>>
>>>>2007年〜2013年は、ちゅーぞー様のカルマが噴出する時期にあたっていましたので、そのような変化変動を多くご経験されたものと思われます。
>>>>ちゅーぞー様の人生で、最強の時期は、これからです。
>>>>それは、50代半ばから60代半ばにかけてです。
>>>>特に、2034年〜2039年は、お仕事運がとても良い時期です。
>>>>身に着けられた技能で、しっかり稼げる時期になると思われます。
>>>>
>>>>お仕事は、医療系は適職でいらっしゃいます。
>>>>できれば、修了後すぐに開業されるのではなく、1年程どこかで修業されて、開業されるなら、2022年の方が良いように思います。
>>>>2021年は、お仕事運があまり良くないのですが、2022年は、金運もお仕事運も良い時期だからです。
>>>>
>>>>再婚につきましては、元々、ハンサムだけれども浮気をしたり、場合によっては、手を上げたり、モラルハラスメントのようなことをするかもしれない方とご縁ができやすくていらっしゃいます。
>>>>法律的な結婚かどうかはわからないのですが、今年は、異性とご縁ができやすい時期です。
>>>>今の学校の関係の方か、もしくは、今後ご一緒にお仕事をされる方かもしれません。
>>>>
>>>>以上、ご参考になれば幸いです。
>>>>
>>>>
>>>>▼ちゅーぞーさん:
>>>>>鑑定どうぞよろしくお願いいたします。
>>>>>
>>>>>1977/02/16 08:13am 女
>>>>>
>>>>>この10年の出来事の一部を書き記します。
>>>>>長文になることをご容赦ください。
>>>>>
>>>>>まずはこの数年では、医療系国家資格を取得するため専門学校へ通っています。2021年3月に資格を取得する予定です(開業権あり)
>>>>>
>>>>>2005年11月結婚
>>>>>2009年経過観察を要する生殖器(子宮頸部)の病気発覚
>>>>>2010年12月離婚
>>>>>2011年悪化予防として子宮頸部の部分切除手術をうける
>>>>>2012年8月滞在先の外国で乗っていた車が横転する交通事故にあう(私は軽い外傷と打撲)
>>>>>2013年滞在先で後に交際が始まる方と出会い翌年より交際が始まる
>>>>>2015年海外に長期滞在することが決まり遠距離恋愛となるも、後に二股が発覚し紆余曲折を経て2018年に破局
>>>>>2017年日本帰国
>>>>>2018年4月専門学校入学
>>>>>
>>>>>私の人生はいったい何がどうなってるのか知りたいです。厳しい内容も含め受け止めて、今後の参考にさせていただきたいのでどうぞよろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


26 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.132 Safari/537.36 OP...@122x214x243x145.ap122.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:鑑定お願いします!
 アヤスケ  - 20/3/26(木) 23:48 -
こんばんは

早速のお返事ありがとうございます


>まさに、39歳になった直後の11月に出会った人と恋愛し、
>破局したのですが、色々あり転職もしました。
>一人でやる仕事で、居心地良さと孤独と共存しています。
>39歳は転機でした、とてもびっくりです。

39歳の10月17日頃はなつさんのダシャーでまだ金星期に入らず
「ケートゥ期」でした

厳密には「ケートゥー水星-土星期」という順番になります

詳しくは説明しませんがダシャーの順番は独自の法則性で決まっています

ダシャーにおける惑星のリレーは数字を数える時のように固有の順番で固有の惑星が必ず巡ってきます
(「1,2,3,4…」と数えるように1の次には2が来るのが常識であるという意味ですね)

最も大きいダシャーを「マハーダシャー」と呼びます
マハーダシャーから枝分かれした子供のダシャーを「アンタルダシャー」
アンタルダシャーのそのまた枝分かれした孫のダシャーを「プラティアンタルダシャー」と呼びます

親のダシャーであるマハーに対し子供のダシャー(アンタル)は9種類の惑星が必ず巡ります
マハーが太陽ならアンタルとプラティアンタルは同じ太陽からダシャーが始まります

基本的には「マハー→アンタル→プラティアンタル」という序列があって
玉ねぎのように同心円の構造の中で運気を経験させられると言えばわかりやすいかも知れません


(十分に詳しい説明になってるんだよなぁ)


さて


なつさんが突然の「出逢い」を経験した時
ダシャーは「ケートゥー水星-土星期」であり
マハーダシャーのケートゥがラグナ(1室)になった運勢が生まれます
(ケートゥは本来のラグナに住んでいるのでそのまま魚座ラグナの運勢となりますね)

続いて魚座を1室として見つつアンタルの「水星期」を確認します
つまり水星が住む部屋(8室)が強調されることになります

ここまでは前回の占断で8室の実態を分析した通りの運勢です

火星と土星が健康状態を含んだ心身の私生活にプレッシャーをかける時期


ただし


孫のダシャーであるプラティアンタルは子のダシャーのアンタルをラグナと見なして
全く別のチャートであるかのように部屋の順番が変わるという法則があります


かなりややこしくてすみません


つまりアンタルダシャーの水星をラグナとしてチャートを読み替えるのです
水星は天秤座に居ますから天秤座ラグナと考えてなつさんの即時の運気がわかります

水星がラグナになると11室に土星が住んでおり
「ケートゥー水星-土星期」では
短い期間の運勢として「1室(自分)に対する11室(他人からの評価)」といった意味合いが現実に体験させられます

天秤座ラグナでは
土星が4室5室を支配して二重に吉意を帯びた良い星となって幸運をもたらします

その土星が「評価される部屋」の11室に住んで水星へアスペクトします
4室の「情緒・感情」や5室の「個性・能力」といったような良い印象を感じる相手が
なつさんに接してくる機会が不意にやってきたと言えるタイミングです

また水星がラグナとなると
金星は水星が住む部屋と深く関係する『星座交換』になっていますから
1室(本来の自分)と12室(最も深く隠された言葉にならない感情)とが
常に混ざり合う状態で生活していた時期となります

しかも金星はなつさんの過去生を意味する惑星(アートマ・カーラカ)です

12室は「自分を見失うほどの深い感情とその経験」といった解釈にもなり
早い話が異性との情事を意味している部屋でもあります

(のみならず土星は「カーラカ・システム」という惑星を順位付けする仕組みで
なつさんの【婚約相手】に当たる星でした)


(*_*;


専門的すぎてクドいですね
ホントすいません


( *´艸`)


それから


>インド占星術の金星期とは、いい時期なのでしょうか?
>その人の持つものによるんでしょうか?
>去年位から、いいことばかりではないなと思いつつ、質問なのですが、
>ラーフの凶意が7室を支配するとは、具体的にはどういうことでしょうか?


ダシャーは生まれた時のチャートであるラーシの配置図で吉星がどの部屋に住むかで受ける運気が決まります

本来のラグナから見て悪い部屋を支配する惑星とコンジャンクションしたり
そういった惑星(「機能的凶星」と言います)からアスペクトされていたりすると
辛いままの運勢が展開されてしまうはずです

しかし一方でマハーダシャーとなった惑星が住む部屋をラグナに見立てた時に
本当は凶意の部屋を支配する惑星が逆に吉意の部屋を受け持つように条件が
逆転するという局面もあるのです

例えばアヤスケは木星が本来のラグナから見て4室7室を支配します
そして木星は悪い部屋の6室(労働)に単独で住み他の惑星からアスペクトされません
この配置だけをザックリと見れば
アヤスケは木星期において孤立したまま努力を強いられることになります

しかし木星がラグナとなった場合では
木星が2室(素質・才能)と11室(客観的な評価・実際の収入)を支配するため
かなり有利にマイペースで仕事に取り組める可能性が期待できます


といった具合です


さて
お話を元に戻すと


なつさんの金星期は2016年の12月13日から始まっています
マハーに対する子のダシャーであるアンタルも金星のまま2月3日まで
金星の配置の象意が運勢に現れていました

魚座ラグナでは金星は生来的に吉星でも機能的には凶星となります

支配している部屋─
3室は「声と身体で行う全ての行為」の象意を持ち
8室は「理性より感情が優先されるような突然の経験」の含意があります

そのため金星は「理性よりも物理的な満足を求める」ような利己的な星となるのです

なつさんの金星は減衰する乙女座でラーフとコンジャンクションして
天秤座に住む水星と星座交換し3室8室の象意がジワジワと湧いてくる配置です

ラーフとは西洋占星術のドラゴンヘッドに当たりますが
インド占星術ではラーフは住む部屋の意味を傷つける凶星的影響力を持ちます

ことに金星がクローズアップされるダシャーでは
アートマ・カーラカでもある金星がある種のカルマ的経験を起こしうると言えます

内に秘めた「強い思い」がラーフによって刺激され続けて
いろいろと耐えるのが難しいというような状態

驚くほどの喜びを感じる偶然にありつけたり
内省したくなるような失敗があるのかも知れません

この傾向は金星をラグナとした場合に顕著であり
金星は2室を支配して1室支配の水星と星座交換する配置のために
1室(客観的な常日頃の自分)と2室(自覚しにくい自分の個性・好き嫌い)とが
反復し続けます

そこに運勢をドーピングさせるラーフが関わるので
「極端なことを言ったりやったり」してしまう傾向も予想されます
(ただし金星をラグナにした時の7室で理性的な良い月がケートゥと同居して
なつさんを一先ず肯定してくれる配置にもなっています)

もうすぐアンタルダシャーは金星期が終わり太陽期に入りますが
太陽も金星からの2室目に住んでおり「1室対2室」の関係で運気が展開されます

この太陽期のアンタルダシャーは来年の4月13日まで続きます

また今月末31日から約3か月にわたって現行の木星と土星が山羊座に同居し続けます
これはインド占星術では重要視する運気の励行状態である「ダブルトランジット」と呼びます

今現在の冥王星が今後の時代性を見積もる目安となるように
ダブルトランジットが起こった時に自分のラーシ・チャートで
その星座の位置から即席の運気が判断できるのです

なつさんの山羊座は「他者からの評価・交友関係・収入」の11室に位置します
そして11室の対向には5室があるためなつさんの自主的な努力と才能に対して
突然の注目が起こり支持を得て人気に恵まれる可能性を示しています


もしかするとご自身で修学なさった占いの技能が褒め称えられるかも知れませんね


(*^-^*)


何卒ご自愛くださいませ


<(__)>

引用なし

パスワード


42 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/70.0.3538.102 Safari/537.36 Ed...@119-171-98-84.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:アラフォー学生です。再婚と卒後の進路
 ちゅーぞー  - 20/3/26(木) 23:36 -
クンさま

お返事ありがとうございます!
おっしゃる通り、心臓と精神面で少し問題があります。

父には入院歴はありません。
しかし心臓は投薬や経過観察も必要としないレベルでの問題があります。また、メンタルはとても弱く自己否定が強いです。リーダーシップをとることがとても苦手なのに長男であり家業を継がなければいけない立場にありました。
弟は生後すぐに心臓のどこかに小さな穴が開いていてる状態で誕生しましたが経過観察で済みました。その後は肺炎やてんかん発作を起こすなど小学校に上がる前までは健康面でとても心配な弟でした。現在もてんかんの薬は服用しています。また、自己表現が得意ではなく人間関係を構築するのが苦手なため精神的に辛いことが多くその為の通院もあります。
今回の大波の元になる出来事は2019年に突如始まり、先月それが大波となって現れています。
私たち兄弟(1974生まれの姉と1980年生まれの弟)は父の妹を心の拠り所として育ってきており、現在その叔母にサポートに入ってもらいながら両親と弟を繋ぐ役目を私がしています。
家族という形はあり仲良くいますが、誰も何も本音を出さないし聞かないという家族です^^;
母は現在こちらが勧めても病院に行ってくれませんが、見た感じは年齢相応の弱りかたと認識していましたが健康面を含めサポートしてきます。
弟は1980/10/13ですので、3歳下ですが2018~2022頃までは大変な時期というのは変わりないのでしょうか。


▼クンさん:
>ちゅーぞー様
>
>フィードバックいただきありがとうございます。
>
>ちゅーぞー様のチャートは、ご兄弟やお母様とのご縁が厚いため、ご家族の変化変動の影響を受けやすい傾向がおありだと思われます。
>弟様とは、この1つ年下の方でしょうか?
>頭が良くてお優しい方のようにお見受けいたします。
>ご本人様のチャートではございませんので、何とも言えないところはございますが、
>ちゅーぞー様のチャートで拝見する限りでは、弟様は、2018年頃から2022年頃まで、良くない変化が起きやすい時期に入られているようです。
>特に、健康面で要注意です。
>今年から来年にかけては、弟様にとっても、お母様にとっても少し大変になりやすい時期ですので、気を付けて差し上げてください。
>ちゅーぞー様が5歳くらいの時に、お父様がお病気に罹られたかもしれませんが、そうであれば、弟様も同じお病気にやや要注意だと思います。
>メンタル面でのお病気又は心臓のお病気に少し気を付けて差し上げてください。
>
>
>▼ちゅーぞーさん:
>>クンさま、鑑定ありがとうございます。
>>
>>カルマをたくさん消化できるチャンスに恵まれた、と捉えれば変化が多い人生も良いのかもしれませんね。なかなか受け入れがたいところもありますが...
>>
>>2007~2013年はカルマが噴出する時期との言葉を聞いて、なるほどと思うことがあります。
>>2005年11月に結婚したものの1年後くらいからはすでに離婚したくて仕方ない気持ちでした。これがきっかけで自分と少しずつ向き合うことが始まり2011年頃には何かはわからないけれど何か大事なものに近づいてる感覚がありました。そこからは、それが何なのかを探すような感じで日本を飛び出しました。
>>全く知らない人や衝撃的な文化に触れることが自分の固定概念や心の奥を揺さぶることになったと思います。この期間の経験がとても大きく今の私に作用している感じです。
>>
>>医療水準の低い国での交通事故は後に響くこともあるなか、私は軽傷だったのも強い金星のおかげなのですね。(同乗者は骨折でした)
>>病気も超早期発見でしたので、予後良好です。
>>異性関係についてはクンさまの鑑定通りのお相手を選ぶ傾向がとても強いです。交際してからよく聞くと、育った家庭環境に問題がある方ばかりなのです。ただ、お別れしたあと次の交際へはわりと期間が空いています。なかなかそういう機会に恵まれないなと感じているのですが、チャンスを逃しているのでしょうか。
>>
>>お仕事については適職との鑑定でとても嬉しいです。卒後、1~2年ほど修行に出ようかなと考えていたので鑑定とも合致しており不安が払拭できました。最強の時期がとても楽しみです。
>>
>>初めの質問とは別の質問になるのですが、ぜひみていただきたいことがあります。
>>私は両親共に揃っていて教育をきちんと受けさせてもらえる程度の経済力はある家庭環境下で育ちましたが、家族内に問題があり大波小波としてやってきます。そして今まさに大波が来ている最中です。(今回は弟がメインの問題です)これは今私がそういう時期にいるのか、弟なり他の誰かの時期にたまたま私が乗っているだけなのか等、そういういったことも読み取れるような何かがあるようでしたら教えて下さいませんか。
>>長文になりましたこと、ご容赦ください。
>>
>>
>>▼クンさん:
>>>初めまして、初心者のクンと申します。
>>>
>>>変化の多い人生を送ってこられたということは、人より多くカルマを消化できたということで、占星術的には良い事なのですが、ご本人様にとっては、いったいどうなっているのかと思われるのも無理のないことと思います。
>>>
>>>ちゅーぞー様のチャートでは、自分を見る1室に、とても強い金星があります。
>>>この金星は、変化変動を表すハウスを支配しており、さらに、分割図というサブ的な図面の多くでも、変化変動を表すハウスと関わっています。
>>>そのため、人生を通じて、変化が多い傾向をお持ちでいらっしゃいます。
>>>金星は、異性関係、生殖器、乗り物などをみる星ですので、これらに関する変化が多い、つまり、異性関係が不安定になりやすかったり、子宮のお病気や交通事故に遭いやすいといった傾向が出やすくなります。
>>>ただし、金星はとても強いため、お別れされても、わりとすぐに次のお相手が見つかったり、お病気や事故に遭われても、命には別条ないなど、良い方向に働くはずです。
>>>
>>>2007年〜2013年は、ちゅーぞー様のカルマが噴出する時期にあたっていましたので、そのような変化変動を多くご経験されたものと思われます。
>>>ちゅーぞー様の人生で、最強の時期は、これからです。
>>>それは、50代半ばから60代半ばにかけてです。
>>>特に、2034年〜2039年は、お仕事運がとても良い時期です。
>>>身に着けられた技能で、しっかり稼げる時期になると思われます。
>>>
>>>お仕事は、医療系は適職でいらっしゃいます。
>>>できれば、修了後すぐに開業されるのではなく、1年程どこかで修業されて、開業されるなら、2022年の方が良いように思います。
>>>2021年は、お仕事運があまり良くないのですが、2022年は、金運もお仕事運も良い時期だからです。
>>>
>>>再婚につきましては、元々、ハンサムだけれども浮気をしたり、場合によっては、手を上げたり、モラルハラスメントのようなことをするかもしれない方とご縁ができやすくていらっしゃいます。
>>>法律的な結婚かどうかはわからないのですが、今年は、異性とご縁ができやすい時期です。
>>>今の学校の関係の方か、もしくは、今後ご一緒にお仕事をされる方かもしれません。
>>>
>>>以上、ご参考になれば幸いです。
>>>
>>>
>>>▼ちゅーぞーさん:
>>>>鑑定どうぞよろしくお願いいたします。
>>>>
>>>>1977/02/16 08:13am 女
>>>>
>>>>この10年の出来事の一部を書き記します。
>>>>長文になることをご容赦ください。
>>>>
>>>>まずはこの数年では、医療系国家資格を取得するため専門学校へ通っています。2021年3月に資格を取得する予定です(開業権あり)
>>>>
>>>>2005年11月結婚
>>>>2009年経過観察を要する生殖器(子宮頸部)の病気発覚
>>>>2010年12月離婚
>>>>2011年悪化予防として子宮頸部の部分切除手術をうける
>>>>2012年8月滞在先の外国で乗っていた車が横転する交通事故にあう(私は軽い外傷と打撲)
>>>>2013年滞在先で後に交際が始まる方と出会い翌年より交際が始まる
>>>>2015年海外に長期滞在することが決まり遠距離恋愛となるも、後に二股が発覚し紆余曲折を経て2018年に破局
>>>>2017年日本帰国
>>>>2018年4月専門学校入学
>>>>
>>>>私の人生はいったい何がどうなってるのか知りたいです。厳しい内容も含め受け止めて、今後の参考にさせていただきたいのでどうぞよろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


33 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.0; FRD-L02 Build/HUAWEIFRD-L02; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 C...@p2896094-ipngn201002osakachuo.osaka.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:アラフォー学生です。再婚と卒後の進路
 クン  - 20/3/26(木) 22:14 -
ちゅーぞー様

フィードバックいただきありがとうございます。

ちゅーぞー様のチャートは、ご兄弟やお母様とのご縁が厚いため、ご家族の変化変動の影響を受けやすい傾向がおありだと思われます。
弟様とは、この1つ年下の方でしょうか?
頭が良くてお優しい方のようにお見受けいたします。
ご本人様のチャートではございませんので、何とも言えないところはございますが、
ちゅーぞー様のチャートで拝見する限りでは、弟様は、2018年頃から2022年頃まで、良くない変化が起きやすい時期に入られているようです。
特に、健康面で要注意です。
今年から来年にかけては、弟様にとっても、お母様にとっても少し大変になりやすい時期ですので、気を付けて差し上げてください。
ちゅーぞー様が5歳くらいの時に、お父様がお病気に罹られたかもしれませんが、そうであれば、弟様も同じお病気にやや要注意だと思います。
メンタル面でのお病気又は心臓のお病気に少し気を付けて差し上げてください。


▼ちゅーぞーさん:
>クンさま、鑑定ありがとうございます。
>
>カルマをたくさん消化できるチャンスに恵まれた、と捉えれば変化が多い人生も良いのかもしれませんね。なかなか受け入れがたいところもありますが...
>
>2007~2013年はカルマが噴出する時期との言葉を聞いて、なるほどと思うことがあります。
>2005年11月に結婚したものの1年後くらいからはすでに離婚したくて仕方ない気持ちでした。これがきっかけで自分と少しずつ向き合うことが始まり2011年頃には何かはわからないけれど何か大事なものに近づいてる感覚がありました。そこからは、それが何なのかを探すような感じで日本を飛び出しました。
>全く知らない人や衝撃的な文化に触れることが自分の固定概念や心の奥を揺さぶることになったと思います。この期間の経験がとても大きく今の私に作用している感じです。
>
>医療水準の低い国での交通事故は後に響くこともあるなか、私は軽傷だったのも強い金星のおかげなのですね。(同乗者は骨折でした)
>病気も超早期発見でしたので、予後良好です。
>異性関係についてはクンさまの鑑定通りのお相手を選ぶ傾向がとても強いです。交際してからよく聞くと、育った家庭環境に問題がある方ばかりなのです。ただ、お別れしたあと次の交際へはわりと期間が空いています。なかなかそういう機会に恵まれないなと感じているのですが、チャンスを逃しているのでしょうか。
>
>お仕事については適職との鑑定でとても嬉しいです。卒後、1~2年ほど修行に出ようかなと考えていたので鑑定とも合致しており不安が払拭できました。最強の時期がとても楽しみです。
>
>初めの質問とは別の質問になるのですが、ぜひみていただきたいことがあります。
>私は両親共に揃っていて教育をきちんと受けさせてもらえる程度の経済力はある家庭環境下で育ちましたが、家族内に問題があり大波小波としてやってきます。そして今まさに大波が来ている最中です。(今回は弟がメインの問題です)これは今私がそういう時期にいるのか、弟なり他の誰かの時期にたまたま私が乗っているだけなのか等、そういういったことも読み取れるような何かがあるようでしたら教えて下さいませんか。
>長文になりましたこと、ご容赦ください。
>
>
>▼クンさん:
>>初めまして、初心者のクンと申します。
>>
>>変化の多い人生を送ってこられたということは、人より多くカルマを消化できたということで、占星術的には良い事なのですが、ご本人様にとっては、いったいどうなっているのかと思われるのも無理のないことと思います。
>>
>>ちゅーぞー様のチャートでは、自分を見る1室に、とても強い金星があります。
>>この金星は、変化変動を表すハウスを支配しており、さらに、分割図というサブ的な図面の多くでも、変化変動を表すハウスと関わっています。
>>そのため、人生を通じて、変化が多い傾向をお持ちでいらっしゃいます。
>>金星は、異性関係、生殖器、乗り物などをみる星ですので、これらに関する変化が多い、つまり、異性関係が不安定になりやすかったり、子宮のお病気や交通事故に遭いやすいといった傾向が出やすくなります。
>>ただし、金星はとても強いため、お別れされても、わりとすぐに次のお相手が見つかったり、お病気や事故に遭われても、命には別条ないなど、良い方向に働くはずです。
>>
>>2007年〜2013年は、ちゅーぞー様のカルマが噴出する時期にあたっていましたので、そのような変化変動を多くご経験されたものと思われます。
>>ちゅーぞー様の人生で、最強の時期は、これからです。
>>それは、50代半ばから60代半ばにかけてです。
>>特に、2034年〜2039年は、お仕事運がとても良い時期です。
>>身に着けられた技能で、しっかり稼げる時期になると思われます。
>>
>>お仕事は、医療系は適職でいらっしゃいます。
>>できれば、修了後すぐに開業されるのではなく、1年程どこかで修業されて、開業されるなら、2022年の方が良いように思います。
>>2021年は、お仕事運があまり良くないのですが、2022年は、金運もお仕事運も良い時期だからです。
>>
>>再婚につきましては、元々、ハンサムだけれども浮気をしたり、場合によっては、手を上げたり、モラルハラスメントのようなことをするかもしれない方とご縁ができやすくていらっしゃいます。
>>法律的な結婚かどうかはわからないのですが、今年は、異性とご縁ができやすい時期です。
>>今の学校の関係の方か、もしくは、今後ご一緒にお仕事をされる方かもしれません。
>>
>>以上、ご参考になれば幸いです。
>>
>>
>>▼ちゅーぞーさん:
>>>鑑定どうぞよろしくお願いいたします。
>>>
>>>1977/02/16 08:13am 女
>>>
>>>この10年の出来事の一部を書き記します。
>>>長文になることをご容赦ください。
>>>
>>>まずはこの数年では、医療系国家資格を取得するため専門学校へ通っています。2021年3月に資格を取得する予定です(開業権あり)
>>>
>>>2005年11月結婚
>>>2009年経過観察を要する生殖器(子宮頸部)の病気発覚
>>>2010年12月離婚
>>>2011年悪化予防として子宮頸部の部分切除手術をうける
>>>2012年8月滞在先の外国で乗っていた車が横転する交通事故にあう(私は軽い外傷と打撲)
>>>2013年滞在先で後に交際が始まる方と出会い翌年より交際が始まる
>>>2015年海外に長期滞在することが決まり遠距離恋愛となるも、後に二股が発覚し紆余曲折を経て2018年に破局
>>>2017年日本帰国
>>>2018年4月専門学校入学
>>>
>>>私の人生はいったい何がどうなってるのか知りたいです。厳しい内容も含め受け止めて、今後の参考にさせていただきたいのでどうぞよろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


26 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.132 Safari/537.36 OP...@122x214x243x145.ap122.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:ご鑑定お願します。(ラーフ期について...
 クン  - 20/3/26(木) 21:02 -
こちらこそ勉強させていただきありがとうございました。
ケン様の人生が、幸福で安穏で安楽なものでありますようお祈り申し上げます。

▼ケンさん:
>クンさま
>
>ありがとうございます!
>確かに、、、結婚しておりますが、専業主婦になるというようなことは考えたことがありません。。
>私ももうすでに中年ですし、奉仕を仕事につなげていけるように心がけようと思います!
>クンさま、長々とありがとうございました。
>過去のことはドンピシャでしたし、未来のことはとても励まされました!感謝です。
>また何かありましたら書き込みさせてください!
>
>▼クンさん:
>>>インド占星術からみたら、わたしの生きるテーマとは何になるんでしょうか?
>>
>>ケン様のチャートは、6室に多くの惑星があり、かつ6室と10室の間で星座交換という強い繋がりができています。
>>6室も10室もお仕事に関係しますので、今生は、お仕事で頑張られるというのが1つのテーマになろうかと思われます。
>>6室には病気という意味もございますので、6室に惑星が多く入る方は、中年以降、少し病気に要注意です。
>>ただ、6室には奉仕という意味もあり、ケン様の場合には、10室と強く繋がっています。
>>何か人助けになるようなこと、お仕事でも奉仕に繋がることをされることで、病気の象意を奉仕の方で出すことができるのではないかと思います。
>>また、6室の対面は12室という外国を意味するハウスになります。
>>生涯を通じて外国とご縁が厚い傾向があるかと思われます。
>>
>>
>>▼ケンさん:
>>>クンさま
>>>
>>>すごい!ビンゴ!
>>>結婚したのは2008年です!
>>>また、30〜40代は妊娠しづらい時と特定されたことも納得です。
>>>鳥肌立ちます、、インド占星術怖いですね、、。 
>>>
>>>こんなドンピシャでこられたんだから、ラーフ期を恐れることはないってお話しもますます信じられます 笑
>>>ありがとうございます!
>>>
>>>しつこいですが、また一つご質問させてください。
>>>
>>>インド占星術からみたら、わたしの生きるテーマとは何になるんでしょうか?
>>>
>>>
>>>▼クンさん:
>>>>ケン様
>>>>
>>>>フィードバックいただきありがとうございます。
>>>>
>>>>
>>>>>前職を辞めたのが去年の9月で、それから就活を行い、今のところが決まったのが12月下旬頃です。
>>>>>それで仕事スタートが今年の2月だったのですが、それでも有効でしょうか?
>>>>
>>>>2年程前から、転職しやすい時期に入っていらっしゃって、
>>>>ちょうどこの2月頃から、お仕事運も良い時期になりました。
>>>>どれだけ良いスタートが切れるかで、その後の結果も変わりますから、
>>>>転職には、とても良い時期だったと思います。
>>>>
>>>>
>>>>>答え合わせ的にざっくりと過去の話を申し上げますと、わたしは結婚はしておりますが、子供はおりません。
>>>>>3〜4年ほど婦人科通いもしていたのですが、結局あきらめました。
>>>>>今となってはそれで良かったと思えているのですが、もちろんその頃は結構辛かったです。
>>>>>子供ができないというのはわたしのカルマだったのでしょうか?
>>>>
>>>>ご主人様とは、2008年頃に結婚が本決まりになったのでしょうか?
>>>>お子様のことは、とても辛いご決断だったこととお察しいたします。
>>>>最終的には、ご主人様が奥様の意志を尊重する形で落ち着いたのではないかとお見受けいたします。
>>>>ケン様のチャート上では、そんなに強くお子様を持たれない配置が見られるわけではないのですが、
>>>>時期的なものを見ますと、30代前半から40代前半にかけては、妊娠のチャンスが少ない時期だったと思います。
>>>>体質的な面で、ケン様ご自身も、不安定になりやすい要素が少しあるようですが、
>>>>どちらかというと、ご主人様の方に、お子様を授かりにくい要素があるようにお見受けいたしました。
>>>>そういう方とご縁ができやすいという点では、ケン様のカルマの消化であったということもできるかと思います。
>>>>
>>>>
>>>>▼ケンさん:
>>>>>クンさま
>>>>>ありがとうございます!
>>>>>今年の転職が良かったとのこと、安心しました!
>>>>>前職を辞めたのが去年の9月で、それから就活を行い、今のところが決まったのが12月下旬頃です。
>>>>>それで仕事スタートが今年の2月だったのですが、それでも有効でしょうか?
>>>>>
>>>>>また、未来のことばかり伺ってしまい、クン様へは微妙なフィードバックしかできていないので、
>>>>>答え合わせ的にざっくりと過去の話を申し上げますと、わたしは結婚はしておりますが、子供はおりません。
>>>>>3〜4年ほど婦人科通いもしていたのですが、結局あきらめました。
>>>>>今となってはそれで良かったと思えているのですが、もちろんその頃は結構辛かったです。
>>>>>子供ができないというのはわたしのカルマだったのでしょうか?
>>>>>
>>>>>▼クンさん:
>>>>>>ケン様
>>>>>>
>>>>>>てっきりお詳しい方かと思い、大変失礼いたしました。
>>>>>>少し用語の補足をさせてください。
>>>>>>ナヴァムシャは、出生図から計算で導き出す図面で後天運などを見ます。
>>>>>>カラカムシャラグナは、ジャイミニという技法で見た1室です。
>>>>>>高揚、星座交換は、惑星が強い状態であることを示します。
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>>なので、10室と絡んでいるので良い時期、というのもあまりピンとこないんですが、
>>>>>>>とにかく仕事は良さそうなんですね。
>>>>>>
>>>>>>10室は仕事を見るハウスです。
>>>>>>1,4,7,10室は、ケンドラと申しまして、強いハウスです。
>>>>>>1、5、9室は、トリコーナと申しまして、吉祥なハウスです。
>>>>>>インド占星術では、5室と10室のようなケンドラとトリコーナの組み合わせを「ラージャヨーガ」と申しまして、大変喜びます。
>>>>>>5室と10室の組み合わせがチャート上に繰り返しでている時期というのは、5室と10室に関することで、とても良い時期ということになります。
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>>実は今年転職し、2月から新しい仕事をしております。
>>>>>>>今までやっていた仕事よりも業務内容が一歩グレードアップした感じはしており、
>>>>>>>勉強が必要だなと考えておりました。
>>>>>>
>>>>>>おめでとうございます。
>>>>>>今年でしたら、その転職は成功だったと思います。
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>>また、文化系の趣味があり、それで大成したいという思いもあるのですが、
>>>>>>>そういったことで何かいいことあったりしますでしょうか?
>>>>>>
>>>>>>5室は、趣味、勉強、子供、恋愛などを見ますので、
>>>>>>ラーフ期は、おっしゃるような趣味で大成されるのにうってつけの時期です。
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>>海外への長期滞在なんかもまだまだしていきたいですし。。
>>>>>>>ラーフ期になっても、そういったことが可能でしょうか?
>>>>>>
>>>>>>ラーフそのものにも外国という意味がございますし、
>>>>>>複数の角度で見て、外国を表す9室がラーフと関係していますので、外国とご縁が厚い時期となりそうです。
>>>>>>9室には、伝統や教師という意味もありますので、行かれるとしたら、そのような何かを教えるお仕事をされるのかもしれません。
>>>>>>直近では、2025年頃が行きやすい時期です。
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>▼ケンさん:
>>>>>>>クンさま
>>>>>>>改めまして、ありがとうございます!
>>>>>>>
>>>>>>>あまり心配することはないというお言葉をいただき
>>>>>>>めーちゃーめーちゃー落ち着きました(笑
>>>>>>>ただそもそもが、初老から高齢にかかる18年ですので、体のことやまだ健在の両親にも
>>>>>>>いろいろガタが来るであろうことは覚悟しております。。
>>>>>>>実はインド占星術は全然詳しくなくて(苦笑
>>>>>>>ラーフ期は怖くて長いというイメージしかありませんでした。
>>>>>>>なので、10室と絡んでいるので良い時期、というのもあまりピンとこないんですが、
>>>>>>>とにかく仕事は良さそうなんですね。
>>>>>>>実は今年転職し、2月から新しい仕事をしております。
>>>>>>>今までやっていた仕事よりも業務内容が一歩グレードアップした感じはしており、
>>>>>>>勉強が必要だなと考えておりました。
>>>>>>>
>>>>>>>また、文化系の趣味があり、それで大成したいという思いもあるのですが、
>>>>>>>そういったことで何かいいことあったりしますでしょうか?
>>>>>>>
>>>>>>>海外への長期滞在なんかもまだまだしていきたいですし。。
>>>>>>>ラーフ期になっても、そういったことが可能でしょうか?
>>>>>>>
>>>>>>>いろいろ聞いてしまっていますが、
>>>>>>>わかる範囲で、お時間のある時にまたみていただけましたら嬉しいです。
>>>>>>>
>>>>>>>よろしくお願いいたします!
>>>>>>>
>>>>>>>
>>>>>>>▼クンさん:
>>>>>>>>初めまして、初心者のクンと申します。
>>>>>>>>ラーフ期を恐れていらっしゃるということは、インド占星術の知識をお持ちの方とお見受けいたします。
>>>>>>>>以下、専門用語を使わせていただきますが、ご不明な点がございましたらお尋ねください。
>>>>>>>>
>>>>>>>>ラーフは、基本は凶星ですが、関わるハウスや惑星の影響を強く受けます。
>>>>>>>>吉星や吉のハウスと絡む場合には、とても良い働きをすることもございます。
>>>>>>>>ケン様の場合、4室射手座で強い月とコンジャンクションしていますので、そんなに恐れおののく必要はないかと思います。
>>>>>>>>ラーフ期には、ライフイベントが発生しやすい傾向があるため、「(いろいろあって)大変だった」と言われる方が多いのではないかと思っております。
>>>>>>>>悪い事しか起きない悲惨な時期だったという方には、私は、お目にかかったことがございません。
>>>>>>>>
>>>>>>>>ケン様のラーフは、10室に在住する5室支配星の土星からアスペクトされています。
>>>>>>>>土星は水星と星座交換しており、水星は、ラグナ、月、ラーフから見た10室支配星です。
>>>>>>>>ナヴァムシャでは10室に在住し、高揚する5、10室支配星の火星がラーフから見た10室にあってラーフにアスペクトしています。
>>>>>>>>カラカムシャラグナから見ても、10室で5室支配星の月とコンジャンクションしています。
>>>>>>>>このように、様々な角度から見て、繰り返し5室と10室のコンビネーションができ、10室が強調される時期というのは、基本的に良い時期で、社会的に活躍できる時期と読めます。
>>>>>>>>特に、前半は、お仕事運がとても良い時期になると思います。
>>>>>>>>ちなみに、今年もお仕事運は良く、お仕事上で名誉なことや、収入アップが期待できる時期です。
>>>>>>>>
>>>>>>>>一方で、ラーフ期は、健康面では、やや要注意です。
>>>>>>>>元々、健康面で少し不安定になりやすい傾向がおありのようで、
>>>>>>>>2023年頃と2029年頃は、体調が変化しやすい時期ですので、少しご留意ください。
>>>>>>>>
>>>>>>>>以上です。
>>>>>>>>ご参考になれば幸いです。
>>>>>>>>
>>>>>>>>▼ケンさん:
>>>>>>>>>初めまして。
>>>>>>>>>1974年2月16日
>>>>>>>>>21:08
>>>>>>>>>山形県酒田市生まれ
>>>>>>>>>ケンと申します。
>>>>>>>>>
>>>>>>>>>2023年頃からラーフ期に入ると聞いて恐れ慄いています。
>>>>>>>>>どんなことが起こるか、わかる範囲でどなたかご鑑定いただけないでしょうか?
>>>>>>>>>(酷そうなことはやんわりと教えてください!)
>>>>>>>>>またただ通り過ぎるのを待つしかないとは思うのですが、何かできること、心掛けておくといいことなどあれば、そちらも教えていただけるとありがたいです。
>>>>>>>>>何卒よろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


21 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.132 Safari/537.36 OP...@122x214x243x145.ap122.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re: アヤスケ様、鑑定ありがとうございま...
 ind  - 20/3/26(木) 17:33 -
アヤスケ様

返信が遅くなり申し訳ございません。


マンデン・チャートというものがあるのですね。
これからの約5年間も現在のような我慢と反省の時代が続くのですか、、
なんとか乗り越えたいです。


さて、約1ヶ月もの間アヤスケ様には私の無知な質問や要望に、親切に詳しくお答えくださりありがとうございました。

この貴重な体験とアドバイスをしっかりと参考にして、これからの自分の人生の生き方に活かそうと思います。

本当にありがとうございましたm(__)m

コロナも流行っているのでアヤスケ様もどうか体調に気をつけてください。

失礼します。 

引用なし

パスワード


22 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 13_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.5 Mobil...@KD124211147154.ppp-bb.dion.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:鑑定お願いします!
 なつ  - 20/3/25(水) 16:57 -
アヤスケ様

すみません、脱字が多く、修正させてください。



>個人特有の運勢カレンダーである「ダシャー」や
  リアルタイムの天体動向である「トランジット」の影響から
  この金星とラーフを注意深く見積もる必要があります
  ダシャーを拝見しますとなつさんは39歳になったばかりの年末頃から
  まさに「金星期」が始まっていました(今も金星期の最中であり2036年の12月12日まで続きます)
  運勢のほどはいかがでしょうか?
  悪い出来事が多ければラーフの凶意が7室を支配していることになります


まさに、39歳になった直後の11月に出会った人と恋愛し、
破局したのですが、色々あり転職もしました。
一人でやる仕事で、居心地良さと孤独と共存しています。
39歳は転機でした、とてもびっくりです。
 関係ないかもですが、38歳の時に、ヨガの夜間の学校に行き、
その頃から考え方等が少し変わってきた気がしています。
39歳は恋愛観が変わった時だった気がします。
インド占星術の金星期とは、いい時期なのでしょうか?
その人の持つものによるんでしょうか?
去年位から、いいことばかりではないなと思いつつ、質問なのですが、
ラーフの凶意が7室を支配するとは、具体的にはどういうことでしょうか?


>8室だけを眺めると
  「腰が低く常識的で全く争わない」といったなつさんの性格が想像できます
  しかし水星は金星と星座交換することで7室と8室の反復が起こる運勢が出来ています
  そこへ火星と土星が悪意を注ぐため
  今のなつさんには人知れず気苦労と終わらない忍耐で疲れているような様子が伺えます
>6室で忍耐を促す土星が働く一方で実際の自助努力がなかなか続かない性格が
  8室の「人間関係に根差した利害」という問題に好ましくない影響を及ぼしています
  なつさんとしては
  「我慢強く仕事と人付き合いの問題を受け流している」ような生き方ではないでしょうか

人知れず気苦労と終わらない忍耐で疲れているような様子や、
「我慢強く仕事と人付き合いの問題を受け流している」
当たっています、
社会性をあまり求めてないので、転職しても上に行こうとかはなく、
占星術に興味を持ちだしてからは特に、社会性を求めなくなり、
居心地重視で、悪く言うと、楽な方にいっているのかもしれないです。


よろしくお願いします。

引用なし

パスワード


33 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p9009-ipngnfx01souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:鑑定お願いします!
 なつ  - 20/3/25(水) 16:25 -
アヤスケ様

大変詳しく見て頂き、ありがとうございます!!

占星術と似ている部分もあるのですが、
さらにインド占星術は複雑なので、とても勉強になります。

金星の事が、いろんな箇所で描写があり、
占星術でも金星はハードアスペクトがあり、傷ついているなと
実感する出来事もあったので、まさにそう思いました。
太陽蠍座だからか、金星冥王星コンジャクションだからか、
一度かかわった人との執着が酷い、恋愛でもいい別れ方をあまりしたことがないです。
しかも、20代に婦人系の病気をし、今年に入りまた別の婦人系の病気がみつかり、
命に拘るほどではないのですが、20代の時同様、
それまでしようと思っていた人生計画のようなものが、崩れたというか。
今までの生活、習慣、人生を見直す機会になっています。


>個人特有の運勢カレンダーである「ダシャー」や
  リアルタイムの天体動向である「トランジット」の影響から
  この金星とラーフを注意深く見積もる必要があります
  ダシャーを拝見しますとなつさんは39歳になったばかりの年末頃から
  まさに「金星期」が始まっていました(今も金星期の最中であり2036年の12月12日まで続きます)
  運勢のほどはいかがでしょうか?
  悪い出来事が多ければラーフの凶意が7室を支配していることになります


まさに、39歳になった直後の11月に出会った人と恋愛し、
転職しました。39歳は転機でした、とてもびっくりです。
インド占星術の金星期とは、いい時期なのでしょうか?
その人の持つものによるんでしょうか?
去年位から、いいことばかりではないなと思いつつ、質問なのですが、
ラーフの凶意が7室を支配するとは、具体的にはどういうことでしょうか?


>8室だけを眺めると
  「腰が低く常識的で全く争わない」といったなつさんの性格が想像できます
  しかし水星は金星と星座交換することで7室と8室の反復が起こる運勢が出来ています
  そこへ火星と土星が悪意を注ぐため
  今のなつさんには人知れず気苦労と終わらない忍耐で疲れているような様子が伺えます
>6室で忍耐を促す土星が働く一方で実際の自助努力がなかなか続かない性格が
  8室の「人間関係に根差した利害」という問題に好ましくない影響を及ぼしています
  なつさんとしては
  「我慢強く仕事と人付き合いの問題を受け流している」ような生き方ではないでしょうか

人知れず気苦労と終わらない忍耐で疲れているような様子や、
「我慢強く仕事と人付き合いの問題を受け流している」
当たっています、
社会性をあまり求めてないので、転職しても上に行こうとかはなく、


木星が4室が良い配置なのも、当たっていて
実家や家に恩恵を貰っているというか、
現在未婚、実家住まいです。
実家を出た方が、運勢的にいいとかはありますでしょうか?


大変詳しく見て頂いて、、気分を悪くしたらごめんなさい
(占星術もいいとか悪いではないので、こんなことを聞くのもおかしいのですが)
いいか悪いかでいうと、わたしの恋愛や結婚運はあまりよくない方なのでしょうか?
それよりも、4室木星、家庭、実家、家の運がいいということでしょうか?


お時間の可能な限りで、返信いただけたら有難いです。

引用なし

パスワード


32 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@i118-21-55-82.s30.a048.ap.plala.or.jp>
・ツリー全体表示

Re:アラフォー学生です。再婚と卒後の進路
 ちゅーぞー  - 20/3/24(火) 23:56 -
クンさま、鑑定ありがとうございます。

カルマをたくさん消化できるチャンスに恵まれた、と捉えれば変化が多い人生も良いのかもしれませんね。なかなか受け入れがたいところもありますが...

2007~2013年はカルマが噴出する時期との言葉を聞いて、なるほどと思うことがあります。
2005年11月に結婚したものの1年後くらいからはすでに離婚したくて仕方ない気持ちでした。これがきっかけで自分と少しずつ向き合うことが始まり2011年頃には何かはわからないけれど何か大事なものに近づいてる感覚がありました。そこからは、それが何なのかを探すような感じで日本を飛び出しました。
全く知らない人や衝撃的な文化に触れることが自分の固定概念や心の奥を揺さぶることになったと思います。この期間の経験がとても大きく今の私に作用している感じです。

医療水準の低い国での交通事故は後に響くこともあるなか、私は軽傷だったのも強い金星のおかげなのですね。(同乗者は骨折でした)
病気も超早期発見でしたので、予後良好です。
異性関係についてはクンさまの鑑定通りのお相手を選ぶ傾向がとても強いです。交際してからよく聞くと、育った家庭環境に問題がある方ばかりなのです。ただ、お別れしたあと次の交際へはわりと期間が空いています。なかなかそういう機会に恵まれないなと感じているのですが、チャンスを逃しているのでしょうか。

お仕事については適職との鑑定でとても嬉しいです。卒後、1~2年ほど修行に出ようかなと考えていたので鑑定とも合致しており不安が払拭できました。最強の時期がとても楽しみです。

初めの質問とは別の質問になるのですが、ぜひみていただきたいことがあります。
私は両親共に揃っていて教育をきちんと受けさせてもらえる程度の経済力はある家庭環境下で育ちましたが、家族内に問題があり大波小波としてやってきます。そして今まさに大波が来ている最中です。(今回は弟がメインの問題です)これは今私がそういう時期にいるのか、弟なり他の誰かの時期にたまたま私が乗っているだけなのか等、そういういったことも読み取れるような何かがあるようでしたら教えて下さいませんか。
長文になりましたこと、ご容赦ください。


▼クンさん:
>初めまして、初心者のクンと申します。
>
>変化の多い人生を送ってこられたということは、人より多くカルマを消化できたということで、占星術的には良い事なのですが、ご本人様にとっては、いったいどうなっているのかと思われるのも無理のないことと思います。
>
>ちゅーぞー様のチャートでは、自分を見る1室に、とても強い金星があります。
>この金星は、変化変動を表すハウスを支配しており、さらに、分割図というサブ的な図面の多くでも、変化変動を表すハウスと関わっています。
>そのため、人生を通じて、変化が多い傾向をお持ちでいらっしゃいます。
>金星は、異性関係、生殖器、乗り物などをみる星ですので、これらに関する変化が多い、つまり、異性関係が不安定になりやすかったり、子宮のお病気や交通事故に遭いやすいといった傾向が出やすくなります。
>ただし、金星はとても強いため、お別れされても、わりとすぐに次のお相手が見つかったり、お病気や事故に遭われても、命には別条ないなど、良い方向に働くはずです。
>
>2007年〜2013年は、ちゅーぞー様のカルマが噴出する時期にあたっていましたので、そのような変化変動を多くご経験されたものと思われます。
>ちゅーぞー様の人生で、最強の時期は、これからです。
>それは、50代半ばから60代半ばにかけてです。
>特に、2034年〜2039年は、お仕事運がとても良い時期です。
>身に着けられた技能で、しっかり稼げる時期になると思われます。
>
>お仕事は、医療系は適職でいらっしゃいます。
>できれば、修了後すぐに開業されるのではなく、1年程どこかで修業されて、開業されるなら、2022年の方が良いように思います。
>2021年は、お仕事運があまり良くないのですが、2022年は、金運もお仕事運も良い時期だからです。
>
>再婚につきましては、元々、ハンサムだけれども浮気をしたり、場合によっては、手を上げたり、モラルハラスメントのようなことをするかもしれない方とご縁ができやすくていらっしゃいます。
>法律的な結婚かどうかはわからないのですが、今年は、異性とご縁ができやすい時期です。
>今の学校の関係の方か、もしくは、今後ご一緒にお仕事をされる方かもしれません。
>
>以上、ご参考になれば幸いです。
>
>
>▼ちゅーぞーさん:
>>鑑定どうぞよろしくお願いいたします。
>>
>>1977/02/16 08:13am 女
>>
>>この10年の出来事の一部を書き記します。
>>長文になることをご容赦ください。
>>
>>まずはこの数年では、医療系国家資格を取得するため専門学校へ通っています。2021年3月に資格を取得する予定です(開業権あり)
>>
>>2005年11月結婚
>>2009年経過観察を要する生殖器(子宮頸部)の病気発覚
>>2010年12月離婚
>>2011年悪化予防として子宮頸部の部分切除手術をうける
>>2012年8月滞在先の外国で乗っていた車が横転する交通事故にあう(私は軽い外傷と打撲)
>>2013年滞在先で後に交際が始まる方と出会い翌年より交際が始まる
>>2015年海外に長期滞在することが決まり遠距離恋愛となるも、後に二股が発覚し紆余曲折を経て2018年に破局
>>2017年日本帰国
>>2018年4月専門学校入学
>>
>>私の人生はいったい何がどうなってるのか知りたいです。厳しい内容も含め受け止めて、今後の参考にさせていただきたいのでどうぞよろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


44 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.0; FRD-L02 Build/HUAWEIFRD-L02; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 C...@p2896094-ipngn201002osakachuo.osaka.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:ご鑑定お願します。(ラーフ期について...
 ケン  - 20/3/24(火) 22:30 -
クンさま

ありがとうございます!
確かに、、、結婚しておりますが、専業主婦になるというようなことは考えたことがありません。。
私ももうすでに中年ですし、奉仕を仕事につなげていけるように心がけようと思います!
クンさま、長々とありがとうございました。
過去のことはドンピシャでしたし、未来のことはとても励まされました!感謝です。
また何かありましたら書き込みさせてください!

▼クンさん:
>>インド占星術からみたら、わたしの生きるテーマとは何になるんでしょうか?
>
>ケン様のチャートは、6室に多くの惑星があり、かつ6室と10室の間で星座交換という強い繋がりができています。
>6室も10室もお仕事に関係しますので、今生は、お仕事で頑張られるというのが1つのテーマになろうかと思われます。
>6室には病気という意味もございますので、6室に惑星が多く入る方は、中年以降、少し病気に要注意です。
>ただ、6室には奉仕という意味もあり、ケン様の場合には、10室と強く繋がっています。
>何か人助けになるようなこと、お仕事でも奉仕に繋がることをされることで、病気の象意を奉仕の方で出すことができるのではないかと思います。
>また、6室の対面は12室という外国を意味するハウスになります。
>生涯を通じて外国とご縁が厚い傾向があるかと思われます。
>
>
>▼ケンさん:
>>クンさま
>>
>>すごい!ビンゴ!
>>結婚したのは2008年です!
>>また、30〜40代は妊娠しづらい時と特定されたことも納得です。
>>鳥肌立ちます、、インド占星術怖いですね、、。 
>>
>>こんなドンピシャでこられたんだから、ラーフ期を恐れることはないってお話しもますます信じられます 笑
>>ありがとうございます!
>>
>>しつこいですが、また一つご質問させてください。
>>
>>インド占星術からみたら、わたしの生きるテーマとは何になるんでしょうか?
>>
>>
>>▼クンさん:
>>>ケン様
>>>
>>>フィードバックいただきありがとうございます。
>>>
>>>
>>>>前職を辞めたのが去年の9月で、それから就活を行い、今のところが決まったのが12月下旬頃です。
>>>>それで仕事スタートが今年の2月だったのですが、それでも有効でしょうか?
>>>
>>>2年程前から、転職しやすい時期に入っていらっしゃって、
>>>ちょうどこの2月頃から、お仕事運も良い時期になりました。
>>>どれだけ良いスタートが切れるかで、その後の結果も変わりますから、
>>>転職には、とても良い時期だったと思います。
>>>
>>>
>>>>答え合わせ的にざっくりと過去の話を申し上げますと、わたしは結婚はしておりますが、子供はおりません。
>>>>3〜4年ほど婦人科通いもしていたのですが、結局あきらめました。
>>>>今となってはそれで良かったと思えているのですが、もちろんその頃は結構辛かったです。
>>>>子供ができないというのはわたしのカルマだったのでしょうか?
>>>
>>>ご主人様とは、2008年頃に結婚が本決まりになったのでしょうか?
>>>お子様のことは、とても辛いご決断だったこととお察しいたします。
>>>最終的には、ご主人様が奥様の意志を尊重する形で落ち着いたのではないかとお見受けいたします。
>>>ケン様のチャート上では、そんなに強くお子様を持たれない配置が見られるわけではないのですが、
>>>時期的なものを見ますと、30代前半から40代前半にかけては、妊娠のチャンスが少ない時期だったと思います。
>>>体質的な面で、ケン様ご自身も、不安定になりやすい要素が少しあるようですが、
>>>どちらかというと、ご主人様の方に、お子様を授かりにくい要素があるようにお見受けいたしました。
>>>そういう方とご縁ができやすいという点では、ケン様のカルマの消化であったということもできるかと思います。
>>>
>>>
>>>▼ケンさん:
>>>>クンさま
>>>>ありがとうございます!
>>>>今年の転職が良かったとのこと、安心しました!
>>>>前職を辞めたのが去年の9月で、それから就活を行い、今のところが決まったのが12月下旬頃です。
>>>>それで仕事スタートが今年の2月だったのですが、それでも有効でしょうか?
>>>>
>>>>また、未来のことばかり伺ってしまい、クン様へは微妙なフィードバックしかできていないので、
>>>>答え合わせ的にざっくりと過去の話を申し上げますと、わたしは結婚はしておりますが、子供はおりません。
>>>>3〜4年ほど婦人科通いもしていたのですが、結局あきらめました。
>>>>今となってはそれで良かったと思えているのですが、もちろんその頃は結構辛かったです。
>>>>子供ができないというのはわたしのカルマだったのでしょうか?
>>>>
>>>>▼クンさん:
>>>>>ケン様
>>>>>
>>>>>てっきりお詳しい方かと思い、大変失礼いたしました。
>>>>>少し用語の補足をさせてください。
>>>>>ナヴァムシャは、出生図から計算で導き出す図面で後天運などを見ます。
>>>>>カラカムシャラグナは、ジャイミニという技法で見た1室です。
>>>>>高揚、星座交換は、惑星が強い状態であることを示します。
>>>>>
>>>>>
>>>>>>なので、10室と絡んでいるので良い時期、というのもあまりピンとこないんですが、
>>>>>>とにかく仕事は良さそうなんですね。
>>>>>
>>>>>10室は仕事を見るハウスです。
>>>>>1,4,7,10室は、ケンドラと申しまして、強いハウスです。
>>>>>1、5、9室は、トリコーナと申しまして、吉祥なハウスです。
>>>>>インド占星術では、5室と10室のようなケンドラとトリコーナの組み合わせを「ラージャヨーガ」と申しまして、大変喜びます。
>>>>>5室と10室の組み合わせがチャート上に繰り返しでている時期というのは、5室と10室に関することで、とても良い時期ということになります。
>>>>>
>>>>>
>>>>>>実は今年転職し、2月から新しい仕事をしております。
>>>>>>今までやっていた仕事よりも業務内容が一歩グレードアップした感じはしており、
>>>>>>勉強が必要だなと考えておりました。
>>>>>
>>>>>おめでとうございます。
>>>>>今年でしたら、その転職は成功だったと思います。
>>>>>
>>>>>
>>>>>>また、文化系の趣味があり、それで大成したいという思いもあるのですが、
>>>>>>そういったことで何かいいことあったりしますでしょうか?
>>>>>
>>>>>5室は、趣味、勉強、子供、恋愛などを見ますので、
>>>>>ラーフ期は、おっしゃるような趣味で大成されるのにうってつけの時期です。
>>>>>
>>>>>
>>>>>>海外への長期滞在なんかもまだまだしていきたいですし。。
>>>>>>ラーフ期になっても、そういったことが可能でしょうか?
>>>>>
>>>>>ラーフそのものにも外国という意味がございますし、
>>>>>複数の角度で見て、外国を表す9室がラーフと関係していますので、外国とご縁が厚い時期となりそうです。
>>>>>9室には、伝統や教師という意味もありますので、行かれるとしたら、そのような何かを教えるお仕事をされるのかもしれません。
>>>>>直近では、2025年頃が行きやすい時期です。
>>>>>
>>>>>
>>>>>▼ケンさん:
>>>>>>クンさま
>>>>>>改めまして、ありがとうございます!
>>>>>>
>>>>>>あまり心配することはないというお言葉をいただき
>>>>>>めーちゃーめーちゃー落ち着きました(笑
>>>>>>ただそもそもが、初老から高齢にかかる18年ですので、体のことやまだ健在の両親にも
>>>>>>いろいろガタが来るであろうことは覚悟しております。。
>>>>>>実はインド占星術は全然詳しくなくて(苦笑
>>>>>>ラーフ期は怖くて長いというイメージしかありませんでした。
>>>>>>なので、10室と絡んでいるので良い時期、というのもあまりピンとこないんですが、
>>>>>>とにかく仕事は良さそうなんですね。
>>>>>>実は今年転職し、2月から新しい仕事をしております。
>>>>>>今までやっていた仕事よりも業務内容が一歩グレードアップした感じはしており、
>>>>>>勉強が必要だなと考えておりました。
>>>>>>
>>>>>>また、文化系の趣味があり、それで大成したいという思いもあるのですが、
>>>>>>そういったことで何かいいことあったりしますでしょうか?
>>>>>>
>>>>>>海外への長期滞在なんかもまだまだしていきたいですし。。
>>>>>>ラーフ期になっても、そういったことが可能でしょうか?
>>>>>>
>>>>>>いろいろ聞いてしまっていますが、
>>>>>>わかる範囲で、お時間のある時にまたみていただけましたら嬉しいです。
>>>>>>
>>>>>>よろしくお願いいたします!
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>▼クンさん:
>>>>>>>初めまして、初心者のクンと申します。
>>>>>>>ラーフ期を恐れていらっしゃるということは、インド占星術の知識をお持ちの方とお見受けいたします。
>>>>>>>以下、専門用語を使わせていただきますが、ご不明な点がございましたらお尋ねください。
>>>>>>>
>>>>>>>ラーフは、基本は凶星ですが、関わるハウスや惑星の影響を強く受けます。
>>>>>>>吉星や吉のハウスと絡む場合には、とても良い働きをすることもございます。
>>>>>>>ケン様の場合、4室射手座で強い月とコンジャンクションしていますので、そんなに恐れおののく必要はないかと思います。
>>>>>>>ラーフ期には、ライフイベントが発生しやすい傾向があるため、「(いろいろあって)大変だった」と言われる方が多いのではないかと思っております。
>>>>>>>悪い事しか起きない悲惨な時期だったという方には、私は、お目にかかったことがございません。
>>>>>>>
>>>>>>>ケン様のラーフは、10室に在住する5室支配星の土星からアスペクトされています。
>>>>>>>土星は水星と星座交換しており、水星は、ラグナ、月、ラーフから見た10室支配星です。
>>>>>>>ナヴァムシャでは10室に在住し、高揚する5、10室支配星の火星がラーフから見た10室にあってラーフにアスペクトしています。
>>>>>>>カラカムシャラグナから見ても、10室で5室支配星の月とコンジャンクションしています。
>>>>>>>このように、様々な角度から見て、繰り返し5室と10室のコンビネーションができ、10室が強調される時期というのは、基本的に良い時期で、社会的に活躍できる時期と読めます。
>>>>>>>特に、前半は、お仕事運がとても良い時期になると思います。
>>>>>>>ちなみに、今年もお仕事運は良く、お仕事上で名誉なことや、収入アップが期待できる時期です。
>>>>>>>
>>>>>>>一方で、ラーフ期は、健康面では、やや要注意です。
>>>>>>>元々、健康面で少し不安定になりやすい傾向がおありのようで、
>>>>>>>2023年頃と2029年頃は、体調が変化しやすい時期ですので、少しご留意ください。
>>>>>>>
>>>>>>>以上です。
>>>>>>>ご参考になれば幸いです。
>>>>>>>
>>>>>>>▼ケンさん:
>>>>>>>>初めまして。
>>>>>>>>1974年2月16日
>>>>>>>>21:08
>>>>>>>>山形県酒田市生まれ
>>>>>>>>ケンと申します。
>>>>>>>>
>>>>>>>>2023年頃からラーフ期に入ると聞いて恐れ慄いています。
>>>>>>>>どんなことが起こるか、わかる範囲でどなたかご鑑定いただけないでしょうか?
>>>>>>>>(酷そうなことはやんわりと教えてください!)
>>>>>>>>またただ通り過ぎるのを待つしかないとは思うのですが、何かできること、心掛けておくといいことなどあれば、そちらも教えていただけるとありがたいです。
>>>>>>>>何卒よろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


27 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 13_3 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) CriOS/80.0.3987.95 Mob...@M106072037064.v4.enabler.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:鑑定お願いします!
 アヤスケ  - 20/3/24(火) 21:57 -
こんばんは

ジョーティッシュで得手勝手な占断を垂れ流しそこそこのペースで誤読もやらかすアヤスケと申します

自分ごときでは他の占星術の知識をお持ちのなつ様にとって役不足そのものですが
何卒アヤスケの徒然なる占断をご容赦願います

では

<ラーシ・チャート>  【前半生の運勢/肉体的特徴】

1室(ラグナ)…魚座(ラグナロード/今生の自分自身は 木 星 )
→月・ケートゥが在住

2室…牡羊座
→在住惑星なし

3室…牡牛座
→在住惑星なし

4室…双子座
→木星が在住

※月と木星が互いにケンドラの配置─「ガジャー・ケーサリ・ヨーガ」が成立※

5室…蟹座
→火星が在住

※減衰の配置※

6室…獅子座
→土星が在住

7室…乙女座
→金星・ラーフが在住

※金星が減衰の配置※
※金星が「アートマ・カーラカ」(魂の表示体)※

8室…天秤座
→太陽・水星が在住

※太陽と水星のコンジャンクション─「スーリヤ・ブッダ・ヨーガ」が成立※
※太陽が減衰の配置※
☆水星と金星が星座交換☆

9室…蠍座
→在住惑星なし

10室…射手座(ラグナロードのもう一つの支配星座)
→在住惑星なし

11室…山羊座
→在住惑星なし

12室…水瓶座
→在住惑星なし

その他備考…全惑星に逆行なし
      また月がラグナに住んで吉凶の象意が強くなる


はい


まずは部屋ごとのそれぞれの象意を以下に示します


1室…自分自身・生まれつきの精神性・性格が作り出す大まかな印象
2室…生まれ持った容姿・声・才能・肉体の姿形・私有できる財産・食べ物の好み
3室…言葉と身体で行う全ての自己表現・歌・ダンス・呼吸や食欲などの生理的欲求
4室…家庭環境・母親の性格・精神的な幸福・心の強さ
5室…学力・芸術・恋愛・生まれてくる子供・実際の才能と努力
6室…労働・病気・敵となる存在・争い
7室…全ての対人関係・理想とする異性・結婚相手の傾向
8室…理不尽な経験・災害・不自由な問題・性的な経験・寿命
9室…高貴な悟り・哲学・達成・遠い外国の文化や思想・父親
10室…職業・職場・実際の仕事ぶり・社会的地位
11室…周囲からの評価・信用・第一印象・実際の収入・物欲・自尊心
12室…肉体の死・失うこと・浪費・隠された問題・目に見えない世界・瞑想

また上記の部屋の番号によりそれぞれの部屋の吉凶が以下のように分けられます

(吉意の部屋)
1室…自分自身・生まれつきの精神性・性格が作り出す大まかな印象
4室…家庭環境・母親の性格・精神的な幸福・心の強さ
5室…学力・芸術・恋愛・生まれてくる子供・実際の才能と努力
7室…全ての対人関係・理想とする異性・結婚相手の傾向
9室…高貴な悟り・哲学・達成・遠い外国の文化や思想・父親
10室…職業・職場・実際の仕事ぶり・社会的地位

(中立の部屋)
2室…生まれ持った容姿・声・才能・肉体の姿形・私有できる財産・食べ物の好み
3室…言葉と身体で行う自己表現・歌・ダンス・呼吸や食欲などの生理的欲求
11室…周囲からの評価・信用・第一印象・実際の収入・物欲・自尊心

(凶意の部屋)
6室…労働・病気・敵となる存在・争い
8室…理不尽な経験・災害・不自由な問題・性的な経験・寿命
12室…肉体の死・失うこと・浪費・隠された問題・目に見えない世界・瞑想


ただし3室と11室は厳密には少しだけ凶意を帯びています
また2室と7室は「死」を表意する部屋としても働く場合があります
西洋占星術でも同じことですが感受点(惑星)は
太陽と月以外ならそれぞれ2つの星座(部屋)を支配します


なお吉意の部屋も2種類に分けられます
1室・4室・7室・10室は「ケンドラハウス」と呼び
5室・9室は「トリコーナハウス」と呼びます
(1室はトリコーナハウスにも含まれる二重の象意がある部屋となります)


さてさて
なつさんの長所としては吉意のあるヨーガ(2つ以上の惑星が関係する特別な運気の形)
を3つほどお持ちのところ

独特な知識と技術がもたらされる「ガジャー・ケーサリ・ヨーガ」と
水星と金星が互いの支配する星座に互い違いに住むことで起こる「星座交換」
(水星は乙女座に住んだ時の強さと同じになり金星は天秤座に住むのと同じ強さを取り戻す)
そして知的な個性と表現力が身につく「スーリヤ・ブッダ・ヨーガ」

ですね


なおかつ月は太陽から6室目で満月に近い(7室目の対向ハウスで満月)位置だったので
ゆとりのある性格で「気が長い」タイプ
あ〜イイっすねぇ^^

このまま更に月のもたらす大まかな性格の傾向を確かめておきます
占星術では全ての惑星が位置した度数に従ってその性格がわかるのです

それは「ナクシャトラ」
(星座を13度20分ずつ区切り独自の性格と支配星を割り振った仕組み)
と呼ばれるルールです

この月の性格を明確に表す「ナクシャトラ」を確認してみます


<性格>
ヴァラーミヒラ曰く、「月がウッタラ・バードラパダにある時、その人は有能な話し手で、子供と孫を持ち、敵を征服し、高潔である」とのこと。

プールヴァとウッタラの2つのペアでは、多くのナクシャトラの意味が同じとなる。したがって、詳細はプールヴァ・バードラパダを参照されたし。

また、違いを言えば、ウッタラ・バードラパダは、プールヴァ・バードラパダに比べ怒りのコントロールが容易となり、また、残酷さ(冷酷さ)、醜さ、悪行は、プールヴァに比べ強調されない(控え目である)。
有害な行為は、プールヴァ・バードラパダに強く影響を受けた人により行われるが、ウッタラでは、それは大きく自制されて、邪悪な行為は制御される。

人に自らを捧げ、奉仕する傾向があるが、この対象が移ることは少ない。ある意味、一途な星である。 ラグナや月がここにあると、物を贈ったり、寄付したり、受け継いだりすることで相手を利するなど、慈悲深く、自己犠牲のある人になる。献身的な奉仕の精神と、忍耐強さを持つ。

原初の蛇は、動きと隔離、または秘密を示しており、孤独と退去のあること示唆している。
また、アジャイカパダのように、アヒーブドニャはクンダリーシャクティと呼ばれるタントラの力と関連する。このエネルギーは最高位の知恵・知識・啓発・超常的な力や覚醒など、最高度の精神的改革を活性化する。
<職業>
慈善団体、タントラの開業医、墓地や火葬関連

偉大な献身者。超常的な洞察・深い知識・覚醒を持った人。

介護・医療系、教師、保母、その他プールヴァと同じ


しかもこの月は5室支配で1室(ラグナ)に住むため「ラージャ・ヨーガ」
(ケンドラハウスとトリコーナハウスが関係し合うことで起こるヨーガ)になっています
本来的にも吉意のある月が吉意の部屋の5室を支配するのでとても良い影響力を持っています

そして対向の7室にはなつさんの過去生を表意する金星が住んで月と相互アスペクトします

ジョーティッシュでは自分自身と全ての他人を意味する1室7室の軸で
生来的な吉星が向かい合うのは
支配する部屋の象意の影響が強すぎて運気のメリハリを落とす悪い配置と言われています

しかしなつさんの1室7室には「ドラゴンヘッド・ドラゴンテイル」にあたるラーフ・ケートゥが
住んでいます

惑星としての品位が高い月にケートゥがコンジャンクションし
減衰の星座に住みつつキャンセルされた金星がラーフとコンジャンクションしています

月は強さを帯びて良いナクシャトラに住むためケートゥに傷つけられない配置
金星は最も弱くなる星座で支配する部屋の凶意を捨てつつも吉星として強さを取り戻す配置

なので運気のバランスを乱すラーフ・ケートゥの悪意に負けないのみならず
人間的な性格の良さが残る不思議な運気の仕組みが出来上がっているという印象です

ただし金星は吉意の部屋の7室と凶意の部屋の8室が混ざり合う条件下で働くことになり
「関わり合う相手」と「避けられずに強いられる経験」という運気の傾向が強調されます

個人特有の運勢カレンダーである「ダシャー」や
リアルタイムの天体動向である「トランジット」の影響から
この金星とラーフを注意深く見積もる必要があります

ダシャーを拝見しますとなつさんは39歳になったばかりの年末頃から
まさに「金星期」が始まっていました(今も金星期の最中であり2036年の12月12日まで続きます)

運勢のほどはいかがでしょうか?
悪い出来事が多ければラーフの凶意が7室を支配していることになります


それから


なつさんのラーシ・チャートで重要なのはこの次の8室となります

8室では成人後の社会人としての基礎運も示す太陽が減衰してしまいます
同居する水星は逆に最も強くなる高揚の品位を帯びて吉意の働きを見せます

ただし太陽は凶意の6室支配のため減衰することでその象意(病気・苦役・争い)が失われます
2室と真逆の意味が出る8室(「与えられる」部屋)で悪い運気が絶えること自体はかなり良いと言えます

問題は8室に対するアスペクトです

ジョーティッシュでは
アスペクトのルールが角度ではなく対向の7室目と惑星ごとに特有の位置への影響とする決まりがあります
なお土星は3室目と10室目にもアスペクトし火星は4室目と8室目にもアスペクトします

従って8室には土星と火星という厳しい生来的凶星が同時に悪影響を与えます

対人関係から2室目で自分と相手の立場の違いが見える部屋の8室で
社会性も意味する太陽が弱まって知性を担い7室的な行動力も表す水星は逆に最も強くなっています

8室だけを眺めると
「腰が低く常識的で全く争わない」といったなつさんの性格が想像できます
しかし水星は金星と星座交換することで7室と8室の反復が起こる運勢が出来ています

そこへ火星と土星が悪意を注ぐため
今のなつさんには人知れず気苦労と終わらない忍耐で疲れているような様子が伺えます

魚座ラグナでは火星は2室9室を支配して土星は11室12室を支配します

なつさんの火星は5室でまた減衰してしまっています
無自覚な才能や努力を意味する2室とやはり無自覚な精神性の9室が最も弱まる状態で
「努力による成果」や「客観的な才能」という象意の5室に住むこの火星は
人付き合いや努力の蓄積を通じた個性の成長が『実りづらい』運勢を与えているはずです

また土星は象意が正反対となる11室12室支配で複雑な影響力を持って
「苦闘・根気」の6室に住んでおり
凶意の部屋に対する凶意の惑星が住むことで少しずつ運気が好転する条件が成立します

6室で忍耐を促す土星が働く一方で実際の自助努力がなかなか続かない性格が
8室の「人間関係に根差した利害」という問題に好ましくない影響を及ぼしています


なつさんとしては
「我慢強く仕事と人付き合いの問題を受け流している」ような生き方ではないでしょうか


なつさんの今生を客観的に表意する木星は本来的に最高位の吉星であり
人生でもかなり重要な10室も支配して吉意の部屋の4室に住んでいます

ラグナロード自体は傷つかない配置で「品性・情緒」の4室に住みとても良い配置
その木星が8室へアスペクトすることで隠れた「精神的疲労」が少し和らぐ状態です

なお月と特定の位置関係が成り立ち良いヨーガを帯びたラグナロードの木星は
職業運の10室を支配して「実家・自宅」という意味もある4室に落ち着くため
『独りでじっくりと取り組む仕事』といった解釈が生まれます

恐らくなつさんの占星術の独習と実践はこの配置から生まれた結果とアヤスケは推理します
(また状態の良い木星がご自身の置かれた境遇を洞察させるように働いていることも伺えます)


ざっとアヤスケが査読させていただいた限りでは
こうした「忍耐と省察を以て今の生活に取り組む」傾向がまだまだ続くように思われます


ご返答をお待ちしております


<(__)>

引用なし

パスワード


51 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/70.0.3538.102 Safari/537.36 Ed...@119-171-98-84.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

鑑定お願いします!
 なつ  - 20/3/24(火) 15:29 -
はじめまして

1977/10/24 15:48 広島生まれ

なつと申します。

占星術を勉強し、一通り自分のは見て、
無料で知人を見たりしています。
東洋の算命学では相性いいのに、西洋占星術ではよくなかったり、
その違いが気になり、最近インド占星術にも興味を持ち始めました。

自分のカルマ・使命は、何でいつ花開くのか?
知りたいです!
よろしくお願いいたします!

 

引用なし

パスワード


51 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p9009-ipngnfx01souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:アラフォー学生です。再婚と卒後の進路
 クン  - 20/3/23(月) 22:23 -
初めまして、初心者のクンと申します。

変化の多い人生を送ってこられたということは、人より多くカルマを消化できたということで、占星術的には良い事なのですが、ご本人様にとっては、いったいどうなっているのかと思われるのも無理のないことと思います。

ちゅーぞー様のチャートでは、自分を見る1室に、とても強い金星があります。
この金星は、変化変動を表すハウスを支配しており、さらに、分割図というサブ的な図面の多くでも、変化変動を表すハウスと関わっています。
そのため、人生を通じて、変化が多い傾向をお持ちでいらっしゃいます。
金星は、異性関係、生殖器、乗り物などをみる星ですので、これらに関する変化が多い、つまり、異性関係が不安定になりやすかったり、子宮のお病気や交通事故に遭いやすいといった傾向が出やすくなります。
ただし、金星はとても強いため、お別れされても、わりとすぐに次のお相手が見つかったり、お病気や事故に遭われても、命には別条ないなど、良い方向に働くはずです。

2007年〜2013年は、ちゅーぞー様のカルマが噴出する時期にあたっていましたので、そのような変化変動を多くご経験されたものと思われます。
ちゅーぞー様の人生で、最強の時期は、これからです。
それは、50代半ばから60代半ばにかけてです。
特に、2034年〜2039年は、お仕事運がとても良い時期です。
身に着けられた技能で、しっかり稼げる時期になると思われます。

お仕事は、医療系は適職でいらっしゃいます。
できれば、修了後すぐに開業されるのではなく、1年程どこかで修業されて、開業されるなら、2022年の方が良いように思います。
2021年は、お仕事運があまり良くないのですが、2022年は、金運もお仕事運も良い時期だからです。

再婚につきましては、元々、ハンサムだけれども浮気をしたり、場合によっては、手を上げたり、モラルハラスメントのようなことをするかもしれない方とご縁ができやすくていらっしゃいます。
法律的な結婚かどうかはわからないのですが、今年は、異性とご縁ができやすい時期です。
今の学校の関係の方か、もしくは、今後ご一緒にお仕事をされる方かもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。


▼ちゅーぞーさん:
>鑑定どうぞよろしくお願いいたします。
>
>1977/02/16 08:13am 女
>
>この10年の出来事の一部を書き記します。
>長文になることをご容赦ください。
>
>まずはこの数年では、医療系国家資格を取得するため専門学校へ通っています。2021年3月に資格を取得する予定です(開業権あり)
>
>2005年11月結婚
>2009年経過観察を要する生殖器(子宮頸部)の病気発覚
>2010年12月離婚
>2011年悪化予防として子宮頸部の部分切除手術をうける
>2012年8月滞在先の外国で乗っていた車が横転する交通事故にあう(私は軽い外傷と打撲)
>2013年滞在先で後に交際が始まる方と出会い翌年より交際が始まる
>2015年海外に長期滞在することが決まり遠距離恋愛となるも、後に二股が発覚し紆余曲折を経て2018年に破局
>2017年日本帰国
>2018年4月専門学校入学
>
>私の人生はいったい何がどうなってるのか知りたいです。厳しい内容も含め受け止めて、今後の参考にさせていただきたいのでどうぞよろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


63 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.132 Safari/537.36 OP...@122x214x243x145.ap122.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:いつも孤独をかんじる
 はな  - 20/3/23(月) 21:57 -
こんばんわ、今回は鑑定していただきありがとうございました。

引用なし

パスワード


34 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 9; SOV36) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.149 Mobile Safari/537.36@d229130.lcnet.jp>
・ツリー全体表示

Re:鑑定お願いします
 K E-MAIL  - 20/3/23(月) 19:34 -
クンさん ありがとうございました

運気の良い時なんですね!
すっごく嬉しいです
邁進していけそうです

秋口から体調に気をつけていきたいと思います

ありがとうございました

引用なし

パスワード


31 hits
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_10_5) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/75.0.3770.100 Safari/537...@KD059138030040.ppp-bb.dion.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:いつも孤独をかんじる
 ちょこ  - 20/3/23(月) 19:13 -
こんばんは。

>夫1960.1.2生まれ。北区上中里、時間不明。
>だけだと難しいと言うことでしょうか?

時間が分からないと、ほぼ機能しませんからね。。。難しいです。
インド占星術の鑑定をされてる方で
プロフェッショナルな方の中には、
母親の記憶での生まれ時刻も勘違いがあるから信用ならない、母子手帳に記載の時刻でないと鑑定しないとおっしゃる方もいらっしゃいます。それほど、重要です。


>ちなみに、貼ってくださったURLを見たところダニシュターがはまっているような気がしました。夫は音楽関連の仕事をしています。

ダニシュターも、山羊座か水瓶座か
どちらにもなるので、これ以上のことは
どなたも何も分からないと思いますよ。

少し回答してしまったので、
期待させてしまっていたら、すみませんでした。

引用なし

パスワード


37 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 10; Pixel 3 XL) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.149 Mobile Safari/...@zaqdb7308e8.zaq.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:いつも孤独をかんじる
 はな  - 20/3/23(月) 18:13 -
ちょこさんこんばんわ。返信ありがとうございました。

>インド占星術は、生まれた時間と場所が分からないと、あんまり、ほぼ、機能しないのです。
>月の位置から推測する手法もありますが、
>旦那さんの月は山羊座か水瓶座かも特定出来ません。
>ですので、何も分からないというのがお答えになるかと思います。

夫1960.1.2生まれ。北区上中里、時間不明。
だけだと難しいと言うことでしょうか?

>しいていうならば、旦那さんの月は、
>ダニシュターかシャタビシャーですね。
>
ちなみに、貼ってくださったURLを見たところダニシュターがはまっているような気がしました。夫は音楽関連の仕事をしています。

引用なし

パスワード


34 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 9; SOV36) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.149 Mobile Safari/537.36@d229130.lcnet.jp>
・ツリー全体表示

1 / 247 ページ    前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃ルール  
 231534
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.02b1
スピリチュアルインド雑貨SitaRama(シーターラーマ)