Moyuku

初めての人は、まず、ルールをお読みください。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃ルール  
112 / 5894     ←次へ | 前へ→

Re:引っ越しする時期と婚期と職業について悩んでいます。
 アヤスケ  - 21/10/4(月) 0:23 -
こんばんは


恐れ入ります
どなたもお答えにならないのでプロ鑑定士志望のアヤスケが占断させていただきます


では


>私は幼少期から父親と仲が悪いです。
>私と父が会話するときはいつも緊張感があり、笑顔になることはありません。


M・Hさんのチャート(運勢図)では
父親を現す星が水星かまたは太陽となります
太陽はインド占星術で悪い意味を持つ12室に住んでしまっています
12室は「失い損なわれる」という経験をもたらします


また水星は「独立・自尊心」という意味の11室に住んでいますが
水星はそこで悪い影響力を持つ凶星の土星と同室しています
概してご実父様の性格は「気難しく誰に対しても厳しい」ようなお人柄と思われます


普段からご実父様はプライベートで人と会うことが得意ではなく
ご自身の仕事ばかりを考えて黙々と自己流な私生活を送っているイメージの方です


>兄は買物依存症で、実家をゴミ屋敷にしてしまいました。
>
>そんな実家の息苦しさに我慢ができず、2010年12月に初めて賃貸住宅を借り、一人暮らしを開始しました。


ご実父様の配置を指す11室が実兄様の様子も現わしています
インド占星術では11室が年上の兄弟姉妹(兄と姉)を意味しています


11室自体は太陽が支配する部屋ですが
その太陽が12室に住んでおり太陽が住む12室の星座は水星が支配しているため
太陽と水星は互い違いの星座に住む関係が成立します
インド占星術でこれを「星座交換」と呼び特別な強い影響を及ぼします
それにより太陽と水星は支配する部屋の意味を運勢上で実現させるかの如く働きます


従って
11室(エゴ・欲求)と12室(時間や貯蓄の浪費・損失)が結びついていることになります
そのため11室の意味する年上の兄弟が常に欲求不満で訳もなく買い物を重ねるのです


>しかし入居当初から周辺のおじいさん・おばあさんの干渉があったり、水道光熱機器の不具合が多発しました。
>
>入居早々『「別のところへ引っ越したい!』と思ったのですが、あまりにも田舎のため、引っ越せそうな賃貸物件がこの10年間出てきませんでした。
>
>インド占星術で私を見た場合、引っ越しの可能性が良い時期を知りたいです。


インド占星術では吉星の木星が「年長者」という象意も持っています
ただしM・Hさんのチャートでは木星が悪い意味の部屋を支配しており
その木星は極めて強く働く位置(星座)に住んでいます


木星が住むのは「職業」という意味の10室ですが
インド占星術におけるアスペクトのルールで7室目の部屋にアスペクトが生じます
つまり木星は10室から4室にアスペクトして
4室の意味する「家庭環境・自室」に木星から悪い影響が注がれています


結果的に新しく住んだ先での生活に「余計なお世話」を与える年長者が現れる状況を
木星が必ず引き起こすと言える配置になっています


また
M・Hさんの土星は「自宅・自室」と「身の周りの機械設備」という象意を持っています
その土星が住む星座(獅子座)は土星との相性が悪く
そこに同室する水星は12室を支配して12室の悪い影響を土星に与えています
12室は「損失」の象意を持っていますから家電が壊れるという事象であると読めます


>------------------
>
>私はいま43歳ですが、この22年間、恋愛や結婚にまったく縁がないまま過ごしています。
>
>このまま独身で生涯を終えるのか、結婚する可能性があるのか知りたいです。


この事項についてだけは十分に良い見込みがあります


M・Hさんは生まれつきの恋愛運がお世辞抜きにかなり良いと言えます
M・Hさんは今生の自分自身を現す星が金星ですが
その金星は1室(アセンダント)に住んでそこが金星自身の支配する自室であり
金星がインド占星術で「ヨーガ」と呼ぶ特別な強さの配置となっており
その金星が強調される時運では自分らしさが公私ともに良い経験となって結実します


何とも素晴らしいことに
M・Hさんの生まれ持った時運の流れ方では来年の7月3日から金星が主役となります
自分自身を指す星(インド占星術で「ラグナロード」と言います)が主運となるのは
インド占星術でも希少な大局的変転期の一つです


なおアセンダントから見た7室はインド占星術でも「パートナー」を意味する部屋です
M・Hさんの7室は火星が支配していますが
偶然にも火星はアセンダントに住んで金星と同室しています


7室という部屋とは無関係に火星は女性から見た若い男性の象徴でもあります
疑う余地もなく金星の時運に入って数年もしない内に突然の【出会い】があり得ます


M・Hさんの人生そのものが来年7月を過ぎてから変化し始めるようですが
火星の支配する7室とは「全く知らない土地とそこに住む人々」という意味も含みます


火星が本当に強く働くのは2028年の7月以降ですが
再来年の7月3日から今とは違うどこかで新しい生活を始める可能性もあります

来年の今頃は人生が少しずつ変わり始めたことをぼんやりと感じるかも知れません
二度とないような理想を体現できる至福の時期となりそうですから
ためらわず行動する決心を確実に育ててみて下さい


以上


M・Hさんの今後に吉報の実りあることを祈念いたします <(_ _)>


引用なし

パスワード


166 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/94.0.4606.61 Safari/537.36 Edg...@124-144-32-47.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

引っ越しする時期と婚期と職業について悩んでいます。 M・H 21/9/19(日) 20:48
Re:引っ越しする時期と婚期と職業について悩んでいま... アヤスケ 21/10/4(月) 0:23
感激です! M・H 21/10/16(土) 20:43
Re:感激です! アヤスケ 21/10/17(日) 19:01

112 / 5894     ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム ┃ルール  
 269313
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.02b1
スピリチュアルインド雑貨SitaRama(シーターラーマ)