本文へスキップ

インド占星術.comは、ジョーティッシュ・インド占星術による鑑定、および解説・研究するサイトです。

 

BASICBHAGAVAD GITA

1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章

ヴァガヴァッド・ギータ

第二章●ギーター全体の要約

(一) サンジャヤ言う
憐れみと悲しみに胸ふさがれて
はらはらと涙ながすアルジュナを見て
マドゥ鬼を滅した御方((マドスーダナ)) クリシュナは
次のように語られました―

(二) 至上者(バガヴァーン)クリシュナ語る
「アルジュナよ 世迷い(ごと)を言うな! およそ
生命進化の意義を知る者の言葉ではない
そんなことでは より高い星界 にも行けず
汚名をきて下に堕ちるばかりだ

(三)
プリターの息子よ 女々しいことを考えるな
それは君にまったく不似合いだ
敵をこらしめ罰する者よ
卑小な心を捨てて さあ立ち上がれ!」

(四) アルジュナ言う
クリシュナ((マドスーダナ))よ ビーシュマやドローナに
どうして私が弓を向けられましょうか
私はむしろあの方々を礼拝したいのです
おお滅敵者(アリスーダナ) クリシュナよ!

(五)
師と仰ぐ立派な方々を殺すくらいなら
私は乞食になって暮らすほうがよい
たとえ欲深でも目上の人を殺せば
戦利の物は血でのろわれましょう

(六)
ああ私はどうすればよいのか
敵に勝つべきか また負けるべきか
彼らが死ねば 私も生き甲斐がなくなる
そのような敵と対陣するとは―

(七)
心の弱さゆえに平静を失い
義に叶う道はいずれか迷いはてました
願わくは最善の方法を教えたまえ
私はあなたの弟子 絶対に服従します


(八)
たとえ地上に無敵の王国を持っても
天国で神々の上に主権を(ふる)っても
心も枯れ朽ちるこの悲しみを
追い払うことはできません」

(九) サンジャヤ言う
“敵を減す者”と称されるアルジュナは
このようにクリシュナに話し
「ゴーヴィンダ よ 私は戦いません」と
黙りこんでしまいました

(一十)
バラタ王の御子孫である王様よ
このときクリシュナは にっこり笑い
両軍の間で悲しみに沈む
アルジュナに向かって語りました―

(一一) 至上者(バガヴァーン)クリシュナの言葉
「君は博識なことを話すが
悲しむ値打ちのないことを嘆いている
真理を学んだ賢い人は
生者のためにも死者のためにも悲しまない

(一二)
わたしも 君も ここにいる(すべ)ての人々も
かつて存在しなかったことはなく
将来 存在しなくなることもない
始めなく終わりなく永遠に存在しているのだ

(一三)
肉体をまとった魂は
幼年 青壮年を過ごして老年に達し
捨身 して直ぐ他の体に移るが
自性を知る魂はこの変化を平然と見る

(一四)
クンティーの息子よ 寒暑 苦楽は
夏冬(きせつ)のめぐる如く去来するが
すべて感覚の一時的作用にすぎない
アルジュナよ それに乱されず耐えることを学べ

(一五)
アルジュナ 人類の中で最も秀れた男よ
幸福と不幸に心を乱さず
常に泰然として動かぬ者こそ
大いなる自由 を得るにふさわしい

(一六)
物質と霊の本性を学んで
真理を徹見した人びとは
非実在 は一時的に現象(あらわれ)でも持続せず
実在は永遠に存在することを知る

(一七)
一切、万有にあまねく充満しているものは
決して傷つかず 壊されもしない
たとえ如何なる人でも 方法でも
不滅の魂を破壊することはできない

(一八)
(すべ)ての生物は永遠不滅であり
その実相は人智によっては測り難い
破壊され得るのは物質体(にくたい)だけである
故にアルジュナよ勇ましく戦え!

(一九)
生物が他を殺す また殺されると思うのは
彼らが生者の実相を知らないからだ
知識ある者は自己の本体が
殺しも殺されもしないことを知っている

(二十)
魂 にとっては誕生もなく死もなく
元初より存在して永遠に在りつづけ
肉体は殺され朽ち滅びるとも
かれは常住にして不壊不滅である

(二一)
プリターの息子 アルジュナよ
このように魂は不生不滅 不壊不変である
どうして誰かを殺し
また誰かに殺されることがあり得ようか

(二二)
人が古くなった衣服を捨てて
新しい別の衣服に着替えるように
魂は使い古した肉体を脱ぎ捨て
次々に新しい肉体を着るのだ

(二三)
どのような武器を用いても
魂を切ったり破壊(こわ)したりすることはできない
火にも焼けず 水にもぬれず
風にも干乾らびることはない

(二四)
個々の魂は壊れず 溶けず
燃えることなく 乾くことなく
何処でも いつまでも
不変 不動 常住の実在である

(二五)
それ は五官で認識することはできない
目に見えず人智では想像も及ばぬもので
常に変化しないものと知り
肉体のために嘆き悲しむな

(二六)
また()しこれが誕生と死を
絶え間なく くりかえすものと
君がたとえ考えていたとしても
悲しむ理由は何もない おお剛勇の士よ

(二七)
生まれたものは必ず死に
死んだものは必ず生まれる
必然 不可避のことを嘆かずに
自分の義務を遂行しなさい

(二八)
万物はその始めにおいてかたち色相なく
中間 の一時期に色相を表し
また終わりに滅して無色相となる
この事実のどこに悲しむ理由があるか

(二九)
ある人はそれの神秘を見て驚嘆し
ある人はそれの驚くべき神秘を語り
ある人はそれの神秘について聴くが
他の人々はそれについて聞いても全く理解できない

(三十)
おおバラタの子孫よ
肉体のなかに住むそれは
永遠不滅にして殺すことなど不可能だ
故に(すべ)ての生物について悲しむな

(三一)
クシャトリヤ武士階級 の義務から考えても
ダルマ正義を護るための戦いに
参加する以上の善事はないのに
どこに ためらう必要があるのか

(三二)
プリターの息子よ 武人として
このような機会にめぐり会うのは
真に幸せなこと―彼らのために
天国は門を開いて待っている

(三三)
だが()し この正義の戦いに
君が参戦しないならば
義務不履行の罪を犯すことになり
武人としての名誉を失うのだ

(三四)
(のち)の世までも人々は常に
君の汚名を 語りつぐだろう
名誉(ほまれ)ある者にとって この屈辱(はじ)
死よりも耐えがたいことではないか

(三五)
いままで君の名を讃えていた武将たちは
君が戦いを(おそ)れて
戦場から逃亡したものと思い
卑怯者よ憶病者よと軽べつするだろう

(三六)
敵方の者たちは 口をそろえて
聞くにたえぬ言葉で悪口を言い
君の能力を見くびって(ののし)るだろう
これにまさる苦痛があると思うか

(三七)
おおクンティーの息子よ 君が戦死すれば
上級の星界 に()って天国の幸を味わい
勝てば地上で王侯の栄華を楽しむのだ
さあ 立ち上がって戦う決心をしなさい

(三八)
幸と不幸 損か得か
また勝敗のことなど一切考えずに
ただ義務なるが故に戦うならば
君は決して罪を負うことはない

(三九)
これまでは理論的知識(サーンキャ)をのべたが
さらに 知性(ブッディ)によるヨーガの話を聞け
結果を期待せずに働くことによって
君はカルマ から解放されるのだ

(四十)
この努力には少しの無駄も退歩もなく
この道をわずかに進むだけでも
極めて危険な種類の恐怖から
心身を護ることができるのだ

(四一)
この大道を行く者は断固たる意志を持ち
一なる日的に向かってまっすぐに上進する
だが 愛するアルジュナよ 優柔不断の者は
多くの枝葉に(むな)しく知力を()らしている

(四二)-(四三)
知識の乏しい者たちは
天国星界に上がること よき所に転生すること
または権力などを手に入れるために
効験(ききめ)あるさまざまな行事 をすすめる
ヴェーダの華麗な詩句を無上に尊び
感覚の満足と ぜいたくな生活に
心うばわれて それを追い求め
人間としてこれに(まさ)る望みはないと言う

(四四)
富の蓄積と感覚の快楽(よろこび)に執着し
その追求に右往左往する人々の心には
真理(かみ)を愛し それに仕えようという
決断がおこることはないのだ

(四五)
ヴェーダは主に自然界の三性質 (トリグナ)を説く
アルジュナよ この三性質と二元対立を超えて
利得と安全に心を煩わすことなく
確固として自己の本性に住せよ

(四六)
巨大な貯水池から水をとる者が
小さな池を重視しないように
ブラフマン の真理を(さと)った賢者は
ヴェーダの儀礼祭式を重視しない

(四七)
君には 定められた義務を行う権利はあるが
行為の結果については どうする権利もない
自分が行為の起因(もと)で 自分が行為するとは考えるな
だがまた怠惰におちいってもいけない

(四八)
アルジュナよ 義務を忠実に行え
そして 成功と失敗とに関する
あらゆる執着を捨てよ
このような心の平静をヨーガと言うのだ

(四九)
おお富の征服者(ダナーンジャヤ) アルジュナよ
奉仕の精神で 仕事の報果(むくい)を期待せずに
全ての結果を至上者(かみ)に委ねて活動せよ
報果を期待して働くのは哀れな人間である

(五十)
全智者(かみ)にすべてを一任した人は
既に現世(このよ)において善悪の行為を離れる
故にアルジュナよ ヨーガに励め
これこそ あらゆる仕事の秘訣なのだ

(五一)
知性(ブッディ)真理(かみ)と合一した人は
行為の結果を捨てることによって
生と死の束縛から解放され
無憂の境地に達するのである

(五二)
知性(ブッディ)が迷妄の密林から脱け出ると
いままで聞かされてきたことと
これから聞くであろうことの
全部(すべて)に超然として惑わされない

(五三)
君の心がヴェーダの美辞麗句に
決して惑わされることなく
自己の本性を(さと)って三昧(サマーディ)に入ると
至聖(かみ)の意識に到達するのだ」

(五四) アルジュナ問う
超越者(かみ)に意識を没入した人は
どのような特徴をもっていますか?
また どのような言葉を語り
どのようにして坐し また歩きますか?」

(五五) 至上者(バガヴァーン)は語る
「プリターの息子よ さまざまな感覚の
欲望をことごとく捨て去って
自己の本性に満足して泰然たる人を
純粋超越意識 の人とよぶ

(五六)
三重 の逆境に処して心を乱さず
順境にあっても決して心おごらず
執着と恐れと怒りを捨てた人を
不動心の聖者(ムニ)とよぶ

(五七)
善を見て愛慕せず
悪を見て嫌悪せず
好悪の感情を超えた人は
完全な智識(プラジニャー) を得たのである

(五八)
亀が手足を甲羅に(おさ)めるように
眼耳鼻舌身(ごかん)の対象から
自分の感覚を引き払うことのできる人は
完全智(プラジニャー)に安定したと言える

(五九)
肉体をまとった魂は 禁欲しても
経験してきた味わいを記憶している
だが より上質なものを味わうことにより
その記憶も消失するのだ

(六十)
アルジュナよ 感覚の欲求は
まことに強く 烈しいもので
修行を積んで道をわきまえた人の
心をさえも力ずくで奪いさるのだ

(六一)
肉体の感覚を制御して
意識をわたし に合致させて
しっかりと固定できた人を
不動智を得た聖者とよぶ

(六二)
感覚の対象を見 また思うことで
人はそれに愛着するようになり
その愛着によって欲望がおこり
欲望から怒りが生じてくる

(六三)
怒りに気が迷って妄想を生じ
妄想によって記憶が混乱し
いままでの教訓を忘れ 知性を失う
その結果 人はまた物質次元に()ちる

(六四)
解脱への正規の方法(みち)を修行し
感覚の統御に努力する人は
至上者(かみ)恩寵(めぐみ)をいただいて
あらゆる愛着と嫌悪から解放される

(六五)
至上者(かみ)の恩寵を得たとき
物質界の三重苦は消滅し
この幸福(さち)ゆたかな境地で
速やかに知性(ブッディ)は安定する

(六六)
至上者に知性(ブッディ)が帰入せぬ者は
心も統御されず 知性(ブッディ)も安定せず
平安の境地は望むべくもない
平安なき所に真の幸福はない

(六七)
水の上を行く舟が
強い風に吹き流されるように
諸感覚のただ一つにさえ心ゆるしたなら
人の知性(ブッディ)は忽ち奪われてしまうのだ

(六八)
ゆえに剛勇の士アルジュナよ
(もろ)々の感覚をそれぞれの対象から
断固として抑制できる人の
覚智(さとり)はまことに安定している

(六九)
あらゆる生物が夜としているときは
物欲を捨てた賢者にとって昼である
あらゆる生物が昼としているときは
見真者にとっては夜である

(七十)
無数の河川が流れ入っても
海は泰然として不動である
様々な欲望が次々に起こっても
追わず取りあわずにいる人は平安である

(七一)
物欲 肉欲をすべて放棄した人
(もろ)々の欲望から解放された人
為我なく 所有感をもたぬ人
このような人だけが真の平安を得る

(七二)
これが絶対真理(ブラフマン)と合一する道
ここに達すれば一切の迷妄(まよい)は消える
臨終の時においてすらここに到れば
必ずや無限光明の国に帰入する」

    

バナースペース

CURRENT MOON

累計:
本日:
昨日: