Moyuku

初めての人は、まず、ルールをお読みください。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
11 / 97 ツリー    ←次へ | 前へ→

星座交換の読み方 17/11/12(日) 10:54
Re:星座交換の読み方 ag2 17/11/23(木) 14:20
Re:星座交換の読み方 17/11/23(木) 20:56
Re:星座交換の読み方 ag2 17/11/24(金) 11:35
Re:星座交換の読み方 ニーチャバンガ 17/11/24(金) 18:46
Re:星座交換の読み方 ag2 17/11/25(土) 8:26
Re:星座交換の読み方 Kala 17/11/25(土) 12:30
Re:星座交換の読み方 ニーチャバンガ 17/11/25(土) 13:54
Re:星座交換の読み方 ag2 17/11/25(土) 14:24
Re:星座交換の読み方 Kala 17/11/25(土) 16:23
Re:星座交換の読み方 17/11/25(土) 20:42
Re:星座交換の読み方 ag2 17/11/26(日) 6:06
Re:星座交換の読み方 Kala 17/11/26(日) 11:05
Re:星座交換の読み方 ag2 17/11/26(日) 15:35
Re:星座交換の読み方 Kala 17/11/26(日) 20:43
Re:星座交換の読み方 ag2 17/11/27(月) 10:05
Re:星座交換の読み方 Kala 17/11/27(月) 23:28
Re:星座交換の読み方 17/11/26(日) 12:53
Re:星座交換の読み方 17/11/25(土) 21:07
Re:星座交換の読み方 18/1/1(月) 18:18
Re:星座交換の読み方 ag2 18/1/2(火) 9:54
Re:星座交換の読み方 18/1/2(火) 10:38
Re:星座交換の読み方 18/1/3(水) 22:50

星座交換の読み方
   - 17/11/12(日) 10:54 -
星座交換の読み方について質問です。

7室在住星が星座交換しているとき、配偶者はどのように読みますか?

たとえば、魚座ラグナで、7室在住星が木星だとして、1室の水星と惑星交換しているとします。

そのとき、このチャートの持ち主の配偶者は、
「木星みたいなおおらかな人ですね」
か、
「水星みたいな頭のいい人ですね」
のどちらになりますか?


星座交換すると、交換相手としてふるまう、この例の場合は、水星が木星化し、木星は水星化するという話もありますが、実際どうでしょう?


http://astroveda.wikidot.com/question-and-answers-3

引用なし

パスワード


300 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_0_3 like Mac OS X) AppleWebKit/604.1.38 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ag2  - 17/11/23(木) 14:20 -
▼みさん:

鑑定板の方でのご質問について,こちらでお答えします。
ただ,例によってナーディ占星術ですけども。


 普通のインド占星術で,少なくともわたしが持っている本の鑑定例や書籍において,星座交換は,「交換室同士のつながりが強くなる」という程度の記述しかありません。例えば2室と6室の交換なら口の病気になるとか,5室と10室の交換で,勉強したことが仕事につながるとか。
 わずかに 「light on life」が,ドシュタナとその他の部屋の交換は凶,ケンドラトリコーナの交換は吉,という原則を述べるのみです。以前,み さんから,「ダシャーも交換前を前提としてよむ」と教えていただきましたが,そこまではっきり説明している書物はわたしは持っていません。
 清水俊介氏翻訳の「本場BVBのインド占星術家が実例で教えるホロスコープの読み方」では,ナクシャトラレベルの星座交換を適示するものが一件ありますが,もし星座交換の効果が「在住室同士のつながりが強くなる」というだけだと,ナクシャトラの星座交換の場合の解釈が手詰まりになりえます。


 これに対してナーディ占星術では,星座交換はかなり力点を置いて読むべきとされ,各書籍にも必ず星座交換の項目と解説があり,その効果にも異説は見当たりません。
 星座及びナクシャトラにおいて星座交換が生じえ,具体的な星座交換の効果は,「交換前の状況から,人生の後半において交換後の状況に移行する」解釈となります。効果の吉凶の基本は交換星同士の友好によります。しかし,ナーディ占星術では,高揚減衰以上に周囲に友好惑星がいるかどうかが重視されるため,それも含めて判断されます。
 
 今回の事例では,太陽と土星の交換ですので原則凶ですが,パーパカルタリだった土星の周囲の状況は明らかに劇的に改善されます。トランジットも,3年後くらいに金星へのダブルトランジットを控えています。
 ヴィムショッタリーダシャーをみても,6室在住ながらRYを形成している金星期で,「凶的な要素はありつつ何かをなしとげる」ということで矛盾はありません。
 以上より,後半戦において,「苦労して」成功すると判断しました。


 もちろん,交換により逆に敵対星に囲まれる場合もありますし,高揚していたのに自室に引き戻される星座交換もあります。
 今回,火星は交換によって孤立に追い込まれるため,例えば,妹さんなり弟さんがいれば,晩年,あきさんから離れて暮らすようになる,とも読めるでしょう。夫(火星)が他の女(月)と連携して自分(木星)から離れる,とも読めます。
 したがって,星座交換=常に吉,では当然なく,友好関係と周囲の状況によります。


(ナーディ占星術ではそもそも相方の特徴は火星または金星でみますが,もし技法を混ぜてよいという前提なら)ご指摘の事例では,


・霊性に理解のある木星的な優等生だったのに,時の経過により頭でっかちになるとかビジネスに傾倒するとか

・離婚のサインがあれば,最初の夫が木星的で次の夫が水星的

とも解釈できるでしょう。(水星と木星は相性イマイチなので,木星が自室に,水星が高揚化するとしても,良くない意味も読み込むのが原則になります。もちろん,周囲に友好星がいるかどうかはかなり大きなファクターになります)み さんのD9なら,

・火星金星コンビが解消され後半には異性関係が落ち着くとか
・水星金星コンビが新たに結成され後半には文学に興味がでてくるとか

そんな感じでしょうか。つまり,前後を比較し,時期をずらして読むということです。


日本語のページでもナーディ的解釈に触れているのがありますね。
http://jyotish33.seesaa.net/article/445933308.html


まあ,技法を混ぜるのは原則ダメと思いますので・・・・思考実験程度にとらえていただければ。

 ナーディ占星術なら,星座交換について熱く10頁も20頁も語っている文献はあるのですが。それ以外だとホント,記述がなくて,学習には不便な環境ですよね・・・(´-`)


あ,あと,離婚関係の根拠については,当たっているのが確認されたあとで,ということで,ご勘弁ください。

引用なし

パスワード


257 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.94 Safari/537.36@ntfksm077171.fksm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
   - 17/11/23(木) 20:56 -
▼ag2さん:

 いつもお世話になっております、み、 です。

 ag2さんのおかげで、ずいぶん逆行は読めるようになり、逆行してるかどうかで結構結果が違うようだし、なめてはいけないな、と理解が進みました。


>
>鑑定板の方でのご質問について,こちらでお答えします。
>ただ,例によってナーディ占星術ですけども。
>
>
> 普通のインド占星術で,少なくともわたしが持っている本の鑑定例や書籍において,星座交換は,「交換室同士のつながりが強くなる」という程度の記述しかありません。例えば2室と6室の交換なら口の病気になるとか,5室と10室の交換で,勉強したことが仕事につながるとか。
> わずかに 「light on life」が,ドシュタナとその他の部屋の交換は凶,ケンドラトリコーナの交換は吉,という原則を述べるのみです。以前,み さんから,「ダシャーも交換前を前提としてよむ」と教えていただきましたが,そこまではっきり説明している書物はわたしは持っていません。


 本やネットをみても、あまりきちんと書いてないですよね。
 「交換室どうしのつながりが強くなる」
 って、そりゃそうだろうけど、肝心のことは何も書いてないというか(苦笑)。

 
 ダシャーについてはISOPさんは、
「交換している部屋が、どちらかのダシャーのときに両方反応し、両方の部屋にかかわるイベントが発生する」
 と仰っていました。

 私のドゥビダシャーをD9と組み合わせると、あまりそういう感じはないのですが・・・(私のD1だと7室がすっからかんなので、D9の7室との組み合わせでみることになります)。

 交換後の7室在住星(もともとの7室支配星の火星)の方で7室が反応してましたが、交換相手の水星は反応せず、水星期には7室は反応してる感じはしませんでした。


 ヴィムショッタリはよくわからないです。 
 ヴィムショッタリでみると、前のアンタル水星期やアンタル火星期の頃は、まだD9が発動していなかったので。
 あと4年近く後に、土星・火星期がきてはじめてわかります。どきどき。

 私のD9の星座交換だと、「玉の輿!」とか、「相手を養う」とかありそう。
 2室(収入)&7室(結婚・配偶者)だし。


> 清水俊介氏翻訳の「本場BVBのインド占星術家が実例で教えるホロスコープの読み方」では,ナクシャトラレベルの星座交換を適示するものが一件ありますが,もし星座交換の効果が「在住室同士のつながりが強くなる」というだけだと,ナクシャトラの星座交換の場合の解釈が手詰まりになりえます。
>
 「在住室どうしのつながりが強くなる」だけだと、確かに何の説明にもなってないような(苦笑)。
 知りたいのはその続きなんですけど、ってなりますよね。


> これに対してナーディ占星術では,星座交換はかなり力点を置いて読むべきとされ,各書籍にも必ず星座交換の項目と解説があり,その効果にも異説は見当たりません。
> 星座及びナクシャトラにおいて星座交換が生じえ,具体的な星座交換の効果は,「交換前の状況から,人生の後半において交換後の状況に移行する」解釈となります。効果の吉凶の基本は交換星同士の友好によります。しかし,ナーディ占星術では,高揚減衰以上に周囲に友好惑星がいるかどうかが重視されるため,それも含めて判断されます。
> 
> 今回の事例では,太陽と土星の交換ですので原則凶ですが,パーパカルタリだった土星の周囲の状況は明らかに劇的に改善されます。トランジットも,3年後くらいに金星へのダブルトランジットを控えています。
> ヴィムショッタリーダシャーをみても,6室在住ながらRYを形成している金星期で,「凶的な要素はありつつ何かをなしとげる」ということで矛盾はありません。
> 以上より,後半戦において,「苦労して」成功すると判断しました。
>
>
> もちろん,交換により逆に敵対星に囲まれる場合もありますし,高揚していたのに自室に引き戻される星座交換もあります。


> 今回,火星は交換によって孤立に追い込まれるため,例えば,妹さんなり弟さんがいれば,晩年,あきさんから離れて暮らすようになる,とも読めるでしょう。夫(火星)が他の女(月)と連携して自分(木星)から離れる,とも読めます。
> したがって,星座交換=常に吉,では当然なく,友好関係と周囲の状況によります。

 ここ、いったいどこから他の女の存在を読んでたんだろうと思っていたのですが、そういうことだったんですね!

 これはナーディの知識がないとわからないですね。
 ちなみに、自分が男のときは、金星が妻になるのでしょうか?


 あきさんのチャートでは、減衰惑星どうしの交換になっていましたが、パラーシャラ系だと減衰惑星どうしの交換は減衰キャンセルになるので、あきさんのチャートは、ag2さんがなさった、「状況はのちに改善するはず」という結果と、おおきくみれば一致しますね。


>
>
>(ナーディ占星術ではそもそも相方の特徴は火星または金星でみますが,もし技法を混ぜてよいという前提なら)ご指摘の事例では,
>
>
>・霊性に理解のある木星的な優等生だったのに,時の経過により頭でっかちになるとかビジネスに傾倒するとか
>
>・離婚のサインがあれば,最初の夫が木星的で次の夫が水星的
>
>とも解釈できるでしょう。(水星と木星は相性イマイチなので,木星が自室に,水星が高揚化するとしても,良くない意味も読み込むのが原則になります。もちろん,周囲に友好星がいるかどうかはかなり大きなファクターになります)み さんのD9なら,
>
>・火星金星コンビが解消され後半には異性関係が落ち着くとか
>・水星金星コンビが新たに結成され後半には文学に興味がでてくるとか
>
>そんな感じでしょうか。つまり,前後を比較し,時期をずらして読むということです。
>

 おお!勉強になります!
 ナーディ式では、コンジャンクションなども、時間の経過とともに、ひっくり返しチャート型にかわっていくのですね。


 のちに好みのタイプは火星男になり、火星男と結婚して異性関係が落ち着き(どっちが先だ?)、その分のエネルギーが文学に向かう、みたいな感じかしら。

 ナーディ式の「時間と共に変わっていく」は一理あって、昔は水星男がいいと思ってた時期もあったのですが、今、どちらが好み(自分とあうか)といわれたら、火星男です。
 年と共に水星男のことが嫌いになりました(笑)。


>
>まあ,技法を混ぜるのは原則ダメと思いますので・・・・思考実験程度にとらえていただければ。
>
> ナーディ占星術なら,星座交換について熱く10頁も20頁も語っている文献はあるのですが。それ以外だとホント,記述がなくて,学習には不便な環境ですよね・・・(´-`)
>
>
 混ぜるのはダメといわれても、やっぱりちゃんと読めるか(当てられるか)の方が結局大事というのは、チャート眺めててあります。
 別に何かの流派の流れを死守しないと破門されるとか(笑)そういう立場にいるわけでもないので。
 
 少なくとも交換のときの読み方については、ナーディではお作法として確立してるということはすなわち、その「ひっくり返して読む」というやり方に一定の予測力(妥当性)がある、ということだと思うのです。

 それなら、星座交換については、それに詳しいナーディの人たちの知恵を借りながらチャートを読んで、当たる法則を探っていった方が、よっぽど依頼者さんに応えられるし、読みと実際の現象をはずさないんじゃないかなぁと思ったりもします。


 私は今のところ、
「そのハウスの表す人物像をみるときはひっくり返し、コンジャンクションや○室支配星が○室在住というような、他の星やハウスとの絡みは、元通りの配置で」
 というやり方をしつつ、これでどこまでいけるか検証中ですが。
 

 またいろいろ教えてください!ありがとうございました!

引用なし

パスワード


172 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p734089-ipngn6501souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ag2  - 17/11/24(金) 11:35 -
▼みさん:


> ag2さんのおかげで、ずいぶん逆行は読めるようになり、逆行してるかどうかで結構結果が違うようだし、なめてはいけないな、と理解が進みました。

わたしはあくまで,み さんのご質問を機に書籍を対照して「本にはこう書いてある」と投稿しているだけですが,よい勉強になっております。
m(__)m


> ちなみに、自分が男のときは、金星が妻になるのでしょうか?

はい,そうです。

なお,ナーディに限らず普通のインド占星術でも,女性のホロスコープをみる場合は配偶者つまり夫を木星でみる方法はあるはずです。鑑定板でも投稿の際に性別を明記するよう案内があります。そのあたりの性別でかわってしまう技法を使えるように配慮されているのだとおもいます。


> ナーディ式の「時間と共に変わっていく」は一理あって、昔は水星男がいいと思ってた時期もあったのですが、今、どちらが好み(自分とあうか)といわれたら、火星男です。
> 年と共に水星男のことが嫌いになりました(笑)。


あはは。み さんは,ご友人のホロスコープなど精力的に収集していそうなので,「事後的配置転換説」がほかにも当てはまりそうでしたら,ぜひ教えてください!ナクシャトラレベルの星座交換までみれば,星座交換は結構あるはず・・・・・・

引用なし

パスワード


160 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.94 Safari/537.36@ntfksm077171.fksm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ニーチャバンガ  - 17/11/24(金) 18:46 -
▼ag2さん、みさん

星座交換の時差による効果、興味深く拝見しました。

私は殆どパラシャラ系一本ですが、他にも確か「吉星ならダシャーの最初の三分の一は支配するハウスが強く、次の三分の一は在住ハウス、最後の三分の一はアスペクト先のハウスが効果を発揮」「凶星なら最初の三分の一は在住、次に支配、最後はアスペクト」というような読み方が有ったように思い、これに良く似ているなと感じました。

私も混ぜるな危険派ですが、共通点の様なものを見つけると面白いですね。

惑星の性別については、過去に職場に全く同じ生年月日の異性がいた事があり、出生時刻を聞いたわけではありませんが、外見、メンタル共にキャラクターの共通項はあまり感じませんでした。

出生地は非常に近かったので、出生時刻でのチャートのズレとカラカの違いだと思います。

それでも同時期に同じ職場にいたあたり、同じダシャーだったのか、共通項も出ていて面白いものです。

引用なし

パスワード


170 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0; ASUS_T00P Build/LRX21M) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.84 Mo...@pl42812.ag2222.nttpc.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ag2  - 17/11/25(土) 8:26 -
▼ニーチャバンガさん:


>私は殆どパラシャラ系一本ですが、他にも確か「吉星ならダシャーの最初の三分の一は支配するハウスが強く、次の三分の一は在住ハウス、最後の三分の一はアスペクト先のハウスが効果を発揮」「凶星なら最初の三分の一は在住、次に支配、最後はアスペクト」というような読み方が有ったように思い、これに良く似ているなと感じました。

おお、ありがとうございます!少し似ているような。どうも、古典からの抜粋の匂いがしますね。

>
>私も混ぜるな危険派ですが、共通点の様なものを見つけると面白いですね。
>
>惑星の性別については、過去に職場に全く同じ生年月日の異性がいた事があり、出生時刻を聞いたわけではありませんが、外見、メンタル共にキャラクターの共通項はあまり感じませんでした。
>
>出生地は非常に近かったので、出生時刻でのチャートのズレとカラカの違いだと思います。
>
>それでも同時期に同じ職場にいたあたり、同じダシャーだったのか、共通項も出ていて面白いものです。


なるほど、生年月日が同じ異性を比べるのはアリですね。月ラグナという手法が成立する以上、生年月日が同じなら、それなりに共通点がありそう。

ブログ、拝見させていただきました、すさまじく緻密にレクティファイされているようで、、、目から鱗です( ゚д゚)

あ、ニーチャバンガさんも、D9に星座交換、おありですね!在住ひっくりかえし説なら、一室牡羊座に火星ケートゥで、熱々、手術チックなコンビ。星座交換の効果を感じるところがありましたら、ぜひ教えてください!

引用なし

パスワード


156 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199137115.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 Kala  - 17/11/25(土) 12:30 -
ag2さん

はじめましてこんにちは。
よろしければag2さんが参考にされている
ナディ占星術の本のタイトルを教えていただけますか?
私も勉強してみたいと思います。

引用なし

パスワード


153 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@124x33x222x50.ap124.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ニーチャバンガ  - 17/11/25(土) 13:54 -
▼ag2さん:

タジャカ等のように有用なものは互いに取り入れているかもしれませんね。
>
>なるほど、生年月日が同じ異性を比べるのはアリですね。月ラグナという手法が成立する以上、生年月日が同じなら、それなりに共通点がありそう。

誕生日が近い(同じ)人は、その共通点や違いなど、大いに研究価値があると思っています。

先の例の他に、誕生日が翌日(24時間以内)だった友人がいます。
同一市内なので、ラーシの月ラグナで見る限り、ダシャーバランスの違い(生まれの遅い方がダシャーの先を走っている)程度です。

この友人はかなり前にパートナーとの大きなトラブルが有りましたが、私も数年前に離婚していて、その状況がなかなかよく似ていました。

同一誕生日の人も、ブログ内で少し検証しています。

>
>ブログ、拝見させていただきました、すさまじく緻密にレクティファイされているようで、、、目から鱗です( ゚д゚)

自己責任でゴリゴリやっていますが、諸事情により暫く休止する事にしました。

これからエフェメリスソフトでも作ろうかと思っていたのに、残念です。

>あ、ニーチャバンガさんも、D9に星座交換、おありですね!在住ひっくりかえし説なら、一室牡羊座に火星ケートゥで、熱々、手術チックなコンビ。星座交換の効果を感じるところがありましたら、ぜひ教えてください!

これは私ではなく、元妻が外科手術の多い人でした。
(単純にD9の7室からの眺めかも、)

病名は伏せますが、私のVe/Ju/Sa期、Ve/Ju/Ma期、Ve/Sa/Ra期にそれぞれ違う病気で手術をしているので、6Lと金星の絡みや、火星と土星の相互アスペクトと読んでいます。

私が虚弱な割に手術をしていないのは、D3やD6の影響もあると思いますが、Ve/Ju/Ra期(ダシャーチッドラとも読めます)に離婚をしている辺り、バトルを免れなかったと捉えています。

Ve/Ma期自体は、パートナー関係も穏やかで、経済的にも上々でした。
定座と読んでも良いかもしれません。

別のダシャーでJu/Ma期(ラーシの4,5L星座交換)だった事もあると思います。

ラーシやD20にも星座交換が幾つか有りますが、概ねその時期は調子の良い時期でしたね。

歳を取って、怒りっぽくなったとは思っています。
(^_^;

引用なし

パスワード


152 hits
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0; ASUS_T00P Build/LRX21M) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.84 Mo...@pl42812.ag2222.nttpc.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ag2  - 17/11/25(土) 14:24 -
kalaさん▼Kalaさん:

こんにちは。やたら乱読していますので、こちらのサイトの書評のところにほそぼそとまとめつつあります。星が多いものは参照頻度が高いです。未掲載な本は、ナーディのみでもあと5冊くらいあり、おいおい追加予定です。

https://agastya-nadi.jimdo.com/書評/

6番が星座交換は一番詳しいかなと思います。各星ごと、さらにもともと高揚の場合と減衰の場合で解説があります。例えば木星と減衰水星の場合、

・学位や知識の種類がふたつ(水星が移るからでしょうね)
・低い収入から高い収入へアップ
・前世で父親の友人でありその友人を助けるために今回生まれた(自分である木星と友人である水星のつながりが深いところから導いているかと)

などと書かれています。
あとは12番。リーディング集なので、星座交換を駆け落ちとよんだり、兄弟で財産を分けるとよんだり、実例が満載です。木星を後ろに星座ひとつずらすと前世をよめるとか、ネタも満載です!

なお、メータさんの本やゴエルさんの本にも、ちろっとナーディの読み方はでてきます。

ニーチャバンガさん>
なるほど、参考になります。よくみたら、ラーシでも交換がおありなのですね。
さらによく考えると、月あたりが交換に絡まなければ一、二ヶ月全員同じ星座交換もちなんですよね、、、、

お大事になさってください。


>

引用なし

パスワード


168 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199137115.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 Kala  - 17/11/25(土) 16:23 -
▼ag2さん

ありがとうございます。
ネットに無料で転がっている本もありますが、
けっこう絶版、入手難の本がありますね。^^;

ブリグナディは面白そうですが、双子の違いなどは不得意な印象があり、
いままでほとんど手付かずだったのですが、これを機に勉強してみます。
(双子の違いの説明ついては、分割図やサブロードを使わないと難しいのかもしれませんね)

引用なし

パスワード


155 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@124x33x222x50.ap124.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
   - 17/11/25(土) 20:42 -
▼ag2さん:
>kalaさん▼Kalaさん:
>
>こんにちは。やたら乱読していますので、こちらのサイトの書評のところにほそぼそとまとめつつあります。星が多いものは参照頻度が高いです。未掲載な本は、ナーディのみでもあと5冊くらいあり、おいおい追加予定です。
>
>https://agastya-nadi.jimdo.com/書評/

 他のところもいろいろ見せていただきました。
 星座交換、コンバスト、逆行やヴァルゴッタマ、D9、かゆいところに手が届く話が多いです。
 すごく勉強してらっしやるんですね・・・
 

 D9のところで、「後半生をみるためのものじゃなくて、結婚や配偶者、結婚生活をみるためのもの」と書かれていることに驚きました。

 結婚してなくても、30代に入るとD9が発動しちゃってる人は鑑定してると自分を含めて結構いるのですが、なんでかなぁ・・・。本人の内面とか人生はD9でもみれるんですよねぇ。
 30を超えてしまうと、未婚でも恋愛の傾向はD9でいけるみたいですが。

 職業とか社会面ならD1とD10で観た方がいいかなー、とは思うんですけど。


>
>6番が星座交換は一番詳しいかなと思います。各星ごと、さらにもともと高揚の場合と減衰の場合で解説があります。例えば木星と減衰水星の場合、
>
>・学位や知識の種類がふたつ(水星が移るからでしょうね)
>・低い収入から高い収入へアップ
>・前世で父親の友人でありその友人を助けるために今回生まれた(自分である木星と友人である水星のつながりが深いところから導いているかと)
>
>などと書かれています。
>あとは12番。リーディング集なので、星座交換を駆け落ちとよんだり、兄弟で財産を分けるとよんだり、実例が満載です。

 12番は面白そうですね。27番も役立ちそう。いまどきの時代に対応した、24番もよさそうだし。
 それにしても、6番の「誤字」が多いって・・・。


>木星を後ろに星座ひとつずらすと前世をよめる

えええ!?どうやってやるんだろ!?

引用なし

パスワード


147 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p740005-ipngn6501souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
   - 17/11/25(土) 21:07 -
▼ニーチャバンガさん、ag2さん:
>
>>
>>なるほど、生年月日が同じ異性を比べるのはアリですね。月ラグナという手法が成立する以上、生年月日が同じなら、それなりに共通点がありそう。
>
>誕生日が近い(同じ)人は、その共通点や違いなど、大いに研究価値があると思っています。
>
>先の例の他に、誕生日が翌日(24時間以内)だった友人がいます。
>同一市内なので、ラーシの月ラグナで見る限り、ダシャーバランスの違い(生まれの遅い方がダシャーの先を走っている)程度です。
>
>この友人はかなり前にパートナーとの大きなトラブルが有りましたが、私も数年前に離婚していて、その状況がなかなかよく似ていました。
>
>同一誕生日の人も、ブログ内で少し検証しています。
>

 ニーチャバンガさんほどのレクティファイの腕はありませんが、学生時代の友人で、同じ県内で生まれた、同じ誕生日の人(同性)のチャートを作ってみました。

 D1は惑星配置が同じでラグナだけが違い、D9はラグナと月の場所が違うのですが、それだけで友人の方がだいぶダシャー的に先にいます。
 マハーがそもそも違うので、ニーチャバンガさんとお友達のように、マハー的には私が後追いする格好になるのかな?

 やはり、ラグナの場所がそもそも違うし、D9はラグナと月の場所が違うので、結構性格が違いますね。
 (間違ってなければ)友人のD9ラグナが私のD97Hなので、友達になれたのかな。

引用なし

パスワード


152 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p740005-ipngn6501souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ag2  - 17/11/26(日) 6:06 -
▼みさん:

> 星座交換、コンバスト、逆行やヴァルゴッタマ、D9、かゆいところに手が届く話が多いです。
> すごく勉強してらっしやるんですね・・・

みていただいてありがとうございます。
というか、み さんのご質問を契機にまとめたものを、どこかに蓄積しておこうと思ったのがきっかけでして。まとめはじめたのは、み さんのお陰でもあります!
まだまだ作成の途中です。

> 
>
> D9のところで、「後半生をみるためのものじゃなくて、結婚や配偶者、結婚生活をみるためのもの」と書かれていることに驚きました。
>
> 結婚してなくても、30代に入るとD9が発動しちゃってる人は鑑定してると自分を含めて結構いるのですが、なんでかなぁ・・・。本人の内面とか人生はD9でもみれるんですよねぇ。
> 30を超えてしまうと、未婚でも恋愛の傾向はD9でいけるみたいですが。
>
> 職業とか社会面ならD1とD10で観た方がいいかなー、とは思うんですけど。

D9については、星の強さ測定を正面に出す派がわたしの手持ちの書籍では多数でした。「本場BVBの〜」は主に二十歳前の若者の進路相談事例集ですが、D9も当然のように使ってます。
ただし、インド占星術.comのページでは人生の晩年と書いてありますので、そういう書籍もあるはずです。わたしがもっていないか、見つけていないだけで、、、わたしのページは作成途中の手控えですので、あまり参考になさらぬよう。どこに何が書いてあるかはすぐ分かるようにまとめていきたいとは思っています。

>
>
>>
>>6番が星座交換は一番詳しいかなと思います。各星ごと、さらにもともと高揚の場合と減衰の場合で解説があります。例えば木星と減衰水星の場合、
>>
>>・学位や知識の種類がふたつ(水星が移るからでしょうね)
>>・低い収入から高い収入へアップ
>>・前世で父親の友人でありその友人を助けるために今回生まれた(自分である木星と友人である水星のつながりが深いところから導いているかと)
>>
>>などと書かれています。
>>あとは12番。リーディング集なので、星座交換を駆け落ちとよんだり、兄弟で財産を分けるとよんだり、実例が満載です。
>
> 12番は面白そうですね。27番も役立ちそう。いまどきの時代に対応した、24番もよさそうだし。
> それにしても、6番の「誤字」が多いって・・・。
>
>
>>木星を後ろに星座ひとつずらすと前世をよめる
>
> えええ!?どうやってやるんだろ!?


み さんの場合、木星が獅子座にきますので、、、、


あなたは、120年前、前世ではアメリカの首都ワシントンの古ぼけた家に、男性として生まれた、、、(自分である木星が獅子座で首都、男性星座。来世の乙女座が前世からみて南)。浅黒い肌(ラグナが土星のみになった)。あなたは、母をよく助け、優しく道徳的、その生では霊性を追求する者であり、占星術も学んでいた、、、(ガージャケサリヨガ発生、12室に木星、8室に木星のアスペ)。
仕事には恵まれず、低い賃金で教師職や占い師などを転々とし、仕事には励まなかった(今世は自分である木星が仕事である土星と極めて接着=仕事大好き→前世では離れる)。
34歳で強気な身分の高い女と結婚したが、翌年、無念のうちに肝臓障害で亡くなる、、、(木星がパーパカルタリになり健康悪化)。ゆえに今世では、満足のいく仕事をすること、パートナーと過ごす時間を長くもつことを求める、、、みたいな?

「木星をひとつ前にずらすと前世」以外について詳細な技法の記述はありませんので、上記はわたしによる創作です。参考にはもちろんしないでください。
ただ、木星ずらしてリーディングしてみると良いヒマつぶしになります笑


kalaさん
良いかんじのナーディ書籍みつけたら、ぜひぜひ教えてください!

引用なし

パスワード


154 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199137115.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 Kala  - 17/11/26(日) 11:05 -
▼ag2さん

色々教えて頂きありがとうございます。
こんどみんなでオフ会でも開きたいですね。^^

D9が後半生を示すという記述はネットなどではよく見かけますが、
(しかも36才以降だとか)
たしかに書籍では思い当たりませんね。

ナディの本はいくつか持ってますが、読みこなせていない状態だったり、あまり役に立ちそうにない本が多かったりで、有益な情報を提供できないのが残念です。というか、ag2さんは私などが教える以前に、すでにお読みなんじゃないかなーと思います^^;


ところでいくつか追加で質問させていただけますでしょうか。

1.前世を読むやり方ですが、女性も木星を使いますか(金星でなく)?

2.その人の人生の目的を見る際や、生まれた時間の違いを見る際に、サブホーラロードを用いると書いてありますが、ag2さんは参考にしてますか?もし参考にしている場合、どのように計算していますか?

引用なし

パスワード


153 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@125-14-89-139.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
   - 17/11/26(日) 12:53 -
▼ag2さん:

>>
>>
>>>木星を後ろに星座ひとつずらすと前世をよめる
>>
>> えええ!?どうやってやるんだろ!?
>
>
>み さんの場合、木星が獅子座にきますので、、、、
>
>
>あなたは、120年前、前世ではアメリカの首都ワシントンの古ぼけた家に、男性として生まれた、、、(自分である木星が獅子座で首都、男性星座。来世の乙女座が前世からみて南)。浅黒い肌(ラグナが土星のみになった)。あなたは、母をよく助け、優しく道徳的、その生では霊性を追求する者であり、占星術も学んでいた、、、(ガージャケサリヨガ発生、12室に木星、8室に木星のアスペ)。
> 仕事には恵まれず、低い賃金で教師職や占い師などを転々とし、仕事には励まなかった(今世は自分である木星が仕事である土星と極めて接着=仕事大好き→前世では離れる)。
> 34歳で強気な身分の高い女と結婚したが、翌年、無念のうちに肝臓障害で亡くなる、、、(木星がパーパカルタリになり健康悪化)。ゆえに今世では、満足のいく仕事をすること、パートナーと過ごす時間を長くもつことを求める、、、みたいな?
>
>「木星をひとつ前にずらすと前世」以外について詳細な技法の記述はありませんので、上記はわたしによる創作です。参考にはもちろんしないでください。
>ただ、木星ずらしてリーディングしてみると良いヒマつぶしになります笑
>


前世はダメ男だったのね(笑)。でも今生の部分は当たってるかな。チャトゥル適用者らしく、仕事優先しがちで失敗しますが。


参考までに、コンディショナルダシャーで反応するはずのハウスで交換が起きると、本来ならヴィムショッタリとの合わせ技で時期読みの精度はあがるはずのところが、一気にめんどくさくなります。

私の場合、ドゥビをD9 にあてると、7H水星が逆行してるので、水星期は7室関連ではろくなことがないです(逆行惑星ダシャーは悪い原則がここに)。
かわりに交換相手の火星がうまく反応しますね(ただし火星なのと5室がひどいので結果は推して知るべし)。
それもあって、
「火星男を選べってことなのか」
と今は思うわけです。ナーディ的時間による変化もあると思いますけど。

逆行と交換とコンディショナルダシャーが同時に絡む人はかなり稀なので、参考までに。

引用なし

パスワード


154 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/604.3.5 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ag2  - 17/11/26(日) 15:35 -
▼Kalaさん:
>▼ag2さん
>
>色々教えて頂きありがとうございます。
>こんどみんなでオフ会でも開きたいですね。^^
>
>D9が後半生を示すという記述はネットなどではよく見かけますが、
>(しかも36才以降だとか)
>たしかに書籍では思い当たりませんね。
>
>ナディの本はいくつか持ってますが、読みこなせていない状態だったり、あまり役に立ちそうにない本が多かったりで、有益な情報を提供できないのが残念です。というか、ag2さんは私などが教える以前に、すでにお読みなんじゃないかなーと思います^^;


ううう、残念です、、、( ̄^ ̄)ゞ
>
>
>ところでいくつか追加で質問させていただけますでしょうか。
>
>1.前世を読むやり方ですが、女性も木星を使いますか(金星でなく)?

あくまでアソビ技法ですけど。
&#12881;Dr.Shanker Adawal 「Bhrigu samhita」で前世が出てくるのは4例あり、全員今世は男性です。ところが、同書81ページには、今世男性、前世女性の例が出てきます。これも木星を後ろにずらして前世をみています。これを逆にとると、女性の来世を見る場合は木星を前に動かしていた、ともとれます。
理論的にも、木星、ジーヴァカーラカつまり高次の自分は性別フリーなので、肉体を脱いだ後どうするかは木星でみた方が整合すると思います。
まあ、書籍の記述などはっきりしたソースはないですね、今のところ、、、。何かご存知でしたら教えてください。

>
>2.その人の人生の目的を見る際や、生まれた時間の違いを見る際に、サブホーラロードを用いると書いてありますが、ag2さんは参考にしてますか?もし参考にしている場合、どのように計算していますか?

いえ、その技法自体、初耳です( ̄^ ̄)ゞ!

引用なし

パスワード


166 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199137115.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 Kala  - 17/11/26(日) 20:43 -
ag2さん

引き続きコメントありがとうございます。

サブホーラロードはホーラを細かく分割したときの各支配星のことです。
NaikさんのCelestial Matrix in Naadi Astrology
という薄っぺらい本の中で言及されています。

この本は私も先日ネットでダウンロードしたので
ag2さんも容易に入手可能だと思います。

この本は実例はけっこう多いのですが、
一人の人を詳しく解説した本ではない点がやや残念。

「このヨーガがあるから仏陀やラーマクリシュナは聖者になった・・」等と書かれてはいるのですが、ひねくれた私などは「その人物のことをあらかじめ知ってるからそう書いているのでは?」なんて印象も持ってしまいます。

インド人は思い込みが激しくて、自分で勝手に考えた独自理論を振り回すことも多いので、ソースを確認しながら慎重に本や論文を読むべきでしょうね・・。^^;

引用なし

パスワード


161 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@124x33x222x50.ap124.ftth.ucom.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ag2  - 17/11/27(月) 10:05 -
▼Kalaさん:
>ag2さん
>
>引き続きコメントありがとうございます。
>
>サブホーラロードはホーラを細かく分割したときの各支配星のことです。
>NaikさんのCelestial Matrix in Naadi Astrology
>という薄っぺらい本の中で言及されています。
>
>この本は私も先日ネットでダウンロードしたので
>ag2さんも容易に入手可能だと思います。
>
>この本は実例はけっこう多いのですが、
>一人の人を詳しく解説した本ではない点がやや残念。


紙の本で私ももっていますが,後付け本認定していたので,真面目に読んでいませんでした(笑)
たしかに,daylord horalord subhoralod ,しかも生まれたときとコンサルタントのときを用いろ,と書いてありますね。そんな,6種も用いればどうにでもなっちゃいます・・・・ズルイ。

ナイキさんのその後の本では,ホーラロードは用いていません・・・・プラシュナチャートを手元にバースチャートをリーディングせよという記載はありましたが,具体論は不明です(revelation from naadi jyotisha 85頁)
双子疑惑は,プラシュナチャート併用でのりきるのかも。


>
>「このヨーガがあるから仏陀やラーマクリシュナは聖者になった・・」等と書かれてはいるのですが、ひねくれた私などは「その人物のことをあらかじめ知ってるからそう書いているのでは?」なんて印象も持ってしまいます。
>
>インド人は思い込みが激しくて、自分で勝手に考えた独自理論を振り回すことも多いので、ソースを確認しながら慎重に本や論文を読むべきでしょうね・・。^^;


いやー,わたしも完全に同意します。
ほんと,後付け感のただよう本の多いこと!
「おれのオリジナルリサーチだ!!」という独自理論の多いこと!

それをさけるのが,至上命題だとおもっています。占星術の勉強において。

引用なし

パスワード


167 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.94 Safari/537.36@ntfksm077171.fksm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 Kala  - 17/11/27(月) 23:28 -
ag2さん

>たしかに,daylord horalord subhoralod ,しかも生まれたときとコンサルタントのときを用いろ,と書いてありますね。そんな,6種も用いればどうにでもなっちゃいます・・・・ズルイ。
>
>ナイキさんのその後の本では,ホーラロードは用いていません・・・・プラシュナチャートを手元にバースチャートをリーディングせよという記載はありましたが,具体論は不明です(revelation from naadi jyotisha 85頁)
>双子疑惑は,プラシュナチャート併用でのりきるのかも。

デイロードやホーラロードは、基本的にはプラシュナにおいて、占いに来た人がどんなことを相談しに来たのかを見る、注目のポイントだったような気がします。うろ覚えですみません・・。

でもネイタルでも使うとなると、現時点というよりも一生を通じたテーマを見るのかなーという感じですね。

分割図に見られるように、インド人は何でも細かくしようとする極端なところがあります。でもどこまで分割すれば完璧なのか、誰もわかっておりません。このサブホーラロードだってそのうち、サブサブホーラロードが出来るかもしれません。^^;


>いやー,わたしも完全に同意します。
>ほんと,後付け感のただよう本の多いこと!
>「おれのオリジナルリサーチだ!!」という独自理論の多いこと!
>
>それをさけるのが,至上命題だとおもっています。占星術の勉強において。

インド占星術は技法が多いですし、一つの技法でさえ流派によって違いがありすぎます。なのでそれぞれの人が独自の理論でこじつける例が多すぎです。

そもそもアヤナムシャはどれか、ノードは真値か平均値か、ヴィムショタリーダシャーの計算の定義はどれか等、技法以前のベースの部分ですでに多くの違いがあり、共通意見を探すことが難しい状態。真面目に学習するほど迷路にはまりこむと思います。なのでここで勉強されているみなさんは本当に凄いなと思います。

そういいつつ私もag2さんに感化され、おすすめ本をインドに注文したばかりなのですがね(笑)

引用なし

パスワード


174 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@125-14-89-139.rev.home.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
   - 18/1/1(月) 18:18 -
▼ag2さん:


 星座交換ドゥビっ子さんを鑑定中です。
 自分以外の星座交換ドゥビっ子さんは初です。
 

 このmiiさんは、私とちがって、交換前の配置にドゥビが反応しているようです。
 なーんーでーだーろー。
 と考えたのですが。


 これ、ag2さんがご自身のサイトでまとめていらした中の、星座交換のある場合のトランジットとの関係のところにあった、
「星座交換に火星が絡むときは火星を定座扱い」
 というのに近い現象かもしれません。
 ダシャーにも適用されるかはわかりませんが。


 ドゥビダシャーの場合、反応惑星がいつでも一定なので、ダシャーが入れ替わることはないはずです。

 今回鑑定したmiiさんはまだ事後交換が起きる前の年齢だから、入れ替え定座扱いにならないけど、私はもう年齢的に交換してるはずなので、入れ替わってるのか。

 もうひとつ考えられるのは、
・miiさんは逆行木星が12室にいて、7室にいる太陽との交換、ドゥビ反応惑星は7室在住星の太陽
・私は逆行水星が7室で、2室にいる火星との交換、ドゥビ反応惑星は2室の火星
 なので、交換が逆行惑星との間で起きるときは、逆行じゃない方がアタリになる、という可能性。

 (一応、交換が発生すれば、両方の惑星のダシャーで恋愛結婚イベントは起きますが、片方がアタリで片方がハズレ。ただし、どちらがアタリなのかがいまいち私はまだ読めません)


 ドゥビっ子を鑑定しまくって、どうもドゥビっ子は、ドゥビ反応惑星であらわされる相手を選びがちというか好きになりがちらしい、ということはわかりましたが、星座交換ドゥビっ子はいまだに法則が読めません・・・。

 わりあい簡単なはずのドゥビなのに、星座交換になると一撃で難易度が跳ね上がりますね・・・。


>▼みさん:
>
>鑑定板の方でのご質問について,こちらでお答えします。
>ただ,例によってナーディ占星術ですけども。
>
>
> 普通のインド占星術で,少なくともわたしが持っている本の鑑定例や書籍において,星座交換は,「交換室同士のつながりが強くなる」という程度の記述しかありません。例えば2室と6室の交換なら口の病気になるとか,5室と10室の交換で,勉強したことが仕事につながるとか。
> わずかに 「light on life」が,ドシュタナとその他の部屋の交換は凶,ケンドラトリコーナの交換は吉,という原則を述べるのみです。以前,み さんから,「ダシャーも交換前を前提としてよむ」と教えていただきましたが,そこまではっきり説明している書物はわたしは持っていません。
> 清水俊介氏翻訳の「本場BVBのインド占星術家が実例で教えるホロスコープの読み方」では,ナクシャトラレベルの星座交換を適示するものが一件ありますが,もし星座交換の効果が「在住室同士のつながりが強くなる」というだけだと,ナクシャトラの星座交換の場合の解釈が手詰まりになりえます。
>
>
> これに対してナーディ占星術では,星座交換はかなり力点を置いて読むべきとされ,各書籍にも必ず星座交換の項目と解説があり,その効果にも異説は見当たりません。
> 星座及びナクシャトラにおいて星座交換が生じえ,具体的な星座交換の効果は,「交換前の状況から,人生の後半において交換後の状況に移行する」解釈となります。効果の吉凶の基本は交換星同士の友好によります。しかし,ナーディ占星術では,高揚減衰以上に周囲に友好惑星がいるかどうかが重視されるため,それも含めて判断されます。
> 
> 今回の事例では,太陽と土星の交換ですので原則凶ですが,パーパカルタリだった土星の周囲の状況は明らかに劇的に改善されます。トランジットも,3年後くらいに金星へのダブルトランジットを控えています。
> ヴィムショッタリーダシャーをみても,6室在住ながらRYを形成している金星期で,「凶的な要素はありつつ何かをなしとげる」ということで矛盾はありません。
> 以上より,後半戦において,「苦労して」成功すると判断しました。
>
>
> もちろん,交換により逆に敵対星に囲まれる場合もありますし,高揚していたのに自室に引き戻される星座交換もあります。
> 今回,火星は交換によって孤立に追い込まれるため,例えば,妹さんなり弟さんがいれば,晩年,あきさんから離れて暮らすようになる,とも読めるでしょう。夫(火星)が他の女(月)と連携して自分(木星)から離れる,とも読めます。
> したがって,星座交換=常に吉,では当然なく,友好関係と周囲の状況によります。
>
>
>(ナーディ占星術ではそもそも相方の特徴は火星または金星でみますが,もし技法を混ぜてよいという前提なら)ご指摘の事例では,
>
>
>・霊性に理解のある木星的な優等生だったのに,時の経過により頭でっかちになるとかビジネスに傾倒するとか
>
>・離婚のサインがあれば,最初の夫が木星的で次の夫が水星的
>
>とも解釈できるでしょう。(水星と木星は相性イマイチなので,木星が自室に,水星が高揚化するとしても,良くない意味も読み込むのが原則になります。もちろん,周囲に友好星がいるかどうかはかなり大きなファクターになります)み さんのD9なら,
>
>・火星金星コンビが解消され後半には異性関係が落ち着くとか
>・水星金星コンビが新たに結成され後半には文学に興味がでてくるとか
>
>そんな感じでしょうか。つまり,前後を比較し,時期をずらして読むということです。
>
>
>日本語のページでもナーディ的解釈に触れているのがありますね。
>http://jyotish33.seesaa.net/article/445933308.html
>
>
>まあ,技法を混ぜるのは原則ダメと思いますので・・・・思考実験程度にとらえていただければ。
>
> ナーディ占星術なら,星座交換について熱く10頁も20頁も語っている文献はあるのですが。それ以外だとホント,記述がなくて,学習には不便な環境ですよね・・・(´-`)
>
>
>あ,あと,離婚関係の根拠については,当たっているのが確認されたあとで,ということで,ご勘弁ください。

引用なし

パスワード


170 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p1400019-ipngn9501souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
 ag2  - 18/1/2(火) 9:54 -
みさん

おつかれさまです。

あくまで初期配置は魚座に太陽ですので、単純に事後交換が起きる時期より前なのではないですかねー。

もちろん、逆行が絡むと星座交換に何らかの例外発生というのも可能性としてありえるでしょうけど。逆行するとナディではやはり事後に動くので、木星が蟹座に逃げることは考えられますね。

あとは、この方、ラグナの位置微妙なので、大穴で獅子座ラグナもありえると思ってます( ゚д゚)
獅子座ラグナだと、五室にラーフ、5Lに9Lのアスペ、今年7月から水星5Lの木星12Lの月期となり、海外で勉強しそう。

引用なし

パスワード


168 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/1...@pw126199067056.18.panda-world.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
   - 18/1/2(火) 10:38 -
▼ag2さん:
>

>
>あくまで初期配置は魚座に太陽ですので、単純に事後交換が起きる時期より前なのではないですかねー。
>

年齢的には交換前なんですよね、確実に。


すると、私のチャートは交換前なら水星が反応惑星になるはずなのに、交換後に定座になる火星が反応惑星、というのが謎なんですよ。


私のチャートは、火星が絡むのがもう1つのポイントかもですが。

7室星座交換ドゥビっ子を、また探さなくては。
出現率は低そうだけど。
しかも、逆行かんでる人だとますます少ない…


>もちろん、逆行が絡むと星座交換に何らかの例外発生というのも可能性としてありえるでしょうけど。逆行するとナディではやはり事後に動くので、木星が蟹座に逃げることは考えられますね。
>

私のは初期配置の7H惑星が逆行してますからね。
だから交換相手の火星がドゥビ反応惑星になったのかな?


>あとは、この方、ラグナの位置微妙なので、大穴で獅子座ラグナもありえると思ってます( ゚д゚)
>獅子座ラグナだと、五室にラーフ、5Lに9Lのアスペ、今年7月から水星5Lの木星12Lの月期となり、海外で勉強しそう。

おおっ、ドゥビの反応がクリーンすぎて、これでいいやと気がつきませんでした。

7室在住星が、彼氏の特徴に一致してたし。

ラグナずらすと、相手は火星と金星か…中性的にはならなさそう。
むしろ遊び人配置だな…

引用なし

パスワード


155 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/1...@softbank060144088221.bbtec.net>
・ツリー全体表示

Re:星座交換の読み方
   - 18/1/3(水) 22:50 -
 星座交換ドゥビっ子、晴さんを鑑定してみた結果の、7室で星座交換するドゥビっ子のドゥビ反応惑星の出し方と結婚相手(縁のある異性)のみかた暫定版です。

 7室星座交換ドゥビっ子は出現率が低そうなので、晴さん(1-7交換、土星と月)、miiさん(7-12交換、太陽と逆行木星)、私(D9の2-7交換、火星と逆行水星)の3サンプルしかないので、この手の人を鑑定したことある人がいたら、適宜情報を加えてください。


1.反応惑星は生涯変わらない
  D1の7室に惑星がある人はその惑星(複数あればどれか1つ)、D1すっからかんの人はD9の7室在住星のアンタルダシャー。
 基本はオリジナルの在住星なのだが、火星が絡む場合は交換の可能性あり(後述)。


2.相手の特徴
 基本はドゥビに反応する惑星が相手の特徴になるとみられるが、星座交換ドゥビっ子は例外。
 ただし、年齢が上がると(30歳〜?)、もともとの7室在住星から、交換相手の惑星が表すタイプの異性に好みが変わる。


 ドゥビっ子はたいへんえり好みが激しい生き物のようで、ドゥビに反応できる惑星の人しか視界に入らないが、星座交換ドゥビっ子は両方がターゲットになりうる。
 そして、主たる特徴は、もともとの在住星から交換相手の方に移行するが(つまり後々定座扱い)、2つの惑星のキャラが若干ブレンドされた形にはなる。


3.逆行の影響

 私だけが最初から7室在住星の水星ではなく、交換相手の火星が反応惑星になっている。同じく逆行惑星が交換に絡んでいるmiiさんが太陽を反応惑星としているところをみると、

・逆行が絡む場合は、逆行してない方がドゥビに反応するのか?
・婚期に関するナーディの「星座交換に火星が絡むときのトランジットは火星定座扱いで(by Goel)」ルールが、ドゥビっ子の7室星座交換に火星が絡むときにも適用される?


 の2点が謎として残る。サンプル探すか、自分の恋愛遍歴を振り返る(orプラティアンタルまで駆使して増やす)しかないのか・・・。

引用なし

パスワード


180 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p1214038-ipngn7601souka.saitama.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

11 / 97 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
 39407
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.02b1