Unit 1:ホロスコープ


猿にもわかる!インド占星術講座
ベイシックスキル−入門編
 

ホロスコープは、登山家にとっての地図のようなものです。登山家は、これから登ろうとする山に関する詳細な情報を、地形図から読み取ります。

同様に占星術家は、これから読み解こうとする人や問題に関する詳細な情報を、ホロスコープに求めます。

インド占星術のホロスコープは、一見して単純ですが、そこには実に多くの情報が秘められています。それはあたかも、単純なDNAの螺旋(らせん)構造の中に、個体に関するすべての情報が含まれているのに似ています。

このユニットでは、次の3つのレッスンにわたって、インド占星術で使うホロスコープについて学習します。

DNA螺旋構造
ホロスコープはいったいなにを象徴しているのか: ホロスコープ基本的な構造について学びます。
ホロスコープ静的な側面: ホロスコープの構成要素である惑星ハウスについて学びます。
ホロスコープ動的な側面: 時間軸を考慮する手法、ダシャーシステムについて学びます。
 

前へ 目次へ戻る 次へ