Moyuku

初めての人は、まず、ルールをお読みください。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
7 / 97 ツリー    ←次へ | 前へ→

再婚の鑑定 17/12/11(月) 18:35
Re:再婚の鑑定 ag2 17/12/17(日) 16:25
Re:再婚の鑑定 ちゃーと 17/12/17(日) 19:00
Re:再婚の鑑定 17/12/21(木) 23:32
Re:再婚の鑑定 17/12/18(月) 9:52
Re:再婚の鑑定 17/12/21(木) 18:54
Re:再婚の鑑定 ag2 17/12/21(木) 20:01
Re:再婚の鑑定 ニーチャバンガ 17/12/23(土) 0:03
Re:再婚の鑑定 17/12/23(土) 1:28
Re:再婚の鑑定 ニーチャバンガ 17/12/23(土) 10:52
Re:再婚の鑑定 ISOP 17/12/17(日) 20:37
Re:再婚の鑑定 17/12/21(木) 23:49
Re:再婚の鑑定 ag2 17/12/22(金) 11:54
Re:再婚の鑑定 17/12/27(水) 18:45
Re:再婚の鑑定 ag2 17/12/29(金) 9:54
Re:再婚の鑑定 17/12/29(金) 15:33
Re:再婚の鑑定 ag2 17/12/30(土) 9:21
Re:再婚の鑑定 17/12/30(土) 12:41
Re:再婚の鑑定 ag2 17/12/30(土) 18:01
マザー・テレサ ちゃーと 17/12/30(土) 21:20 [添付]
Re:マザー・テレサ 17/12/31(日) 9:31
Re:マザー・テレサ ag2 17/12/31(日) 10:03
Re:マザー・テレサ 17/12/31(日) 16:41
Re:再婚の鑑定 17/12/30(土) 22:54
Re:再婚の鑑定 18/4/28(土) 12:28
Re:再婚の鑑定 ag2 18/4/29(日) 7:54
Re:再婚の鑑定 18/4/29(日) 9:27

再婚の鑑定
   - 17/12/11(月) 18:35 -
再婚の鑑定をした、み、です。

2室説、11室説、色々ありますが、みなさんはどれでみてますか?

私はag2さんのまとめを拝見してD9 の2室説で今回は鑑定しました。

参考までに、私の手持ちのチャートの中で再婚経験者がいます。
この人のチャートは、D9 の2室がすっからかんで、支配星の土星が、6室で定座になっている水星とコンジャンクション。
「再婚相手はやや優柔不断で、理屈っぽく口うるさい」
と言っていました。

11室みてもあまりその傾向はないので、2室かと思いますが。

みなさんの鑑定経験からいけば、再婚は何室でしょうか?

引用なし

パスワード


270 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/15C...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ag2  - 17/12/17(日) 16:25 -
レスがないのももったいない話題ですが、自分の経験を語れるほどでもないので、例によって、ここにこう書いてある、という情報提供をさせていただきます。


(再婚の可否というより)再婚相手のパーソナリティについて正面から論じているのは、わたしの手持ち書籍では、ジェームスブラハ「the art and practice of ancient hindu astrology」のみです。同書223頁を引用しますと、


「9Hは2回目の結婚を表すんだ。2回目の結婚について違う部屋を診る占星術師がいるのはわかってる、けど、ぼくは9Hって教わったし、これはとても良く作用するよ。いくつか例をみてみよう。」


として、お互いバツイチである著者自身とその妻のチャートの解説に入り、乙女座在住の9Lに木星の影響があるから乙女座的、木星的な再婚相手だった(9Hに在住やアスペはない事例)、などとしています。その後、

マーティン(生徒役)「再婚を分析する際、7Hとナヴァムシャから得られる情報は完全に無視するの?」

著者「完全に、ではない。ネータル及びナヴァムシャの7Hはその人の総体的な傾向をあらわす。これらの傾向は完全に消えてなくなることはないよ。でも、キミはそれぞれのチャートを分けて分析しなくちゃならない。ぼくの妻みたいに、7Hと9Hが全然違っていて、初婚と再婚の結果が全然違うケースもある。」

と続きます(マーティン、よくぞ訊いてくれた!)。再婚の多いアメリカで鑑定している著者、しかも7Hとの関連まで言及してくれる緻密さをみると、9H説も採用の余地は十分あると思います。



ナーディでは、2人目の相方は水星、3人目(!)は土星でみるとのことです。ナーディアスペクトですので、水星の在住星座、水星のコンジャクト、両脇及び7Hにいる惑星の影響から相方の性質を論じることになります。


非常に興味深いのが、み さんの事例では、9L説、水星説ともに妥当しそうなところです(ふたご座ちっく、土星でねちっこい)。究極的には、違う占術で完全に同じ結果となるはず。


み さんのことですから既に実施ずみかもしれませんが、過去スレで「再婚」で検索すると、ほとんど「再婚できるか」という相談ばかりで、実際の再婚経験者は、2014年投稿のHNふゆみさん のみのようです。2番目のダンナのパーソナリティは不明です。2Hに11L、2L、水星もおります。偶然なのか、、、データが足りませんねえ、、、、

引用なし

パスワード


188 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199145195.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ちゃーと  - 17/12/17(日) 19:00 -
みさんの紹介してくれた11室説は初耳。
私は9室か2室説しか聞いたことないです。9室を見るのは、再婚相手を初婚相手をの姉妹と見なす考えが背景にあります。実際にインドでは妻が死んだ後、その妹と結婚する話もあります。2室は7室から見て死の8室なので、初婚相手が無くなった代わりの存在を意味します。ある意味こちらの方が現代的かも?

また9室説は再婚回数が7回になると、また7室に戻ってしまう嫌いがありますが、2室説は12の室をフルに利用できる利点がありますね。

個人的にはダシャーラグナから見て7室を見る方が、色々な説に迷わなくて済むかな?という気もしますが、マハーダシャーが長い時に複数回結婚すると破綻してしまいます。つまり一長一短です。(⌒-⌒; )

ちなみに再婚といえばエリザベステイラーが有名ですね。以下は参考リンクです。

http://www.barbarapijan.com/bpa/DramaSong/drama_TaylorElizabeth_1932-2011.htm

http://itzhoroscope.astrosage.com/2010/04/elizabeth-taylors-ninth-marriage-and.html?m=1

http://www.jyotishstar.com/elizabeth-taylor-jan-2012.html

引用なし

パスワード


166 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/604.3.5 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@96.205.49.163.rev.vmobile.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ISOP  - 17/12/17(日) 20:37 -
みさん

ISOPです。

再婚については以下のように書かれています。

『最初の結婚(M1)の長さは第7室から第2室目(すわわち第8室 )から見ることができます。このハウスから7室目(すなわち第2室)は2回目(M2)の結婚の可能性を示し、この結婚の長さは、この2室から2番目のハウス(すなわち3室)から決定されます。さらに、このハウスから7室目(すなわち9室)は3番目の結婚(M3)を示し、そこから2室目(=10室)はその長さを示します。その後の結婚については、通常4回まで見ることができます。このような一連の法則は、通常、月の影響(母親または義母の影響で)が自然に障害として現れるため、4回目の結婚で止まります』


引用元:http://varahamihira.blogspot.jp/2004/10/12-houses-of-zodiac-from-bphs.html


ただ、アガスティアの葉は各章が、占星術のハウスと対応するのですが、再婚は第11章です。これは再婚が11室であることを匂わせています。
http://indian-vedic-astrology.com/nadi.html

また、再婚に関してはネータルからは判断が難しいので、プラシュナで見る方が効果的かと思います。

こんなところで・・・m(__)m

引用なし

パスワード


176 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/63.0.3239.108 Safari/537.36@FL1-211-135-170-127.kyt.mesh.ad.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 17/12/18(月) 9:52 -
▼ag2さん:


 ag2さんのHPにはいつもお世話になっております(更新楽しみにしてます)。

 私のチャートをご存知のag2さんは、
「み、は再婚しそうだな」
 と思っていらっしゃる気がしますが(笑)。


ISOPさんが引用されたものをみたことがあったので、私も2室で鑑定しましたが、手持ちデータを9室でみても、どうも結果がかわらないようなんですよね。
 ちなみに私の手持ちデータのチャート主のD9の7室在住星はケートゥ。2&9室との絡みなしです。


 再婚については、ドウビサプタティ・サマ・ダシャー適用者については、以下のように、ドゥビに反応する惑星だけで再婚もみれてしまい、2室や9室はまるで関係ないようです。
 これは、浜崎あゆみをみると特にわかりやすいですが、松田聖子、小室哲哉あたりをみるとわかりやすいです。

1.D1の7室に惑星があるドゥビっ子
 ・・・D1の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手

2.D1の7室がすっからかんだけどD9の7室に惑星があるドゥビっ子
・・・D9の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手

 
 7室が星座交換するドゥビっ子は不確定要素が高いですが、おそらくはひっくり返して定座扱いにしてみて、ひっくり返した後に7室にくる惑星でみるのがおそらく正解。
 ただし、ひっくり返しでどこかに飛んで行った惑星の要素は相手の特徴のどこかに加味されるはず。
 (ソースは自分。火星水星の交換で、火星男が好きですが、頭の良い火星男に限ります。)

3.D1もD9も7室がすっからかんなドゥビっ子
 D1の7Lをみる。


 ドゥビっ子はたいへんえり好みが激しいのか、7室の特定の惑星の性質にはまる人以外は視界に入らないようです。


>
>
>非常に興味深いのが、み さんの事例では、9L説、水星説ともに妥当しそうなところです(ふたご座ちっく、土星でねちっこい)。究極的には、違う占術で完全に同じ結果となるはず。
>

 そう!ナーディとパラシャリとか占術が違ったとしても、結果が同じにならないとおかしいんですよね!
 それで私は星座交換で人物像をみるときはひっくり返しちゃうわけですが。

 ※パラシャリでの星座交換は、「謎が多い」と言いわけじみたことをいってテキトーにごまかしてるだけで、星座交換してるときにひっくり返しちゃいけないとは言ってないし、そもそも交換してるときは人物像をみようとしたらひっくり返さないと当たらない。

引用なし

パスワード


129 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p17006-ipngn3901souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 17/12/21(木) 18:54 -
▼ag2さん:


Ag2 さんのHPをみて、ひとつ思い出したことがあります。

私のD9 は、2-7星座交換で、ナーディ方式なら事後で7室は火星が在住になります。

さらに、D1 は、7室が空で、木星アスペクトバックあり、土星もアスペクト。9室は火星が在住。

1回婚約破棄とかして(それに近いのはありましたが)、火星男と結婚しそう…

ナーディ方式と9室組み合わせ、案外一貫性があるかもです。
ドゥビっ子な私のドゥビ反応惑星は火星なので、もとからドゥビっ子設定がきいてしまうのを差し引く必要はありますが。

しかしデータが足りない…


>
>
> ag2さんのHPにはいつもお世話になっております(更新楽しみにしてます)。
>
> 私のチャートをご存知のag2さんは、
>「み、は再婚しそうだな」
> と思っていらっしゃる気がしますが(笑)。
>
>
> ISOPさんが引用されたものをみたことがあったので、私も2室で鑑定しましたが、手持ちデータを9室でみても、どうも結果がかわらないようなんですよね。
> ちなみに私の手持ちデータのチャート主のD9の7室在住星はケートゥ。2&9室との絡みなしです。
>
>
> 再婚については、ドウビサプタティ・サマ・ダシャー適用者については、以下のように、ドゥビに反応する惑星だけで再婚もみれてしまい、2室や9室はまるで関係ないようです。
> これは、浜崎あゆみをみると特にわかりやすいですが、松田聖子、小室哲哉あたりをみるとわかりやすいです。
>
>1.D1の7室に惑星があるドゥビっ子
> ・・・D1の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手
>
>2.D1の7室がすっからかんだけどD9の7室に惑星があるドゥビっ子
>・・・D9の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手
>
> 
> 7室が星座交換するドゥビっ子は不確定要素が高いですが、おそらくはひっくり返して定座扱いにしてみて、ひっくり返した後に7室にくる惑星でみるのがおそらく正解。
> ただし、ひっくり返しでどこかに飛んで行った惑星の要素は相手の特徴のどこかに加味されるはず。
> (ソースは自分。火星水星の交換で、火星男が好きですが、頭の良い火星男に限ります。)
>
>3.D1もD9も7室がすっからかんなドゥビっ子
> D1の7Lをみる。
>
>
> ドゥビっ子はたいへんえり好みが激しいのか、7室の特定の惑星の性質にはまる人以外は視界に入らないようです。
>
>
>>
>>
>>非常に興味深いのが、み さんの事例では、9L説、水星説ともに妥当しそうなところです(ふたご座ちっく、土星でねちっこい)。究極的には、違う占術で完全に同じ結果となるはず。
>>
>
> そう!ナーディとパラシャリとか占術が違ったとしても、結果が同じにならないとおかしいんですよね!
> それで私は星座交換で人物像をみるときはひっくり返しちゃうわけですが。
>
> ※パラシャリでの星座交換は、「謎が多い」と言いわけじみたことをいってテキトーにごまかしてるだけで、星座交換してるときにひっくり返しちゃいけないとは言ってないし、そもそも交換してるときは人物像をみようとしたらひっくり返さないと当たらない。

引用なし

パスワード


107 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@pw126199211232.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ag2  - 17/12/21(木) 20:01 -
▼みさん:

ご利用ありがとうございます笑

なるほど、確かにそうですね。
9Lはやはり水星支配星座在住、強い太陽とコンジャクト、ナクシャトラLは火星ですし。
二室とみてしまうと、火星色がうすれますね。

水星が逆行して9室に向かいつつあるのも、何かしら示唆するものがあるかも。D1の水星を2番目の夫とみても、逆行によりナディ的には人生後半で火星とくっつき、火星的性質を獲得。

(火星+水星)男がやはりテーマかもしれないですね。これは、実際にケッコンしていただければ、いいデータが取れるますねー(゚∀゚)


ちなみに最近、ドゥビの解説本買いましたけど、結婚以外に、出産や就職など、人生全般に使われてましたゼ。


>▼ag2さん:
>
>
>Ag2 さんのHPをみて、ひとつ思い出したことがあります。
>
>私のD9 は、2-7星座交換で、ナーディ方式なら事後で7室は火星が在住になります。
>
>さらに、D1 は、7室が空で、木星アスペクトバックあり、土星もアスペクト。9室は火星が在住。
>
>1回婚約破棄とかして(それに近いのはありましたが)、火星男と結婚しそう…
>
>ナーディ方式と9室組み合わせ、案外一貫性があるかもです。
>ドゥビっ子な私のドゥビ反応惑星は火星なので、もとからドゥビっ子設定がきいてしまうのを差し引く必要はありますが。
>
>しかしデータが足りない…
>
>
>>
>>
>> ag2さんのHPにはいつもお世話になっております(更新楽しみにしてます)。
>>
>> 私のチャートをご存知のag2さんは、
>>「み、は再婚しそうだな」
>> と思っていらっしゃる気がしますが(笑)。
>>
>>
>> ISOPさんが引用されたものをみたことがあったので、私も2室で鑑定しましたが、手持ちデータを9室でみても、どうも結果がかわらないようなんですよね。
>> ちなみに私の手持ちデータのチャート主のD9の7室在住星はケートゥ。2&9室との絡みなしです。
>>
>>
>> 再婚については、ドウビサプタティ・サマ・ダシャー適用者については、以下のように、ドゥビに反応する惑星だけで再婚もみれてしまい、2室や9室はまるで関係ないようです。
>> これは、浜崎あゆみをみると特にわかりやすいですが、松田聖子、小室哲哉あたりをみるとわかりやすいです。
>>
>>1.D1の7室に惑星があるドゥビっ子
>> ・・・D1の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手
>>
>>2.D1の7室がすっからかんだけどD9の7室に惑星があるドゥビっ子
>>・・・D9の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手
>>
>> 
>> 7室が星座交換するドゥビっ子は不確定要素が高いですが、おそらくはひっくり返して定座扱いにしてみて、ひっくり返した後に7室にくる惑星でみるのがおそらく正解。
>> ただし、ひっくり返しでどこかに飛んで行った惑星の要素は相手の特徴のどこかに加味されるはず。
>> (ソースは自分。火星水星の交換で、火星男が好きですが、頭の良い火星男に限ります。)
>>
>>3.D1もD9も7室がすっからかんなドゥビっ子
>> D1の7Lをみる。
>>
>>
>> ドゥビっ子はたいへんえり好みが激しいのか、7室の特定の惑星の性質にはまる人以外は視界に入らないようです。
>>
>>
>>>
>>>
>>>非常に興味深いのが、み さんの事例では、9L説、水星説ともに妥当しそうなところです(ふたご座ちっく、土星でねちっこい)。究極的には、違う占術で完全に同じ結果となるはず。
>>>
>>
>> そう!ナーディとパラシャリとか占術が違ったとしても、結果が同じにならないとおかしいんですよね!
>> それで私は星座交換で人物像をみるときはひっくり返しちゃうわけですが。
>>
>> ※パラシャリでの星座交換は、「謎が多い」と言いわけじみたことをいってテキトーにごまかしてるだけで、星座交換してるときにひっくり返しちゃいけないとは言ってないし、そもそも交換してるときは人物像をみようとしたらひっくり返さないと当たらない。

引用なし

パスワード


126 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199145195.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 17/12/21(木) 23:32 -
▼ちゃーとさん:

はじめまして、み、です。

エリザベス・テイラーのチャートをみても、もはや結婚回数多すぎて訳の分からない感じになっていますね。

松田聖子の3回は、ドゥビっ子なので、まだわかりやすいのですが、ドゥビっ子以外の再婚はめんどくさい…


>
>私は9室か2室説しか聞いたことないです。9室を見るのは、再婚相手を初婚相手をの姉妹と見なす考えが背景にあります。実際にインドでは妻が死んだ後、その妹と結婚する話もあります。2室は7室から見て死の8室なので、初婚相手が無くなった代わりの存在を意味します。ある意味こちらの方が現代的かも?

インドの習慣は、妹の方が迷惑がり、姉は化けて出そうな習慣ですね(苦笑)。

>
>また9室説は再婚回数が7回になると、また7室に戻ってしまう嫌いがありますが、2室説は12の室をフルに利用できる利点がありますね。
>
いやいやいやいや、7回も結婚する人はさすがに稀でしょう(笑)。
確か、チャートからは最大でも4回までしかみれない設定だったと思います。


私の手持ちデータからいけば9室で相手を見て、ag2 さんのまとめから、再婚の可能性はD9 の2室、でしょうか?
そして3回目はD9 の11室?


>個人的にはダシャーラグナから見て7室を見る方が、色々な説に迷わなくて済むかな?という気もしますが、マハーダシャーが長い時に複数回結婚すると破綻してしまいます。つまり一長一短です。(⌒-⌒; )
>

たしかに…土星期や金星期は長いから、この期間に2回結婚ありえますしね。


>ちなみに再婚といえばエリザベステイラーが有名ですね。以下は参考リンクです。
>
>http://www.barbarapijan.com/bpa/DramaSong/drama_TaylorElizabeth_1932-2011.htm
>
>http://itzhoroscope.astrosage.com/2010/04/elizabeth-taylors-ninth-marriage-and.html?m=1
>
>http://www.jyotishstar.com/elizabeth-taylor-jan-2012.html

引用なし

パスワード


118 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 17/12/21(木) 23:49 -
▼ISOPさん:


某葉っぱ(世界人口と数が合わない以上、私は信じていませんが)が、もとはナーディに由来するとしても、ナーディ使いag2 さんが調べ上げた、
「2室か9室か?ナーディ的には水星」
という説を考えると、まずは2室か9室か、に絞られそうですね。
11室はやはり3回目以降?

せめて2室か9室かは知りたいところですが…


>みさん
>
>ISOPです。
>
>再婚については以下のように書かれています。
>
>『最初の結婚(M1)の長さは第7室から第2室目(すわわち第8室 )から見ることができます。このハウスから7室目(すなわち第2室)は2回目(M2)の結婚の可能性を示し、この結婚の長さは、この2室から2番目のハウス(すなわち3室)から決定されます。さらに、このハウスから7室目(すなわち9室)は3番目の結婚(M3)を示し、そこから2室目(=10室)はその長さを示します。その後の結婚については、通常4回まで見ることができます。このような一連の法則は、通常、月の影響(母親または義母の影響で)が自然に障害として現れるため、4回目の結婚で止まります』
>
>
>引用元:http://varahamihira.blogspot.jp/2004/10/12-houses-of-zodiac-from-bphs.html
>
>
>ただ、アガスティアの葉は各章が、占星術のハウスと対応するのですが、再婚は第11章です。これは再婚が11室であることを匂わせています。
>http://indian-vedic-astrology.com/nadi.html
>
>また、再婚に関してはネータルからは判断が難しいので、プラシュナで見る方が効果的かと思います。
>
>こんなところで・・・m(__)m

引用なし

パスワード


125 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ag2  - 17/12/22(金) 11:54 -
▼みさん:

後ろから刺すようですみませんが・・・・笑


わたしは葉の方のナディも好きなので,アガスティアの葉の章立ては十分参考になりうるとこっそり思っています。M.Sメータ氏の本にも,11L土星が7H在住だと再婚するとか,7Lが11H在住だと再婚しうるとか,11絡みの記述は確かにあります。


ただし,やはり「はっきり明言した記述」となると,ブラハさんの9H説しかわたしの手元にないというだけです。


あとは,再婚相手のパーソナリティではなく,「再婚の有無の判断」という場面では,単独ではなく複数の部屋が関与することは当然ありえるとおもわれますので,そのような場面では,ひとつに絞ろうとする必要自体がないのでしょうね。


>▼ISOPさん:
>
>
>某葉っぱ(世界人口と数が合わない以上、私は信じていませんが)が、もとはナーディに由来するとしても、ナーディ使いag2 さんが調べ上げた、
>「2室か9室か?ナーディ的には水星」
>という説を考えると、まずは2室か9室か、に絞られそうですね。
>11室はやはり3回目以降?
>
>せめて2室か9室かは知りたいところですが…
>
>
>>みさん
>>
>>ISOPです。
>>
>>再婚については以下のように書かれています。
>>
>>『最初の結婚(M1)の長さは第7室から第2室目(すわわち第8室 )から見ることができます。このハウスから7室目(すなわち第2室)は2回目(M2)の結婚の可能性を示し、この結婚の長さは、この2室から2番目のハウス(すなわち3室)から決定されます。さらに、このハウスから7室目(すなわち9室)は3番目の結婚(M3)を示し、そこから2室目(=10室)はその長さを示します。その後の結婚については、通常4回まで見ることができます。このような一連の法則は、通常、月の影響(母親または義母の影響で)が自然に障害として現れるため、4回目の結婚で止まります』
>>
>>
>>引用元:http://varahamihira.blogspot.jp/2004/10/12-houses-of-zodiac-from-bphs.html
>>
>>
>>ただ、アガスティアの葉は各章が、占星術のハウスと対応するのですが、再婚は第11章です。これは再婚が11室であることを匂わせています。
>>http://indian-vedic-astrology.com/nadi.html
>>
>>また、再婚に関してはネータルからは判断が難しいので、プラシュナで見る方が効果的かと思います。
>>
>>こんなところで・・・m(__)m

引用なし

パスワード


144 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/63.0.3239.84 Safari/537.36@ntfksm077171.fksm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ニーチャバンガ WEB  - 17/12/23(土) 0:03 -
▼ag2さん、みさん、ちゃーとさん、ISOPさん

再婚ではないですが、両家で結納を交わした後で破談になり、その後にラーシとD9双方の3-9軸に絡む星で別の人と結婚(初婚)という事例を確認しています。

結納という手続きを踏んでしまうと再婚に近い出方をするのか、と感じた事例です。

周囲に再婚の事例が無いので、再婚そのものは検証不足です。

ドゥビダシャーについて
私もドゥビダシャー適用可能ですが、弟の誕生、進学、就職、結婚、子供の誕生、離婚などドゥビダシャーにも出ています。

やはり強く出るのは恋愛や結婚ですが、その他も機能していて、シンプルに在住星に現れる事が多いようです。

自身の再婚は…あまり考えないようにしています(笑)

>
>ご利用ありがとうございます笑
>
>なるほど、確かにそうですね。
>9Lはやはり水星支配星座在住、強い太陽とコンジャクト、ナクシャトラLは火星ですし。
>二室とみてしまうと、火星色がうすれますね。
>
>水星が逆行して9室に向かいつつあるのも、何かしら示唆するものがあるかも。D1の水星を2番目の夫とみても、逆行によりナディ的には人生後半で火星とくっつき、火星的性質を獲得。
>
>(火星+水星)男がやはりテーマかもしれないですね。これは、実際にケッコンしていただければ、いいデータが取れるますねー(゚∀゚)
>
>
>ちなみに最近、ドゥビの解説本買いましたけど、結婚以外に、出産や就職など、人生全般に使われてましたゼ。
>
>
>>▼ag2さん:
>>
>>
>>Ag2 さんのHPをみて、ひとつ思い出したことがあります。
>>
>>私のD9 は、2-7星座交換で、ナーディ方式なら事後で7室は火星が在住になります。
>>
>>さらに、D1 は、7室が空で、木星アスペクトバックあり、土星もアスペクト。9室は火星が在住。
>>
>>1回婚約破棄とかして(それに近いのはありましたが)、火星男と結婚しそう…
>>
>>ナーディ方式と9室組み合わせ、案外一貫性があるかもです。
>>ドゥビっ子な私のドゥビ反応惑星は火星なので、もとからドゥビっ子設定がきいてしまうのを差し引く必要はありますが。
>>
>>しかしデータが足りない…
>>
>>
>>>
>>>
>>> ag2さんのHPにはいつもお世話になっております(更新楽しみにしてます)。
>>>
>>> 私のチャートをご存知のag2さんは、
>>>「み、は再婚しそうだな」
>>> と思っていらっしゃる気がしますが(笑)。
>>>
>>>
>>> ISOPさんが引用されたものをみたことがあったので、私も2室で鑑定しましたが、手持ちデータを9室でみても、どうも結果がかわらないようなんですよね。
>>> ちなみに私の手持ちデータのチャート主のD9の7室在住星はケートゥ。2&9室との絡みなしです。
>>>
>>>
>>> 再婚については、ドウビサプタティ・サマ・ダシャー適用者については、以下のように、ドゥビに反応する惑星だけで再婚もみれてしまい、2室や9室はまるで関係ないようです。
>>> これは、浜崎あゆみをみると特にわかりやすいですが、松田聖子、小室哲哉あたりをみるとわかりやすいです。
>>>
>>>1.D1の7室に惑星があるドゥビっ子
>>> ・・・D1の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手
>>>
>>>2.D1の7室がすっからかんだけどD9の7室に惑星があるドゥビっ子
>>>・・・D9の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手
>>>
>>> 
>>> 7室が星座交換するドゥビっ子は不確定要素が高いですが、おそらくはひっくり返して定座扱いにしてみて、ひっくり返した後に7室にくる惑星でみるのがおそらく正解。
>>> ただし、ひっくり返しでどこかに飛んで行った惑星の要素は相手の特徴のどこかに加味されるはず。
>>> (ソースは自分。火星水星の交換で、火星男が好きですが、頭の良い火星男に限ります。)
>>>
>>>3.D1もD9も7室がすっからかんなドゥビっ子
>>> D1の7Lをみる。
>>>
>>>
>>> ドゥビっ子はたいへんえり好みが激しいのか、7室の特定の惑星の性質にはまる人以外は視界に入らないようです。
>>>
>>>
>>>>
>>>>
>>>>非常に興味深いのが、み さんの事例では、9L説、水星説ともに妥当しそうなところです(ふたご座ちっく、土星でねちっこい)。究極的には、違う占術で完全に同じ結果となるはず。
>>>>
>>>
>>> そう!ナーディとパラシャリとか占術が違ったとしても、結果が同じにならないとおかしいんですよね!
>>> それで私は星座交換で人物像をみるときはひっくり返しちゃうわけですが。
>>>
>>> ※パラシャリでの星座交換は、「謎が多い」と言いわけじみたことをいってテキトーにごまかしてるだけで、星座交換してるときにひっくり返しちゃいけないとは言ってないし、そもそも交換してるときは人物像をみようとしたらひっくり返さないと当たらない。

引用なし

パスワード


139 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0; ASUS_T00P Build/LRX21M) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/63.0.3239.111 M...@pl42812.ag2222.nttpc.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 17/12/23(土) 1:28 -
▼ニーチャバンガさん:
>▼ag2さん、みさん、ちゃーとさん、ISOPさん


>再婚ではないですが、両家で結納を交わした後で破談になり、その後にラーシとD9双方の3-9軸に絡む星で別の人と結婚(初婚)という事例を確認しています。
>
>結納という手続きを踏んでしまうと再婚に近い出方をするのか、と感じた事例です。
>

同棲、婚約破棄でも再婚扱いになるのかな?


ドゥビっ子以外は、やっぱり再婚は9室メインで、2室と11室は、可能性の検討用?

鑑定板に再婚者が一気に登場して依頼してくれればいいのに。


>周囲に再婚の事例が無いので、再婚そのものは検証不足です。
>
>ドゥビダシャーについて
>私もドゥビダシャー適用可能ですが、弟の誕生、進学、就職、結婚、子供の誕生、離婚などドゥビダシャーにも出ています。
>
>やはり強く出るのは恋愛や結婚ですが、その他も機能していて、シンプルに在住星に現れる事が多いようです。
>

在住の方がたしかに強いですよね。

ドゥビで転職が浮かび上がるのは、転職によって一気にがらりと人間関係が変わるくらいの転職くらいかもしれません。


>自身の再婚は…あまり考えないようにしています(笑)
>


>>
>>ご利用ありがとうございます笑
>>
>>なるほど、確かにそうですね。
>>9Lはやはり水星支配星座在住、強い太陽とコンジャクト、ナクシャトラLは火星ですし。
>>二室とみてしまうと、火星色がうすれますね。
>>
>>水星が逆行して9室に向かいつつあるのも、何かしら示唆するものがあるかも。D1の水星を2番目の夫とみても、逆行によりナディ的には人生後半で火星とくっつき、火星的性質を獲得。
>>
>>(火星+水星)男がやはりテーマかもしれないですね。これは、実際にケッコンしていただければ、いいデータが取れるますねー(゚∀゚)
>>
>>
>>ちなみに最近、ドゥビの解説本買いましたけど、結婚以外に、出産や就職など、人生全般に使われてましたゼ。
>>
>>
>>>▼ag2さん:
>>>
>>>
>>>Ag2 さんのHPをみて、ひとつ思い出したことがあります。
>>>
>>>私のD9 は、2-7星座交換で、ナーディ方式なら事後で7室は火星が在住になります。
>>>
>>>さらに、D1 は、7室が空で、木星アスペクトバックあり、土星もアスペクト。9室は火星が在住。
>>>
>>>1回婚約破棄とかして(それに近いのはありましたが)、火星男と結婚しそう…
>>>
>>>ナーディ方式と9室組み合わせ、案外一貫性があるかもです。
>>>ドゥビっ子な私のドゥビ反応惑星は火星なので、もとからドゥビっ子設定がきいてしまうのを差し引く必要はありますが。
>>>
>>>しかしデータが足りない…
>>>
>>>
>>>>
>>>>
>>>> ag2さんのHPにはいつもお世話になっております(更新楽しみにしてます)。
>>>>
>>>> 私のチャートをご存知のag2さんは、
>>>>「み、は再婚しそうだな」
>>>> と思っていらっしゃる気がしますが(笑)。
>>>>
>>>>
>>>> ISOPさんが引用されたものをみたことがあったので、私も2室で鑑定しましたが、手持ちデータを9室でみても、どうも結果がかわらないようなんですよね。
>>>> ちなみに私の手持ちデータのチャート主のD9の7室在住星はケートゥ。2&9室との絡みなしです。
>>>>
>>>>
>>>> 再婚については、ドウビサプタティ・サマ・ダシャー適用者については、以下のように、ドゥビに反応する惑星だけで再婚もみれてしまい、2室や9室はまるで関係ないようです。
>>>> これは、浜崎あゆみをみると特にわかりやすいですが、松田聖子、小室哲哉あたりをみるとわかりやすいです。
>>>>
>>>>1.D1の7室に惑星があるドゥビっ子
>>>> ・・・D1の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手
>>>>
>>>>2.D1の7室がすっからかんだけどD9の7室に惑星があるドゥビっ子
>>>>・・・D9の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手
>>>>
>>>> 
>>>> 7室が星座交換するドゥビっ子は不確定要素が高いですが、おそらくはひっくり返して定座扱いにしてみて、ひっくり返した後に7室にくる惑星でみるのがおそらく正解。
>>>> ただし、ひっくり返しでどこかに飛んで行った惑星の要素は相手の特徴のどこかに加味されるはず。
>>>> (ソースは自分。火星水星の交換で、火星男が好きですが、頭の良い火星男に限ります。)
>>>>
>>>>3.D1もD9も7室がすっからかんなドゥビっ子
>>>> D1の7Lをみる。
>>>>
>>>>
>>>> ドゥビっ子はたいへんえり好みが激しいのか、7室の特定の惑星の性質にはまる人以外は視界に入らないようです。
>>>>
>>>>
>>>>>
>>>>>
>>>>>非常に興味深いのが、み さんの事例では、9L説、水星説ともに妥当しそうなところです(ふたご座ちっく、土星でねちっこい)。究極的には、違う占術で完全に同じ結果となるはず。
>>>>>
>>>>
>>>> そう!ナーディとパラシャリとか占術が違ったとしても、結果が同じにならないとおかしいんですよね!
>>>> それで私は星座交換で人物像をみるときはひっくり返しちゃうわけですが。
>>>>
>>>> ※パラシャリでの星座交換は、「謎が多い」と言いわけじみたことをいってテキトーにごまかしてるだけで、星座交換してるときにひっくり返しちゃいけないとは言ってないし、そもそも交換してるときは人物像をみようとしたらひっくり返さないと当たらない。

引用なし

パスワード


125 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@pw126199211232.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ニーチャバンガ WEB  - 17/12/23(土) 10:52 -
▼みさん:

事実婚や結納と破談が結婚と離婚のようにチャートに出ていれば、その後の初婚が再婚に見えそうですが、先の例以外では事例そのものが無いです。。

自分の同棲開始時(と入籍時)にはVダシャーDダシャー共にD1とD9の1-7軸で、D4にも出ていたので、同棲開始が事実上の結婚の開始と読んでいます。

転職は、一度退職というステップが入るので、退職者の場合はそこも見ています。

ブランクの有無もありますし、みさんの場合にはD10以外にD24が大きいと思うので、一般解とは状況が変わりそうですね。

>▼ニーチャバンガさん:
>>▼ag2さん、みさん、ちゃーとさん、ISOPさん
>
>
>>再婚ではないですが、両家で結納を交わした後で破談になり、その後にラーシとD9双方の3-9軸に絡む星で別の人と結婚(初婚)という事例を確認しています。
>>
>>結納という手続きを踏んでしまうと再婚に近い出方をするのか、と感じた事例です。
>>
>
>同棲、婚約破棄でも再婚扱いになるのかな?
>
>
>ドゥビっ子以外は、やっぱり再婚は9室メインで、2室と11室は、可能性の検討用?
>
>鑑定板に再婚者が一気に登場して依頼してくれればいいのに。
>
>
>>周囲に再婚の事例が無いので、再婚そのものは検証不足です。
>>
>>ドゥビダシャーについて
>>私もドゥビダシャー適用可能ですが、弟の誕生、進学、就職、結婚、子供の誕生、離婚などドゥビダシャーにも出ています。
>>
>>やはり強く出るのは恋愛や結婚ですが、その他も機能していて、シンプルに在住星に現れる事が多いようです。
>>
>
>在住の方がたしかに強いですよね。
>
>ドゥビで転職が浮かび上がるのは、転職によって一気にがらりと人間関係が変わるくらいの転職くらいかもしれません。
>
>
>>自身の再婚は…あまり考えないようにしています(笑)
>>
>
>
>>>
>>>ご利用ありがとうございます笑
>>>
>>>なるほど、確かにそうですね。
>>>9Lはやはり水星支配星座在住、強い太陽とコンジャクト、ナクシャトラLは火星ですし。
>>>二室とみてしまうと、火星色がうすれますね。
>>>
>>>水星が逆行して9室に向かいつつあるのも、何かしら示唆するものがあるかも。D1の水星を2番目の夫とみても、逆行によりナディ的には人生後半で火星とくっつき、火星的性質を獲得。
>>>
>>>(火星+水星)男がやはりテーマかもしれないですね。これは、実際にケッコンしていただければ、いいデータが取れるますねー(゚∀゚)
>>>
>>>
>>>ちなみに最近、ドゥビの解説本買いましたけど、結婚以外に、出産や就職など、人生全般に使われてましたゼ。
>>>
>>>
>>>>▼ag2さん:
>>>>
>>>>
>>>>Ag2 さんのHPをみて、ひとつ思い出したことがあります。
>>>>
>>>>私のD9 は、2-7星座交換で、ナーディ方式なら事後で7室は火星が在住になります。
>>>>
>>>>さらに、D1 は、7室が空で、木星アスペクトバックあり、土星もアスペクト。9室は火星が在住。
>>>>
>>>>1回婚約破棄とかして(それに近いのはありましたが)、火星男と結婚しそう…
>>>>
>>>>ナーディ方式と9室組み合わせ、案外一貫性があるかもです。
>>>>ドゥビっ子な私のドゥビ反応惑星は火星なので、もとからドゥビっ子設定がきいてしまうのを差し引く必要はありますが。
>>>>
>>>>しかしデータが足りない…
>>>>
>>>>
>>>>>
>>>>>
>>>>> ag2さんのHPにはいつもお世話になっております(更新楽しみにしてます)。
>>>>>
>>>>> 私のチャートをご存知のag2さんは、
>>>>>「み、は再婚しそうだな」
>>>>> と思っていらっしゃる気がしますが(笑)。
>>>>>
>>>>>
>>>>> ISOPさんが引用されたものをみたことがあったので、私も2室で鑑定しましたが、手持ちデータを9室でみても、どうも結果がかわらないようなんですよね。
>>>>> ちなみに私の手持ちデータのチャート主のD9の7室在住星はケートゥ。2&9室との絡みなしです。
>>>>>
>>>>>
>>>>> 再婚については、ドウビサプタティ・サマ・ダシャー適用者については、以下のように、ドゥビに反応する惑星だけで再婚もみれてしまい、2室や9室はまるで関係ないようです。
>>>>> これは、浜崎あゆみをみると特にわかりやすいですが、松田聖子、小室哲哉あたりをみるとわかりやすいです。
>>>>>
>>>>>1.D1の7室に惑星があるドゥビっ子
>>>>> ・・・D1の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手
>>>>>
>>>>>2.D1の7室がすっからかんだけどD9の7室に惑星があるドゥビっ子
>>>>>・・・D9の7室に在住する惑星の中で、ドゥビに反応する惑星の特徴にあてはまる特徴を持つ相手
>>>>>
>>>>> 
>>>>> 7室が星座交換するドゥビっ子は不確定要素が高いですが、おそらくはひっくり返して定座扱いにしてみて、ひっくり返した後に7室にくる惑星でみるのがおそらく正解。
>>>>> ただし、ひっくり返しでどこかに飛んで行った惑星の要素は相手の特徴のどこかに加味されるはず。
>>>>> (ソースは自分。火星水星の交換で、火星男が好きですが、頭の良い火星男に限ります。)
>>>>>
>>>>>3.D1もD9も7室がすっからかんなドゥビっ子
>>>>> D1の7Lをみる。
>>>>>
>>>>>
>>>>> ドゥビっ子はたいへんえり好みが激しいのか、7室の特定の惑星の性質にはまる人以外は視界に入らないようです。
>>>>>
>>>>>
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>非常に興味深いのが、み さんの事例では、9L説、水星説ともに妥当しそうなところです(ふたご座ちっく、土星でねちっこい)。究極的には、違う占術で完全に同じ結果となるはず。
>>>>>>
>>>>>
>>>>> そう!ナーディとパラシャリとか占術が違ったとしても、結果が同じにならないとおかしいんですよね!
>>>>> それで私は星座交換で人物像をみるときはひっくり返しちゃうわけですが。
>>>>>
>>>>> ※パラシャリでの星座交換は、「謎が多い」と言いわけじみたことをいってテキトーにごまかしてるだけで、星座交換してるときにひっくり返しちゃいけないとは言ってないし、そもそも交換してるときは人物像をみようとしたらひっくり返さないと当たらない。

引用なし

パスワード


156 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0; ASUS_T00P Build/LRX21M) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/63.0.3239.111 M...@pl42812.ag2222.nttpc.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 17/12/27(水) 18:45 -
▼ag2さん:
>
>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑

ばたん(刺されて倒れた音)
はっ。

失礼しました、み、です。


これはひたすらにサンプル集めて、
「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
って本人に聞くしかなさそうですね。

有名人の再婚鑑定みても、いまいちよくわかりません。
初婚同様、7室でみてる人もいますし。
有名人なら、後からのこじつけはいくらでもできるからなぁ…。

文献では再婚の有無に限れば2室の比重がちょっと高いみたいですが、2室の話を出してくる有名人の再婚鑑定、思い当たらずでした。


追伸:ag2 さん、こんど私を個人鑑定してくださいm(_ _)m
ナーディの人にはしてもらったことがないので。


>
>
>わたしは葉の方のナディも好きなので,アガスティアの葉の章立ては十分参考になりうるとこっそり思っています。M.Sメータ氏の本にも,11L土星が7H在住だと再婚するとか,7Lが11H在住だと再婚しうるとか,11絡みの記述は確かにあります。
>
>
>ただし,やはり「はっきり明言した記述」となると,ブラハさんの9H説しかわたしの手元にないというだけです。
>
>
>あとは,再婚相手のパーソナリティではなく,「再婚の有無の判断」という場面では,単独ではなく複数の部屋が関与することは当然ありえるとおもわれますので,そのような場面では,ひとつに絞ろうとする必要自体がないのでしょうね。
>
>
>>▼ISOPさん:
>>
>>
>>某葉っぱ(世界人口と数が合わない以上、私は信じていませんが)が、もとはナーディに由来するとしても、ナーディ使いag2 さんが調べ上げた、
>>「2室か9室か?ナーディ的には水星」
>>という説を考えると、まずは2室か9室か、に絞られそうですね。
>>11室はやはり3回目以降?
>>
>>せめて2室か9室かは知りたいところですが…
>>
>>
>>>みさん
>>>
>>>ISOPです。
>>>
>>>再婚については以下のように書かれています。
>>>
>>>『最初の結婚(M1)の長さは第7室から第2室目(すわわち第8室 )から見ることができます。このハウスから7室目(すなわち第2室)は2回目(M2)の結婚の可能性を示し、この結婚の長さは、この2室から2番目のハウス(すなわち3室)から決定されます。さらに、このハウスから7室目(すなわち9室)は3番目の結婚(M3)を示し、そこから2室目(=10室)はその長さを示します。その後の結婚については、通常4回まで見ることができます。このような一連の法則は、通常、月の影響(母親または義母の影響で)が自然に障害として現れるため、4回目の結婚で止まります』
>>>
>>>
>>>引用元:http://varahamihira.blogspot.jp/2004/10/12-houses-of-zodiac-from-bphs.html
>>>
>>>
>>>ただ、アガスティアの葉は各章が、占星術のハウスと対応するのですが、再婚は第11章です。これは再婚が11室であることを匂わせています。
>>>http://indian-vedic-astrology.com/nadi.html
>>>
>>>また、再婚に関してはネータルからは判断が難しいので、プラシュナで見る方が効果的かと思います。
>>>
>>>こんなところで・・・m(__)m

引用なし

パスワード


127 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@p314172-ipngn200307sinnagasak.nagasaki.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ag2  - 17/12/29(金) 9:54 -
▼みさん:
>▼ag2さん:
>>
>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>
>ばたん(刺されて倒れた音)
>はっ。

リアクション、ありがとうございます笑

>
>失礼しました、み、です。
>
>
>これはひたすらにサンプル集めて、
>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>って本人に聞くしかなさそうですね。


そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)


>
>有名人の再婚鑑定みても、いまいちよくわかりません。
>初婚同様、7室でみてる人もいますし。
>有名人なら、後からのこじつけはいくらでもできるからなぁ…。
>
>文献では再婚の有無に限れば2室の比重がちょっと高いみたいですが、2室の話を出してくる有名人の再婚鑑定、思い当たらずでした。

へえ、2室が高いのですか、新情報ですね!

>
>
>追伸:ag2 さん、こんど私を個人鑑定してくださいm(_ _)m
>ナーディの人にはしてもらったことがないので。


全国のナディ占星術師からクレームがつくかもしれませんが、わたしでよければ、よろこんで承ります。後付説明してもつまらないので、既出情報はできるだけ避けてよんでみます・・・・おお、アガスティアよ、ナディ占星術の名を汚さぬよう、お力添えをお願いいたします・・・m(__)m

このひとは・・・頭の回転が速い(ほめとこ・・・。)。しかし、14−15歳あたりで学業に難があった可能性がある。政治や社会に、平均以上の興味と知識がある。他人と異なるモノの見方をすることが多く、権威や多数説に屈しない。
ご実家はそこそこ裕福な方で、お父様に収入源が複数あるかもしれない。ご兄弟は、2歳下に弟さんを予想。10−11歳で引っ越しか海外旅行があったかもしれない。
 

26−27歳、32,33,34歳と恋愛をしてきている。恋愛経験は比較的豊富な方である。相手はインテリで中性的な方が多く、相手があなたを好きになることが多い。

職業についてはナディは土星から判断するが、土星からみて2Hに惑星がない場合、進行方向に進めて最初にぶつかった惑星群の影響を受ける。みさんの場合、月とケートゥであり、心理学について深く学んだことがあるのはこのためである。いずれも移動を象徴する星なので、ラーフほどの遠距離つまり外国や北海道沖縄ほどではないにせよ、中距離的な範囲内で転職と転地を繰り返すことは避けられないだろう。収入も不安定で決して高くはないだろう。
 今後も、3−4年でネータルで可動星座にいるケートゥに土星と木星がダブルトランジットするので、3−4年スパンでまた職場を変えられるのだと思います。


次に土星がぶつかる惑星群は火水日金ラーフであり、50−51歳で金星にダブルトランジットが生じる。この惑星群では、ナディ的には一番さきっちょにいるラーフがもっとも強く影響を及ぼす。昇進して、外国で名声がとどろく、とみています。(アカデミックの世界はよくわかりませんが)年齢的にどこかの大学教授にでもなられるのでしょう。
 水星が逆行してふたご座からおうし座に移行しますから、学術的な分野、太陽に関係する分野から、金星Lの火星・・・経済関係とか、さらに実務的な分野ですかね、そのあたりに専門が移ると思います。

 健康面は・・・うまく生来的凶星の影響がばらけているので、特定の部位が弱いとはおもわれない。ただし、6Lが1H在住なので、体が強いとも思われない。強いて言えば、ふたご座がパーパカルタリなので、風邪をひくと喉にくるかも、というくらいだろうか。

 ・・・・そんなところでしょうか。

引用なし

パスワード


132 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/63.0.3239.84 Safari/537.36@p5822226-ipngn2102marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 17/12/29(金) 15:33 -
▼ag2さん:
>▼みさん:
>>▼ag2さん:
>>>
>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>
>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>はっ。
>
>リアクション、ありがとうございます笑
>
>>
>>失礼しました、み、です。
>>
>>
>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>
>
>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>
>
>>
>>有名人の再婚鑑定みても、いまいちよくわかりません。
>>初婚同様、7室でみてる人もいますし。
>>有名人なら、後からのこじつけはいくらでもできるからなぁ…。
>>
>>文献では再婚の有無に限れば2室の比重がちょっと高いみたいですが、2室の話を出してくる有名人の再婚鑑定、思い当たらずでした。
>
>へえ、2室が高いのですか、新情報ですね!
>
>>
>>
>>追伸:ag2 さん、こんど私を個人鑑定してくださいm(_ _)m
>>ナーディの人にはしてもらったことがないので。
>
>
>全国のナディ占星術師からクレームがつくかもしれませんが、わたしでよければ、よろこんで承ります。後付説明してもつまらないので、既出情報はできるだけ避けてよんでみます・・・・おお、アガスティアよ、ナディ占星術の名を汚さぬよう、お力添えをお願いいたします・・・m(__)m
>
>このひとは・・・頭の回転が速い(ほめとこ・・・。)。しかし、14−15歳あたりで学業に難があった可能性がある。政治や社会に、平均以上の興味と知識がある。他人と異なるモノの見方をすることが多く、権威や多数説に屈しない。
>ご実家はそこそこ裕福な方で、お父様に収入源が複数あるかもしれない。ご兄弟は、2歳下に弟さんを予想。10−11歳で引っ越しか海外旅行があったかもしれない。
> 

この頃に引っ越しはしていませんが、英語を習い始めた時期ですね。

きょうだいは、4歳下に妹のみです。
父親の収入は良かった方ですが、副業とかはしてなかったです。

所詮水星逆行なので、頭の回転にさえムラがあります(爆)。
ふつうにモノを考えろ?
無理無理、発想が特殊すぎるらしく、研究もオリジナリティが高すぎてなかなか大変です(笑)。
>
>26−27歳、32,33,34歳と恋愛をしてきている。恋愛経験は比較的豊富な方である。相手はインテリで中性的な方が多く、相手があなたを好きになることが多い。
>

仕事柄、周りはどインテリだらけです。

モテる方らしいのですが(7室支配星が1室にいるし)、なにぶん、鈍いので自覚なし、恋愛経験は多くはないです。
わりと片想い率も高く、その年齢の頃はモテ期でしたが、両片思いで終わったのがいくつあることやら(泣)。
振った人数は両手の指を軽々超えてますが、たしかにご指摘のタイプの人が多いです(D9 の7室水星ですしね。でも火星男の方がいいのです)。
水星男は男にみえない(爆)。
需要と供給合わないなあ。


>職業についてはナディは土星から判断するが、土星からみて2Hに惑星がない場合、進行方向に進めて最初にぶつかった惑星群の影響を受ける。みさんの場合、月とケートゥであり、心理学について深く学んだことがあるのはこのためである。いずれも移動を象徴する星なので、ラーフほどの遠距離つまり外国や北海道沖縄ほどではないにせよ、中距離的な範囲内で転職と転地を繰り返すことは避けられないだろう。収入も不安定で決して高くはないだろう。

ここはよく当たってます。
すごい短期で異動しまくりです。
超不安定なので、アカデミック関係者に収入期待しちゃダメです。

私の職業はパラシャラではなかなか当てられないのですが、ナーディはきれいにでますね。
びっくり。

> 今後も、3−4年でネータルで可動星座にいるケートゥに土星と木星がダブルトランジットするので、3−4年スパンでまた職場を変えられるのだと思います。

絶賛転職活動中です。
ただいま10室にダブルトランジット、土星太陽期、今すると思いますが決まらないのが謎。
チャトゥルが金星月期なのがよくないのかしら。

>
>
>次に土星がぶつかる惑星群は火水日金ラーフであり、50−51歳で金星にダブルトランジットが生じる。この惑星群では、ナディ的には一番さきっちょにいるラーフがもっとも強く影響を及ぼす。昇進して、外国で名声がとどろく、とみています。(アカデミックの世界はよくわかりませんが)年齢的にどこかの大学教授にでもなられるのでしょう。
> 水星が逆行してふたご座からおうし座に移行しますから、学術的な分野、太陽に関係する分野から、金星Lの火星・・・経済関係とか、さらに実務的な分野ですかね、そのあたりに専門が移ると思います。
>

このまま失職しなければ、年齢的に教授昇進する年齢ですね。
専門分野が実務よりに移るか…うーむ、可能性はゼロじゃない。


> 健康面は・・・うまく生来的凶星の影響がばらけているので、特定の部位が弱いとはおもわれない。ただし、6Lが1H在住なので、体が強いとも思われない。強いて言えば、ふたご座がパーパカルタリなので、風邪をひくと喉にくるかも、というくらいだろうか。
>

わりと頭痛もちですが、商売柄、喉もきます。
体力は、ない、というか、皆無(笑)。

> ・・・・そんなところでしょうか。

引用なし

パスワード


129 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@pw126152193084.10.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ag2  - 17/12/30(土) 9:21 -
▼みさん:

ご返信、ありがとうございました。
兄弟当ては難しいなあ、、、

しかし、両片想いって、、、切ないですね^_^


あと、少し補足ですが、ナディではアスペクトがそもそもパラシャラと違うこともあり、トランジットの木星土星のアスペクトにも(例によって)諸説ありまして、

@パラシャラと同じアスペクトをする
A7アスペクトのみ
B木星も土星も5、7、9のアスペクト

という感じで分かれています。わたしはとりあえずAです。ですから、現状、10Hや金星にダブルのアスペクトがあるとはみていません。パラシャラ的にはダブルアスペクトですけどね。


>▼ag2さん:
>>▼みさん:
>>>▼ag2さん:
>>>>
>>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>>
>>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>>はっ。
>>
>>リアクション、ありがとうございます笑
>>
>>>
>>>失礼しました、み、です。
>>>
>>>
>>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>>
>>
>>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>>
>>

>▼ag2さん:
>>▼みさん:
>>>▼ag2さん:
>>>>
>>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>>
>>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>>はっ。
>>
>>リアクション、ありがとうございます笑
>>
>>>
>>>失礼しました、み、です。
>>>
>>>
>>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>>
>>
>>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>>
>>
>>>
>>>有名人の再婚鑑定みても、いまいちよくわかりません。
>>>初婚同様、7室でみてる人もいますし。
>>>有名人なら、後からのこじつけはいくらでもできるからなぁ…。
>>>
>>>文献では再婚の有無に限れば2室の比重がちょっと高いみたいですが、2室の話を出してくる有名人の再婚鑑定、思い当たらずでした。
>>
>>へえ、2室が高いのですか、新情報ですね!
>>
>>>
>>>
>>>追伸:ag2 さん、こんど私を個人鑑定してくださいm(_ _)m
>>>ナーディの人にはしてもらったことがないので。
>>
>>
>>全国のナディ占星術師からクレームがつくかもしれませんが、わたしでよければ、よろこんで承ります。後付説明してもつまらないので、既出情報はできるだけ避けてよんでみます・・・・おお、アガスティアよ、ナディ占星術の名を汚さぬよう、お力添えをお願いいたします・・・m(__)m
>>
>>このひとは・・・頭の回転が速い(ほめとこ・・・。)。しかし、14−15歳あたりで学業に難があった可能性がある。政治や社会に、平均以上の興味と知識がある。他人と異なるモノの見方をすることが多く、権威や多数説に屈しない。
>>ご実家はそこそこ裕福な方で、お父様に収入源が複数あるかもしれない。ご兄弟は、2歳下に弟さんを予想。10−11歳で引っ越しか海外旅行があったかもしれない。
>> 
>
>この頃に引っ越しはしていませんが、英語を習い始めた時期ですね。
>
>きょうだいは、4歳下に妹のみです。
>父親の収入は良かった方ですが、副業とかはしてなかったです。
>
>所詮水星逆行なので、頭の回転にさえムラがあります(爆)。
>ふつうにモノを考えろ?
>無理無理、発想が特殊すぎるらしく、研究もオリジナリティが高すぎてなかなか大変です(笑)。
>>
>>26−27歳、32,33,34歳と恋愛をしてきている。恋愛経験は比較的豊富な方である。相手はインテリで中性的な方が多く、相手があなたを好きになることが多い。
>>
>
>仕事柄、周りはどインテリだらけです。
>
>モテる方らしいのですが(7室支配星が1室にいるし)、なにぶん、鈍いので自覚なし、恋愛経験は多くはないです。
>わりと片想い率も高く、その年齢の頃はモテ期でしたが、両片思いで終わったのがいくつあることやら(泣)。
>振った人数は両手の指を軽々超えてますが、たしかにご指摘のタイプの人が多いです(D9 の7室水星ですしね。でも火星男の方がいいのです)。
>水星男は男にみえない(爆)。
>需要と供給合わないなあ。
>
>
>>職業についてはナディは土星から判断するが、土星からみて2Hに惑星がない場合、進行方向に進めて最初にぶつかった惑星群の影響を受ける。みさんの場合、月とケートゥであり、心理学について深く学んだことがあるのはこのためである。いずれも移動を象徴する星なので、ラーフほどの遠距離つまり外国や北海道沖縄ほどではないにせよ、中距離的な範囲内で転職と転地を繰り返すことは避けられないだろう。収入も不安定で決して高くはないだろう。
>
>ここはよく当たってます。
>すごい短期で異動しまくりです。
>超不安定なので、アカデミック関係者に収入期待しちゃダメです。
>
>私の職業はパラシャラではなかなか当てられないのですが、ナーディはきれいにでますね。
>びっくり。
>
>> 今後も、3−4年でネータルで可動星座にいるケートゥに土星と木星がダブルトランジットするので、3−4年スパンでまた職場を変えられるのだと思います。
>
>絶賛転職活動中です。
>ただいま10室にダブルトランジット、土星太陽期、今すると思いますが決まらないのが謎。
>チャトゥルが金星月期なのがよくないのかしら。
>
>>
>>
>>次に土星がぶつかる惑星群は火水日金ラーフであり、50−51歳で金星にダブルトランジットが生じる。この惑星群では、ナディ的には一番さきっちょにいるラーフがもっとも強く影響を及ぼす。昇進して、外国で名声がとどろく、とみています。(アカデミックの世界はよくわかりませんが)年齢的にどこかの大学教授にでもなられるのでしょう。
>> 水星が逆行してふたご座からおうし座に移行しますから、学術的な分野、太陽に関係する分野から、金星Lの火星・・・経済関係とか、さらに実務的な分野ですかね、そのあたりに専門が移ると思います。
>>
>
>このまま失職しなければ、年齢的に教授昇進する年齢ですね。
>専門分野が実務よりに移るか…うーむ、可能性はゼロじゃない。
>
>
>> 健康面は・・・うまく生来的凶星の影響がばらけているので、特定の部位が弱いとはおもわれない。ただし、6Lが1H在住なので、体が強いとも思われない。強いて言えば、ふたご座がパーパカルタリなので、風邪をひくと喉にくるかも、というくらいだろうか。
>>
>
>わりと頭痛もちですが、商売柄、喉もきます。
>体力は、ない、というか、皆無(笑)。
>
>> ・・・・そんなところでしょうか。

引用なし

パスワード


128 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199073222.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 17/12/30(土) 12:41 -
▼ag2さん:
>▼みさん:
>
>ご返信、ありがとうございました。
>兄弟当ては難しいなあ、、、
>

この鑑定板をみていて思うのですが、きょうだい当ては、すごい難易度ですよね。

私がよくやる(ドゥビっ子みると条件反射)結婚や恋愛の鑑定はわりと当てやすいんだけど。
両親もわりと当てやすいのに、きょうだいは難しいですね。性別からあてにいかないといけないところで、まず難易度2倍ですが。

まあ、この研究板で現時点で最高難易度は、どこをみればよいのかいまいちわからない、再婚相手ですが。


>しかし、両片想いって、、、切ないですね^_^
>
しくしく。好きになって両思いなのに(怪しいのもありましたけど)、なぜ付き合えないのか。
そして好きでもないのに追いかけ回される。
うまくいきませんな。
DKが逆行水星ってのが悪いのかしら。
D30もひどい感じですが。

>
>あと、少し補足ですが、ナディではアスペクトがそもそもパラシャラと違うこともあり、トランジットの木星土星のアスペクトにも(例によって)諸説ありまして、
>
>@パラシャラと同じアスペクトをする
>A7アスペクトのみ
>B木星も土星も5、7、9のアスペクト
>
>という感じで分かれています。わたしはとりあえずAです。ですから、現状、10Hや金星にダブルのアスペクトがあるとはみていません。パラシャラ的にはダブルアスペクトですけどね。
>

おお!そうなのですね!
パラメータ的に1番厳しく、かつ全ての方法論で一致する部分だけ使う作戦でしょうか。


アスペクトが違うと、特に吉凶判断がかなり変わりませんか?
これで同じ人を鑑定して同じ結果出すのはかなり難しくなりそうですね。

ナーディはD1 しか使えない(んでしたっけ?)となれば、D9 が使えなくなる時点で、かなり情報量的に不利な気がしますが…
>
>>▼ag2さん:
>>>▼みさん:
>>>>▼ag2さん:
>>>>>
>>>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>>>
>>>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>>>はっ。
>>>
>>>リアクション、ありがとうございます笑
>>>
>>>>
>>>>失礼しました、み、です。
>>>>
>>>>
>>>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>>>
>>>
>>>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>>>
>>>
>
>>▼ag2さん:
>>>▼みさん:
>>>>▼ag2さん:
>>>>>
>>>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>>>
>>>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>>>はっ。
>>>
>>>リアクション、ありがとうございます笑
>>>
>>>>
>>>>失礼しました、み、です。
>>>>
>>>>
>>>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>>>
>>>
>>>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>>>
>>>
>>>>
>>>>有名人の再婚鑑定みても、いまいちよくわかりません。
>>>>初婚同様、7室でみてる人もいますし。
>>>>有名人なら、後からのこじつけはいくらでもできるからなぁ…。
>>>>
>>>>文献では再婚の有無に限れば2室の比重がちょっと高いみたいですが、2室の話を出してくる有名人の再婚鑑定、思い当たらずでした。
>>>
>>>へえ、2室が高いのですか、新情報ですね!
>>>
>>>>
>>>>
>>>>追伸:ag2 さん、こんど私を個人鑑定してくださいm(_ _)m
>>>>ナーディの人にはしてもらったことがないので。
>>>
>>>
>>>全国のナディ占星術師からクレームがつくかもしれませんが、わたしでよければ、よろこんで承ります。後付説明してもつまらないので、既出情報はできるだけ避けてよんでみます・・・・おお、アガスティアよ、ナディ占星術の名を汚さぬよう、お力添えをお願いいたします・・・m(__)m
>>>
>>>このひとは・・・頭の回転が速い(ほめとこ・・・。)。しかし、14−15歳あたりで学業に難があった可能性がある。政治や社会に、平均以上の興味と知識がある。他人と異なるモノの見方をすることが多く、権威や多数説に屈しない。
>>>ご実家はそこそこ裕福な方で、お父様に収入源が複数あるかもしれない。ご兄弟は、2歳下に弟さんを予想。10−11歳で引っ越しか海外旅行があったかもしれない。
>>> 
>>
>>この頃に引っ越しはしていませんが、英語を習い始めた時期ですね。
>>
>>きょうだいは、4歳下に妹のみです。
>>父親の収入は良かった方ですが、副業とかはしてなかったです。
>>
>>所詮水星逆行なので、頭の回転にさえムラがあります(爆)。
>>ふつうにモノを考えろ?
>>無理無理、発想が特殊すぎるらしく、研究もオリジナリティが高すぎてなかなか大変です(笑)。
>>>
>>>26−27歳、32,33,34歳と恋愛をしてきている。恋愛経験は比較的豊富な方である。相手はインテリで中性的な方が多く、相手があなたを好きになることが多い。
>>>
>>
>>仕事柄、周りはどインテリだらけです。
>>
>>モテる方らしいのですが(7室支配星が1室にいるし)、なにぶん、鈍いので自覚なし、恋愛経験は多くはないです。
>>わりと片想い率も高く、その年齢の頃はモテ期でしたが、両片思いで終わったのがいくつあることやら(泣)。
>>振った人数は両手の指を軽々超えてますが、たしかにご指摘のタイプの人が多いです(D9 の7室水星ですしね。でも火星男の方がいいのです)。
>>水星男は男にみえない(爆)。
>>需要と供給合わないなあ。
>>
>>
>>>職業についてはナディは土星から判断するが、土星からみて2Hに惑星がない場合、進行方向に進めて最初にぶつかった惑星群の影響を受ける。みさんの場合、月とケートゥであり、心理学について深く学んだことがあるのはこのためである。いずれも移動を象徴する星なので、ラーフほどの遠距離つまり外国や北海道沖縄ほどではないにせよ、中距離的な範囲内で転職と転地を繰り返すことは避けられないだろう。収入も不安定で決して高くはないだろう。
>>
>>ここはよく当たってます。
>>すごい短期で異動しまくりです。
>>超不安定なので、アカデミック関係者に収入期待しちゃダメです。
>>
>>私の職業はパラシャラではなかなか当てられないのですが、ナーディはきれいにでますね。
>>びっくり。
>>
>>> 今後も、3−4年でネータルで可動星座にいるケートゥに土星と木星がダブルトランジットするので、3−4年スパンでまた職場を変えられるのだと思います。
>>
>>絶賛転職活動中です。
>>ただいま10室にダブルトランジット、土星太陽期、今すると思いますが決まらないのが謎。
>>チャトゥルが金星月期なのがよくないのかしら。
>>
>>>
>>>
>>>次に土星がぶつかる惑星群は火水日金ラーフであり、50−51歳で金星にダブルトランジットが生じる。この惑星群では、ナディ的には一番さきっちょにいるラーフがもっとも強く影響を及ぼす。昇進して、外国で名声がとどろく、とみています。(アカデミックの世界はよくわかりませんが)年齢的にどこかの大学教授にでもなられるのでしょう。
>>> 水星が逆行してふたご座からおうし座に移行しますから、学術的な分野、太陽に関係する分野から、金星Lの火星・・・経済関係とか、さらに実務的な分野ですかね、そのあたりに専門が移ると思います。
>>>
>>
>>このまま失職しなければ、年齢的に教授昇進する年齢ですね。
>>専門分野が実務よりに移るか…うーむ、可能性はゼロじゃない。
>>
>>
>>> 健康面は・・・うまく生来的凶星の影響がばらけているので、特定の部位が弱いとはおもわれない。ただし、6Lが1H在住なので、体が強いとも思われない。強いて言えば、ふたご座がパーパカルタリなので、風邪をひくと喉にくるかも、というくらいだろうか。
>>>
>>
>>わりと頭痛もちですが、商売柄、喉もきます。
>>体力は、ない、というか、皆無(笑)。
>>
>>> ・・・・そんなところでしょうか。

引用なし

パスワード


124 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ag2  - 17/12/30(土) 18:01 -
▼みさん:
>▼ag2さん:
>>▼みさん:
>>
>>ご返信、ありがとうございました。
>>兄弟当ては難しいなあ、、、
>>
>
>この鑑定板をみていて思うのですが、きょうだい当ては、すごい難易度ですよね。
>
>私がよくやる(ドゥビっ子みると条件反射)結婚や恋愛の鑑定はわりと当てやすいんだけど。
>両親もわりと当てやすいのに、きょうだいは難しいですね。性別からあてにいかないといけないところで、まず難易度2倍ですが。
>
>まあ、この研究板で現時点で最高難易度は、どこをみればよいのかいまいちわからない、再婚相手ですが。
>
>
>>しかし、両片想いって、、、切ないですね^_^
>>
>しくしく。好きになって両思いなのに(怪しいのもありましたけど)、なぜ付き合えないのか。
>そして好きでもないのに追いかけ回される。
>うまくいきませんな。
>DKが逆行水星ってのが悪いのかしら。
>D30もひどい感じですが。

わたしが持っている書籍のなかでD30の具体的解釈例は、V.P.ゴエル氏の「プリディクト ウィズ ナヴァムシャ 」に載っているもののみですが、彼は、マザーテレサの事例を挙げて、マザーテレサが未婚となった理由のひとつに、彼女のD30の7、8Hがアフリクトされていることを挙げています。マザーテレサ、D1では、7室はラーフケートゥ軸ですがアフリクトはそれのみ、7L金星は9室在住、アフリクトなし。ですからD1のみから非婚をよみとるのは難しい。っていうか、ムリ。意外にD30って、結婚には重要かもしれません。みさんのD30の7室は、、、うん、凶星の皆様で混みあってらっしゃるヽ(・∀・)


>
>>
>>あと、少し補足ですが、ナディではアスペクトがそもそもパラシャラと違うこともあり、トランジットの木星土星のアスペクトにも(例によって)諸説ありまして、
>>
>>@パラシャラと同じアスペクトをする
>>A7アスペクトのみ
>>B木星も土星も5、7、9のアスペクト
>>
>>という感じで分かれています。わたしはとりあえずAです。ですから、現状、10Hや金星にダブルのアスペクトがあるとはみていません。パラシャラ的にはダブルアスペクトですけどね。
>>
>
>おお!そうなのですね!
>パラメータ的に1番厳しく、かつ全ての方法論で一致する部分だけ使う作戦でしょうか。
>

まさにそういう作戦です!そうしないと、乗り切れないし泣

>
>アスペクトが違うと、特に吉凶判断がかなり変わりませんか?
>これで同じ人を鑑定して同じ結果出すのはかなり難しくなりそうですね。
>
>ナーディはD1 しか使えない(んでしたっけ?)となれば、D9 が使えなくなる時点で、かなり情報量的に不利な気がしますが…

そのあたりはしょうがないとおもってます、、、。
わたしの好きなナディ、ブリグナディは、D9はおろかアセンダントも使わないという、漢(おとこ)っぷり。技法的には月ラグナと惑星のコンビネーションのみでみるみたいなものなので、、、。
ただ、単純な技法であるがゆえに検証も容易、それなりに使えるような気はしているので、ハズレてもめげずに、今後も研究を進めていきます!


>>
>>>▼ag2さん:
>>>>▼みさん:
>>>>>▼ag2さん:
>>>>>>
>>>>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>>>>
>>>>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>>>>はっ。
>>>>
>>>>リアクション、ありがとうございます笑
>>>>
>>>>>
>>>>>失礼しました、み、です。
>>>>>
>>>>>
>>>>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>>>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>>>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>>>>
>>>>
>>>>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>>>>
>>>>
>>
>>>▼ag2さん:
>>>>▼みさん:
>>>>>▼ag2さん:
>>>>>>
>>>>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>>>>
>>>>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>>>>はっ。
>>>>
>>>>リアクション、ありがとうございます笑
>>>>
>>>>>
>>>>>失礼しました、み、です。
>>>>>
>>>>>
>>>>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>>>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>>>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>>>>
>>>>
>>>>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>>>>
>>>>
>>>>>
>>>>>有名人の再婚鑑定みても、いまいちよくわかりません。
>>>>>初婚同様、7室でみてる人もいますし。
>>>>>有名人なら、後からのこじつけはいくらでもできるからなぁ…。
>>>>>
>>>>>文献では再婚の有無に限れば2室の比重がちょっと高いみたいですが、2室の話を出してくる有名人の再婚鑑定、思い当たらずでした。
>>>>
>>>>へえ、2室が高いのですか、新情報ですね!
>>>>
>>>>>
>>>>>
>>>>>追伸:ag2 さん、こんど私を個人鑑定してくださいm(_ _)m
>>>>>ナーディの人にはしてもらったことがないので。
>>>>
>>>>
>>>>全国のナディ占星術師からクレームがつくかもしれませんが、わたしでよければ、よろこんで承ります。後付説明してもつまらないので、既出情報はできるだけ避けてよんでみます・・・・おお、アガスティアよ、ナディ占星術の名を汚さぬよう、お力添えをお願いいたします・・・m(__)m
>>>>
>>>>このひとは・・・頭の回転が速い(ほめとこ・・・。)。しかし、14−15歳あたりで学業に難があった可能性がある。政治や社会に、平均以上の興味と知識がある。他人と異なるモノの見方をすることが多く、権威や多数説に屈しない。
>>>>ご実家はそこそこ裕福な方で、お父様に収入源が複数あるかもしれない。ご兄弟は、2歳下に弟さんを予想。10−11歳で引っ越しか海外旅行があったかもしれない。
>>>> 
>>>
>>>この頃に引っ越しはしていませんが、英語を習い始めた時期ですね。
>>>
>>>きょうだいは、4歳下に妹のみです。
>>>父親の収入は良かった方ですが、副業とかはしてなかったです。
>>>
>>>所詮水星逆行なので、頭の回転にさえムラがあります(爆)。
>>>ふつうにモノを考えろ?
>>>無理無理、発想が特殊すぎるらしく、研究もオリジナリティが高すぎてなかなか大変です(笑)。
>>>>
>>>>26−27歳、32,33,34歳と恋愛をしてきている。恋愛経験は比較的豊富な方である。相手はインテリで中性的な方が多く、相手があなたを好きになることが多い。
>>>>
>>>
>>>仕事柄、周りはどインテリだらけです。
>>>
>>>モテる方らしいのですが(7室支配星が1室にいるし)、なにぶん、鈍いので自覚なし、恋愛経験は多くはないです。
>>>わりと片想い率も高く、その年齢の頃はモテ期でしたが、両片思いで終わったのがいくつあることやら(泣)。
>>>振った人数は両手の指を軽々超えてますが、たしかにご指摘のタイプの人が多いです(D9 の7室水星ですしね。でも火星男の方がいいのです)。
>>>水星男は男にみえない(爆)。
>>>需要と供給合わないなあ。
>>>
>>>
>>>>職業についてはナディは土星から判断するが、土星からみて2Hに惑星がない場合、進行方向に進めて最初にぶつかった惑星群の影響を受ける。みさんの場合、月とケートゥであり、心理学について深く学んだことがあるのはこのためである。いずれも移動を象徴する星なので、ラーフほどの遠距離つまり外国や北海道沖縄ほどではないにせよ、中距離的な範囲内で転職と転地を繰り返すことは避けられないだろう。収入も不安定で決して高くはないだろう。
>>>
>>>ここはよく当たってます。
>>>すごい短期で異動しまくりです。
>>>超不安定なので、アカデミック関係者に収入期待しちゃダメです。
>>>
>>>私の職業はパラシャラではなかなか当てられないのですが、ナーディはきれいにでますね。
>>>びっくり。
>>>
>>>> 今後も、3−4年でネータルで可動星座にいるケートゥに土星と木星がダブルトランジットするので、3−4年スパンでまた職場を変えられるのだと思います。
>>>
>>>絶賛転職活動中です。
>>>ただいま10室にダブルトランジット、土星太陽期、今すると思いますが決まらないのが謎。
>>>チャトゥルが金星月期なのがよくないのかしら。
>>>
>>>>
>>>>
>>>>次に土星がぶつかる惑星群は火水日金ラーフであり、50−51歳で金星にダブルトランジットが生じる。この惑星群では、ナディ的には一番さきっちょにいるラーフがもっとも強く影響を及ぼす。昇進して、外国で名声がとどろく、とみています。(アカデミックの世界はよくわかりませんが)年齢的にどこかの大学教授にでもなられるのでしょう。
>>>> 水星が逆行してふたご座からおうし座に移行しますから、学術的な分野、太陽に関係する分野から、金星Lの火星・・・経済関係とか、さらに実務的な分野ですかね、そのあたりに専門が移ると思います。
>>>>
>>>
>>>このまま失職しなければ、年齢的に教授昇進する年齢ですね。
>>>専門分野が実務よりに移るか…うーむ、可能性はゼロじゃない。
>>>
>>>
>>>> 健康面は・・・うまく生来的凶星の影響がばらけているので、特定の部位が弱いとはおもわれない。ただし、6Lが1H在住なので、体が強いとも思われない。強いて言えば、ふたご座がパーパカルタリなので、風邪をひくと喉にくるかも、というくらいだろうか。
>>>>
>>>
>>>わりと頭痛もちですが、商売柄、喉もきます。
>>>体力は、ない、というか、皆無(笑)。
>>>
>>>> ・・・・そんなところでしょうか。

引用なし

パスワード


145 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199073222.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

マザー・テレサ
 ちゃーと  - 17/12/30(土) 21:20 -
▼ag2さん

こんにちは。
こちらの件、興味を持ったので少し調べてみました。

するとマザー・テレサの出生時間ははっきりしておらず、
ロッデンのレーティングでは、ほぼ最低レベルのDDだそうです。

https://www.astro.com/astro-databank/Teresa,_Mother

この件に関しては、うちゃさんのブログにも記事があります。

http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-1077.html

そしてラグナがGoelさんの説くように蠍座でなく、射手座になった場合、
D30のラグナは蠍座にはならず、牡羊座になると思います。

その場合D30のラーフは7室在住でなく、2室在住に変化。
7室には月が在住と変化してしまいます。

ただしこの月は欠けているので凶星化しているとも言えますし、
8室にはケートゥがあるので、やはり7&8質が傷ついていることには代わりありません。
しかしGoelさんが使っているD30よりは酷く無い印象です。

でもマザーのようにはっきりと未婚の人生を歩んでいる方の場合は、
D1の段階で、もっと明確な未婚の表示が出ていると思います。

するとマザーの場合、D1において月は牡羊座にあり土星と接合しています。
これは古典的な遠離のヨーガなので、未婚の可能性を強めています。
しかもこの土星はD1の7室にもアスペクトし、7室をも傷つけています。

D9においても7室には凶星の火星が在住し、土星がアスペクトしています。
D1もD9の両方において、7室には生来的吉星の影響が見当たりません。
なのでGoel方式によればこちらの出生時間の方に分がありそうです。

D30の話題と無関係でスミマセンが、ご参考までに。。


P.S.
D30の記事を翻訳したサイトが以下にあるようです。

http://space.geocities.jp/rpmks166/d30.htm
添付画像【451_マザーテレサ.jpg : 47.9KB】

引用なし

パスワード



188 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@125-14-89-139.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 17/12/30(土) 22:54 -
▼ag2さん:

>>>
>>しくしく。好きになって両思いなのに(怪しいのもありましたけど)、なぜ付き合えないのか。
>>そして好きでもないのに追いかけ回される。
>>うまくいきませんな。
>>DKが逆行水星ってのが悪いのかしら。
>>D30もひどい感じですが。
>
>わたしが持っている書籍のなかでD30の具体的解釈例は、V.P.ゴエル氏の「プリディクト ウィズ ナヴァムシャ 」に載っているもののみですが、彼は、マザーテレサの事例を挙げて、マザーテレサが未婚となった理由のひとつに、彼女のD30の7、8Hがアフリクトされていることを挙げています。マザーテレサ、D1では、7室はラーフケートゥ軸ですがアフリクトはそれのみ、7L金星は9室在住、アフリクトなし。ですからD1のみから非婚をよみとるのは難しい。っていうか、ムリ。意外にD30って、結婚には重要かもしれません。みさんのD30の7室は、、、うん、凶星の皆様で混みあってらっしゃるヽ(・∀・)
>

土星と水星が星座交換、しかも7-12と、よりによってそこかよと。
離婚しそうですねー。
8室はまあ普通くらいでしょうが、7室が…
ラグナにアスペクトバックあるけど、それどころではない…


D1 とD9 はそんなに悪くないはずですが、D30が死にかけてるとダメの例ですね。
(しかしD30の使い方と読み方がいまいちわからない)
>
>>
>>>
>>>あと、少し補足ですが、ナディではアスペクトがそもそもパラシャラと違うこともあり、トランジットの木星土星のアスペクトにも(例によって)諸説ありまして、
>>>
>>>@パラシャラと同じアスペクトをする
>>>A7アスペクトのみ
>>>B木星も土星も5、7、9のアスペクト
>>>
>>>という感じで分かれています。わたしはとりあえずAです。ですから、現状、10Hや金星にダブルのアスペクトがあるとはみていません。パラシャラ的にはダブルアスペクトですけどね。
>>>
>>
>>おお!そうなのですね!
>>パラメータ的に1番厳しく、かつ全ての方法論で一致する部分だけ使う作戦でしょうか。
>>
>
>まさにそういう作戦です!そうしないと、乗り切れないし泣
>
>>
>>アスペクトが違うと、特に吉凶判断がかなり変わりませんか?
>>これで同じ人を鑑定して同じ結果出すのはかなり難しくなりそうですね。
>>
>>ナーディはD1 しか使えない(んでしたっけ?)となれば、D9 が使えなくなる時点で、かなり情報量的に不利な気がしますが…
>
>そのあたりはしょうがないとおもってます、、、。
>わたしの好きなナディ、ブリグナディは、D9はおろかアセンダントも使わないという、漢(おとこ)っぷり。技法的には月ラグナと惑星のコンビネーションのみでみるみたいなものなので、、、。
>ただ、単純な技法であるがゆえに検証も容易、それなりに使えるような気はしているので、ハズレてもめげずに、今後も研究を進めていきます!
>
アセンダントなしもすごい。
それならたしかに外しても、良くも悪くも開き直り効きますね。

私の転職は、ナーディと、パラシャラで時期的に一致するのが今から2018年秋なんですよね(ヴィムショッタリとダブルトランジット適用)。
チャトゥルだけちょっと微妙ですが。
3つ被れば時期はそこに特定できそうですね。


>
>>>
>>>>▼ag2さん:
>>>>>▼みさん:
>>>>>>▼ag2さん:
>>>>>>>
>>>>>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>>>>>
>>>>>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>>>>>はっ。
>>>>>
>>>>>リアクション、ありがとうございます笑
>>>>>
>>>>>>
>>>>>>失礼しました、み、です。
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>>>>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>>>>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>>>>>
>>>>>
>>>>>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>>>>>
>>>>>
>>>
>>>>▼ag2さん:
>>>>>▼みさん:
>>>>>>▼ag2さん:
>>>>>>>
>>>>>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>>>>>
>>>>>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>>>>>はっ。
>>>>>
>>>>>リアクション、ありがとうございます笑
>>>>>
>>>>>>
>>>>>>失礼しました、み、です。
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>>>>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>>>>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>>>>>
>>>>>
>>>>>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>>>>>
>>>>>
>>>>>>
>>>>>>有名人の再婚鑑定みても、いまいちよくわかりません。
>>>>>>初婚同様、7室でみてる人もいますし。
>>>>>>有名人なら、後からのこじつけはいくらでもできるからなぁ…。
>>>>>>
>>>>>>文献では再婚の有無に限れば2室の比重がちょっと高いみたいですが、2室の話を出してくる有名人の再婚鑑定、思い当たらずでした。
>>>>>
>>>>>へえ、2室が高いのですか、新情報ですね!
>>>>>
>>>>>>
>>>>>>
>>>>>>追伸:ag2 さん、こんど私を個人鑑定してくださいm(_ _)m
>>>>>>ナーディの人にはしてもらったことがないので。
>>>>>
>>>>>
>>>>>全国のナディ占星術師からクレームがつくかもしれませんが、わたしでよければ、よろこんで承ります。後付説明してもつまらないので、既出情報はできるだけ避けてよんでみます・・・・おお、アガスティアよ、ナディ占星術の名を汚さぬよう、お力添えをお願いいたします・・・m(__)m
>>>>>
>>>>>このひとは・・・頭の回転が速い(ほめとこ・・・。)。しかし、14−15歳あたりで学業に難があった可能性がある。政治や社会に、平均以上の興味と知識がある。他人と異なるモノの見方をすることが多く、権威や多数説に屈しない。
>>>>>ご実家はそこそこ裕福な方で、お父様に収入源が複数あるかもしれない。ご兄弟は、2歳下に弟さんを予想。10−11歳で引っ越しか海外旅行があったかもしれない。
>>>>> 
>>>>
>>>>この頃に引っ越しはしていませんが、英語を習い始めた時期ですね。
>>>>
>>>>きょうだいは、4歳下に妹のみです。
>>>>父親の収入は良かった方ですが、副業とかはしてなかったです。
>>>>
>>>>所詮水星逆行なので、頭の回転にさえムラがあります(爆)。
>>>>ふつうにモノを考えろ?
>>>>無理無理、発想が特殊すぎるらしく、研究もオリジナリティが高すぎてなかなか大変です(笑)。
>>>>>
>>>>>26−27歳、32,33,34歳と恋愛をしてきている。恋愛経験は比較的豊富な方である。相手はインテリで中性的な方が多く、相手があなたを好きになることが多い。
>>>>>
>>>>
>>>>仕事柄、周りはどインテリだらけです。
>>>>
>>>>モテる方らしいのですが(7室支配星が1室にいるし)、なにぶん、鈍いので自覚なし、恋愛経験は多くはないです。
>>>>わりと片想い率も高く、その年齢の頃はモテ期でしたが、両片思いで終わったのがいくつあることやら(泣)。
>>>>振った人数は両手の指を軽々超えてますが、たしかにご指摘のタイプの人が多いです(D9 の7室水星ですしね。でも火星男の方がいいのです)。
>>>>水星男は男にみえない(爆)。
>>>>需要と供給合わないなあ。
>>>>
>>>>
>>>>>職業についてはナディは土星から判断するが、土星からみて2Hに惑星がない場合、進行方向に進めて最初にぶつかった惑星群の影響を受ける。みさんの場合、月とケートゥであり、心理学について深く学んだことがあるのはこのためである。いずれも移動を象徴する星なので、ラーフほどの遠距離つまり外国や北海道沖縄ほどではないにせよ、中距離的な範囲内で転職と転地を繰り返すことは避けられないだろう。収入も不安定で決して高くはないだろう。
>>>>
>>>>ここはよく当たってます。
>>>>すごい短期で異動しまくりです。
>>>>超不安定なので、アカデミック関係者に収入期待しちゃダメです。
>>>>
>>>>私の職業はパラシャラではなかなか当てられないのですが、ナーディはきれいにでますね。
>>>>びっくり。
>>>>
>>>>> 今後も、3−4年でネータルで可動星座にいるケートゥに土星と木星がダブルトランジットするので、3−4年スパンでまた職場を変えられるのだと思います。
>>>>
>>>>絶賛転職活動中です。
>>>>ただいま10室にダブルトランジット、土星太陽期、今すると思いますが決まらないのが謎。
>>>>チャトゥルが金星月期なのがよくないのかしら。
>>>>
>>>>>
>>>>>
>>>>>次に土星がぶつかる惑星群は火水日金ラーフであり、50−51歳で金星にダブルトランジットが生じる。この惑星群では、ナディ的には一番さきっちょにいるラーフがもっとも強く影響を及ぼす。昇進して、外国で名声がとどろく、とみています。(アカデミックの世界はよくわかりませんが)年齢的にどこかの大学教授にでもなられるのでしょう。
>>>>> 水星が逆行してふたご座からおうし座に移行しますから、学術的な分野、太陽に関係する分野から、金星Lの火星・・・経済関係とか、さらに実務的な分野ですかね、そのあたりに専門が移ると思います。
>>>>>
>>>>
>>>>このまま失職しなければ、年齢的に教授昇進する年齢ですね。
>>>>専門分野が実務よりに移るか…うーむ、可能性はゼロじゃない。
>>>>
>>>>
>>>>> 健康面は・・・うまく生来的凶星の影響がばらけているので、特定の部位が弱いとはおもわれない。ただし、6Lが1H在住なので、体が強いとも思われない。強いて言えば、ふたご座がパーパカルタリなので、風邪をひくと喉にくるかも、というくらいだろうか。
>>>>>
>>>>
>>>>わりと頭痛もちですが、商売柄、喉もきます。
>>>>体力は、ない、というか、皆無(笑)。
>>>>
>>>>> ・・・・そんなところでしょうか。

引用なし

パスワード


168 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:マザー・テレサ
   - 17/12/31(日) 9:31 -
▼ちゃーとさん:
>▼ag2さん

はじめまして、み、です。

D30の使い方紹介サイトをありがとうございます。

でもマザーのようにはっきりと未婚の人生を歩んでいる方の場合は、
>D1の段階で、もっと明確な未婚の表示が出ていると思います。

そうですよね。
例えば、未婚が明確に出てなくても、聖職者になることが明確に出ていれば、結果的に結婚できなくなることもありえますね。

マザーの場合は、土星といえど減衰土星だし、大したダメージなさそうなのになぁ。


>
>こんにちは。
>こちらの件、興味を持ったので少し調べてみました。
>
>するとマザー・テレサの出生時間ははっきりしておらず、
>ロッデンのレーティングでは、ほぼ最低レベルのDDだそうです。
>
>https://www.astro.com/astro-databank/Teresa,_Mother
>
>この件に関しては、うちゃさんのブログにも記事があります。
>
>http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-1077.html
>
>そしてラグナがGoelさんの説くように蠍座でなく、射手座になった場合、
>D30のラグナは蠍座にはならず、牡羊座になると思います。
>
>その場合D30のラーフは7室在住でなく、2室在住に変化。
>7室には月が在住と変化してしまいます。
>
>ただしこの月は欠けているので凶星化しているとも言えますし、
>8室にはケートゥがあるので、やはり7&8質が傷ついていることには代わりありません。
>しかしGoelさんが使っているD30よりは酷く無い印象です。
>
>でもマザーのようにはっきりと未婚の人生を歩んでいる方の場合は、
>D1の段階で、もっと明確な未婚の表示が出ていると思います。
>
>するとマザーの場合、D1において月は牡羊座にあり土星と接合しています。
>これは古典的な遠離のヨーガなので、未婚の可能性を強めています。
>しかもこの土星はD1の7室にもアスペクトし、7室をも傷つけています。
>
>D9においても7室には凶星の火星が在住し、土星がアスペクトしています。
>D1もD9の両方において、7室には生来的吉星の影響が見当たりません。
>なのでGoel方式によればこちらの出生時間の方に分がありそうです。
>
>D30の話題と無関係でスミマセンが、ご参考までに。。
>
>
>P.S.
>D30の記事を翻訳したサイトが以下にあるようです。
>
>http://space.geocities.jp/rpmks166/d30.htm

引用なし

パスワード


165 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:マザー・テレサ
 ag2  - 17/12/31(日) 10:03 -
ちゃーとさん

貼り付け、ありがとうございました!
とても分かりやすいですね。

確かに、結婚の観点からは射手座ラグナの方が説明ラクですし、「D30みないと結婚分からん」というのも勘弁してほしいですよね。

ただ、射手座ラグナだと、支配星は高揚星座で木星付きか、、、。Lの良し悪しって、結婚するしないに関係しないのかな、、、。
ラーシより重要なD60で未婚がはっきりでているとか、そういうオチかもしれませんね。

引用なし

パスワード


172 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199067056.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:マザー・テレサ
   - 17/12/31(日) 16:41 -
▼ag2さん:
>ちゃーとさん
>
>貼り付け、ありがとうございました!
>とても分かりやすいですね。
>
>確かに、結婚の観点からは射手座ラグナの方が説明ラクですし、「D30みないと結婚分からん」というのも勘弁してほしいですよね。
>
>ただ、射手座ラグナだと、支配星は高揚星座で木星付きか、、、。Lの良し悪しって、結婚するしないに関係しないのかな、、、。

Ag2 さんがご自身のサイトでまとめていらしたように、
「するかしないかは7Lじゃなくて、7Hの状態」
というのはあるようです。

他方、うちゃさんは、
「結婚運は7L」
と仰っているので、するかしないかは7H、その結婚の質や相手の情報についてのプラスアルファが7Lの状態や、7Lに絡む惑星なのかなぁと、現時点では思います。

うちゃさんは、
「7Lが逆行してるかは、結婚するかどうかに関係ない」
と仰っています。

私も色々みましたが、するかどうかには支配は関係なさそう。

ただし、女性のチャートで7Hが逆行土星は地味に婚約破棄を引き起こしてるんじゃないかという気はします。
婚約破棄、離婚が意外と多いのがこのパターンでした。
7Lが逆行土星が1Hよりダメージ大きそうです。


男性の7Hか7L逆行土星はみたことないのでわかりませんが、男性の場合は逆行木星が7Hだと未婚になりがちだそうです。

そういえば、40手前で独身の知人男性は、D1 は金星からも、太陽からもラグナからみても7室に惑星なし、月から7室はケートゥ、7L火星は3Hでコンバストでした。
D9 がたぶん7L太陽が4H。月減衰で逆行木星とコンジャンクション。

D30は、7L水星が4Hで定座な逆行木星とコンジャンクションし、火星のアスペクトあり。7Hは金星と土星で火星のアスペクトあり。8L太陽が3H。8Hには火星のアスペクトありといまいち。月はラーフ &ケートゥと同居。

…と、そんなに悪くはなさげですが、逆行木星と7LコンジャンクションがD9 とD30でダブルで出てるのはポイントかも。

しかも出生時刻によっては、D9 ラグナのナクシャトラはシャタビター…
そりゃその奔放さと自己中さについてける女はいない…
さらに遊び人な印象が強い(木星逆行は的外れな誠実さ、金星定座)というのも…


>ラーシより重要なD60で未婚がはっきりでているとか、そういうオチかもしれませんね。

ぎくうっ。

引用なし

パスワード


203 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 18/4/28(土) 12:28 -
▼ag2さん:

まだいらっしゃるのかわかりませんが。
前にナーディでみていただいたのがあたりそうです。

3〜4年スパンでの転職と、
「より経済とか実務系にシフトするのでは」
というのが、あたりそうな雲行きです。
当時はまさか実務系分野にシフトチェンジなんてあるわけないだろうと思っていましたが。
Ag2さん、さすがの腕前です。

ただ、ネータルのケートゥにダブルトランジットはあと数年先のはずで、おそらくはそこでさらにもう一回ということになりますね。

そのときは、5-11ダブルトランジットなので、出世かな?

だいたいこのダブルトランジットがくると恋愛イベントが発生してきたのですが、次は9Hの火星のアンタルダシャーと重なります。
支配が悪い火星なのですが、再婚の9Hと考え、D9の星座交換との組み合わせで考えると、再婚(初婚もしてないから、これから半年とかでスピード結婚してスピード離婚だろうか)になります。
おおっ?
ドゥビダシャーで反応してくる惑星のアンタルはさらにもう少し先になりますが。

というわけで、ag2さんの鑑定あたりそう報告でした。


>>>
>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>
>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>はっ。
>
>リアクション、ありがとうございます笑
>
>>
>>失礼しました、み、です。
>>
>>
>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>
>
>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>
>
>>
>>有名人の再婚鑑定みても、いまいちよくわかりません。
>>初婚同様、7室でみてる人もいますし。
>>有名人なら、後からのこじつけはいくらでもできるからなぁ…。
>>
>>文献では再婚の有無に限れば2室の比重がちょっと高いみたいですが、2室の話を出してくる有名人の再婚鑑定、思い当たらずでした。
>
>へえ、2室が高いのですか、新情報ですね!
>
>>
>>
>>追伸:ag2 さん、こんど私を個人鑑定してくださいm(_ _)m
>>ナーディの人にはしてもらったことがないので。
>
>
>全国のナディ占星術師からクレームがつくかもしれませんが、わたしでよければ、よろこんで承ります。後付説明してもつまらないので、既出情報はできるだけ避けてよんでみます・・・・おお、アガスティアよ、ナディ占星術の名を汚さぬよう、お力添えをお願いいたします・・・m(__)m
>
>このひとは・・・頭の回転が速い(ほめとこ・・・。)。しかし、14−15歳あたりで学業に難があった可能性がある。政治や社会に、平均以上の興味と知識がある。他人と異なるモノの見方をすることが多く、権威や多数説に屈しない。
>ご実家はそこそこ裕福な方で、お父様に収入源が複数あるかもしれない。ご兄弟は、2歳下に弟さんを予想。10−11歳で引っ越しか海外旅行があったかもしれない。
> 
>
>26−27歳、32,33,34歳と恋愛をしてきている。恋愛経験は比較的豊富な方である。相手はインテリで中性的な方が多く、相手があなたを好きになることが多い。
>
>職業についてはナディは土星から判断するが、土星からみて2Hに惑星がない場合、進行方向に進めて最初にぶつかった惑星群の影響を受ける。みさんの場合、月とケートゥであり、心理学について深く学んだことがあるのはこのためである。いずれも移動を象徴する星なので、ラーフほどの遠距離つまり外国や北海道沖縄ほどではないにせよ、中距離的な範囲内で転職と転地を繰り返すことは避けられないだろう。収入も不安定で決して高くはないだろう。
> 今後も、3−4年でネータルで可動星座にいるケートゥに土星と木星がダブルトランジットするので、3−4年スパンでまた職場を変えられるのだと思います。
>
>
>次に土星がぶつかる惑星群は火水日金ラーフであり、50−51歳で金星にダブルトランジットが生じる。この惑星群では、ナディ的には一番さきっちょにいるラーフがもっとも強く影響を及ぼす。昇進して、外国で名声がとどろく、とみています。(アカデミックの世界はよくわかりませんが)年齢的にどこかの大学教授にでもなられるのでしょう。
> 水星が逆行してふたご座からおうし座に移行しますから、学術的な分野、太陽に関係する分野から、金星Lの火星・・・経済関係とか、さらに実務的な分野ですかね、そのあたりに専門が移ると思います。
>
> 健康面は・・・うまく生来的凶星の影響がばらけているので、特定の部位が弱いとはおもわれない。ただし、6Lが1H在住なので、体が強いとも思われない。強いて言えば、ふたご座がパーパカルタリなので、風邪をひくと喉にくるかも、というくらいだろうか。
>
> ・・・・そんなところでしょうか。

引用なし

パスワード


132 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_3 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/15...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
 ag2  - 18/4/29(日) 7:54 -
▼みさん:


おお、わざわざありがとうございます!
そして、就職(ですかね?)おめでとうございます(^ ^)

逆行=人生後半で星座を移動説なら、2つの分野にまたがって学んだり働いたりすることになるわけなので。才能や知識の幅が広いという良い面もあるかもしれないですね、逆行。

ちなみに、ナディでは、トランジット木星が火星に影響すると結婚です。蠍座にトランジット木星がくれば、みさんは7Hにも木星の影響ですね。ですので、みさんが今年中にスピード婚することに、わたしも一票です!

新しい環境で、良い出会いがあるといいですねー( ̄▽ ̄)


>▼ag2さん:
>
>まだいらっしゃるのかわかりませんが。
>前にナーディでみていただいたのがあたりそうです。
>
>3〜4年スパンでの転職と、
>「より経済とか実務系にシフトするのでは」
>というのが、あたりそうな雲行きです。
>当時はまさか実務系分野にシフトチェンジなんてあるわけないだろうと思っていましたが。
>Ag2さん、さすがの腕前です。
>
>ただ、ネータルのケートゥにダブルトランジットはあと数年先のはずで、おそらくはそこでさらにもう一回ということになりますね。
>
>そのときは、5-11ダブルトランジットなので、出世かな?
>
>だいたいこのダブルトランジットがくると恋愛イベントが発生してきたのですが、次は9Hの火星のアンタルダシャーと重なります。
>支配が悪い火星なのですが、再婚の9Hと考え、D9の星座交換との組み合わせで考えると、再婚(初婚もしてないから、これから半年とかでスピード結婚してスピード離婚だろうか)になります。
>おおっ?
>ドゥビダシャーで反応してくる惑星のアンタルはさらにもう少し先になりますが。
>
>というわけで、ag2さんの鑑定あたりそう報告でした。
>
>
>>>>
>>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>>
>>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>>はっ。
>>
>>リアクション、ありがとうございます笑
>>
>>>
>>>失礼しました、み、です。
>>>
>>>
>>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>>
>>
>>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>>
>>
>>>
>>>有名人の再婚鑑定みても、いまいちよくわかりません。
>>>初婚同様、7室でみてる人もいますし。
>>>有名人なら、後からのこじつけはいくらでもできるからなぁ…。
>>>
>>>文献では再婚の有無に限れば2室の比重がちょっと高いみたいですが、2室の話を出してくる有名人の再婚鑑定、思い当たらずでした。
>>
>>へえ、2室が高いのですか、新情報ですね!
>>
>>>
>>>
>>>追伸:ag2 さん、こんど私を個人鑑定してくださいm(_ _)m
>>>ナーディの人にはしてもらったことがないので。
>>
>>
>>全国のナディ占星術師からクレームがつくかもしれませんが、わたしでよければ、よろこんで承ります。後付説明してもつまらないので、既出情報はできるだけ避けてよんでみます・・・・おお、アガスティアよ、ナディ占星術の名を汚さぬよう、お力添えをお願いいたします・・・m(__)m
>>
>>このひとは・・・頭の回転が速い(ほめとこ・・・。)。しかし、14−15歳あたりで学業に難があった可能性がある。政治や社会に、平均以上の興味と知識がある。他人と異なるモノの見方をすることが多く、権威や多数説に屈しない。
>>ご実家はそこそこ裕福な方で、お父様に収入源が複数あるかもしれない。ご兄弟は、2歳下に弟さんを予想。10−11歳で引っ越しか海外旅行があったかもしれない。
>> 
>>
>>26−27歳、32,33,34歳と恋愛をしてきている。恋愛経験は比較的豊富な方である。相手はインテリで中性的な方が多く、相手があなたを好きになることが多い。
>>
>>職業についてはナディは土星から判断するが、土星からみて2Hに惑星がない場合、進行方向に進めて最初にぶつかった惑星群の影響を受ける。みさんの場合、月とケートゥであり、心理学について深く学んだことがあるのはこのためである。いずれも移動を象徴する星なので、ラーフほどの遠距離つまり外国や北海道沖縄ほどではないにせよ、中距離的な範囲内で転職と転地を繰り返すことは避けられないだろう。収入も不安定で決して高くはないだろう。
>> 今後も、3−4年でネータルで可動星座にいるケートゥに土星と木星がダブルトランジットするので、3−4年スパンでまた職場を変えられるのだと思います。
>>
>>
>>次に土星がぶつかる惑星群は火水日金ラーフであり、50−51歳で金星にダブルトランジットが生じる。この惑星群では、ナディ的には一番さきっちょにいるラーフがもっとも強く影響を及ぼす。昇進して、外国で名声がとどろく、とみています。(アカデミックの世界はよくわかりませんが)年齢的にどこかの大学教授にでもなられるのでしょう。
>> 水星が逆行してふたご座からおうし座に移行しますから、学術的な分野、太陽に関係する分野から、金星Lの火星・・・経済関係とか、さらに実務的な分野ですかね、そのあたりに専門が移ると思います。
>>
>> 健康面は・・・うまく生来的凶星の影響がばらけているので、特定の部位が弱いとはおもわれない。ただし、6Lが1H在住なので、体が強いとも思われない。強いて言えば、ふたご座がパーパカルタリなので、風邪をひくと喉にくるかも、というくらいだろうか。
>>
>> ・・・・そんなところでしょうか。

引用なし

パスワード


133 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199215216.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:再婚の鑑定
   - 18/4/29(日) 9:27 -
▼ag2さん:

>
>
>そして、就職(ですかね?)おめでとうございます(^ ^)
>

ありがとうございます。


>
>ちなみに、ナディでは、トランジット木星が火星に影響すると結婚です。蠍座にトランジット木星がくれば、みさんは7Hにも木星の影響ですね。ですので、みさんが今年中にスピード婚することに、わたしも一票です!
>
>新しい環境で、良い出会いがあるといいですねー( ̄▽ ̄)
>

ドゥビっ子なので、ドゥビをみたら、秋にプラティアンタルにきています。
その頃には、木星は蠍座に確かにいますね。

となれば、自分の性格も考えると、今すでに知ってる人が相手なんじゃないかと。

今のところ思い当たる人がいませんが(最初だから水星と結婚なんでしょうけど、既に縁がある人は火星になりつつあります)。

これから秋までに、離れる寂しさで盛り上がって押されて付き合って、歳も歳だからと勢いだけで結婚までいく、と考える方が順当そうです。

で、遠距離別居ですれ違って離婚、かな?

前にもそういう付き合い方して別れたことあります。はははっ。
でも、離婚だとダメージ大きいですね。


芸能人のドゥビっ子をみたら、プラティアンタルで結婚してもだいたい別れてるみたいですし。
松田聖子とか、浜崎あゆみとかはわかりやすい。

ヴィムショッタリのアンタル火星(再婚?)の次はアンタルがラーフ 。
ドゥビもアンタル火星がこのラーフ 期に重なります。


しばらく自分をネタに実験します(笑)。

>
>>▼ag2さん:
>>
>>まだいらっしゃるのかわかりませんが。
>>前にナーディでみていただいたのがあたりそうです。
>>
>>3〜4年スパンでの転職と、
>>「より経済とか実務系にシフトするのでは」
>>というのが、あたりそうな雲行きです。
>>当時はまさか実務系分野にシフトチェンジなんてあるわけないだろうと思っていましたが。
>>Ag2さん、さすがの腕前です。
>>
>>ただ、ネータルのケートゥにダブルトランジットはあと数年先のはずで、おそらくはそこでさらにもう一回ということになりますね。
>>
>>そのときは、5-11ダブルトランジットなので、出世かな?
>>
>>だいたいこのダブルトランジットがくると恋愛イベントが発生してきたのですが、次は9Hの火星のアンタルダシャーと重なります。
>>支配が悪い火星なのですが、再婚の9Hと考え、D9の星座交換との組み合わせで考えると、再婚(初婚もしてないから、これから半年とかでスピード結婚してスピード離婚だろうか)になります。
>>おおっ?
>>ドゥビダシャーで反応してくる惑星のアンタルはさらにもう少し先になりますが。
>>
>>というわけで、ag2さんの鑑定あたりそう報告でした。
>>
>>
>>>>>
>>>>>後ろから刺すようですみませんが・・・・笑
>>>>
>>>>ばたん(刺されて倒れた音)
>>>>はっ。
>>>
>>>リアクション、ありがとうございます笑
>>>
>>>>
>>>>失礼しました、み、です。
>>>>
>>>>
>>>>これはひたすらにサンプル集めて、
>>>>「9室っぽい人ですか?それとも2室?11室?」
>>>>って本人に聞くしかなさそうですね。
>>>
>>>
>>>そうですね。でも、サンプル集まらなさそう・・・・・・(+_+)
>>>
>>>
>>>>
>>>>有名人の再婚鑑定みても、いまいちよくわかりません。
>>>>初婚同様、7室でみてる人もいますし。
>>>>有名人なら、後からのこじつけはいくらでもできるからなぁ…。
>>>>
>>>>文献では再婚の有無に限れば2室の比重がちょっと高いみたいですが、2室の話を出してくる有名人の再婚鑑定、思い当たらずでした。
>>>
>>>へえ、2室が高いのですか、新情報ですね!
>>>
>>>>
>>>>
>>>>追伸:ag2 さん、こんど私を個人鑑定してくださいm(_ _)m
>>>>ナーディの人にはしてもらったことがないので。
>>>
>>>
>>>全国のナディ占星術師からクレームがつくかもしれませんが、わたしでよければ、よろこんで承ります。後付説明してもつまらないので、既出情報はできるだけ避けてよんでみます・・・・おお、アガスティアよ、ナディ占星術の名を汚さぬよう、お力添えをお願いいたします・・・m(__)m
>>>
>>>このひとは・・・頭の回転が速い(ほめとこ・・・。)。しかし、14−15歳あたりで学業に難があった可能性がある。政治や社会に、平均以上の興味と知識がある。他人と異なるモノの見方をすることが多く、権威や多数説に屈しない。
>>>ご実家はそこそこ裕福な方で、お父様に収入源が複数あるかもしれない。ご兄弟は、2歳下に弟さんを予想。10−11歳で引っ越しか海外旅行があったかもしれない。
>>> 
>>>
>>>26−27歳、32,33,34歳と恋愛をしてきている。恋愛経験は比較的豊富な方である。相手はインテリで中性的な方が多く、相手があなたを好きになることが多い。
>>>
>>>職業についてはナディは土星から判断するが、土星からみて2Hに惑星がない場合、進行方向に進めて最初にぶつかった惑星群の影響を受ける。みさんの場合、月とケートゥであり、心理学について深く学んだことがあるのはこのためである。いずれも移動を象徴する星なので、ラーフほどの遠距離つまり外国や北海道沖縄ほどではないにせよ、中距離的な範囲内で転職と転地を繰り返すことは避けられないだろう。収入も不安定で決して高くはないだろう。
>>> 今後も、3−4年でネータルで可動星座にいるケートゥに土星と木星がダブルトランジットするので、3−4年スパンでまた職場を変えられるのだと思います。
>>>
>>>
>>>次に土星がぶつかる惑星群は火水日金ラーフであり、50−51歳で金星にダブルトランジットが生じる。この惑星群では、ナディ的には一番さきっちょにいるラーフがもっとも強く影響を及ぼす。昇進して、外国で名声がとどろく、とみています。(アカデミックの世界はよくわかりませんが)年齢的にどこかの大学教授にでもなられるのでしょう。
>>> 水星が逆行してふたご座からおうし座に移行しますから、学術的な分野、太陽に関係する分野から、金星Lの火星・・・経済関係とか、さらに実務的な分野ですかね、そのあたりに専門が移ると思います。
>>>
>>> 健康面は・・・うまく生来的凶星の影響がばらけているので、特定の部位が弱いとはおもわれない。ただし、6Lが1H在住なので、体が強いとも思われない。強いて言えば、ふたご座がパーパカルタリなので、風邪をひくと喉にくるかも、というくらいだろうか。
>>>
>>> ・・・・そんなところでしょうか。

引用なし

パスワード


139 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_3 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/15...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

7 / 97 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
 39839
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.02b1