【1.子供の数について

引き続き、子供についてです。

・『Jyotish-and Progeny』’ by Sri Jagannatha Center
・『Progeny Notes』 by Venkat Ramana,
・『インド占星術の秘宝(下)』

を参考にしています。

 

〔子供の数の導出方法〕

いろいろな方法がありますので、いくつか紹介します。

どれが正確で信頼できるのか検証していません。自分の依頼者や有名人を使って、チェックをしてみてください。


【その①:ラーシとナヴァムシャの5Lから導出する方法】

子供の数はナヴァムシャの5室支配星から得られます。

最大子供の数=ラーシの5L-ナヴァムシャの5L

例えば、5室支配星がラーシで乙女座にあり、ナヴァムシャで双子座であったら、
ナヴァムシャの双子座-ラーシの乙女座=3となり
最大で3人までの子供が予想されます。

しかしながら、この導出は荒い方法(crude method)であるとのことです。最大数って言うのも、結局使えないですね。
また、現代では最大12人と言うのは、ありえない数字ですね。^^;

ラス氏は、この方法は5室支配星が木星と同居していないと使えないと述べています。
しかし、COVAという本では、これは必ずしも必要な条件ではないと説明しています。
この方法が有効に働くのは、木星が強く、子供について影響している時であると結論付けられています。

 

【その②:アシュタカヴァルガを使う方法】

『Progeny Notes』 には以下のように書かれています。
アシュタカヴァルガを使った方法です。

まず、木星から5室目と9室目の木星のBAVを調べて足します。

この点数から、以下の惑星による点数は除外します。

  • 木星の敵の惑星(水星・金星)
  • 5室支配星の敵の惑星
  • 減衰している惑星
  • 敵対星座に入っている惑星
  • 木星の減衰星座と5室支配星の減衰星座を所有する惑星

ちなみに木星のビンナ・アシュタカヴァルガの導出は以下の表のようになります。
例えば、太陽があったら、そこから1、2、3、4、7、8、9、10、11室目に各1点が入るということです。各惑星についても同様に点数を振り、総合させたものがBVA(ビンナ・アシュタカヴァルガ)です。

要は、下の表から、水星、金星、土星、減衰惑星、5Lの敵対惑星の分を引いて導出し、5室と9室の点数の和が子供の数ということですね。

 

【その③:第5室にある惑星、第5室の支配星と同居している惑星から導出する方法

以下は、インド占星術の秘宝に載っていた技法です。
よく分からない部分が多いです。参考までに載せておきます。

子供の数は、第5室にある惑星、第5室の支配星と同居している惑星から判断します。
これは、ナヴァムシャにおける惑星の状況を見ると同時に、木星から数えた5番目の室と、ナヴァムシャにおける太陽の星座もそれぞれ見ていきます。

子供の数は、ナヴァムシャの第5室の影響も受けます。さらにその数は、吉星しかないナヴァムシャの星座が示す数とも一致するでしょう。(※吉星しかないナヴァムシャの星座が示す数ってなんでしょう?)
吉星からのアスペクトがあると、子供の数はその2倍になります。逆に、凶星からのアスペクトがあると、子供の数は減少します。

 


【その④:第5室をすでに通過した部分のナヴァムシャから導出する方法】

これも、インド占星術の秘宝に載っていた技法です。
よく分からない部分が多いです。参考までに載せておきます。

第5室をすでに通過した部分のナヴァムシャを、分に直し、この数(単位はルーパ)に、第5室にかかる吉星からのアスペクトをかけます。出た数を60で割ります。その数が、その入が将来もつ子供の人数を表しています。(※通過の意味が分かりません。また、分に直すって60掛けること?)

もうひとつの方法は、分に修正した第5室から、度数に直した星座をマイナスします。その数に、吉星からのアスペクトを表す数(単位はヴィルパ)をかけます。その数を60で割り、さらに200で割ります。ここで出た最終的な数が、子供の数を表しています。
また、第5室にかかる凶星からのアスペクトは、将来子供が亡くなることを暗示しています。

 

【その⑤:惑星の経度とナヴァムシャの星座番号を利用する方法】

これも、インド占星術の秘宝に載っていた技法です。3つあります。
こちらは比較的わかりやすいです。ただ、これも最大12人・・・^^;

・木星・月・太陽のそれぞれの経度を合計する。その合計した経度が示すナヴァムシャの星座番号の数は、子供の数を表している。

・第4室・第5室・第9室のそれぞれの支配星の経度を合計する。その合計した経度が示すナヴァムシャの星座番号の数は、.子供の数を表している。

・第4室・第・5室・第9室に惑星が現れていれば、その惑星の経度を合計する、その合計した経度が示すナヴァームシャの星座番号の数は、子供の数を表している。

 

以上です。

どれが有用かは、自分で検証してみてくださいm(__)m

関連記事: